• 締切済み
  • すぐに回答を!

オペアンプによる高周波帯域での増幅

 非反転増幅回路で、入力端子に周波数が不明(かなり高い値)で電圧の変化がとても激しいアナログ電圧を増幅したいのですが、周波数が高すぎるせいか、設定した増幅値より半分程度の値しか増幅されません。  オペアンプの帯域周波数を大幅に上げる方法を教えてください。  また、上記に述べた電圧をうまく増幅する方法が、ほかに何かあるかわかる方教えてください。 [条件] 入力電圧:20mv~40mvぐらい 増幅率 :50倍  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3078
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.3
  • inara
  • ベストアンサー率72% (293/404)

ANo.2 です。 スルーレート > 13 V/μs、利得帯域幅 > 500 MHz を満足するOPアンプは、データシートをよく見てみたら、 [1] の中にはありませんでした。 以下に主なOPアンプメーカの高速OPアンプのセレクションガイドを載せておきます。利得帯域幅の大きい順に並んだリストが出ます。この中から選んでください。 新日本無線 → GB[MHZ]の▼をクリック http://semicon.njr.co.jp/njr/hp/productCategorySearchExec.do?_categoryId=1040 マキシム → -3dB BW (MHz) の↓をクリック http://para.maxim-ic.com/cache/en/results/4891.html テキサスインスツルメンツ → GBW (typ) (MHz) の▼をクリック http://focus.tij.co.jp/jp/paramsearch/docs/parametricsearch.tsp?family=analog&familyId=72&uiTemplateId=NODE_STRY_PGE_T リニアテクノロジー http://www.linear-tech.co.jp/pc/categoryProducts.jsp?navId=H0,C1,C1154,C1009,C1022&sort=1&direction=desc&action=SORT ナショナルセミコンダクタ http://www.national.com/cat/index.cgi?i=5

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。発振器での実験ですが、増幅を一段構成から二段構成にしたら、帯域幅が大きくなったのが確認できました。まずはその方法で今あるオペアンプで計測しようと思います。うまくいかない場合は教えていただいた部品を使用しようとおもいます。

関連するQ&A

  • 反転増幅回路と非反転増幅回路の周波数特性の違い

    ゲイン2倍の反転増幅回路及び非反転増幅回路に1Vp-pの入力正弦波100kHz~10MHzを入力したときの出力電圧を測定しています。(増幅回路にはオペアンプを使用) オペアンプの特性からゲイン通りの出力電圧が得られる上限の周波数を求めると約1.59(MHz)でした。そのため非反転増幅回路はその周波数付近でゲイン以下になり、10MHzに近づくにつれて入力電圧の約0.5倍に収束しました。一方反転増幅回路は1.59(MHz)よりも少し低い値からゲイン以下になり10MHzに近づくにつれて出力電圧は0(V)に収束するようになりました。 この反転増幅回路と非反転増幅回路の周波数特性の違いはどのような理論による違いによるものでしょうか?特に収束する電圧をどのような式で求められるかが気になります。ゲインの値の式が違うことと関係があるのでしょうか?

  • オペアンプを利用した反転増幅回路について。

    オペアンプを使った反転増幅回路で、周波数を高くしていくと電圧増幅率Gは減衰していきました。その理由は、オペアンプ自身の利得が高周波域で低下するから、オペアンプそのものに周波数特性があるので高周波域では増幅できない。という考えでいいのでしょうか?

  • オペアンプの非反転増幅回路

    opアンプの非反転増幅回路について。 電圧増幅率がAV=20[dB]である非反転増幅回路を設計したい。 ただし、オペアンプは理想的ではなく、その電圧増幅率が有限の値である。 この場合、非反転増幅回路の電圧増幅率AVの誤差を0.1以下とするためのオペアンプの電圧増幅率Aの下限を求めなさい。なお、抵抗値は誤差なく設定できるものとする。 至急、お願いします。

  • 回答No.2
  • inara
  • ベストアンサー率72% (293/404)

以下の手順で適切なOPアンプを探してください。 (1)スルーレート 信号周波数が分からないのであれば、増幅したい最大周波数を fmax [MHz] 、増幅後の最大振幅[ peak-peak値 ]を A = 40mV×50 = 2 [Vpp] としたとき、OPアンプに必要なスルーレート(Slew Rate)SR [V/μs] を次式で計算する(f はMHz単位なので注意)。    SR = π*A*fmax famx = 1MHz なら SR > 6.3 V/μs、2倍程度の余裕を見て13V/μs 以上のもを選ぶ。 (2)利得帯域幅積 増幅したい最大周波数を fmax [MHz] 、利得を G [倍] としたとき、OPアンプの利得帯域幅積(GBW)または ユニティーゲイン周波数が fmax×G×10 程度のOPアンプを選ぶ。fmax = 1MHz、G = 50 なら、 利得帯域幅積が 500MHz 以上のOPアンプを選ぶ。 (1)と(2)を満足するOPアンプはいろいろありますが、LM6361~6364 [1] の中に適当なのがあると思います(これらはバイアス電流がちょっと大きいですが)。 [1] LM6361データシート http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM6261.pdf   LM6362データシート http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM6262.pdf   LM6364データシート  http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM6264.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。いままでただ単に増幅さえできればいいと考えてたので、周波数の事等考えず適当にオペアンプを選んで使っていました。増幅率と帯域周波数が深く関係していることがよくわかり、勉強になりましたました。

  • 回答No.1

オペアンプの帯域周波数を大幅に上げるには、見合った物に交換するだけです。 周波数も不明では答えようがない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 高い周波数帯域をもったオペアンプを調べようと思います。

関連するQ&A

  • オペアンプによる増幅回路について

    はじめまして、貴重なスペースをお借りします。 オペアンプをつかった増幅回路についての課題で 入力電圧を一定にし周波数を上げていくと 電圧利得がさがっていくのはどうしてなのか どなたか教えていただけませんでしょうか。また 同様に周波数を変化させると位相が変化する理由も教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • オペアンプ

    初めてです。よろしくお願いします。 オペアンプの実験で増幅回路では入力電圧が下がるのに、反転増幅回路では 入力電圧が変化しないのはなぜですか??

