• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交流の利点について

お世話になります。 標記について、最も大きな利点としては電圧を上昇させることができることかと思いますが、もう1つ、このことを利用したことですが、電力を送電するに際し電線での損失電力を少なくすることができる点があります。 そこで、この説明において、 電力Pを電圧E、電流Iで送電するとき、電力Pは、 P=EI で計算され、この式より電流は I=P/E となる。 そして、電線にも少なからず抵抗があることから、その抵抗をRとすると、 電線における損失は p=I^2・R =(P/E)^2*R となり、 電圧の2乗に反比例して少なくなると記載されています。また、電圧に比例して電力を高くすれば損失電力は一定になると・・・  ここまでは理解できるのですが、ここで、オームの法則では    E=I*R であることから、上式の損失は p=(P/IR)^2*R =(P/I)^2*1/R となり、電圧と同様に電流の2乗にも反比例するものと思われますがいかがでしょうか・・・・・  なんとなくわかりそうなのですが、引っかかっています。 電圧の捕らえ方がおかしいのでしょうか。お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1201
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • 8310W8
  • ベストアンサー率50% (1/2)

はじめまして。お役に立てますかどうか。 まず、簡単のため、無効分は省きます。 また線路抵抗は負荷抵抗に比べ非常に小さいものとします。 >電線における損失は p=I^2・R =(P/E)^2*R までは合っていますが、その後 >オームの法則では E=I*R としたところで、道にはぐれてしまったようですね。 前者、損失の式のRは、線路抵抗です。 後者、オームの法則が示すRは、負荷抵抗です。 異なるものですので、前者をr、後者をRと使い分けて計算します。 そうすると損失の式は、p=(P/IR)^2*r となり、 負荷抵抗Rが分母に残ります。 これでも損失pは電流Iに反比例するように感じられますが、 議論として消費電力一定の仮定があるはずですので、 電流Iが変化(増加)すると、同じく分母にある負荷抵抗Rが 変化(減少)するこになります。 ですので、効果は相殺し、電流の二乗に反比例ということはなくなります。 たとえば、 消費電力1000W 電流10A 負荷抵抗10Ω (電圧100V) 消費電力 同上 電流20A 負荷抵抗2.5Ω (電圧50V) とか計算してみてはどうでしょうか。 お役に立てましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。 一番最後の例えばの計算のところはどういう意味でしょうか? 消費電力は、電流の2乗に反比例しないということでしょうか?

関連するQ&A

  • 交流送電についての疑問

    初歩的なことかもしれませんが、理解出来なかったので質問させて頂きます。 交流送電のメリットのひとつに『高電圧で送電することで電流値を低く抑え、ロスを少なくする』というものがあるかと思います。これは要求電力=I×V×諸係数=一定という関係から電圧Vを大きくし、電流Iを小さくすることで送電損失P=I^2×Rを小さくしていると理解しています。 しかしオームの法則V=IR(R=一定)に則って損失Pの式を書き換えると P=V^2/R となるのではないかと思います。つまり電圧を大きくして電流を小さくしても、結局送電損失Pは変わらないのでは・・・? そもそも要求電力の式ではIとVが反比例関係なのに対し、オームの法則では比例関係になっていますし・・・オームの法則はこのケースでは成立しないということでしょうか? 電圧を高めると送電ロスが小さくなるというメカニズムについて教えて下さい。よろしくお願いします。

  • オームの法則

    オームの法則について、参考書などを見ると (1)電流と電圧の関係:抵抗が一定のとき、電流は電圧に比例する。 (2)電流と抵抗の関係:電圧が一定のとき、電流は抵抗に反比例する。 よって、電流の強さは、電圧に比例し、抵抗の大きさに反比例するので、I=E/Rとなる。 としか説明がなく、この比例・反比例に当てはめてどう解釈したらよいかわかりません。 比例・反比例といえばx、yを思い浮かべますがどう結び付けて考えるのかわかりません^^; 上の式と比例・反比例の考え方をすみませんが教えていただきたくお願い致します。 今までは式の暗記だけで覚えた気になっていたのでしょう^^;いざ、復習するとどういうことか解らない状態です。

  • 送電線の電圧と電流について

    送電線では損失を少なくするために電圧を高くするとあり、疑問に思ってネットでいろいろ調べてみました。 すると、「損失は電流の2乗に比例するから電流を少なくする必要があり、(電力は一定なので)電圧を高くすることで電流が少なくなり、損失も低減できる」という趣旨の説明がたくさん見つかりました。 そこで疑問が2つあります。 (1)まず「電力が一定」という状態がいまいち分かりません。 電力というのは、○○ボルトの電圧をかけた結果、△△アンペアの電流が流れた時に、その2つの数値から結果的に算出される値だと思っているので(←この時点で間違いなのかもしれません)、最初から一定に決められるというイメージがどうも理解できません。 (2)2つ目には、電圧が高いと、オームの法則から言って、それに伴って電流も増えてしまうのではないか、という疑問です。(もしかすると私は「電圧」という概念について根本的な誤解をしているのかもしれません) 分かりやすく説明できる方、お暇な時で構いませんので、ご回答よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • 8310W8
  • ベストアンサー率50% (1/2)

