• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ナイキストの定理について

先ほどCDの最高記録周波数について ステレオだから2chで44.1KHz/2で20KHzという説明があったのですが, 大ウソで,ナイキストの定理=サンプリング定理=標本化定理により 最高記録周波数の少なくとも2倍が必要という話だと思うのですが, 絶対の自信がある方のみのご回答を希望します. すでに締め切られていて非常にまずいと思われます.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

おっしゃるとおりですね。 それぞれのチャンネルが44.1kHzでサンプリングされたデータが記録されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます. 質問者のtokkoroさんがご覧になっていると良いのですが. 先の回答者さんも善意でお答えになったはずなのですが,残念ながら思い違いのようなので,筆者もあまり偉そうなことは言えないことは十分承知していますが,科学的事実を確認しておきたくて質問させていただきました.

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

シャノンのサンプリング定理ですね。 仰るとおりです。 既に、間違いである旨「教えて!goo」の管理者にはメールを送っております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます. 内容的には十分確認できて締め切っても良いのですが, もしかして先の質問者さんからのお返事があるやも知れませんので, もう少し待たせていただくことをご了承下さい.

関連するQ&A

  • ナイキスト周波数(間隔) 標本化定理

    複数の本やサイトを用いてナイキスト周波数や標本化定理,サンプリング周波数について,学んでいるものです. しかし混乱しました. ナイキスト間隔とは,元の信号を再現出来る最高の間隔でこれ以上の間隔でサンプリング(標本化)すると折り返し歪が生じるというような間隔,逆に言うと,これより小さなサンプリング間隔でサンプリングすれば良いと本に書いてありました. また,ナイキスト間隔の逆数はナイキスト周波数であり, サンプリング間隔の逆数はサンプリング周波数であるので, サンプリング周波数はナイキスト周波数より大きければ良い,と書いてあるのですが,ここが分けわかりません. Example 周期T=2の波をサンプリング間隔Ts=0.5でサンプリングした場合 周期の周波数はf=0.5Hz,サンプリング周波数はfs=2Hz この時, ナイキスト周波数はfn=1Hz,ナイキスト間隔は Tn=1なのでしょうか? だとすると,ナイキスト周波数以上でサンプリングすればいいという記述はどういった意味なのでしょうか?  サンプリング定理によると,(ローパスフィルタなどを用いずに)折り返し歪を防ぐには, 常にナイキスト周波数の2倍以上の周波数が求められるのだから, サンプリング周波数はナイキスト周波数の2倍以上なら良いと書くべきではないでしょうか? しかし自分でも感じるのですが,この結論もまた謎です^^;

  • ナイキスト周波数に関して

    ナイキスト周波数に関する質問です。 本に 「ナイキスト周波数は、最少標本化周波数である。」 ネットに 「ナイキスト周波数は、サンプリング周波数の1/2である。」 と書かれていました。 どちらも、成り立つのであるなら、 ナイキスト周波数が、原信号の帯域幅の2倍の周波数であるので、 標本化をする際、サンプリング周波数は帯域幅の4倍からしか取れなという事になるのですか? そんなはずは、ないと思うのですがどのように考えたら良いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 標本化定理(サンプリング定理、ナイキストノ定理)について

    標本化定理(サンプリング定理、ナイキストノ定理)について教えてください。 ”あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、原信号の各周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。これを標本化定理という。”というのが基本的な説明だと思います。 この中で『2倍以上の』という表現がありますが、この点が疑問になっています。 例えば、20kHzのSin波を40kHzでサンプリングしたとして、サンプリングする点が丁度サイン波の振幅0の点だった場合、元のSin波の周波数は分かりますが、振幅は一意に決められないと思います。原信号を振幅も含めて復元するには、『2倍より大きい』周波数でサンプリングする必要があると考えるべきでしょうか?『2倍以上』という表現は厳密には正しくないと考えて良いのでしょうか? また、そもそもサンプリング定理は振幅情報を再現しないということであれば、疑問は解消されるのですが、その点はどうなんでしょうか?? どなたかご教授の程お願いいたします。

  • ナイキスト周波数

    本やネットでナイキスト周波数という言葉を調べると 「サンプリング周波数の半分」と書かれている場合と「元の波形に含まれる最高周波数の2倍」と書かれている場合がありました。両者は等しくないと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

  • サンプリング定理について

    44.1KHzでサンプリングした時のナイキスト周波数は半分の22.05KHzになるというのですが、 何故ちょうど半分になるのでしょうか?

