• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険の転換による見直し

二年後に現在契約中の10年更新型終身移行保険の更新がきます。このままだと保険料が上がってしまうので転換による見直しを勧められました。そこで現在の保険を下取りに出す際、二年後だと買い取り価格が大幅に下がってしまうので今のうち下取りに出して見直したほうがいいと言われました。車の下取りならともかく保険の下取りにも値下がりがあるのでしょうか?また、良い機会なので保障も含めて見直そうと思います。保険屋さんはいろいろ勧めてくれるのですが、本当に必要なのか分かりません。最低限つけたほがよい特約があれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数177
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「二年後に下取り価格が大幅に値下がりする」ことは通常考えられません。何故なら、下取り価格とは解約金であり、解約金とは主契約の払込み回数に比例するからです。敢えて考えると、定期保険の解約金が今はあっても更新時にはなくなる、という事態ですが、10年更新型で50歳代以下ならばそれも考えにくいです。ですので、あくまで身勝手な販売員の話法であろうと思われます。 そもそも、「転換」というのはデメリットのほうが大きいです。特約更新を全くしない、という選択も可能ですし、掛け捨ての特約を全て今のうちに外し、その部分のみ通販などの安価なものに換える、というのも今よくある見直しです。 保障はいくらあればよいか、などはご質問からはわかりませんので一般論ですが、今と同じ保障額と医療保障でも、パッケージ商品の転換見直しよりは安価でよい内容にすることはそう難しいことではありません。 最低限あればよいものは死亡保障くらいですが、入院もある程度欲しいということでしたら通販をご検討下さい。転換は解約して新契約に入るのと実質的には同じことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり「値下がり」は考えられませんよね。なぜ値下がりするのかの説明はなかったのですが、私は、保険も原価償却?なんて勝手に納得してしまうところでした。 見直しにもいろいろ方法があるのですね。一社のパッケージにこだわる必要がないことを知りました。我が家に合った保険を検討したいと思います。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。

  • 生命保険の転換

    保険の更新時期を控え、転換の説明にセールスレディーが来ました。いい話に聞こえるのですが、転換は要注意と聞きます。初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。 現在、38歳の夫(サラリーマン)、妻(専業主婦)、子(幼児1名)です。 リード21→新堂々人生 保障額:変更無し 入院特約 4泊5日から→1泊2日から 利率 2.7→1.65 その他、新堂々人生は”以後の保険料いただきません”と”入院中は保険料をお返しします”という特約がついています。 更新後の保険料と、転換後の保険料は同じで、入院時の保障が厚いですよ、というのがセールストークでした。ですから、利率以外はいい話に聞こえるのですが、毎年配当が5年配当だとか、終身保険料の欄が空白になっているだとか、よく見ると不思議なことが多いのです。レディーに聞いても、”リード21”という商品はもうないので、比較するのは難しいといって逃げられました。 検討するにあたり、次のことを重点的にアドバイス頂けたらと思います。 1。利率が下がっているのに、保険料が同じでかつ補償額も変わらず、入院の保障が厚くできるのはなぜか? 2。新堂々人生の正式(?)名称 5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険 の 終身移行とは何か? 3。今回のように昔の商品がなくなっている場合、何を重点的にチェックし検討したらよいのか? 全くわかっていないので、質問の文章も不明でしょうが、よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて(転換など)