ANo.2です。 >一番最後の例えばの計算のところはどういう意味でしょうか? >消費電力は、電流の2乗に反比例しないということでしょうか? とのことですので、「例えばの計算」をもう少し具体的にします。 p=(P/IR)^2*r までは理解していただけたとの前提で、 送電線路の抵抗r=0.1Ωをさらに条件に加えて、 送電線路で損失される電力=損失電力pを計算してみます。 最初の「例えば」を、条件加えて書きますと、 消費電力P=1000W 電流I=10A 負荷抵抗R=10Ω 線路抵抗r=0.1Ω (計算には使用しませんが 電圧E=100V です) このとき、 損失電力p=(P/IR)^2*r=(1000/10*10)^2*0.1=10W 二番目の「例えば」の場合、同様に、 消費電力P=1000W 電流I=20A 負荷抵抗R=2.5Ω 線路抵抗r=0.1Ω (電圧E=50V) このとき、 損失電力p=(P/IR)^2*r=(1000/20*2.5)^2*0.1=40W 結果として、線路の損失電力pは、電流Iの二乗に反比例ではなく、 比例していることが解りますね。 (p=I^2・r ですからね) 質問者さまは、 「どの部分の」電圧・電流・電力・抵抗ということを、 混同されているようなので、そのあたりが解決されると、 スッキリすると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • fjnobu
  • ベストアンサー率20% (488/2328)

ANo1です。 電圧は、抵抗分による電圧降下で、送った電圧ではないのです。 電圧降下が大きくなれば、その分電力消費が大きくなるのです。 尚、送った電圧を大きくすれば、同じ電流であれば使うことの電力が大きくできるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはり、余計なことを考えていたようです。

  • 回答No.4

>電圧の捕らえ方がおかしいのでしょうか。 おかしいです。下から5行目の E=I*R のEは電線の電圧降下であって、送電電圧つまり P=EI のEではありません。従って、p=(P/E)^2*R のEに代入してはいけません。 でも面白いことを考えるものですね。そういう探究心をこれからも持ち続けて欲しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 よけなことを考えてしまいました。 考えることは良いことかもしれませんが、悩みすぎるとなかなか先に進まなくなってしまいます。

  • 回答No.3
  • xiade
  • ベストアンサー率64% (88/137)

>であることから、上式の損失は p=(P/IR)^2*R =(P/I)^2*1/R 式の最右辺、(P/I)^2*1/R の P には I^2 が内包されていることをお忘れなく。 すなわち、いくら括弧内の分母の I が増えて反比例の方向に進もうと、分子は I^2 で増えますから 分子/分母で I です。結局 (I)^2 に比例して損失は増えていきます。 もっと言い換えると、「ここでの P は定数ではありませんよ」。 変数を揃えないで式の表面的な見た目だけで見てしまうとこういう「何か引っかかっている」感覚的勘違いに陥りやすくなります。 「ディメンジョン(次元)」や「オーダー(桁)」を意識するとよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • fjnobu
  • ベストアンサー率20% (488/2328)

全くそれで正しいのです。 何が引っかかっているのか、この文章では分かりません。 引っかかっているところを整理して見てください。 電気は計算の通りになるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もうしわけありません。 電圧を大きくしても送電する電力も大きくすれば損失電力はかわらないことから、送電では高電圧にて送電されているという理由になるのか思うのですが、 オームの法則の E=I*R を使うと、電流の2乗にも反比例するし、電流を大きくしても送電する電力も大きくすれば同様に損失が変わらないのではないか。 ということです。 しかし、現実は高電圧にて送電されています。 私の考えのおかしい所は、オームの法則のE=I*R を損失電力に代入するところにあり、このEは送電に対する電線に係る電圧であり、送電する電力にかかる電圧でない事から、このような代入は成り立たないのではないかと悩んでいるところです。

関連するQ&A

  • 三相三線電圧降下について

    線電流をI 電線の抵抗 r としたとき、電圧降下が √3Irとなるのはなぜでしょうか。なぜ√3ばいになるのでしょうか。電力損失においては、1線あたりI×I×rになり、3線なので全体で3I×I×rになっていることはわかりやすい。 電圧降下についての式の理由をお願いします。

  • 高校物理Iの電力についての質問です

    大電力を遠方に送電する時、高電圧が使用される。これは高電圧の方が送電線での電力損失の割合が小さいことが主な理由である。 問1 電圧Vの電線から遠く離れた抵抗Rの機器に電力を送る。送電線の抵抗はrである。Rで消費される電力Wはいくらか。 と言うのが問題なのですが、ここで質問です。 電圧Vの電線、抵抗Rの機器、抵抗rの送電線を1つの回路というか図形表記ができでません、図形を描いてもらいたいです。 ちなみにこの問題の答えは (V/R+r)^2×R です よろしくお願いします。

