• ベストアンサー
  • 困ってます

大学3年生です。

家政学部家政学科住居インテリアコースの大学三年生です。 住宅・インテリアの一般職での就職を考えています。 特にリフォーム会社や介護保険の住宅改修をしている会社などが希望です。 この夏休みを使っていろいろ調べていきたいと思って就職関係の本を買ったり、図書館で借りたりして読んでいます。 たくさんの情報があって何をしたらよくわからなくなっています。 自己分析や業界研究、企業研究をまずはじめにするべきと書いてありますが、業界研究をどうやったらよくわかりません。まだ自己分析もやっている途中です。 就職サイトで業界の説明が書いてあるページを読んだりしていますが、住居・インテリアの仕事につきたいと思っている私は他の業界にあまり興味がもてません。こういう場合も業界研究をしたほうがいいのでしょうか? また、住居インテリアの就職の場合は建築学科や工学部の人のほうがやはり有利なのでしょうか?私の大学は実務経験二年で建築士二級を受けられますが、建築学科とは全然違うと思います。 また、みなさんは三年生の夏休みにどのようなことをしましたか?

  • du-
  • お礼率92% (197/213)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数50
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

> インターンシップを探したのですが、見つかりませんでした。 > インターネットのバイト情報で短期の建築関係を探したら肉体労働系しかなかったです。 大上段に構えているだけじゃ隙だらけでやられちゃいます。 機転を利かせて横から後ろから下から、いろいろ考えてみましょう。 直接のヒントは書いてしまったら意味が無いので割愛。 > 求人雑誌は学生向け、転職者向けのものなどあるのでしょうか? いろいろな編集方針の情報誌があるでしょう。それらに付いても、読む側が額面通りにばっかり見ていないほうが良いかもしれませんね。 > 住居インテリアの就職の場合は建築学科や工学部の人のほうがやはり有利なのでしょうか? 美術学部というのもあると思います。 有利不利は結局本人次第かと思いますが、家政学部はちょっとぴんと来ないかもしれません。 > また、みなさんは三年生の夏休みにどのようなことをしましたか? そういえばこれ。 4月に内定してしまうような人の場合は、そう問われると「いや、特に何もしていない」と、大抵答えるんじゃないですかね。本人的には実際意識して何かしているというのは少ないかも。でも、「何か」は、しているんじゃないでしょうか。 # 3年の夏といわず、もっとずっと前から、場合によっては無意識に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >美術学部というのもあると思います。 有利不利は結局本人次第かと思いますが、家政学部はちょっとぴんと来ないかもしれません。 やはりぴんとこないですよね。実際は学部に関係なく求人はあるみたいなんですが 履歴書に書くときもコースまで書いたほうがいいかなという気になりました。

関連するQ&A

  • 企業に応募できない

    就職活動がなかなか進みません。 なぜなら自己分析、業界研究をどこまでやればいいのか分からないのです。どの企業に応募すればよいか分かりません。 自己分析は何がやりたいかを見つけるものなので重要だと思うのですが。どこか自己分析、業界研究を支援してくれるところはないんですか?就職課、職安を思いつきますが。 多くの人が適当に説明会に行って、適当に就職しているように思います。 確かに動かないと先に進めないのは分かっていますが。

  • 就職活動の「自己分析」「業界研究・志望」について

     こんにちは。就職活動が今年の12月に始まった大学3年生の者です。  就職活動について、2点程 「自己分析」「業界研究・志望」についてよくわからない為に実行がしづらい事があります。  (1)自己分析とは、「why」や「how」の言葉を用いて 自分の好きなもの・考え方などから書き出していき最終的には 「自分のルーツ」や「軸」を明らかにしていくことを指すのだと思いますが。  すると、最初のやり方としては「自分の好きな事・やりたい仕事(事)」を書いて、自分に問い続ける方式で 正しいのでしょうか? 正直、「そんな、書き始めでよいのか」と思ってしまいます。  どうやら、whyやHowをかける題目(?)が何にすれば良いかが、検討できていないのが原因らしいです。 その為に、「自己分析」自体があまり進んでいません。 ※もし、投稿者様の実際の自己分析の「こうした!」という体験談・エピソードがあれば、そちらも添えてほしいです。  (2)業界研究についてですが、やりたい業界がはっきりと決まっていません。  「興味がある」職種はあるのですが、上記の自己分析があまり進んでいない状態なので、「何故、その仕事に興味があるのか」と言われたら ちゃんとした説明が出来ない状態です。  「自己分析」と「業界研究・志望」は関係がかなり強いようですが、どうか皆さんの助言や意見、ご指摘があれば どうぞよろしくお願いします。