  • 標本化定理をわかりやすく教えて!

    ”あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、原信号に含まれる周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。これを標本化定理という。” と言うことですが、サンプリングした時点で途中の情報を捨てているのに何故完全に復元できるのか、納得できません。 出来れば絵付きでわかりやすく説明してください!お願いします。

  • サンプリング定理とは何なんでしょうか……(汗)

     学校の課題でわからない所があるので教えていただきたいです……。  まず、サンプリング定理(標本化定理)って何なんでしょう?  それと――  それに関しての問題なんですが、『オーディオ信号の周波数帯域幅が20KHzである時、このアナログ信号をデジタル信号に変換するにはいくらのサンプリング周期でサンプリングすればよいか、サンプリング間隔(T)を求めよ』  という問題です。わかるかた教えていただきたいです。

  • 周波数の概念がわからない

    DTMを勉強しています。 避けては通れない周波数について質問させてください。 アナログ→デジタル変換時、多くの場合、標本化定理によって 人間の可聴領域22kHzの倍の44.1KHzを採用(CDに記録する場合) していると思うのですが、 私の感覚では以下の2つを結びつけることができないのです。 1.可聴領域でいう周波数20Hz~20kHz辺りというのは、音程の   イメージ(例えばラが440Hz) 2.標本化(サンプリング)でいう周波数は、   一秒間に何回計測するかの値、と考えるのですが 1と2でいう「周波数」は同じものなのですよね? 私にはどうしても同じものと考えられず、混乱します。 頭が固い私に、どうかわかりやすく教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願いします。 (カテ違いだったらすみません)

  • サンプリング定理がわかりません

    サンプリング定理とそれに関わる内容についての質問です。 まず、アナログ-デジタル変換(A-D変換)について授業で教わったのですが、  ・コンピュータは0(0V)と1(Vcc)しかわからない。 とプリントの最初に記載されていて、0と1ということはわかりますが、0VとVccとは何なのかがわかりませんでした。 A-D変換のグラフの表していることはなんとなく理解できましたが、後に続くサンプリング定理の説明で、  (1)サンプリング周期はA-D変換したいデータの最小周期の半分以下の値にする(ナイキスト周期)  (2)つまり、A-D変換したいデータの最大周波数の2倍以上の値にする(ナイキスト周波数) →周波数=1/周期 と説明されただけで、 (1)のデータの最小周期とはどういうものなのか、なぜ半分以下の値にする必要があるのか そして(2)が、つまりで続いている後の意味もわかりませんでした。 補足なしでいつのまにかナイキスト○○と付け足されていて困っています・・・。 また、デジタル-アナログ変換(D-A変換)で、  入力された値=bit数 例)010(2)=2÷2(のn乗)=2÷2(の3乗)=2/8 となっており、2のn乗個に等分した縦軸でなぜ2を割るのかわかりません。 以上の所を教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

  • サンプリング定理を満たす信号

    サンプリング定理を満たす信号を以下の中から全て選ぶ場合どれが当てはまるでしょうか? 1.歌声(最大周波数12KHz) 2.電話音声(帯域0.3~3.4KHz) 3.オーケストラの演奏(カットオフ周波数15KHzのローパスフィルタで帯域制限したもの) 4.cos波(18KHz) 5.sin波(6KHz)とcos波(10KHz)を混合した音 このときのサンプリング周波数は28KHzです ご教授お願いします