-PR-
解決済み

減価償却資産について

  • 困ってます
  • 質問No.295669
  • 閲覧数282
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 87% (194/221)

減価償却資産について、よく、早く費用計上できればいいといいますが、それはなぜですか?
投下資本を早く回収できるとか、税金面で有利とか言われているようですが、いまいちピンときません。どなたか教えていただけないでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 22% (2112/9525)

例えば車を200万円で買いました。これを費用計上できれば、その年の利益を減らし、税金を減らすことができます。しかし、減価償却しなければなりませんから、この先何年にもわたって、すこしずつ経費処理するわけです。つまり、お金を使ってしまっても、帳簿上はお金があることになってしまい、税金を払わねばならなくなります。
そのため、車などはリースという方法がとられます。これは一時的に200万円を支払うのではなく、毎月4万円ずつ5年間というように払い、全額費用として認められます。
バブルの頃は、ヘリコプターを買うと、価格の割に償却年数が短いので、有利だ、なんてはなしが、そこらじゅうで聞こえました。
お礼コメント
hy0423

お礼率 87% (194/221)

ご丁寧にありがとうございます。
わかりました。これから実務でたくさん出てくるのでもっと勉強します。
投稿日時 - 2002-06-20 20:32:11

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

減価償却とは、機械などを購入した場合に、その機械は何年か長期間にわたって使えますから、税務上は、購入時に一時に経費として処理できません。
そこで、一旦、固定資産として資産に計上して、その使える年数(耐用年数)で、毎年、減価償却という方法で、資産から経費に振替えていくのです。

そこで、耐用年数が短くなれば、それだけ早く経費に計上できて、利益が減り、税金が少なくなります。
つまり、投下資本を早く回収でき、税務上も有利だということです。
お礼コメント
hy0423

お礼率 87% (194/221)

ありがとうございました。助かりました。
投稿日時 - 2002-06-20 20:33:30


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