  • 反転増幅器のカットオフ周波数の求め方

    基本的な反転増幅回路における周波数特性が右下がりになる理由を理論的に説明したいのですが、回路にコンデンサが使われていないので、カットオフ周波数が求められなくて困っています。 オペアンプは751です。 右下がりになる理由はカットオフとオペアンプの周波数特性によるものですよね?    

  • オペアンプ増幅回路の周波数限界

    先日、周波数10MHzの信号をLM7171というオペアンプ反転増幅回路で200倍以上増幅する機会があり、疑問に思ったので質問します。  昔、高周波関係の会社にいた頃はオペアンプは高周波の増幅では使えないといった誤った認識があったのですが、実際のところ多段でも構わないので、100倍程度の増幅率が得られるのはどの程度の周波数まででしょうか。1倍や、2倍で1GHz近辺をうたっているアナログデバイセズのOPAもあるのですが、いまいち10倍以上の情報が得られません。 実際にこのOPAでこれだけ増幅させたという経験や、熟練されていて、データシートの特性からこのOPAならまず、いけそうだといったアドバイスがありましたらお願いします。 参考になるHPの情報なども助かります。 トランジスタでやれば?という意見もあるでしょうが、知識不足で設計方法がわからないところがあります。

  • オペアンプを使用した微分回路のカットオフ周波数

    オペアンプを使用した微分回路を作り、カットオフ周波数を求めたのですが(f=1/2πRCで求めました)、計算上は約7[kHz]になるのですが、 回路シミュレータを使うと約5[kHz]になります。 微分回路は反転増幅回路のR1とCを直列に繋いだ回路になります。 おそらくオペアンプによる影響だと思うのですが、オペアンプによるカットオフ周波数への影響は何が原因で起こるのでしょう。

  • オペアンプの非反転増幅回路について

    オペアンプの非反転増幅回路を用いて0.56V程度の電圧を90倍して5Vの電圧を得られる回路を作りたいと考えています。オペアンプの電源にはレールスプリッタICのTLE2426で作った+-0,75Vの電圧を加え、90倍できるように抵抗の値を決め作ってみたのですが、+0.56Vでは90倍の出力は得られず、逆に-0.56Vの入力では90倍以上増幅されてしまいます。 このようなことが起こる原因としてどのようなことが考えられますでしょうか。 回答の程よろしくお願い致します。

  • オペアンプ反転増幅回路の特性について

     オペアンプの反転増幅回路について教えてください 1.周波数特性 2.位相特性  また、オペアンプの諸特性についても、できたら教えてください。

  • オペアンプの反転増幅回路の増幅の仕組み

    http://www.natural-science.or.jp/activities/research/electricalCircuit/1-1.gif 上のサイトに載っているような、オペアンプの反転増幅回路について調べています。 この回路だとオペアンプには電流が流れずに、電圧が増幅されるということですが 電圧はどのような経緯(流れ?)で増幅されるのでしょうか? 電流も電圧も全て抵抗R0にかかるのであれば、オペアンプがなくても増幅が可能ということになると思うのですが オペアンプを無くして、回路を短絡させたままではいけないのでしょうか? 困っています。教えてください。よろしくお願いします。

  • オペアンプの反転増幅回路の増幅の仕組み

    http://www.natural-science.or.jp/activities/research/electricalCircuit/1-1.gif 上のサイトに載っているような、オペアンプの反転増幅回路について調べています。 この回路だとオペアンプには電流が流れずに、電圧が増幅されるということですが 電圧はどのような経緯(流れ?)で増幅されるのでしょうか? 電流も電圧も全て抵抗R0にかかるのであれば、オペアンプがなくても増幅が可能ということになると思うのですが オペアンプを無くして、回路を短絡させたままではいけないのでしょうか? 困っています。教えてください。よろしくお願いします。

  • オペアンプによる信号増幅について

    入力信号の電圧が50mV程度であるとき、 教科書やHPでよくみる反転増幅回路でR1:R2=1:100にし、オシロで入出力を観測すると、理想としては入力に対して100倍近くの増幅ができるはずですが、 この時の抵抗値の選び方に制限はあるのでしょうか? R1=100Ω,R2=10kΩの場合と R1=1kΩ,R2=100kΩの場合は同じ意味をもつのでしょうか? オペアンプをつないだ場合入力も小さくなってしまい、増幅率もトランジスタでできるような5倍程度になったり、抵抗の値によっては増幅率がマイナスになったり。 R1の抵抗が大きいせいかと思い、色々抵抗を変えているのですが、なかなかうまくいきません。 R1と増幅回路周辺の抵抗値との比率などでうまくいかないこともあるのでしょうか? オペアンプに与える餌は乾電池による+6V,-6Vです。 よろしくお願いします。