• ベストアンサー

反転増幅器のカットオフ周波数の求め方

基本的な反転増幅回路における周波数特性が右下がりになる理由を理論的に説明したいのですが、回路にコンデンサが使われていないので、カットオフ周波数が求められなくて困っています。 オペアンプは751です。 右下がりになる理由はカットオフとオペアンプの周波数特性によるものですよね?    

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.3

式が少し違うところがありますが、Fcutは合っています。 V(t)=Asin(2πft)  Aは最大値(片振幅) dV/dt=2πfAcos(2πft)  t=0のとき、[dV/dt]max=2πfA=SR よって、f=SR/2πA (あなたの式には2が無い) SR=0.5[V/μs] A=8[Vp0] とすると、f=0.5/2/3.14/8=0.020[MHz]=20[kHz] (あなたの計算結果と一致) 以上はあなたに従って最初から8Vで計算しましたが、電源電圧(例えば15V)で上限値を求めておくことも必要だと思います。

noname#43037
質問者

お礼

分かりやすい解説ありがとうございます。 大変参考になりました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

回答No.2

>右下がりになる理由はカットオフとオペアンプの周波数特性によるものですよね?  オペアンプは負帰還をかけて使うと思いますので、オペアンプのオープンゲイン周波数特性をその負帰還の利得でカットしたイメージになります。厳密に言うとカットオフ付近では負帰還量が微妙に変ります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

上限周波数はオペアンプのスルーレート(slew rate)から計算出来ます。(例:751は2V/μs) 正弦波の位相0度における勾配<スルーレート です。 出力電圧と上限周波数は反比例します。計算で確かめて下さい。

noname#43037
質問者

お礼

早速の回答ありがとございます。 使用するオペアンプですが751ではなくて741でした。 すいませんでした。 カットオフ周波数の式は fc=SR/Vo*π で合ってますか? 例えば 出力電圧が8Vで741のスルーレートは0.5V/μsより fc≒20kHzになりました。 20kHzを越えるとオペアンプが入力信号の応答に鈍くなってはじめは緩やかに右下がりになるってことですか? 高校で物理やらずに大学で急にやることになって 知識が乏しいので見当違いなことを言ってたらすいません。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 反転増幅回路と非反転増幅回路の周波数特性の違い

    ゲイン2倍の反転増幅回路及び非反転増幅回路に1Vp-pの入力正弦波100kHz~10MHzを入力したときの出力電圧を測定しています。(増幅回路にはオペアンプを使用) オペアンプの特性からゲイン通りの出力電圧が得られる上限の周波数を求めると約1.59(MHz)でした。そのため非反転増幅回路はその周波数付近でゲイン以下になり、10MHzに近づくにつれて入力電圧の約0.5倍に収束しました。一方反転増幅回路は1.59(MHz)よりも少し低い値からゲイン以下になり10MHzに近づくにつれて出力電圧は0(V)に収束するようになりました。 この反転増幅回路と非反転増幅回路の周波数特性の違いはどのような理論による違いによるものでしょうか?特に収束する電圧をどのような式で求められるかが気になります。ゲインの値の式が違うことと関係があるのでしょうか?

  • オペアンプを使用した微分回路のカットオフ周波数

    オペアンプを使用した微分回路を作り、カットオフ周波数を求めたのですが(f=1/2πRCで求めました)、計算上は約7[kHz]になるのですが、 回路シミュレータを使うと約5[kHz]になります。 微分回路は反転増幅回路のR1とCを直列に繋いだ回路になります。 おそらくオペアンプによる影響だと思うのですが、オペアンプによるカットオフ周波数への影響は何が原因で起こるのでしょう。

  • オペアンプを利用した反転増幅回路について。

    オペアンプを使った反転増幅回路で、周波数を高くしていくと電圧増幅率Gは減衰していきました。その理由は、オペアンプ自身の利得が高周波域で低下するから、オペアンプそのものに周波数特性があるので高周波域では増幅できない。という考えでいいのでしょうか?