    15年前に加入し放置したままだったニッセイの生命保険が更新時期なので見直しを考えております。 30代 独身 女性です。結婚の予定はありません。 <現保険> 月額8,500円  主契約(終身保険)  300万円(死亡・高度障害)  定期保険特約    1,700万円(死亡・高度障害)  災害入院特約 日額 5,000円(入院5日目から)  入院医療特約 日額 5,000円(入院5日目から)  通院特約      3,000円  積立配当金 200,000円(適用年利率4.00%) <勧められた保険 生きるチカラフラウEX> 月額11,000円  医療保険終身   主契約(終身保険) 10万円、新災害入院特約   日額5,000円    新入院医療特約  日額5,000円、がん入院特約   日額5,000円  3大疾病定期特約  300万円、疾病障害補償定期特約200万円、介護保険定期特約  500万円  新障害特約     500万円、特定障害特約     5万円、女性入院特約  日額5,000円  通院特約    日額3,000円、短期入院特約  日額5,000円 見直しに当たり、こちらでいろいろ過去の質問を見ました。 何点かわからないところがあるので、教えてください。 ・「予定利率」とは、「適用年利率」のことでしょうか? ・ニッセイには「基本転換方式」で設計書を提案されていますが、こちらで過去の質問を見ると  「転換」はしない方が良いという方ばかりです。  現契約から「生きるチカラ」に転換することで、過去の積み立て分?を充当するため、  当面は保険料が抑えられるけれど、その後は更新ごとに保険料が上がっていくと考えてよいのでしょうか?  (提案書には、10年後の保険料は生きるチカラは15,000円となっています) ・私の場合、現契約の主契約300万円部分のみを残し、医療保険は他の保険会社を検討する方が良いのでしょうか?  独身ですので、死亡保険金は必要ないと考えているため、  配当200,000円の4.00%程度の利率で、主契約を持ち続けている価値があると思えないのですが、  それでも「転換」はしない方が良いのでしょうか?(考え方が間違っていますか?) ・提案書を見ると、現契約の主契約300万円部分は 払込期間が「60歳」、保険期間が「終身」となっていますが、  これは60歳まで現状どおり保険料を払い込めば、終身の保障があるということで良いでしょうか? 当初は、勧められるがままに 入院時の保障の手厚い「生きるチカラ」にしようと思っておりましたが 現在は、3大疾病、介護などの定期特約は必要と思えないので、転換をしない方がお得なのであれば、 主契約のみを残し、アフラックの「レディースEVER HALF」やアリコの「すこしであんしん終身医療保険」の払い済みタイプなどとの組み合わせを考えています。 長文の上、無知な質問ばかりで申し訳ないのですが、皆様のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • CFP007
  • ベストアンサー率40% (29/71)

こんにちは。代理店を経営するCFPのおやじです。 ここは、どなたかのご助言の通り、保険会社の変更も含めて全面的に見直しをされるのが良いと思います。定期保険は、今切り替えた方が保険料も安いですし、どうも話から想像するに、今の保険会社で継続することのメリットは少ないと思います。家族構成や生命保険などに対する思いを書いて、ここでもう一度質問しなおされては如何でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃる通り全面的に‘見直し’たいと思います。 ‘見直し’と一口に言ってもいくつかやり方があるようなので、まずはこれからの事などを主人と話したいと思います。

  • 回答No.3

転換ですとその保険会社の商品内での見直しとなりますよね。 もしかすると他社にももっと良い保険商品があるかもしれないです。  御面倒でもここはまずmametyans様の現在のご加入保険の保障内容(主契約、特約、各保険料など)や家族構成を開示してくださったほうが的確なアドバイスがなされると思います。  私は専門家といえる域に達する経験知識はございませんので専門家さんのアドバイスが貰えると思います。  せっかくの機会です。 担当保険屋さんのいいなりになって転換してしまい損している方をよく見ますんで。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

玄関先で保険屋さんの話を聞いてると、身振り手振りをまじえてとても説得力あるんですよね。こちらには知識がないのでそういうものだと思ってしまう。主体的にじっくり考えたいと思います。

  • 回答No.1

生命保険 転換 で検索してください。 転換以外に予定利率の良い部分を残して個別に見直すこともできます。 それらは完璧にしないと保険業法違反です。 必要なのは普通の入院特約 必要があれば普通の死亡保障 がんは別加入が一般的です。 その他にいっぱい特約をつけて転換をすすめられていませんか。?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

新しくでたものということで現在は付いてない入院特約を勧められました。ほかにも話を聞いていると「あれば安心かな」と思ってしまうものをいくつか勧められました。 個別に見直すこともできるんですね。転換or更新しかないような言い方だったように思います。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて。

    夫の保険の見直しについて質問です。 現在36歳。210年更新の、第一生命の堂々人生に入っており、3年後の更新後に保険料が上がるので、今見直しをすすめられました。 現在、死亡(高度障害)保障2300万と、700万×5年で合計5800万円。 3大疾病500万、入院で日額10000円、手術は10~40万です。 他にも特約もあり、保険料は月額12000円です。 すすめられたプランは現在の保険の転換で、 変更点は死亡保障が合計で4000万円になり、インカムサポートと言う3大疾病になった時、120万を5年間受け取れるというものが増えました。 保険料は15500円ほどです。(現在の保険を下取りして、と言っていました。) この先も同じような形で10年経つ前に見直しをして(転換)保険料も上がっていくのは確実ですし結局かけ捨てているのかなと思ってしまいました。 結婚前から義母の紹介で入っているので、解約は難しいと思うのですが、将来の保険の内容と保険料が心配です。 会社役員で、持ち家(ローンありますが、団信保険加入しています)で子供は2歳、今は死亡保障も必要ですが、病気への保障の法が重要だと考えています。 同じような年代だと、平均的に死亡保障はどのくらいの金額にするのがいいのでしょうか。

