• 締切済み
  • すぐに回答を!

サンプリング定理

30Hzの正弦波をサンプリング周波数40HzのAD変換器で離散化したとき、その出力波の見かけの周波数はどのくらいになるのか? という問いに対して以下のように考えたのですが、正しいでしょうか? 自身があまりなくて。。 (ナイキスト周波数) = (サンプリング周波数)/2  = 20 よりも入力周波数が大きいので、出力波は見かけ上、入力波より低い周波数になる。 サンプリング間隔Δt= (サンプリング周期) = 1/20 なので、出力波の最大周波数は 1/Δt = 20 よって出力波の見かけ上の周波数は20Hz 別のやり方として、y=sin xを30周期分紙に書くなり印刷するなりして,横軸を40等分して各点の y=sin x のところに黒丸を打って その40個の黒丸がsin x の30周期の間に何周期あるようにみえるか数える→実際にためすと10Hz という2つのやり方を考えたのですが、どちらも正しい気がしてならないです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数826
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

「 (ナイキスト周波数) = (サンプリング周波数)/2  = 20 よりも入力周波数が大きいので、出力波は見かけ上、入力波より低い周波数になる。 サンプリング間隔Δt= (サンプリング周期) = 1/20」 までは OK ですが、ここから先が間違っています。 「出力波の最大周波数は 1/Δt = 20 よって出力波の見かけ上の周波数は20Hz」 というのが正しいとすると、20Hz より高い周波数の正弦波をサンプリングすると皆20Hzとなってしまいます。 実は、実験された通り(素晴しいです!)、10Hz が正しいのです。 すこし奇妙に思えるかも知れませんが、ナイキスト周波数を超えると、そこで折り返しが起き、例えば、25Hzを40Hzでサンプリングすると 5Hzが、35Hzをサンプリングすると15Hzが、さらに55Hzだともう一回折り返しが起きて、15Hz が観測されます。 横軸を周波数とするスペクトルを横長の図に書いたとすると、ナイキスト周波数でを超えた分は左に、周波数ゼロを右に、と繰り返し折り畳むようなイメージです。 詳しくは Wikipedia(参照 URL)をご覧ください。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/折り返し雑音

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に大変参考になりました! やはり実際に実験するのが一番の近道だったりするのですね! ありがとうございました☆

関連するQ&A

  • ナイキスト周波数(間隔) 標本化定理

    複数の本やサイトを用いてナイキスト周波数や標本化定理,サンプリング周波数について,学んでいるものです. しかし混乱しました. ナイキスト間隔とは,元の信号を再現出来る最高の間隔でこれ以上の間隔でサンプリング(標本化)すると折り返し歪が生じるというような間隔,逆に言うと,これより小さなサンプリング間隔でサンプリングすれば良いと本に書いてありました. また,ナイキスト間隔の逆数はナイキスト周波数であり, サンプリング間隔の逆数はサンプリング周波数であるので, サンプリング周波数はナイキスト周波数より大きければ良い,と書いてあるのですが,ここが分けわかりません. Example 周期T=2の波をサンプリング間隔Ts=0.5でサンプリングした場合 周期の周波数はf=0.5Hz,サンプリング周波数はfs=2Hz この時, ナイキスト周波数はfn=1Hz,ナイキスト間隔は Tn=1なのでしょうか? だとすると,ナイキスト周波数以上でサンプリングすればいいという記述はどういった意味なのでしょうか?  サンプリング定理によると,(ローパスフィルタなどを用いずに)折り返し歪を防ぐには, 常にナイキスト周波数の2倍以上の周波数が求められるのだから, サンプリング周波数はナイキスト周波数の2倍以上なら良いと書くべきではないでしょうか? しかし自分でも感じるのですが,この結論もまた謎です^^;

  • サンプリング定理がわかりません

    サンプリング定理とそれに関わる内容についての質問です。 まず、アナログ-デジタル変換(A-D変換)について授業で教わったのですが、  ・コンピュータは0(0V)と1(Vcc)しかわからない。 とプリントの最初に記載されていて、0と1ということはわかりますが、0VとVccとは何なのかがわかりませんでした。 A-D変換のグラフの表していることはなんとなく理解できましたが、後に続くサンプリング定理の説明で、  (1)サンプリング周期はA-D変換したいデータの最小周期の半分以下の値にする(ナイキスト周期)  (2)つまり、A-D変換したいデータの最大周波数の2倍以上の値にする(ナイキスト周波数) →周波数=1/周期 と説明されただけで、 (1)のデータの最小周期とはどういうものなのか、なぜ半分以下の値にする必要があるのか そして(2)が、つまりで続いている後の意味もわかりませんでした。 補足なしでいつのまにかナイキスト○○と付け足されていて困っています・・・。 また、デジタル-アナログ変換(D-A変換)で、  入力された値=bit数 例)010(2)=2÷2(のn乗)=2÷2(の3乗)=2/8 となっており、2のn乗個に等分した縦軸でなぜ2を割るのかわかりません。 以上の所を教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

