• 締切済み
  • 困ってます

外壁にあたった雨水が隣地に入る

外壁設置の理由は、田んぼを区画整理しされた土地を購入した関係で隣地とは擁壁を隔てており向こう側が高い状態。なぜか隣人は私宅地に無断で入り擁壁の私宅側に溝を掘る。芝生を植えてもはがされる等数回あり。一度警察にお世話になり、注意していただいた。息子夫婦にも注意してきたが効き目はなかった。やってほしくなければ外壁を設置しろと言われていた。こちらは設置する意味がないから無視していたが、向こうから毎日見降ろされるのと、顔をみたくないので2.5メートルくらいの外壁を設置した。ただし、物置の後ろはみえないし、隣との境界まで50センチくらいしかないのでやらなかった。  ところが、はしごを使い侵入し、やらなかった部分を溝を掘られた。それを発見した、たまたま来た義父と口論になったがひらきなおり、おめえのうちじゃないだろとか言われたらしい。そのときに雨が外壁にあたり隣地に入るので、雨どいをつけろと言われた。  本日大雨で、隣家から電話があり、雨どいをつけろと言われた。民法的には雨水の自然流は責任を負わないと解釈されるようですが今回みたいなのはどうなのかを教えてほしいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数671
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • srd
  • ベストアンサー率55% (88/160)

とある建築屋さんです。 なかなか回答が無いので、気になり書き込みましたが、内容を拝見すると、お隣は少々悪質と思われ、裁判に匹敵する内容では無いかと思います。 警察沙汰にもなっておりますし。 でも隣家に影響を与える位の雨水ですと、fuka0827様宅の責任も出てくると思いますので、雨水処理のことは考えたほうが良いです。 あと、...隣人は私宅地に無断で入り擁壁の私宅側に溝を掘る... ...芝生を植えてもはがされる等数回あり... ...民法的には雨水の自然流は責任を負わないと解釈... あまり参考にならなくて申し訳ございません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ただ、風向きによるのでしょうが外壁のあちら側から当たった雨があちら側にあたるのはあたるのは当然だと思いますし、こちら側からあたったものはこちらにおちるので隣家は助かると思うのですがね。当然隣家の壁にあったた雨はうちの敷地に落ちるんですから。ただ落ちてるだけなので影響は与えていないと思います。ともかく、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 傾斜地における隣地への雨水・土砂流出対策必要?

    相談させて下さい。 傾斜地を購入し現在建築中です。近隣地では当地が最も高い位置にあり、東、西、南境界に接している隣地はいずれも低い位置にあります(北側は道路です)。 この度、西に接している区画の下(南西区画)の住人から、「雨が降った時に土砂が流れ込まないように対策をとってくれ。北の区画(我が区画の西区画)の方にもお願いし、境界に接している箇所全域(約20m)にU字構+浸透舛を設置してもらった。」との要求がありました。どうも、全額負担させたようです。 自然の傾斜地であり、雨水は高きから低きに流れるし、それにつれて多少は土砂が流れ込むのは避けようがありません。我が区画、西区画とも建築部分を除き土地そのものの傾斜は人工的に変えていません。ちなみに、南西区画のお宅は2m程建築部分及び周辺を掘削をして基礎を設置したので、我が区画や西区画と、南西区画の方土地の高低差はより大きくなっています。 南西区画と我が区画は直接土地が接しているわけでもないし、何故このような要求が出るのか、正当な要求なのか理解に苦しんでいます。 宅造法等で何か規定があるのでしょうか。教えて頂ければ幸いです。もちろん、雨といからの雨水は全て浸透舛で敷地内処理しています(3箇所)。

  • 都市開発計画にともなう隣地使用の権利、主張について

    私宅、隣地で都市計画法にもとずく開発が行われ、私し隣地所有者への説明、了解なしに境界擁壁の設置のため、当方宅地を幅4m奥行き1m深さ2m近くにわたり掘削、従前から居住の方との隣地境界の石垣(擁壁)の取り壊しが同時に行われた(同一敷地内)。これは、違法行為と思うが、工事で隣地や隣家の邸内使用にあたるのか。

  • 雨水の排水処理で高さの処理

    古民家の雨水処理が、従来は隣地の溝に垂れ流しされています。 これを公共の用水路に流したいのですが、敷地の地面より用水路の高さが15センチほど高いのですが、ポンプなどを使わず会所枡を使用すると可能だと聞いたのですが、どのように考えたらいいでしょうか。 ちなみに用水路から雨樋までの最大距離は約20メートルです。