  • ジュール熱の発生による送電時のロスについて

    表題の件について質問させて下さい。 発電所などから家庭に送電する場合、ジュール熱を考慮するとどのような電圧・電流が効率いいのでしょうか? ジュールの法則(Q=RI(2乗)t)から、抵抗・電流が小さいほうがよい? でも、この式にオームの法則をあてはめた式(Q=VIt)では、電圧も大きくてはだめ? と、考えていたら下記のような文章の意味(電気の科学館HPの説明…http://www.chuden.co.jp/e-museum/e-museum05/5_4/5_4_3/hendensyo.html)がわからなくなってきました。 お手数ですが、どなたか解説お願い致します。 ≪電気の科学館の説明≫ 電気を送る時は、送電中のロスを少なくするために、電圧を高くします。 電流が送電線を流れると、電気抵抗のため熱(ジュール熱)が出ます。この熱が出ただけ電気がロスすることになります。ところで、この熱は電流が多いほど出る(ジュールの法則)ため、電流を少なくしてやればロスが少なくなるわけです。 同じ電力の電圧と電流は反比例するので、電流を少なくして送電中のロスをへらすためには、電圧を高くする必要があります。

  • 電圧、電流、電力と発電について教えて下さい。

    中学校の理科の教科書で、資源やエネルギーの章に、 問い「電気抵抗の小さい送電線を用いると、どうしてエネルギーの損失が小さくなるのだろう」 というものがありました。 送電線というのは、電柱についている銅線のことなのですが、 考えているうちに自分がそもそもの部分が分かっていないと分かりました。 ・交流と直流では、オームの法則などは同様に考えていいのか。 ・発電所で発電する電気というのは、電流、電圧、電力の何のことか。 ・ついでに電源装置では、大本として電流、電圧、電力の何を変化させているのか。 ・送電線は、電圧、電流、電力の何が一定なのか。ぜんぶ一定じゃないのか。 ・電流によって電圧が生まれるのか、電圧によって電流が生まれるのか。 など、次々と分からないことが浮かんできます。 根本的なところが分からないので、質問がバラバラですが、 上の疑問や、教科書の問いに対して何と答えればいいのか、 ひとつでもいいから教えてもらえたら嬉しいです。

  • 交流の欠点について

    標記については、先日 http://personal.okwave.jp/qa3240718.html で質問させていただいたのですが、 電力損失についてよくわかりませんでした。 この電力損失について、 「交流回路では、電圧と電流が周期的に変化し、電圧と電流の間には時間的なずれ(位相差)があることから、電力損失が発生する。」という理解でよろしいでしょうか? また、他に交流の欠点としてなにかあればお願いいたします。

  • 交流回路の電力の求め方(その2)

    お世話になります。 標記について、以前R-L直列回路のベクトル図の書き方について質問させていただきました。 標記の電力計算について参考書においては電圧基準しているものがほとんどかと思いますが、なぜ電圧基準にするのでしょうか。ベクトル図を書く際には直列回路であれば電流基準にすべきと思いますがいかがでしょうか。 また、この平均電力を求める場合 P=E・Icosφ から求められますが、ベクトル図解するさいに、 Icosφ・・・と電流を分割するのでしょうか。そもそも、電流基準とし、電圧をEcosφ・・・と分割し、実はこれは抵抗にかかる電圧成分になっている・・・と説明した方わかりやすいような気もしますがいかがでしょうか。 わざわざ、共通の電圧の位相差を同相成分と90度のずれた成分に分割する必要があるのかなと疑問になります。 ちなみに、R-Lの並列回路における平均電力については、同様に P=E・Icosφ から求められます。このベクトル図解するときも電圧を基準としてIcosφ・・・と電流を分割するのでしょうか?。 そうするのであれば、この成分はまさに抵抗に流れる電流の成分となると思いますが、このような理解でよろしいのでしょうか。 となると並列回路における平均電力を求める場合は、わざわざ合成電流を求めなくても抵抗に流れる電流だけを求めればよいと言うことでしょうか。

  • AC DCの利点

    電線を軽くするには? 例:100V 10ampの電流をAからBまで送電する時、ACとDCのどちらで送電した方が電線を細く出来るのでしょうか。 その理由は? またAC、DCの利点から参考になるHPがあればご教示下さい

  • 電力を求める公式とオームの法則の関係は?

    【電力(W)を求める公式】          電力(W)=電圧(V)×電流(A) 【オームの法則】 電圧(V)=抵抗(R)×電流(I) この二つの式の、抵抗(R)と電力(W)は同じ事ではないのですか? 意味が同じなら式が違うしと思っています。 どなたか簡単(分かりやすく)に教えていただけませんか。 お願いします。

  • 【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損

    【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】 電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。 電力損失はなぜ2I^2rのように電流だけ2乗の損失が産まれるのか理由を教えてください。

  • 交流のほうが送電ロスが少ないのはなぜ?

    交流のほうが送電ロスが少ないのはなぜ? 電気は直流ではなく、交流で大電圧をかけて送電されていますよね? なぜ、直流電流よりも交流電流の方が、送電線の抵抗の影響を受けにくく、電気が流れやすいのでしょうか?その仕組みがよくわかりません。直流で大電圧をかけて送電しないのはなぜなのでしょうか? ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。