  • 標本化定理(サンプリング定理、ナイキストノ定理)について

    標本化定理(サンプリング定理、ナイキストノ定理)について教えてください。 ”あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、原信号の各周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。これを標本化定理という。”というのが基本的な説明だと思います。 この中で『2倍以上の』という表現がありますが、この点が疑問になっています。 例えば、20kHzのSin波を40kHzでサンプリングしたとして、サンプリングする点が丁度サイン波の振幅0の点だった場合、元のSin波の周波数は分かりますが、振幅は一意に決められないと思います。原信号を振幅も含めて復元するには、『2倍より大きい』周波数でサンプリングする必要があると考えるべきでしょうか?『2倍以上』という表現は厳密には正しくないと考えて良いのでしょうか? また、そもそもサンプリング定理は振幅情報を再現しないということであれば、疑問は解消されるのですが、その点はどうなんでしょうか?? どなたかご教授の程お願いいたします。

  • 連続時間正弦波信号と離散時間信号

    デジタル信号処理のレポートでこんな問題が出されたんですが解き方が解らなくて苦戦してます!!!。どなたか教えて頂けませんか? 問題: 周波数11[Hz]の連続時間正弦波信号をサンプリング周波数 8[Hz] でサンプリングした。 サンプリングによってこの離散時間信号と全く同じ波形となる連続時間正弦波信号の うち、最も低い正の周波数をもつ正弦波の周波数は何[Hz]か?

  • サンプリングを高くするほどフーリエ変換値がずれる?

    ある周波数解析ソフトで「フーリエ変換」釦があるのですが、サンプリング周波数を高くするほど、フーリエ変換値がずれてしまいます。 (例)60Hzの正弦波のみの1s間の波形を「フーリエ変換」釦を押すと、 (1)サンプリング周期(10ms)→ 50.5Hz、 52.5Hz、 76.5Hz、の順でピーク点 (2)   〃    (1.0ms)→ 62.5Hz がピーク点。 (3)   〃    (0.1ms)→ 98.5Hz が 〃 (4)   〃   (0.001ms)→  0.0Hz が 〃 となり、周波数ピーク点が60Hzに合いません。このように大きくずれてしまうものでしょうか? なお、同ソフトで「フーリエ級数展開」釦では特定区間指定でき、60Hzの「1次」のみに表示されるのですが、「フーリエ変換」機能には、区間指定釦がありません。 詳しい説明書きはないのですが、通常そのような使い方となるものでしょうか?

  • サンプリング定理を満たす信号

    サンプリング定理を満たす信号を以下の中から全て選ぶ場合どれが当てはまるでしょうか? 1.歌声(最大周波数12KHz) 2.電話音声(帯域0.3~3.4KHz) 3.オーケストラの演奏(カットオフ周波数15KHzのローパスフィルタで帯域制限したもの) 4.cos波(18KHz) 5.sin波(6KHz)とcos波(10KHz)を混合した音 このときのサンプリング周波数は28KHzです ご教授お願いします

  • サンプリング定理とは何なんでしょうか……(汗)

     学校の課題でわからない所があるので教えていただきたいです……。  まず、サンプリング定理(標本化定理)って何なんでしょう?  それと――  それに関しての問題なんですが、『オーディオ信号の周波数帯域幅が20KHzである時、このアナログ信号をデジタル信号に変換するにはいくらのサンプリング周期でサンプリングすればよいか、サンプリング間隔(T)を求めよ』  という問題です。わかるかた教えていただきたいです。

  • サンプリングについて

    「信号をアナログに再生するために、最も高い周波数の音声チャネルの場合、1つの正弦波サイクル中2回だけサンプリングされる。最も高い周波数で信号サンプリング方法は、アナログ音声チャネルで使用される情報が、帯域のほぼ中間にあると想定しているので、中間帯域でのサンプリングが多く行われることになる。つまり人の声には、高音や低音よりも中音のほうが多く含まれているということを前提にしている。したがって、高い周波数や低い周波数ではなく、中間周波数でのサンプリングが重要になる。」 今、サンプリングについて勉強しているのですが、上記文章の意味について教えてください。よろしくお願いします。 (1)サンプリングをなぜ2回しか行わないのでしょうか? (2)アナログ音声チャネルと帯域と中音の用語の意味を教えてもらえないでしょうか?

  • 入力・出力・サンプリング周波数の3つの関係が・・・

    アナログの音をサンプリングし、デジタルの音として出力する実験をしたんですが、アナログの音の最大周波数が5kHzの場合、サンプリング周波数が10kHz以上でサンプリングしないとそのままの音として出力すことができません。 では、このとき入力の周波数はいくらでもいいですか?

  • 標本化定理をわかりやすく教えて!

    ”あるアナログ的な信号をデジタルデータにサンプリングする場合、原信号に含まれる周波数成分をすべて正確にサンプリングするためには、原周波数の2倍以上のサンプリング周波数が必要となる。これを標本化定理という。” と言うことですが、サンプリングした時点で途中の情報を捨てているのに何故完全に復元できるのか、納得できません。 出来れば絵付きでわかりやすく説明してください!お願いします。

専門家に質問してみよう