• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

専業主婦と兼業主婦

初歩的な質問で申し訳ないのですが、 現在の税制ですと、 サラリーマンの夫を持つ専業主婦(収入等103万以内)は 税金も、保険料も、年金も支払わなくていいんですよね。 で、バリバリのキャリアウーマンじゃないけど、 そこそこ頑張って働いている(年収200万程度) 兼業主婦は夫の扶養からははずされ、 自分で、税金も、保険料も、年金を支払いますよね。 この兼業主婦が国民年金の場合、 将来の保証に関しては、自分で働いて保険料納めた 国民年金の兼業主婦より、夫の扶養内の専業主婦の厚生年金の方が手厚いっていうのが納得いきません。 働いて、保険料納めてる人より、 何も納税していない人の方がより手厚い保護が受けられる ってなんだか働く気失せちゃう・・・。 やはり、専業主婦って一番おトクな生き方なんでしょうか? 働いたら働いた分だけ『トク』をする社会にして欲しい。 共働きのご夫婦、専業主婦、色々な立場の方から ご意見を頂きたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1075
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>サラリーマンの夫を持つ専業主婦(収入等103万以内)は税金も、保険料も、年金も支払わなくていいんですよね。  専業主婦のかたが国民年金の保険料が発生しないのは、家庭内労働により一定の価値生産があったものとみなすとの考え方によるものと理解しています。その考えは、例えば夫婦が離婚するときの財産分与の考え方の中にもちゃんと現れているようです。  ところで、日本の雇用慣行には諸外国と比べてもおかしなことがたくさん残っています。女性が管理職に昇進できない職場、女性は結婚したら職場を辞めなくてはいけない空気を持つ職場、男でも管理職に就けないまま一定の年齢に達すると職場を去らなければいけないとされる職場などなど枚挙に暇がありません。老後の生活保障をメインテーマに創られた年金制度はこれらの不文律と対をなして存在し続けたと言えなくもありません。  結婚しても、あるいは老齢になっても安心して働けるといった職場環境が社会の中で一般化すれば現行の年金制度の持つ矛盾はある程度解決するのではないでしょうか。年金問題は社会に参加するすべての人々がどのようにはたらき、老後の人生を経済的にどうのように支えるのかといった社会全体が関わる大きなテーマ抜きには語れません。  私自身はやはり、専業主婦が全く保険料を納める必要がないとされる第三号被保険者制度は手を加えられてしかるべきと考えておりますが、同時にこのような大前提となる現状をかえるための努力は不可欠だと思います。  個人の所得税に関しては、終戦直後のシャウプ勧告によってそれまでの賦課課税制度から一変して申告納税制度へと大きく変わりました。その中で大きな柱の一つとなったのが憲法に謳われた生存権とのからみです。つまり最低の文化的生活は保証されるという考え方が背景にあります。(現行の人的控除の最低額38万円がそれにふさわしいかどうかは別の問題ですが。)ご質問の文中にある103万円というのは、基礎控除38万円と給与所得控除の最低額の65万円を合計した額でして、私はこの38万と65万というのはいかにもバランスが悪いと感じています。(最低生活が38万円できるかどうかという疑問や、サラリーマンの経費とされる金額を実額控除とすれば所得税は軒並み上がることになるという事実が根拠です。)  日本の場合はアメリカなどの西側先進国と違って、サラリーマンという最も大きな納税者集団が申告納税制度の埒外に置かれることにより、税制を始め社会保障制度などに無関心でいることが許されてきたことに根深い原因があると、私は思っています。国会議員ですら間違ったことをテレビで平気で話しているのを聞いたことがあるくらいで、問題に気がついている人すらほとんどいないのではないでしょうか。5年後にはサラリーマンも含めた総申告制が始まるそうなので、このような議論が広がっていくことを期待したいと思います。  一生懸命はたらけば報われる、そういう社会であったほしいと私も思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもわかりやすく、説得力のあるご回答 ありがとうございました。 誰が悪いとかずるい、とかいう問題ではなくて 自分達がいかに税制に関心を持っていくか、 が自分達の老後を守るための最大の課題であると思います。 技術や知識もあり、健康であるうちは、 安心して社会で働けるような国にすることが 一番の解決策なのでしょうが・・・ 難しいですね・・・。

関連するQ&A

  • 専業主婦が兼業主婦を羨やましく思うことはあるのでし

    共働きでカツカツの兼業主婦の人は専業主婦をうらやましがることはあると思いますが 専業主婦が兼業主婦を羨やましく思うことはあるのでしょうか? ここでいう兼業主婦というのは、働きたいわけじゃないけど、家計が苦しくて働かなくちゃ生きていけない人たちの事です。

  • 兼業主婦は、専業主婦の分まで税金を納めている?

