• ベストアンサー
  • 困ってます

太平洋戦争中のエピソードの事で質問があります!詳しい方、お願いします!

  • 質問No.305270
  • 閲覧数1135
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数12
  • コメント数0
最近、第2次世界大戦に詳しい人(40代男性)と、太平洋戦争について、色々お話をする機会がありました。
そのお話の中で、私が子供の頃に知った戦中のエピソードの中で、
実際には、「真実はこうだった」みたいなものがあり、
非常に興味を持ち、尚且つそれが本当なのかを知りたくて質問致します。

(1)ミッドゥエー海戦の有名なエピソード。空母「飛竜」から発進した友永隊長機は、機体が損傷し、燃料が半分しか入らなかったにもかかわらず、アメリカ空母「ヨークタウン」に攻撃をしかけ、被弾しながらも機体ごと「ヨークタウン」に突っ込み、壮絶な戦死を遂げた          ↓
(知人の話)
実際の記録には、その海戦で日本機が空母に突入した形跡はない

(2)戦艦「大和」の沖縄における最後の戦いに際し、片道分の燃料しか搭載せず、海上特攻をしかけ戦闘の後、撃沈されてしまった。
          ↓
(知人の話)
実際には往復分の燃料を搭載していた。事実上、特攻だったけれども、生還も考えての出撃でもあった。

(3)8月15日の敗戦時、日本の軍事力は完全に枯渇していて、軍艦も戦闘機もなかった。まさに刀折れ、矢尽きるの状態だった。
          ↓
(知人の話)
航空兵力に限っていえば、終戦時の時点で3000機の兵力を温存していた。

とくに(3)に関しては、だったらなぜあんなに悲惨な特攻攻撃が繰り返されてきたのかと、かなり暗澹たる気分になってしまいました。

以上の3点のご回答をお待ちしております。
ちなみに私は30代前半ですが、私の戦中の知識は、子供の頃に数多くあった
戦記物の漫画がほとんどです。当時は流行っていまして、フィクションの部分があった知識であると思います。
私は戦争を真面目に考え、戦争は悲惨であると思っている者です。
決して、単純な興味本位の質問で無い事を付け加えさせて頂きます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.12
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (3/10)

こんばんは、kunkun-2さん。私の知っている事と調べた範囲でお答えいたします。
(1)
米軍側の記録では、艦船に突入した機体はないようです。ただし、生存者のひとりである橋本中尉は「友永機と思われる機体が体当たりをするような体勢で突っ込んでいったが、体当たりしたかは確認できなかった」と後述されているようです。「突っ込もうとしたけど、途中で力尽きた」というのが真相でしょうか?
友永大尉の行動については、本人しかわかりませんが、ミッドウェイ敗北の原因の一つでもある「雷装から爆装、爆装から雷装」の遠因は友永大尉の意見具申(付近に艦船を発見できないため、ミッドウェイ島基地への陸上攻撃)にもあるともいえます。
「もし、自分が意見具申しなければ、こんなことにはならなかったかも」と考え、責任をとるために体当たりを決意した、とも考えれば、機体が損傷していて燃料が半分しか入らないにもかかわらず出撃した事が理解できます。
プロであるならば、機体が完調ではないのに出撃し、任務を果たせない事のほうを恐れると自分は考えます。
(2)
大和特攻については、書類上は片道分の燃料しかなかったが、タンクの底のポンプでは吸い出せない燃料(員数外燃料)まで浚ったという話があります。実際には、片道分以上の燃料はあったと思いますが、往復できるまでの燃料があったかは不明です。大和はもし仮に沖縄に到達できたら、米軍艦船撃滅後、地上に乗り上げ、海上砲台となる予定だったようです。
ただし、出航直前に若年兵を艦からおろしており、航空機の援護もほとんど行われず、豊後水道あたりで、米軍に発見された事を知っても、作戦を中断しなかった事を考えると、本音の部分では、生きて帰れない特攻であったことは誰もが理解していたはずです。
(3)
詳しい機数まではわかりませんが、相当数の機体が存在していました。ただし、稼動機(動く機体)と保有機(書類上存在している機体=動かない)は別物で、戦闘可能な機体と部隊は少なかったと思います。
kunkun-2さんのおっしゃるとおり、「それだけの数の機体があるのに何故?」というのはありますが、既述された方もおられるとおり、特攻=体当たりとは「敵機や敵艦に銃弾や爆弾・魚雷を命中させられないから行う」事にあります。理由は、パイロットの技量不足であったり、機体の性能であったりするわけです。
ですから、いくら機数があっても、パイロットの技量不足(育成する余裕も時間もない)、機体の性能不足(高高度のB29を撃墜できる性能を持った機種は少ない)、燃料・資材の不足(飛べない、整備・修理できない)といった原因により、「体当たり」という安易な手法に軍上層部が走ってしまったのです。これに、(体当たりを任務とされた)特攻第一号(本当は第一号ではないのですが、質問と関係ないので省きます)の関大尉たちの戦果も拍車をかけました。戦局が困難になるにつれ、特攻はエスカレートしていき、途中で爆弾を落として帰還できないよう爆弾を機体に溶接したり(特攻でなくとも、爆発する危険があるため、通常は着陸前に爆弾などは投棄されていました)、特攻専用機(桜花や剣など)が開発されたりもしました。無論すべての軍上層部がこの方法に賛成したわけではありません。大西大将や宇垣中将は戦中は特攻を表面上は支持しながらも(ほかに手段がないため)、敗戦前後には若人を死地に追いやってしまったと自決(大西大将は自殺、宇垣中将は特攻死)しています。
特攻は命じた方も、命ぜられた方も地獄の手段でした。