  • 就職活動(特に推薦)について

    大学3年で理系学部に所属しています。 就職活動というと、百社以上にエントリーして、各社何度も面接があり、それが何十社と続く、またそれ以前にも自己分析、業界研究など、とにかく大変そうだというイメージがあります。 自分としては、就職先について特に高望みはせず、身の丈にあった就職先でよいと感じています。 少しでも良い企業をと、就職活動に全力で、という熱意はあまりありません。 それよりも、学業やサークル活動に力を入れたいと考えています。 このような考え方なので、できることなら学校推薦や学科推薦などであまり時間をかけずに決めてしまって、学業に集中してしまいたいと思うのですが、このような考え方は甘いのでしょうか? 自己分析や企業・業界研究などは、たとえ推薦だとしても必要不可欠なのでしょうか? そもそも、推薦といえどもばんばん落とされるものなのでしょうか? 推薦で楽に内定をもらった、あるいは推薦といえども意外に大変だった等(それ以外でも結構です)、実際推薦を受けた方の経験談などをお聞かせいただけるとありがたいです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

業界研究の安直かつ効率的な手段は『関係方面にアルバイトか何かで潜り込む』ではないでしょうか。 求人雑誌なんかは見てみました?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

インターンシップを探したのですが、見つかりませんでした。その代わりに資格の講習などを予定に入れてしまったのでアルバイトは無理だと思います。 今から就職活動をはじめる大学生を雇ってはくれないかなぁと思い長期バイトはさがしてないです。インターネットのバイト情報で短期の建築関係を探したら肉体労働系しかなかったです。こういうものでも業界研究になるでしょうか? 求人雑誌見てないです。今は新聞の広告見てるだけです。求人雑誌見てみようと思います。求人雑誌は学生向け、転職者向けのものなどあるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 業界研究とはどの程度までやるべきなのでしょうか?

    私は現在就職活動中の大学3年です。 この時期は「業界研究」と「自己分析」が必要だということですが、 「業界研究」はどの程度の知識まで頭に入れておくべきなのでしょうか?  私は文系でIT職に興味があり、IT業界研究の本を読んでいるのですが、やはり文系であるためか、聞き慣れない専門用語が多く、知識が思うように頭に入りません。  こういう業界研究の本は基本だけ押さえて後は流し読みという感じで良いのでしょうか?それともじっくり読んで知識を確実に覚えるべきなのでしょうか?  就職活動経験者の方、答えてくだされば幸いです。

  • 自己分析って本当に必要なんでしょうか?

    自己分析をどの程度やったらよいモノか悩んでいます。 業界研究など仕事内容の研究は必要性を感じますが ある程度はやっておくべきと思う反面、 今イチ、必要性についてピンときていないのが正直なところです。 自己分析のやり方含め、 良きアドバイスを頂けたらと思い投稿させて頂きました。 よろしくお願いします。

  • 自己分析と業界研究

    これから就活を控えているもので、タイトルの通りなのですが、企業研究は企業のHPや説明会などで、やればいいとして、自己分析と業界研究はどのようにやればいいでしょうか?

  • 就職氷河期で内定が取れない学生にも原因があるのか?

