• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

昔読んだ童話のタイトル

古くてすみません。昭和40年代後半に読んだ童話(ファンタジー)です。正式な題名をご存知の方、よろしくお願いします。 あらすじ:主人公が不思議な少年と交流するお話。少年の家の中には、大きな木が真ん中に生えているのです。そして、少年の背中には翼があったのを、主人公だけが見てしまった、という物語だったと思います。 タイトルの一部に“緑の・・・”というのが入っていたような気もします。 大雑把過ぎですが、似たような話でも、読んだことのある方、情報お待ちしています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数134
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

立原えりか作「青い羽のおもいで」ではないでしょうか。 残念ながら絶版ですが復刊リクエストにあがっています。

参考URL:
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=8546

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答して頂き、ありがとうございます! 多分、その作品だと思います。 こうして、同じ本を読んだ方からの反響があり、 また、復刊リクエストというのも、大変嬉しいです。 本当に印象に残るいい作品だと思います。 参考URLもありがとうございます。 今後、図書館や古書店で探してみます。 ありがとうございました。

質問者からの補足

chevetteさんの回答を受けて、 立原えりかさんについて調べたら、 面白いページを見つけたのでご紹介します。 まだ、すごく若々しい方で、びっくりです。 https://www.so-net.ne.jp/storygate/interview/021/index.html

関連するQ&A

  • 『残酷な童話・昔話』って例えばどんな・・・?

    グリム童話は特に残酷な物語だというのは聞いたことがありますが、グリム童話に限らず、他の外国の童話(昔話)や日本の童話(昔話)などだと他にはどんなものがありますでしょうか?(できれば比較的有名なもののなかで・・・) 題名とあらすじを少しでいいので載せていただくと幸いです。 ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。よろしくお願いいたします。

  • ある物語(童話?)なのですが、タイトルが思い出せません。

    ある物語(童話?)なのですが、タイトルが思い出せません。 かなり抽象的なあらすじしか覚えていないのですが、知っている人がいたら教えて下さい。 ある街が災害かなにかで危機的状況に陥ります。主人公(男か女かは覚えていない)は爆破装置のスイッチ(自転車の空気入れのようなもの)を入れる役に立候補します。確か、それをすると街が助かるのですが、スイッチを押した人は爆発に巻き込まれて死んでしまうのです。それで主人公が爆破スイッチを押してくれたお陰で皆が助かるという話でした。

  • 童話を探しています

    10年くらい前の童話を探しています。 主人公「僕」の家の隣にサーカスの一家が引っ越してきます。年が近いこともあって末息子と僕は仲良くなりますが、その一家は少し変わっていました。僕の妹が熱をだしたとき、菫色の空を飲ませると良いといって空を切り取ってくれてきたり、僕の一家がサーカスを見に行ったときには空を飛んで見せたりします。 末息子はまだ飛ぶことはできないのですが背中にこぶがあって、本の最後でそこから羽が生えてきたような気がします。 題名・著者名・出版者等ご存じの方がありましたら宜しくお願いします。

  • 悪者が主人公を追いかける名作童話、知りませんか?

    以下の条件を満たす物語、どなたか思いつきませんか?(1)悪者が主人公を追いかける、または悪者と主人公が戦うシーンがある。(2)誰でも知っている(童話、寓話、世界の名作等)。(3)日本の物語ではない(「桃太郎」や「3枚のお札」といったもの)。「ピーターパン」や「アリババ」、「西遊記」なんかはこの条件を満たすものだと思いますが、他に思い当たるものがありましたら、教えてください!題名だけでも結構ですので。2001年2月28日(水)まで。回答お待ちしています。変な質問でごめんなさい。

  • 子供のとき読んだ童話の題名は?

    子供のとき読んだ西洋の童話にこんな内容の話がありました。主人公の少年はある古道具店である杖を買いました(あるいはその杖を見知らぬ人からもらったという話だったかもしれません)。その杖は、どこか行きたい場所を念じて、振り回すとその願いの場所へ直ちに行くことができる、いわば「どこでもドア」ならぬ「どこでも杖(?)」なのです。この少年はこの杖でいろいろな冒険をするのですが、最後はつぎのように終わっていたと思います。あるとき少年は両親と劇場へはいる。しかし、劇場内に杖を持ち込むことができないので、入口で杖を預けて劇場にはいるりますが、劇が終わって預けておいた杖を受け取ろうとすると、杖がなくなっていました。劇場の人は、「そういえば、酔っ払いの男が杖を振り回して、天国に行きたいと叫んでいました」、と少年に伝える。細部は違っているかもしれませんが、こういう内容の話だったと思います。どなたか、この童話の題名、あるいは作者名、あるいはこういう本がいまでも出版されているかどうか、について教えていただけると有難いのですが。。。。

  • タイトル教えて下さい

    ここ10年以内に親戚の家で見たファンタジー映画か、ドラマです。多分ビデオでみたような・・・。 覚えてる内容は、 主人公が、指輪物語のドワーフくらいの身長、そういう種族?の青年。魔法使いの弟子? 近代的な建物は登場しない。木でつくられた原始的な建物がでてきたような・・・。 だれかの使いで主人公が、鳥を助けにいく。 鳥が、青年に向かって、「○○がこんな未熟者をよこした!」みたいに文句をいう。 この場面しか覚えてないのですが、主人公はだれかの弟子なのかな?と思いました。 これだけですが、よろしくお願いします。

  • 昭和40年代頃の開国・明治維新をテーマにした少年漫画のタイトルと作者を教えてください

    昭和40年代頃の明治維新を舞台にした少年漫画で新撰組などが出てくるものご存知ありませんか?侍の少年が主人公で開国のギャップに戸惑いながらも外国人家族と交流、その娘から好かれたり、といった話です。うろ覚えながらも、忍者とか新撰組の面々も出ていたような・・・。石ノ森章太郎の作品だと思っていましたが、違うみたいです。画風はとても似ています。教えてください。

  • 昭和40年代の忍者少年の漫画

    昭和40年代後半頃の漫画で少年忍者が主人公で結構エッチな場面が 出てくる漫画あったと思いますが 誰か題名とか連載されていた雑誌名とか知りませんでしょうか 天才少年が実は未だにオムツをしているとか ごみため中学とか出てきたような気がします

  • 【世界中を旅するファンタジー】を探しています。

    【世界中を旅するファンタジー】を探しています。主人公が様々な世界・地域を旅し、色々な大切なものを見つけてゆく…。 そんな小説やマンガ・昔話・童話などお勧めのものありますでしょうか? 【追記】《主人公の鳥が、森の世界や海の世界、砂漠の世界などを色々な世界を旅し、大切なものに出逢ってゆく》こんなピンポイントな物語はなかなかないと思いますが、もしあったら大感激です。また、似たような物語ありましたらよろしくお願いします。

  • 昔読んだ小説のタイトルがわかりません。

    以前読んだ小説の題名と作者名がお分かりの方がいましたら教えてください。 ジャンルは夢枕獏さんのサイコダイバーシリーズのような伝奇小説です。 菊池秀行さんの魔界都市ブルースではありません。 主人公は確か探偵業なような職業で陰陽師のような力を持っていて力を使っている時は人格、話し方がかわります。 あらすじです。 悪役は製薬会社の社長か何かで現代に阿修羅を復活させようと儀式をしようとしていたはずです。 物語の冒頭は自分の兄が製薬会社かの試験モニターにえらばれて栄養ドリンクを摂取している内に中に含まれているものの作用で鬼に変わり弟を襲い失踪したので兄を探して欲しいという依頼を主人公のもとにだすという流れだったと思います。 登場人物は主人公側は不思議な能力を持った刑事、悪役側は製薬会社の社長と鬼の末裔か何かだったと思います。