私の手元には、特攻隊員の方の遺書のコピーがあります。祖父のかつての戦友だったそうです。敗戦後、祖父が遺族の方に無理をいって譲っていただいたものだといいます。
ご家族に当てられたもので、「将来を誓い合った女性がいるが、自分はもうすぐ死ぬ。でも、その女性を本当の家族と思って遇してほしい」と綴られています。「これから特攻に行って、必ず敵艦を沈めて英雄になるんだ」という内容の文章は家族の悲しみを少しでも和らげるかのように明るい文体でした。
ですが、あえて明るく振舞ったその文章に悲痛なまでの苦悩が隠されていることはいうまでもないと思います。
最後に「死んだら(二階級特進して)、曹長です」という文章が軍国・日本という時代を物語っているように感じます。
お礼コメント
noname#2712
grypsさん、こんなに詳しく回答して頂き、驚くと同時にとても感動しています。

(1)の質問に関しては、さすがにマイナーな質問だったようで、これはもう回答は無いだろうなと思っていた矢先にgrypsさんの回答を頂きました。なるほど、回答を見ますと、様々な事情が重なり合って、色々あったんですね。

長い回答文に見えて、これが素晴らしくまとめられていて、
私のような生半可な知識しか持っていない者でも、非常に理解しやすかったです。
私の知りたいと感じていた事は、心情面も含めてgrypsさんが的確に教えてくれました。
時々ですが、このような「きたー!」と思えるような回答がくると本当に嬉しいものですね。

grypsさん、回答ありがとうございました。
もしかしたら、またこのカテゴリーで質問する事があるかもしれませんので、
その時はよろしくお願い致します。
投稿日時:2002/07/06 00:51

その他の回答 (全11件)

  • 回答No.11
(3)
軍艦に関しては、残存艦艇が多少残っていましたが、とても作戦行動を取れる数ではありませんでした。
艦艇は艦隊を組んで行動するものです。

航空機に関しては本土決戦用として温存してありました。
これは、迎撃にも飛び立たず、ひたすら本土決戦用として残しておいたものでした。
お礼コメント
noname#2712
本当に本土決戦が行われていたらどうなっていたんでしょう?
肉弾戦法に次ぐ肉弾戦法が、ひたすら繰り返されたのでしょうね。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/06 00:36
  • 回答No.10

ベストアンサー率 28% (2/7)