    ネットなどでは、専業主VS兼業主婦論争をよく見かけます。 兼業主婦の言い分として、「私達は働いてないママ達(夫は働いているので税金を納めている) の分まで税金払っているのよ!だから専業より偉いんだけど!ふふん!」みたいな言い分を 見かけるのですが、実際に、そうなんでしょうか? 専業主婦は税金を納めませんが(働いてないから)、代わりに他人の仕事をされている奥様方が支払ってくれているというのは、本当なのでしょうか? 兼業主婦は、無職の主婦だけの税金代わりに払っているのですか? では、ニートやホームレスは?誰が代わりに払ってくれているのですか? ちなみに、兼業VS専業論争はここではお控えください。 そして私は無職の専業主婦で、日中は家におりますが、資産収入があるのでそこから税金を払っております。

  • 専業主婦は兼業主婦と比べて劣ってると思いますか?

    みなさんの率直な意見が聞きたいです。 私は専業主婦と兼業主婦の価値は対等だと思ってます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)

 現在の年金制度は、加入している年金の種類によって、納める額が決定されて将来受給する年金額が決定される制度になっています。  ご質問の兼業主婦の方が国民年金に40年加入した場合と、専業主婦の方が40年間ご主人の扶養の場合を比べた場合には、同額の年金受給額となりますので、専業主婦のほうが手厚いということはありません。専業主婦の方は、ご主人の厚生年金の扶養にはなっていますが、国民年金の第3号被保険者の資格ですので、月額の国民年金保険料(現在は13,300円)の負担が無いだけで、受給する年金は変わりがありません。  ご質問の不都合な部分については、政府の偉い方々が税制制度改革のために、来年の実施に向けて色々と検討をしているようです。103万円の壁はもう少し下がるようですし、配偶者控除なども見直されるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 第三号被保険者は国民年金を納めている人と 同じ額の受給額なのですね。 厚生年金を納めた人と同じように扱われるのかと 思っていたものですから、 あのような書き方をしてしまい申し訳ありませんでした。

関連するQ&A

  • 専業主婦の国民年金について

    夫(サラリーマン)の被扶養者の妻は国民年金の保険料を負担していませんが、将来国民年金を受給できます。離婚した場合はどうなるのでしょうか? 被扶養者で保険料を払っていなかった期間分の保険料を払わないと、将来国民年金の金額がその期間分は少なくなると聞きました。 任意加入の制度がなくなって今の制度になったので、専業主婦(収入の少ない主婦も含めて)は自分で国民年金の保険料を払うことはできません。不幸にして離婚することになって、ただでさえお金が無いのに、これまでの保険料を払えと言われても無理です。 ほんとにこんな制度になっているのでしょうか?

  • かつて専業主婦だった兼業主婦の方にお聞きします。

    専業主婦に関する質問は世間でも毎度のこのサイトでもヒステリックに感じるのですがどうでしょうか。 私は専業主婦は専業主婦のメリット、デメリット両方あると思っています。 なぜ専業主婦の皆さんはこうもヒステリックになるのか。 なぜその部分的な指摘の部分を認めようとしないのかわかりません。 何故こうも専業主婦は立派だと叫ぶのでしょう? 叫べば叫ぶほどなにかちがう意味合いをもってしまうと私は思うのですが皆さんはどうでしょうか 例えば基本は働く人より暇であり楽だと思っています。 ここでも平日から何時間も回答している。(=自分で暇と宣言してるようなもの) ストレスもあると書いている人も、会社にいてもあります。 無職に近い社会評価 (クレジットカードなどもてない、家族カードは論外。社会的信用が夫の上に成り立っている) 年金問題。 結婚するとき専業主婦希望という人も多い。 でも必ず専業主婦は大変と言います。 確実に言いますよね。 専業主婦「も」ではなく専業主婦「は」大変と言いますけど、あれはおかしいといつも思うのです。 例でいうと、評価されない仕事、お休みのない仕事、モチベーションなどのメンタルな部分など大変なのはわかりますが主張しすぎに思えるのです。 そこで専業主婦について第三者的な意見を教えてください。 専業主婦のかたはご遠慮ください。 現在、兼業主婦の皆さんにお聞きします。 専業主婦の頃よりも仕事をしている大変さは別物だとは理解していますが,どちらが本当に大変だと思いますか? メンタル面は専業主婦が大変で、肉体的な疲れは社会にでるというのは本当ですか? この逆もあるかもしれませんが… 経済的な余裕があれば専業主婦に戻りたいですか? お金だけではなく仕事に対する意欲やプロとしての仕事への誇りはありますか? 専業主婦の専業主婦問題に関するヒステリックさを感じることはありますか? 立派と思えるような主婦ってすごく少ない気がしますが皆さんの周りでは立派だ、「さすが専業だ!」と思えるような人って多いですか?