  • オペアンプ反転増幅回路の特性について

     オペアンプの反転増幅回路について教えてください 1.周波数特性 2.位相特性  また、オペアンプの諸特性についても、できたら教えてください。

  • 反転増幅回路の周波数特性の理論値

    反転増幅回路の周波数特性について実験したのですが理論値を求めることができず、実験結果があっているのか判断できません 入力信号波形は片側の振幅が2[V]で作成した回路は2倍の増幅器なのですが、スルーレートだけで理論値を求めることは可能でしょうか? 使用したオペアンプのスルーレートは0.5(V/μs)となっています 別サイトで質問したところ、波形の振幅を実効値で定義するのか、ピーク振幅で定義するのかで周波数特性が変わって来ると答えてもらったのですが、どのように違いが発生するのかも教えていただけるとありがたいです

  • 反転増幅回路と非反転増幅回路の周波数特性の違い。

    反転増幅回路と非反転増幅回路に周波数特性に違いがあるらしいのですがそれがどういった違いなのかわかりません。わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

  • 反転増幅回路の周波数特性について

    こんにちは。 反転増幅回路の周波数特性について調べてるんですが、実験を行って数値を求めました。 そしてグラフでまとめたんですが、ある所まで大体一定になってて、それ以降は徐々に下がっていきました。 なぜある所まで一定だったのにそれ以降は下降したんでしょうか? その下降し始める地点の周波数から何か特別なんですか?

  • カットオフ周波数について

    CPUのタイマーを使用してPWM信号を生成しLPFを使用して正弦波を生成する回路を考えています。LPFは、オペアンプを使用する予定です。PWMの周波数に対してLPFのカットオフ周波数はどの程度に設定するのが最適でしょうか?

  • エミッタ接地増幅器の入出力・周波数・位相特性について

    実験で、エミッタ接地増幅器のいろいろな特性を調べました。そこで理論値を出し実験値と比べてみようと思ったのですが、理論値の出し方が分からないのがありした。今回実験で使用した増幅回路はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%97%E5%B9%85%E5%9B%9E%E8%B7%AFのエミッタ接地の回路と同じです。周波数が中域の(コンデンサを無視できる)ときの利得の周波数特性、位相特性(π[rad])、入出力特性(Vin、Vout)の理論式のだしかたはわかるのですが、周波数が高域、低域のときの各特性の理論式と低域、高域遮断周波数のだしかたがよく分かりません。感覚的にですが、どの域でも共通な式があり、各域によってコンデンサが開放や短絡され式が変化するような気がしています。参考書やネットで調べたのですが、明確な式が載っておらず困っています。基本的なこととは思いますが、どなたか教えてください。お願いします。

  • 非反転増幅回路と反転増幅回路はどちらの方が良いのですか?

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%B9%85%E5%99%A8 wikiのページによれば「反転増幅回路は非反転増幅回路よりも特性が安定する」 と書かれてありますが、これは本当なのでしょうか? オペアンプは入力インピーダンスが高く、出力インピーダンスは低い方が良いということだと思うのですが、 非反転増幅回路では、入力インピーダンスが無限なのに対して、出力インピーダンスはR1になり、 反転増幅回路では、入力インピーダンスがRinなのに対して、出力インピーダンスはRfになると思います。 となると、 非反転増幅回路でR1の抵抗値を出来るだけ低くし、且つR1の抵抗値も低くすれば 反転増幅回路よりも優れた特性が得られると思うのですが、 なぜ 反転増幅回路の方が特性が優れているということになるのでしょうか?

このQ&Aのポイント
  • EP804Aエプソンプリンターとパソコンを直接つなぐ方法について解説します。
  • 現在インターネットの受信状況が良くないため、EP804Aエプソンプリンターとパソコンを直接つないで印刷する必要があります。
  • お使いのエプソンプリンターEP804Aとパソコンを直接つなぐ方法を教えてください。
回答を見る