3)に関して。
軍艦がなかったなんてのは大嘘です。立派に戦艦も空母も巡洋艦も敗戦の時点で海に浮かんでいました。ただ、動かす燃料と、行動に必要な制海権、制空権がなかっただけです。
 軍艦で何が存在していたかというと、かつての連合艦隊旗艦、戦艦長門は横須賀に浮かんでいましたし、空母なら鳳翔を始め、葛城等、その他巡洋艦、駆逐艦、潜水艦もおり、特に潜水艦では巨大な伊400型なんてのはウルシー環礁へ攻撃予定の所、敗戦となりました。
 終戦後、これら残存艦艇は連合国への賠償艦となり、戦艦長門、巡洋艦酒匂はアメリカの原爆実験に供されました。
 大和と共に出撃し生還した駆逐艦雪風は中国に引き渡され、長く旗艦を勤めたという、話もあります。
お礼コメント
noname#2712
なるほど、やはり少しは残っていたのですね。
駆逐艦雪風の事は私も知っています。
戦艦長門が原爆実験の標的になったのも何年か前のNHKスペシャルで
見て知っていました。
残ったわずかな艦にも、それぞれの物語がありますね。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/06 00:28
  • 回答No.9

ベストアンサー率 38% (482/1255)

(2)についてですが、軍港で燃料の管理していた方が「これから死ににいくってのに腹いっぱいじゃないとはどういうこった!おれが許可するから腹いっぱいにしてやれ!」ということで独断で満載の燃料をつんでいたと最近どこかで読みました。

しかし生還はどう考えても無理だったでしょう。出撃した艦艇の数と米軍の兵力を知っていたら・・・
お礼コメント
noname#2712
もし、死地に行こうとしている武人がいたとして、
腹ぺこのまま送り出すか、それともできる限りのもてなしをして
(例えそれが粗末で、少なかったとしても)送り出すのとでは、
上手く言えませんが、「礼儀」として全然違うと思います。

子供の頃はそれさえもできないと(思っていた)、当時の現状とか心情を考えるとやるせなかった気持ちばかりでしたが、そうでない人達も居たのだと思うと、
わずかですが、救われる想いです。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/05 23:57
  • 回答No.8
>(2)

記録上は片道分ですが、「死にに行く者への情け」で往復分の燃料を積んだという逸話が残っています。ただ、手動でタンクというタンクからかき集めたというような状態だったそうです。

>(3)
パイロットと燃料の枯渇に尽きると思います。特攻については、参考URLがよくまとめられていると思いますので、一度覗いてみてください。
お礼コメント
noname#2712
参考URL入れて頂き、ありがとうございます。
(2)と(3)に関しては、これで事実関係がわかってきました。

私が子供の頃に戦記物漫画から得た知識だけでは、到底足りません。
この年になって、やっとわかってくるようになってきました。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 10:40
  • 回答No.7

ベストアンサー率 8% (7/86)

『だったらなぜあんなに悲惨な特攻攻撃が繰り返されてきたのかと』
特攻はしょうがないというとおこられちゃうでしょうが、通常に攻撃してもVT信管やらレダーや高性能ラジオによる空中管制CAPそんなの相手だったらさっさと逃げる以外生き残れませんよ。
どうせ駄目なら突入の方が戦果を上げれそうって考えるのはむしろ普通の搭乗員の考え方ですよね
ベトナム戦争時まで使った空母たくさん作る国相手じゃね。
みんなよくがんばりましたよ
お礼コメント
noname#2712
>だったらなぜあんなに悲惨な特攻攻撃が繰り返されてきたのかと
>戦争は悲惨であると考えている

この部分は質問に入れない方がよかったかも。。。この手の質問にあまり主観は入れない方がいいような気がしています。今となってはちょっと遅かった・・・

(1)~(3)の質問で事実かどうかだけに絞ります。

mgshopさん、回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 10:27
  • 回答No.6

ベストアンサー率 20% (34/170)

>私は戦争を真面目に考え、戦争は悲惨であると思っている者です。

戦争を真面目にお考えになるなら「悲惨」という言葉がでてくるものでしょうか?
私のような「闘わなければならない時もある」という価値観の者にとって
戦争が悲惨である、という結論はなかなか出せません。
「戦争」がではなくて「負けた」から悲惨、というのなら意味としては判るつもりです。
戦争にしても何にしても負けない為にどうあるべきか、そういった反省が必要です。
お礼コメント
noname#2712
(;゜Д゜)・・・・?
質問に全く答えていない回答とは。。。でも、逆にここまではっきりと
天邪鬼な回答がくるとむしろ感動してしまう私・・・

きっとtakaoさんは漢の中の漢なのでしょう(ちょっと違うか、、、すみません)。
戦争はきれい事ではないでしょう。そういう意味において「悲惨」という言葉を使いました。ダメでしたかな?
私自身は無意味になんでもかんでも戦争反対を唱えている人達とは違うつもりです。
先の戦争でやたらにマイナスイメージで物事を捉える方もいますが、そういうのも私は好きではない人です。