  • 専業主婦?兼業主婦?

    私は今年の春に結婚し、家事と週3日アルバイトをしている27歳(女)です。夫と同じ会社に勤めていた事もあり結婚を期に退職しました。今、暇な時間が多くなったせいか「将来の人生プラン」について色々と考えてしまいます。  ちなみに私は2~3年後に子供を産み、それまでは2人+私自身の時間を楽しみたい!というのが希望です。  最近では「専業主婦への厳しい意見」を多く聞きます。それとは反対に母親は「早く子供を産み、専業主婦でしっかり育てる」のが女性の一番良い人生では?と言っております。兼業主婦になる為には、育児休暇をもらえる正社員になるべきだと思うので、それならば正社員への就活を今するべきでは?とも考えています。同じ不安を持っている方、経験者の方ご回答お願いします。

  • 兼業主婦の方・イライラしませんか?

    兼業主婦しています。 手に職系の仕事で、12年間仕事して結婚。現在パートですが大変ハードです。 独身時代は、「キャリアウーマンとしてバリバリ働き、良き母・妻、そしていつもきれいにして・・・かっこいい女」を想像してましたが、現実はそんな余裕も無く、器用でもなかった事がわかりました(失笑) 結婚して3年。 疲れきって帰って来てから、掃除・食事の用意・・・ 毎日ではないですが、かなりイライラします。 朝六時半起き・朝食とお弁当つくり・仕事はPM7~8時ごろ帰宅・夕食の用意・ 夫帰宅11時・食事終了0時・就寝1時です。 今でさえ余裕がないのに、子供が生まれたら、更にイライラして子供にあたってしまいそうです。 手を抜けばいいのですが、食事は大変重要に思っていて、おろそかにしたくありません。 夫はポリシーを持ったキャリアウーマンが好きみたいで、専業主婦を好んでません。 「(産前産後も!)とにかく働いて」といいます。 自分としては、キャリアウーマンより、いいお母さん&妻になるほうがあっていると思うので、産後は専業主婦になるつもりです。 当面出産までは働きますが、その間どうストレスを解消したら良いか?兼業主婦の皆さん、お考えを教えてください。 ・家事って多すぎませんか?? ・休日もたまった家事で休めなかったりしませんか?? ・自分の時間が少ないと感じませんか?? ・夫は手伝ってくれるかもしれないけど、やっぱり女性の負担が大きいと感じませんか??(どんなに手伝ってくれる旦那でも所詮は手伝いであり、細かいことはできない・責任は女性にある) ・イライラしたとどうなさっていますか?? よろしくお願いいたします!

  • 第三号被保険者の専業主婦はどうみられているの?

    国民年金で保険料を納めなくても年金が受け取れる第三号被保険者。 その多くが専業主婦ですが保険料を納めている勤労者からみると不公平な存在にも思えます。 第三号被保険者の専業主婦の存在は社会からどうみられるものなのでしょうか?

  • 兼業と専業主婦

    現在、30代後半の兼業主婦(夫婦二人子供なし)です。 職場でいろいろあって、仕事をやめたいと常々思っています。 ただ、給料・育休等は安定しており、同期の女性は、退職者ゼロです。 夫は3年前の結婚当初は、仕事をやめることに難色を示していましたが、 ここ半年くらいは「もう仕事やめていいよ」と言ってくれています。 経済的にも、専業主婦でも、暮らしていけるような気がします。 ですが、いざ辞めるとなると、後々後悔するような気がして、踏ん切りがつきません。 こんな仕事でも、育児もない自分にとっては、生きがいになっているのか?とも思います。 でも、仕事から逃げて楽になりたい気持ちも非常に強いです。 (1年前からうつ病で心療内科に通いながら仕事を続けています) 兼業主婦→専業主婦になられた方からの生活や気持ちの変化、 専業主婦になってよかった・後悔したなど、率直なお話を聞かせて頂けると幸いです。 仕事でつらい時は、家で野菜を作ったり、おいしいお料理をつくったり、昼間にサスペンスを見たりする生活に憧れています。 一方で、飽きて仕事があった生活に戻りたいって思う日が来るのでは?と思ったりもします。 ちなみに、家事は好きな方です。 兼業の現在も、スーパーのお惣菜を買ったりすることはないです。 また、夫の家事の手伝いは、ゴミ捨てオンリーで、それ以外は私が全部しています。 性格は怠け者で、仕事も休む口実を毎朝考えてしまいます・・。

  • 専業主婦と兼業主婦

    OL独身アラサーです。 結婚すると兼業主婦or専業主婦に別れると思いますが、もし結婚した場合今の時代は共働きのほうが得ですか? 専業主婦って減ってるらしいし、今の時代は共働きが多いみたいですね。 旦那が医者、よほどの金持ちや資産家だと専業主婦でもいいかもしれませんがそれ以外だとリスクがありますよね。 離婚することもあるかもしれない、旦那がリストラや病気で突然働けなくなるかもしれない。そうなると生活に困るし。 あと、妻が家庭で発言力がなさそう。 旦那に大きな顔されて意見が言えないこともあるかもしれない。 貰える年金額も共働きのほうが多いだろうし、欲しいものだって堂々と買えそう。 子供ができた時、教育がかかるから 共働きのほうがいざという時助かりそう。 あと、家事や料理のスキルを求めてられてしんどそうだなって思います。 自分の収入ない、家庭の発言力がなさそう、家事を手伝ってもらえない可能性がある、離婚や旦那がなんらかの理由で働けなくなった時に生活に困る 共働きは、2馬力で家計を支えってあっていていいと思います。 ・妻が家庭内に発言力がある ・自分の収入がある ・家庭以外の世界がある ・離婚や旦那がなんらかの理由で働かなかくなった時に支えることができる ・家事分担できる 妻が働いているといっても短時間パートからフルタイム正社員からいろいろありますが・・ フルタイムで働く場合、毎日の家事(洗濯、掃除、料理)はどうしてるんだろうと疑問です。 独身でもフルタイムで働くと疲れます。 そこから洗濯、料理なんて毎日できません。 洗濯は毎日するとしてもご飯は毎日作っているのでしょうか? フルタイムで働てると洗濯はいつしてるの? 家事と仕事の両立が体力的にきつそうだなと思います。 家事に手を抜きがちではないのかな?と思います。 あと妻がイライラしてそうなイメージもあります。 家庭内で大きな顔できますよね。 もし私が結婚した場合、相手がよほど高収入の人以外は働きますし、寿退社しません。 でも、その分家事が疎かになりそうだなとそこが気になります。 専業主婦と兼業主婦どちらがいいでしょうか?

  • 専業主婦の良し悪し教えてください。

    結婚を控えてます。 専業主婦になるか兼業主婦になるか迷っています。交通事故の後遺症で足が悪く、体力的に外で長時間出るのはしんどいと思っていましたが、すべて旦那さんの扶養になるのは悪いという気持ちもあります。 特にまだお子さんがいない場合での、専業主婦での良かったこと、良くなかったこと、教えてください。よろしくお願いします。

  • 専業主婦は兼業主婦のことを「働かないと生活できない人」と思ってるんでしょうか?

    専業主婦は兼業主婦のことを「働かないと生活できない人」と思ってるんでしょうか? 他の質問を見ててこういった内容のことが書いてあり、私の周り(関東在住)では働いてる人が多いため驚いたので質問します。

  • 専業主婦の年金について

    専業主婦の年金って支払ってませんよね? 夫と一緒の収めているけど金額は妻の分はなしですよね。 つまり夫の分ひとりでも妻の分をいれても同じ金額。 これっておかしいって個人的に思っています。 払ってないのにもらうんですから。 でもこれは専業主婦が悪いんじゃなくそういう制度だったからです。 それを踏まえて、専業主婦の年金って夫が納めればいい話ですよね? 国民年金の場合妻も払いますよね? 社会保険でも妻の分を徴収すればいいと思いますがどう思いますか? 質問です。 1・現在の払わないのにもらえる専業主婦の年金についてどう思いますか? 2・どうなればよいと思いますか? 3・専業主婦の年金も夫から別途支払うべきだという意見についてどう思いますか? 4・専業主婦は職業ですか?職業なのに公的に無収入がおかしいと思いませんか? できれば感情的な方はお控えくださいませ。 よろしくお願いいたします_(__)_