  • 雨水浸透桝と、溢れた雨水の処理

    この秋に、新築の着工を予定している者です。 地元HMの注文住宅です。 土地は、街はずれの田んぼを埋め立てて70~80坪くらいの数区画に造成された場所で、約1m幅の浅い用水路に橋を渡す形で、市道に隣接しています。(市道は殆ど交通量なし) 今回質問させていただきたいのは、雨水の処理についてです。 雨水は、屋根の雨どいから壁際のパイプ内に導かれ、そのまま地中に入ったパイプを通して、雨水浸透桝に直結される予定です。図面上では、雨水浸透桝は建物から1mくらい離れた場所にあり、家の周囲に合計5か所の浸透桝があるようです。 HMの方に聞いたところ、大雨などの場合には、浸透桝から水が溢れる可能性はあるとの事です。 それなら、雨どいからの排水を、浸透桝ではなく、直接、下水道や用水路に導いて放流できないのかと聞いたところ、それはやってはいけない事になっているとの事で、どうしても浸透桝の設置は止むを得ないようです。 それは良いとしても、大雨で浸透桝から水が溢れだした場合、何もしなければ浸透桝付近だけに異常な水たまりが出来たままになってしまいそうな気がします。 そこで考えたのですが、浸透桝から溢れた水を地表に掘った溝などに集めて、うまく土地脇の用水路に導くルートを、手作りか外構工事かで作りたいと思ったのですが、それは有りなのでしょうか? それとも、あくまで溢れた分は地表での自然な流れで何処かに流れて消えていくことになっていないといけないのでしょうか。 広い屋根で受けとめた雨水を、たかだか5か所程度の浸透桝に集めた時点で、すべてを地中に浸透させられるのか・・・、どうしても実感がわかないのですが、皆様方のお宅では、お困りではないでしょうか。

  • 擁壁の強度が基準未満と言われました。

    区画整理地内に50坪の土地を購入しました。 高台になっており、南側は道路と同じ高さですが、北側は隣地より4m高く、 町の区画整理課が造った間知ブロックの擁壁があります。 壁式RC造25坪の平屋の設計を設計事務所にお願いし、建築確認申請を提出 して貰ったところ、擁壁の強度が基準未満と土木事務所から回答がありました。 でも、擁壁の補強等は不要で、基礎の一部をあと60cm深くするだけで建築許可は 出せるそうです。 設計士さんは「実生活には特に問題ない」と言っておりますが、擁壁と認められない擁壁が 敷地内にあることで、後々何か問題が起こることはないのでしょうか。 また、擁壁を造った役場及び建築許可した土木事務所には責任はないのでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、お手数をお掛けしますがご回答よろしくお願いいたします。

  • 隣家との境界と雨水の関係

    築40年以上の所有物件について、隣家が建物を取り壊したため境界と雨水処理について問題が起きました お知恵を拝借できれば幸いです 位置図のA=当方 B=隣家 C・D・E=近隣 取り壊し前の隣家との接地面の外壁距離は2~3cm程度 雨水がしみこむような場所は無く、当方・隣家・近隣すべてコンクリートで固められている Bとの境界については隣接横断面図の赤線のところで合意(実測・測量図なし) Bが取り壊したためむき出しになった土壁に保護のため費用当方負担でトタンを張る Bの要望により、トタンを伝って流れる雨水がB敷地内にないらないように境界線を越えて板金加工した樋を設置(厚さ2cm約0.2平米) 当方の屋根はB側に勾配はなく、瓦も越境していない 越境設置についての条件は、越境部分について寸志を支払う(買い取り・賃借ではない)、Bがその土地を他人に売る場合には越境部分を当方の費用で撤去する(現所有者やその相続人が建築する場合は撤去を求めない) お聞きしたいのは 条件付きで雨水処理の樋を設置するに当たり文書を交わすことにしていますが どのような文書で作成すればよいでしょうか 入れた方がよい文面や注意することがありますか? 取り壊し前隣家の軒下になっていた部分の地面が当方側に流れるように勾配をつけてあるため 当方の溝に雨水が流れてきます(隣家には溝などはなし) 隣家との高低差もなく、コンクリートに勾配をつけてあるので当方側の溝に流れ込まないよう当方敷地内でブロックなどを設置してもよいのでしょうか 壁を伝わる雨水の事、最初は根太を削って樋をつけろなどと無茶なことを言われてこちらも気分を害しています