まだ締め切りませんので、もしよかったら(1)~(3)の中で、
何か回答頂けるものがありましたら、教えて下さい(^^)
投稿日時:2002/07/03 10:14
  • 回答No.5

ベストアンサー率 18% (18/98)

(2)に関して、
当時、大和出撃に際し、連合艦隊の作戦会議で、連合艦隊指令である豊田副武が片道出撃を許可しないので、色々調べたら、帳簿上に記載されていない重油が見つかり、往復分の燃料が確保され、出撃したとの事です。
お礼コメント
noname#2712
子供の頃に知った、大和の片道分しか燃料を積んで海上特攻する話は、子供心にも胸に詰まる思いがしたものです。

それが往復分入っていたと知った時は少しだけ驚きましたが、いずれにしても生還は期し難いものであった事には変りはないですね。
むしろ、大和1隻にさえもまともに燃料が積み込む事が難しかった当時の現状に想いを馳せると、やりきれなさを感じます。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 09:51
  • 回答No.4

ベストアンサー率 36% (1782/4883)

3番に関しては敗戦間際の国ならどこでもそうなるのでしょうが、何もかもひっちゃかめっちゃかであったということです。

Aという基地には飛行機はあっても搭乗員がいない、
Bという基地には燃料はあっても飛行機がない
Cという基地には整備員だけいる
とかですかね。
戦力というものは単に飛行機の数だけで測るものではありません。
確かに終戦なっても数字だけ見れば日本はまだ戦えるだけの戦力はありましたが、まともに作戦を遂行できるだけの組織力はありませんでした。
お礼コメント
noname#2712
最初は飛行機の数だけで判断していました。
popesyuさんの説明はごもっともです。燃料もなく、パイロットもなく、技量を磨く時間もなく、そしてまともな作戦もなく、組織力も無かった。
それでも本当によく戦った、、、それにしてもなんとも辛い話です。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 09:43
  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (48/155)

私も(3)に関してしか書けないんですけど、

確かに終戦時の戦闘機数は、3000機はゆうにあったと思います。
(大戦初期から、最も多く1万機生産されたゼロ戦は、残機約1,100機
雷電・紫電改など合わせて2千機ほど作られた局地戦闘機は残機約1,000機
その他、隼、疾風など各3~5千機製造された陸軍の主力戦闘機の残機も加わりますから。)

ただ、すでに回答にあるようにろくに飛べるような状態ではなく、
飛べたとしても、
圧倒的に多いアメリカ軍戦闘機・爆撃機から日本全土を防衛・迎撃するには無理な数です。
飛行機って、防衛より攻撃向きなんです。防衛のために各基地に飛行機を分散配置しても、敵は戦力一箇所集中で攻めてきたりします。
主力戦闘機の総生産数でみても、確か・・・米海軍は日本陸海軍の約2倍、4万機ほど製造しているんです・・・。
空母を失い、防戦一方になった時点でもう負けです。

あと、離陸は簡単ですが着陸は難しく、学徒動員など臨時のパイロットたちは着陸がうまくできなかったそうです。
着陸で事故すると、飛行場/空母の甲板は使えなくなってしまいますから、
「帰ってくるな」と・・・・
ひどいです。
お礼コメント
noname#2712
(3)の件に関してここまで具体的に説明して頂きありがとうございます。
私は最初、3000機の内訳が純粋な戦闘力を持ったものと思っていたのですが、
ここまでの皆様の回答を読んだ後では、これは大半は特攻機だったんだと思いました。

終戦時のパイロット達の大半が今の私よりも10歳以上若かった人達が多かったのだと思うと泣けてくる思いがします。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 09:37
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (834/2935)

> だったらなぜあんなに悲惨な特攻攻撃が繰
> り返されてきたのか

逆です
飛行機は残っていてもそれを自在に操れる熟練兵がいない
どうせまともに爆撃や戦闘をしようとしても無駄死にするだけなら特攻で、という発想だと思います
お礼コメント
noname#2712
そうですね。私もそう思いました。
知人が言ってた3000機温存の話は、そのほとんどが特攻機だったという
ニュアンスだったのかもしれません。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/07/03 09:27
11件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