    もう3年生の就職活動が始まっています。 就職氷河期と就職内定率の話題がニュースや新聞等で話題になっていると思います。 「不況が悪い」「採用を抑制する企業にも問題がある」「学生の実力不足」など、社会、企業、学生それぞれに問題があるから就職内定率が悪くなっているのだと思います。 あえて学生に問題があるとしたらどのような事だと皆様は考えていますか? 自己分析や業界研究をやり過ぎているのかなと思ったりします。それによって自分の可能性を狭めていると思います。「適職」を意識しすぎるのかなと思います。学生の周りも「適職」に付く事を推奨していると思います。自分に合っている、合っていないの100か0で考える傾向が多いのかなと思います。大卒の3年以内の離職率が4割近くになるそうです。自己分析や業界研究の割りに離職率が不況でも変わらないような気がします。自己分析や業界研究を十分やっても駄目なのか、不足しているから駄目なのか分かりません。 中小企業には不況にも関わらず応募する人員が少なくて困っている企業があると聞きました。学生が中小企業に目を向けないのも原因だと思いますか? 応募不足で人材が確保出来ない企業が不況下でもあるのは本当なのでしょうか?

  • 筆記試験対策

    はじめまして。 私は現在大学3回生なんですが、筆記試験対策というのはいつ頃から始めればよいのでしょうか?今、自分がやっている就活対策は業界研究、自己分析、新聞やニュースを見ることなんですが、筆記試験対策は夏休みからでも間に合いますでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 就活おすすめ書籍

    私は現在、理系大学院の修士1年で就職活動を控えております。そこで、自己分析、業界研究、筆記試験、エントリーシート、面接などのための、これだけは絶対に読んでおいた方がいい、読んで損はないというおすすめの書籍を教えて下さい。ちなみに私は営業志望です。

  • 就職においての失敗・反省点についての質問

     現在大学3年で就職活動を控える学生です。    自己分析や業界研究なども本格的にはじめておらずスタートしようかというところです。  質問は以下の二つです (1)皆さんが就職活動・キャリア形成をしていく中で後悔していること (2)こうしておくべきだったと思う点(もっと早くからとりかかる、自己分析をちゃんとやるなど) を教えてください。質問内容がテストみたいな形式ですけど、お気軽に答えていただいたらうれしいです。  大学や書店に行っても成功事例の紹介が主なのでこのような質問をしました。失敗事例は書きづらいと思いますがお願いします。

  • 空白の2ヶ月

    就職活動中の大学3回生です。 企業のプレエントリーや説明会の開始が最近12月に変更になりましたよね。 ということは、8・9月に夏季インターンシップを行うとして、10・11月は空白になってしまいますが(この時期にインターンを行う企業もあるでしょうが)、この時期は何をしていればよいのでしょうか? 自己分析や業界研究でも行っていればよいのでしょうか。

  • これから就職活動をはじめるのですが・・・

    はじめまして。 現在国立大学理系3年の者です。 大学院進学を予定していたのですが、諸事情により就職することに決めました。 ですが、院進学を第一に考えていたため、就職については何も準備をしておらず、ほとんど右も左も分からない状況です。 一応リクナビとマイナビには登録しました。 普通なら、就職活動は10月頃からいろいろと動き始めるということを聞いているので、自分としては非常に焦りを感じています。 自己分析や業界研究、企業研究、エントリーシートの対策・・・いったい何から手をつけていけばよいのか、途方にくれています。 そこで質問なのですが、これから就職活動を始める場合、まず何から手をつけていったらよいでしょうか。 もう時期的にかなり差し迫っている状況なので、最低限やらなければならないこと等について教えてください。 また、就職活動に関することで何かアドバイスいただけることであれば何でもお聞きしたいと思います。 もう一点、私の大学からは推薦で大手に就職する先輩がいるのですが、推薦であればどの程度有利になるものなのでしょうか。 一般論として、理系の推薦なら就職に多大な時間をかけずにすむというようなことを聞いているので、出来ればそちらで決められればと思うのですが・・・ やはり推薦といえど、自己分析や業界研究など、やることは自由応募と変わらないのでしょうか? 推薦についての実際のところを教えていただけたらありがたいです。

  • ■■これからの就職活動■■

    私は大学3年生(女)です。 今まで私は大学院への進学希望で就職活動に関しては何もしてきてません。 しかし、家庭の事情で就職せざるを得ない状況になってしまいました。 進学するつもりでしたので自己分析とか、業界研究など何もしていません。 もちろん、会社の説明会も1度も行ったことがありません。 この時期になると、周りは就職活動もピークを迎えているようです。 これから就職活動を始めても就職できるでしょうか? また、何から始めたらよいのでしょうか?