  • 外壁の補修について。

    外壁の補修について。竣工から2年ちょっとで、外壁の漆喰(西洋漆喰)が何箇所も剥がれてきてしまいました。これは施工不良と考えるのが普通ではないですか? 施主側の希望で、外壁を西洋漆喰(日本の漆喰より扱いやすく、クラックや剥離などの不具合も生じにくいと言われている)にしてもらいました。施工前に「外壁を雨水が集中的に流れるところをつくらないでほしい(汚れや劣化を防ぐため)」とお願いしていたにも関わらず、雨垂れのひどい箇所がいくつかあり、その部分は、汚れもひどく、剥離もしてきています。雨垂れ発生原因のひとつは、外壁に雨樋をくっつけて設置しているところがあるのですが、外壁と雨樋の間に隙間があるため、屋根からの雨水がその隙間から外壁をつたって流れてしまうのです。 雨水が集中的に流れるところ以外にも剥離している箇所があるのですが、原因は不明です。 工務店の営業担当者は、原因究明よりも利益優先といった感じで……。 漆喰は私が強く希望して採用したものですが、それをいいことに、この土地の気候(雨が多い)に合わないものを選んだのだから問題が生じても仕方ないだろ、と言わんばかりの態度で……。 実際は、他の雨の多い地域でも多くの施工例がありますが、剥離などはないようです(はっきりとした原因がある場合を除く)。 施工前に、外壁や窓のサッシのことを考えると軒や庇もあったほうがよいのでは、と申し上げたこともあったのですが「軒があっても風が吹けば同じ」とか「庇があるほうが問題が生じやすい」など、疑問に感じる発言をされることが多々あり、この方々は、本当に正しい建築の知識あるのか?と不安に感じておりました。 普通は施工から2年ちょっとでの外壁剥離は施工不良と考えて頂けるものと思っておりましたので、原因究明もできていないのに、見積もりを差し出され、工務店への不信感は増して、このまま補修してもらっても、同じことの繰り返しになりかねないので、どうしたものかと頭を悩ませているところです。 こちらが希望して採用した西洋漆喰ですが、施工するにあたり、業者さん側ももう少し漆喰について勉強してくれていたなら、今回のような不具合は生じなかったのでは?と思ったりします。 施主側が希望して採用したものであるなら、こんなに早くに剥離した場合でも、施工不良にはならず、全て施主負担で補修しなければならないのでしょうか?

  • 外壁に看板設置する際の注意点。

    お知恵を拝借したくて、初めて投稿いたしました。 私は、わけあって親族が持っている鉄筋コンクリート3階建て(テナント3件、賃貸住宅4件)の管理をしております。が、なんの知識もない素人です。 テナントさんに「今より大きな看板を付けたいのでビルの壁に穴を開けて設置していいか?」と聞かれました。 ビルの外壁に穴を開けるのは、ビルにとって、よくないことでしょうか? 穴を開けて雨がしみこんで、コンクリートがダメになって、鉄筋がさびたりしないか、心配です。 というのもこのビル、築23年で一度も外壁の塗装をやり直したり、クラック?の修繕をしたりしたことないので、大事にしてやりたいのです。 1)外壁に穴を開けて看板を設置してもよいか? 2)外壁に看板設置する際の注意点 等をお教えいただけると幸いでございます。 宜しくお願いいたします。

  • これってなんでしょう?

     隣地に家が建ちました。 外壁の下の方に、ヒートポンプのような室外機のような物がコンクリートの上に2台並べて設置してありますが、隣にタンクがありません。 室外機なら、上の方からパイプで繋がっていると思うのですが、全くありません。  設置前に、外壁のかなり下の部分から配線をテープで束ねたと思われるコードが出ていました。 その少し隣の外壁のかなり下から(地面のすぐ上)樋をひと回り大きくしたようなパイプ?が壁から出ていました。パイプの出口の穴は地面に向いています。(すごく短いパイプ)です。  うちの擁壁から20cmくらいしか離してなく熱が出るものなら擁壁に影響がないか心配です。

  • 宅地に水抜きパイクがないとどうなるのですか

    広さ80坪の宅地、3辺は隣地に接しているので擁壁は1辺のみで高さ30cmぐらいの石積みです。 水抜きパイプが設けてないのですが悪影響がありますか。雨水はたまりますが止めば引きます。 同じ宅地の一角広さ30坪はコンクリートを打ってあり、その部分の擁壁はコンクリートブロック仕上げで高さは30cmです。この部分も水抜きパイプがありませんが設けるべきでしょうか。 素人が設置するのは難しいですか。 以上2点お願いします