  • 生命保険の見直し

    今主人が入っている生命保険の更新がせまり、 新しい商品を勧められています。 主人は36歳のサラリーマン、妻、子供(園児2人)の 家族構成です。 現在入っている保険は、「パスポート21」で平成7年に契約。主な内容は 死亡保障2000万、終身保障300万、 入院保障は5日以上から一日5000円 あと特約として「シールド(定期型)」が500万ついてます。 終身に移行するのは65歳からです。 勧められている保険は、新「堂堂人生」(10年契約) 死亡の場合は一時金1000万+年金として200万×5年 (合計2000万) 3大疾病などになった場合 インカムサポート300万×5年 保険料払込免除特約付 入院保険は1泊2日から5000円/日 75歳から終身保障218万となってます。 月々の保険料はほとんど変わりません。 が、10年後の更新時の保険料は倍違ってます。 あさってまでにどうするか返事してくれ!と 生保レディーに言われています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願いします。

  • 生命保険「転換」について、お教えください。

    生命保険の転換の話があり、判断に苦心しています。 現在の保険は平成11年に加入した「10年更新型」の保険です。 年払いで、夫(契約時31歳)のぶんは約20万円、 妻(契約時30歳)のは約9万円を支払っています。 今回、この保険を下取りに出して新しいものにする「転換」をすすめられました。 理由は次のとおり。 「保険は常に見直し、より自分の状況に合った状態にするのがいい」 「この数年の間に、時代のニーズに合った新しい特約などが登場している」 新たな提案は、 医療特約については旧商品と新商品の入れ替え程度です。 死亡保障は、夫は1000万円、妻は800万円ほど増えています。 内容は、終身保険がなくなって終身特約がついて、 定期保険は増額されて…など微妙に異なっています。 年払いの金額は、夫は約23万円、妻のは約12万円になるとのこと。 説明を聞いていると、どれも必要なもののように感じるし、 保障内容も適当と思われるのですが、 支払額が増えるので簡単に決断できません。 また、何故今のタイミングで転換するのかがよくわからないのです。 子供ができたなど(今は夫婦のみです)、家族構成が変わったときに 保険を見直すのはわかるのですが、今は契約時と何も変わっていないのです。 そうたずねると、 「いざ子供が出来て保障を増やしたいと思ったときに、  内蔵系の病気を持ってしまったなどでなかなか増額できないことがある。  少しでも若くて元気なうちに備えておくべきだし、  年齢が上がればあがるほど、保険料は高くなる」とのこと。 それに現在の夫の保険は、更新後は9万円ほどの増額なのですが、 新しい保険だと、10年後の更新後は倍近い増額になってしまうのです。 今回の転換の話は、受けてもいいものなのでしょうか? また このような悩みに、中立的な立場でこたえてくださる場所があれば教えてください。

  • 生命保険の見直しについて

    いつもお世話になっております。28歳(夫)、29歳(妻)の夫婦の生命保険の見直しを考えています。 【現在】 夫は死亡(終身)500万円 三大疾病保障特約500万円 災害・医療関係特約 特約は20年払込で以後更新され、現在の保険料は9,648円/月です。 妻は(契約内容は夫とほぼ同じ)60歳まで保険料は変わらず、一律で 11,860円/月です。 【見直し後】 夫は従来の保険の特約をすべて解約して死亡(終身)500万円のみに変更し、さらに新規で 医療・がん(終身)入院1日目より5000円/日 三大疾病   初回200万円(再発5回まで100万円/一回)  災害・医療関係特約 病気による身体障害 200万円 要介護状態60万円 死亡高度障害(一時金490万円 生活保障120万円×10年) この保険を契約する。合計の保険料は19,385円/月 (従来の保険を全て下取り(死亡終身保険を解約)したら1万円程度と思います。) 妻は従来の保険を下取りして医療・がんの終身保険を新規契約します。 災害・医療関係特約、三大疾病・病気による身体障害・要介護状態は夫ほぼと同じ 死亡高度障害    一時金1590万円 この保険を契約する。合計の保険料は12,223円/月 ---------------------------------- です。保険はすべて本人型で、我が家は共働きです。(現在子供2人。(2歳、0歳)) 悩むところは夫の死亡終身保険500万円(5,740円/月)を残すべきか否か、 それとも下取りに出して夫婦とも死亡終身保険を解約して医療終身に乗換えるべきか、 はたまた現在のまんまの保険でいいのだろうか?とても悩んでいます。保険料は合計3万円以内に抑えたいのが本音です。 無駄・足りないと思うところなど、お気づきの点がありましたらご指摘していただけませんか? よきアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    現在30才のサラリーマン。賃貸に住んでいます。主人の生命保険の見直しを検討しています。 契約は24才。 死亡・高度障害(10年間毎年)→240万        (一時金)→400万        (終身保険)→100万 3大疾病→300万 病気による身体障害→300万 骨折・脱臼→5万 通院→3000円 怪我・病気で入院→1万 見直しを考えた理由ですが (1)44才に更新になり、保険料が11871円から30596円になる。 (2)64才払い込み満了以降、保障がなくなってしまう。 以上の点を、担当の生保の方に相談し、下取りで新しいプランを作ってもらいました。 死亡・高度障害(10年間毎年)→200万        (一時金)→390万 3大疾病(初回)→200万     (再発5回まで)→100万 病気による身体障害→300万 骨折・脱臼→5万 成人病で入院→5000円 通院→3000円 怪我・病気で入院(終身)→5000円 ガンで入院(終身)→5000円 新しいプランは50才更新で15619円から40669円になります。50才の頃には子供も大きくなっているので、保障を減らし支払いを少なくしようと思っています。 入院保障が終身なので、このプランで見直そうと思いますが、月々の支払いが約4000円あがるのと、他の特約の保障が多すぎないかと気になっています。賃貸に住んでいますが、万が一主人が亡くなるようなことがあれば、実家に帰ると思います。そうなると、死亡保障はもう少し少なくても・・・と思ったりもしてしまいます。サラリーマンなので、会社からの保障も多少あると思いますし、夫婦では「必要最低限の保障でいい。入院した時にお金が余る程はかける必要はない」と考えています。見直しが必要かどうか、見直すとしたら無駄な保障はないか、ご指導の方宜しくお願いします。

  • 生命保険の転換について

    私の夫が入ってる生命保険についてです。 数日前に ニ○セイさんからお電話を頂き 新しい保険の事で説明しなければならないっと言うことで 家に来られたのですが、説明を聞けば  以前から入ってる終身保険(重点保障プラン)から 今に合った良い保険へ転換しませんか。との事でした。 担当の方はよくして下さってるので 本当にこちらの方が良いと勧めて下さっているとは思うのですが ネットで調べると、この様な転換には否定的に書かれているのが多いので ウチの場合はいかがなものか教えて下さい。 【家族構成】  夫(38才)妻(38才)子ども(15、10、8才) 【現在の保険】  平成4年7月契約 定期保険特約  2850万円 終身保険  150万円 新災害入院特約 5日目から  5000円 新入院医療特約 5日目から  5000円 43才で定期保険特約 更新  53才 終身保険払い込み満了 新災害入院特約、新入院医療特約 80才特約満了 保険料  12688円 43才更新時  17505円 【勧められている保険】 定期保険特約  2300万円 終身保険  100万円 3大疾病  200万円 病気による身体障害  200万円 要介護状態  200万円 特定損傷特約(骨折など) 一回5万円 成人病で入院(5日目から) 5000円 通院特約(入院後)  3000円 けがで入院(1日目から) 10000円 病気で入院(1日目から) 10000円 ガン入院特約(1日目から)10000円 10年後に更新 終身保険 終身払い込み 保険料14327円 更新時(49才)32256円 損害保険は他でも入っているのですが、 医療保険は入院時に1万円はほしいと思っています。 その損害保険も解約しようかと思っているので その分を保障充実したの保険料値上げ分にまわすほうが良いのか それとも転換せず他の医療保険に新たに加入した方がよいのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直し。支払い済みにするべき?

    第一生命リード21に入っています。 もうすぐ自動更新で保険料が上がるのでこれを機会に見直しを考えています。 現在の主契約は 一生涯保障 1500万です 死亡保障の特約 8500万をつけています。 予定利率5,5%のものです。 自動更新で特約保険料が大幅にアップしますので、それまでに見直しをする予定でした。そこで現在の支払い済額を尋ねたところ、1600万余ということなので、この保険を支払い済みにして、新たに必要な保険に入ってはどうかと、知人に薦められ検討しています。 予定利率の高いものは触るな!と言う原則をよく耳にしますが、 いかがなものでしょうか?中途半端な知識しかないので、いざ、と言う所でしり込みしています。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の疑問

    こんにちは、この年(23・男)になってようやく生命保険について関心を持ち始めました。 いろいろな生命保険関連ののHPを見てみましたが、 調べれば調べるほど、どんどん入ってくる情報が多くなり、今混乱しています。 保険の仕組みや名称等はだいたい覚えましたが、色々な疑問が出てきました。  1・保険の主な形に、終身(保険料の上がらないEVERなど)と定期とあるが、更新して保険料が上がって行く定期より、終身のほうがずっと同じ保険料なため、ずっと安く済むのではないか? 更新型だと満期をむかえたら嫌でも更新し保険料アップ、しかし終身だといくつになっても保険料は同じ。更新ならその都度見直しできるとよく言われるが、終身でも必要になったときに必要な特約をつければいいので圧倒的に終身が得なんじゃないかと思われます。(50代なって毎月数万も収めるのはつらい) もしかして定期型の方が保障の内容が広いとかあるのでしょうか。 終身と定期のそれぞれの長所短所を教えてください。 お願いします

  • 夫の生命保険の見直しについて

    主人(36歳)の生命保険の見直しについて考えています。 (専業主婦・7歳・4歳の子供あり、2年前にマンション購入住宅ローン残り33年) 現在の保険は S生命  31歳契約  65歳払込終身保障         保険料20.5229円[うち終身部分(ステップ払)1.758円]       5年ごと利差配当付終身保険(特別保障更新型)         定期保険特約10年更新   終身部分200万         死亡4000万円(65歳まで)  災害死亡5000万円(65歳まで)         死亡 800万円(80歳まで)  災害死亡1800万円(80歳まで)         収入保障特約(年金250万円×10回分)         入院保障5日から5,000円(がんは10,000円)         他にVガード特約、リガード特約(定期タイプ)、         などたくさん特約あり 特約が多くて入院時の保障も充実しているのですが、これから40歳50歳と病気になる可能性が高い時期に同じ保障を確保するためには、保険料も倍以上になります。 更新時期ではないのですが、特約部分を減らして 安全な企業の終身医療保険に入ったほうがよいのか迷っています。 以前は平成3年よりシンプルな定期付終身(お宝保険?)に加入していたのですが 保険外交員に進められ、今の保険に転換してしまった経緯もあり 企業・担当者には不信感を持っています。(格付けをみても心配なのです)   できれば全部解約したいところですが、終身のみ残す事例が多いですよね。 確保したいのは、医療保障(がん含む)と死亡保険金4000万円です。 終身医療保険は保険料も一定なので、今後住宅ローンの返済額が上がっても 心配ないかなと考えています。 定期部分をどの保険にしたらよいのかわかりません。 アドバイスをよろしくお願いいたします。         

  • 保険の転換はしたほうがよいのか?

    夫の保険の転換を勧められています。結婚して妻を持った割には保障が少なすぎるのだそうです。いくつかプランをもらったのですがその中で理解できない点があります。 勧められているのは堂々人生の10年更新型 71歳終身移行保険です。 プランナーさんによると、特約にインカムサポートと、保険料払込免除特約をつけてるので終身移行をできるだけ先にしたほうがよいとの言われました。 私は、現在の61歳払込満了のほうが将来年金生活になって保険料を払うのは難しいのでいいのではないかと漠然と思ってしまいますが、上記の特約をつければなぜ終身移行を先にしたほうがよいかいまいち理解できず、困っています。 説明を受けている間はわかったような気になっていて、転換したほうがよいと本当に思っていたのですが、この不安で悩んでいます。 このまま転換をせず今のままがいいのでしょうか? アドバイスをお願いいたします。 夫の年齢は31歳です。 現在   パスポートU 15年更新 60歳払込満了(平成11年加入) 終身保険 100万円 定期保障特約 300万円 特定疾病保障定期保険特約 300万円 障害保障特約 300万円 障害特約 1000万円 災害入院特約 5000円 疾病特約 日額5000円 です。現在保険料5570円                 次回更新時 8528円 考えれば考えるほど分からなくなってきました。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう