• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

素朴な疑問

素朴な疑問が2つあります。 思想的なことはよくわかりませんが、単純に是非がわかりません。 誰か私に教えてください。 1.暴力団は、過去の存在意義や発生の事由は置いておいて、  今は誰のため何のために存在しているのでしょうか。  特に疑問に思うのが、銃を使った最近の某事件ですが、  日本の警察は、銃の国内への流入を止められないのでしょうか?  できるのにやらないのであれば、警察の存在意義も教えて欲しいです。 2.心神喪失または心神耗弱時の責任能力、についてですが、  犯罪を犯すときには誰でも多少は心神耗弱状態だと思うのですが、  なぜそれにより、責任能力を問う必要があるのでしょうか?  どんな人間でも、罪を犯したら裁かれればいいのではないでしょうか?   こういうことを、思想的なことではなく、「○○のためにあるんだよ」と、 わかりやすく納得させて欲しいです。 よろしくお願いします。

noname#27228

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数116
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Tori_30
  • ベストアンサー率27% (653/2415)

1、企業組織と似たような存在理由です。つまりその組織の構成員が生活していくために、食い扶持を稼ぐ為に存在しているのです。これは暴力団の話。○○一家、○○組という名前なのはその為です。 今はもっと複雑化して思想とか利権とかが絡んでるかも知れませんが、『食い扶持を稼ぐ』という大前提は同じだと思います。 組織の構成員の”ために”、食い扶持を稼ぐ”ために”存在しているという事です。 で、暴力団まがいの政治団体は、その思想を押し通すために存在してるのでしょうね。よくは知りませんが。下っ端はどうか知りませんが、多分上の幹部は食い扶持とかあんまり真剣に考えていないのでしょう。そういう団体は理解不能です。 最後に銃について。 まあ、”銃”に限った事ではありませんしどこの国にも言える事ですが、物の流通って正規のものだけでも数え切れないほどあるし、既存の港とかを使わない不正規なものなんていったら、それこそ無限にあります。日本の海岸線全部、日本の上空全部がその経路となり得ます。持ち込む方法も人の数だけ在ります。計算するのも嫌になるくらいですね。 これってね、想像するとすごい事です。むしろ僕は、『一体警察はどうやって銃の流入をこれだけに抑えているのだろう?どんな仕組みで治安を維持してるのだろう?』って不思議になります。 結論としては『銃の流入を完全に止めるのは無理』って事です。どこかの国(特定の国ではないですよ。日本以外の全ての国です)が銃を作っている限り、日本に銃が流れてくるのは止める事は出来ないのです。 2、これについては僕も聞きたいです。何故なら僕も貴方と同意見だから。犯罪者の心理状態で罪の重軽が決まるなんておかしいと僕も思います。大体、貴方の言う通り犯罪する時の心理がまさに心神耗弱状態ですよねぇ。そんな事言ったら、確信犯にしか罪を問えない事になりますもん。 一つ思いついたのは、多分”少年法”と関係してるのではないかな?と思うんです。 子供には責任能力はないですよね?心身の状態に関わらず。もしかして、『子供は罪に問われないのに、心神喪失で責任能力があるとは思えない人が罪に問われるのはおかしい』っていう物言いがあったのかも?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1.家族のため、食い扶持のため・・・なるほど。目から鱗です。  お金を稼ぐ手段は他にもあるかもしれないのに、  家族は有り難がらないかもしれないのに、その目的で暴力団・・・。  理解は不能ですが、初めて他の職業と同じ目線で見ることができました。 2.やっぱり同じお気持ちですか。  実は少年法自体にも少し疑問があるのですが、まあ、大人ほどの責任能力は  ないでしょうねえ。でも、だからって・・・とどうも腑に落ちません。  ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 6歳と26歳で罰を変える理由 心神喪失と責任能力について

    結果が同じであれば6歳と26歳に同じ重さの罰を与えるべきだと思いませんか? 責任能力と言う言葉で子供と心神喪失を保護する理由は何ですか?

  • 刑法における責任能力の根本思想

    刑法において、心神喪失の被告に対して減刑か無罪が言い渡されることがありますよね。 哲学と刑法の関わりを勉強しているのですが、この責任能力の問題と関連して、 ・法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか ・法における人のアイデンティティとは何か(例えば薬物によって心神喪失になった人が殺人を犯して無罪を言い渡されるなら、私達は何を行為するかではなく何を思うか/何を意図するかで定義付けられることになると思います) この辺りについて、現行の刑法が採用している思想、その思想を定義した哲学者、またそれが呈示された著作など、知っていたら教えてください!

  • 犯罪者の責任能力

    よく、犯罪が起こると、精神病と責任能力の有無などが取沙汰されます。 そこでふと疑問に思ったのですが、 1.犯罪者が健常者(精神病を患っていない)場合でも、犯罪等において心神喪失や心身衰弱が認められることは、実際に(現実的に)はあるのでしょうか。あるとしたら、具体的にはどういった場合でしょうか。 2.犯罪者が精神障害者(精神病を患っていた)場合、心神喪失や心身衰弱が認められるのは、具体的にどのような症状でしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#96518

#2です、何度も失礼します。 「上記2つの質問がどちらも「Yes」だとしたら、私の質問は確かにナンセンスですね。」 もちろん、そのことは理解した上でレスしました。(^^ゞ 質問者様がそういう意味で疑問を持っていないと信じた上での回答でしたので、いささか語弊があったかもしれませんが、以下の 「日本の警察は、銃の国内への流入を止められないのでしょうか?」 という質問に素直に私の知っていることをレスしただけです。^^; 言葉を正せば「日本の警察は、暴力団関係者や所持許可を得ない者への銃の流れを止めることはできないのか?」と書きたかったのだと思います。 このスレを見る他の多くの方に、日本という国は以外な程に銃がどこにでもあるのだということを知ってもらいたくてレスしたのです。 ただ、付け加えますと、銃砲所持許可を受けている者には毎年1回銃検査があり、また実弾の所持数も管轄警察により厳しく管理されています。 クレーや狩猟で発砲した数も把握され、普段はガンロッカーや装弾ロッカーに厳重な管理を命じられます。 所持許可を得ている銃を懐に忍ばせて普段から持ち歩くようなことはもちろん出来ません。 また、「ピストル」の所持許可は一般人には出ません。 「散弾銃」もしくは「ライフル(より条件が厳しい)」のみです。 どちらにしても、暴力団という団体が存在する限り銃の密輸入という問題は消えることはありません。 しかしながら、周りを海で囲まれている島国である日本だからこそ、銃の密輸入は今程度に抑えられているのではないでしょうか? 日本の入国管理局や海上保安庁などは思っているよりも優秀で、日々不審な船・物などの侵入を防ぐ努力をしておられます。 「できるのにやらない」という現状ではなく、「出来る限りの努力はされている」と信じましょうよ。(^^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます! 私、この質問がしたくて会員登録したので、いろいろ教えていただけるのは嬉しいです! 別に誤解や語弊もないと思います(多分 「できるのに(全然)やってない」とは思ってないんですが、 でも「100%全力でやってる?」という疑問はありまして・・・。 海上の密輸入は必死に監視してるかもしれないけど(というか、そこ考えてなかったです)、 暴力団が持ってる銃の取り締まりを、駐車禁止の取り締まりのように必死にやってる? とか思っちゃいます。 これこそ言い方悪いけど、難しいものや怖いものを避けて、簡単なものや弱いものばかり 取り締まってる感じがするんですよね~。

  • 回答No.3
  • ghj99
  • ベストアンサー率48% (59/122)

2.についてですが、 心神喪失くらいでは責任はとわれ、弁護士は色々といいますが、結果的に有罪になることが多いです。が、重度の統合失調症(精神分裂病)の場合などで責任を問われないのは、本人の人格に訴えられないからです。 「病気だから許してあげる」のではなく、 裁く対象は人間の肉体にではなく、人格に対して、ですから、それが無理な場合、責任は問えません。 専門家でないので、実のところはどうなのか知りませんが、上記の件、ゼミで議論した内容です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 「病気だから許してあげる」のではなく、 > 裁く対象は人間の肉体にではなく、人格に対して、ですから、それが無理な場合、責任は問えません。 病気だから、子供だから、だと思っていました(恥 ご教授ありがとうございます。 ただ・・・肉体でなく人格に対しての罰(?)だから、人格に訴えかけられないなら責任は問わない・・・ という理屈でも腑に落ちないんですよね~。 人格がハッキリしてる人でも、罰により更正する人ばかりではないのに罰しているんだから、 訴えかけられようがられまいが、同じだと思うんですけどねえ。 難しい。

  • 回答No.2
noname#96518

1、2ともに私には答えることは出来ないのですが、1つだけ。 銃の話ですが、日本国民は完全に誤解しています。 銃は、外国で生産されて密輸入されていると考えているみたいですが、日本国内でも製造されています。銃器メーカーは何社かありますし、僕ら一般人でもそれらの銃は普通に購入することが出来ますよ。 もちろん、警察からの銃砲所持許可は必要ですが。 そして、銃を所持した後は、もちろん実弾を撃つことも出来ます。 またぎや狩猟ハンターなんてたくさんいますよね。 また、クレー射撃を趣味で行う人もたくさんいます。 皆さん、実銃と実弾を所持しておられます。 日本人は平和ボケしているとよく言われます。 銃を所持したり実弾を発砲することは日本では一切できず、海外旅行の際に射撃場で楽しめるだけ、もしくは自衛隊に入るか警察官になるしかない、と考えがちですが、実は簡単な試験と講習を受けるだけで、実銃を所持することは出来ます。 もちろん、日本国内に実銃を撃てる射撃場もたくさんあります。 ですから、銃砲の国内持込を禁止にする、という質問者様の命題は全くナンセンスだということです。 そんなことをすれば職業ハンターとか職を失ってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 警察官自体が銃を持っているんだから、 国内のいくばくかの方たちには銃が必要で、 手続きをすれば銃を持てること、発砲することが可能なのは知ってるんです。 必要な方が、必要な手続きを経て、銃を持ったり、発砲することは批判していません。 同じように、手続きを経た方に向けて、銃を提供するメーカーも国内外問わず 批判していません。 暴力団の方って、全員が手続きを経て銃を所持してるんですか? そしたら、彼らには、「発砲して良し」というお墨付きがあるってことですか? 上記2つの質問がどちらも「Yes」だとしたら、私の質問は確かにナンセンスですね。

関連するQ&A

  • 起訴前の精神鑑定と裁判を受ける権利について

    法律には無学な者が質問させていただきます。法律用語などで誤りがありましたらお許しいただくとともに、ご指摘ください。 たまに新聞報道やテレビニュースで、猟奇的な殺人事件が起こり犯人が逮捕・送検された時に、検察庁が起訴する前に責任能力の有無を確認するために「簡易精神鑑定」をする場合があります。結果、責任能力ありと判断されると起訴します。責任能力なしと判断されると起訴しません。 法律で心神喪失の場合は、刑罰が与えられないと規定されているからだ、と聞きました。裁判をして、その結果、心神喪失が認められたなら納得もいきますし、納得できなければ控訴や上告ができます。 憲法32条では「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪われない」と規定されています。「心神喪失=精神病=病人」と乱暴な解釈ですが、このような考え方が成立するように思います。 微罪で起訴されず裁判を受けないのと、殺人という重罪で裁判を受けないのでは、法律的に問題があるように思います。「病人だから裁判を受けなくてもいい」となると憲法違反にはならないのでしょうか。 読みずらい文章で申し訳ありません。 法律にお詳しい方からの回答をお待ちしております。

  • 「刑法39条」と「裁判を受ける権利」

     私は精神科医(精神保健指定医)です。  皆さんご存じの通り、刑法39条第1項「心神喪失者の行為は、罰しない。」に基づき、精神分裂病の病気に基づく触法行為は起訴されません。(起訴されずに精神保健福祉法に基づく措置入院の必要があるか精神保健指定医2名の診察が行われます。)  ところが、最近、障害者団体などから、「精神障害者にも裁判を受ける権利がある。精神科医でなく、裁判長に裁かれたい。」という議論が出ております。    私は「裁判を受ける権利」とは、「裁判を受けることなく有罪とはされない権利」と解釈しています。  また、起訴するかどうかは、検事の裁量と考えています。  そこで、法律にお詳しい方にお尋ねします。 1.触法行為をした心神喪失者が起訴を望んでいる場合や、裁判を受ける権利を主張している場合、どう説明すべきものでしょうか? 2.起訴前簡易鑑定を翻して、下記のように検事が起訴・不起訴の決定をすることは現実にあるのでしょうか?  (1)心神喪失による責任無能力でなく、心神耗弱で限定責任能力あるいは完全責任能力を認める鑑定結果でも、検事の裁量で不起訴にする。  (2)逆に、簡易鑑定で心神喪失による責任無能力でも検察の裁量で起訴に踏み切る。 3.不起訴の場合、検察は被疑者に不起訴の通知をすることになっていると思いますが、不起訴理由を述べる義務はあるのでしょうか?実際に触法時心神喪失の被疑者が不起訴処分に関して「何で起訴してくれないんだ?」と質問した場合の検察側の対応はどうなってますでしょうか? 4.被疑者自身が不起訴処分不服の申し立てはできるのでしょうか? 5.裁判を受ける権利とは、「裁判を受けずに有罪となることのない権利」以外の意味はあるのでしょうか? 6.不起訴処分の被疑者が「裁判を受ける権利がある」というのは、法的にいかがなものでしょうか?  

  • 何故人を殺しても死刑にならないのでしょう?

     東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(28)の公判が9日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、最終弁論で弁護側が「被告は心から後悔しており、死刑を科すべきではない」と訴えた。公判は結審し、3月24日に判決が言い渡される。  加藤被告は最終意見陳述で、「事件を起こすべきではなかったと後悔し、反省している。ご遺族、被害者に申し訳ない」と述べた。  弁護側は最終弁論で、事件を起こし、インターネットの掲示板での嫌がらせをやめてほしいと伝えることが事件の動機だったと主張。背景には加藤被告特有の考え方があり、母親の不適切な養育が大きく影響したと述べた。  争点の責任能力については、加藤被告は事件当時の記憶がほとんどなく、動機も正常な心理では説明が困難なことから、心神喪失または心神耗弱の状態だった疑いがあるとした。  秋葉原の此のニュースだけではありませんが、 「心神喪失または心神耗弱の状態だった疑いがある」等と云って、 明らかに軽い刑罰だけで終わるケースが多々ある様に思えるのですが、 何故、多くの人を殺傷したり、鬼畜としか言えない様な事をしても、 「心神喪失または心神耗弱の状態だった疑い」と云っておけば死刑にならないのですか?

  • 心神喪失、心神耗弱、保護管理責任は無い?

    当方法律に関してまったくの素人ですが、罪を犯した人が心神喪失、心神耗弱状態にあった場合、罪に問われない、もしくは軽減されるという刑法の一文の意義に関して、過去ログを拝見しまして概ね理解できたと思います。 ですが、1つだけ疑問に思います。突発的に心神喪失状態に陥ってしまったような場合は別として、普段から心神喪失…とまではいかなくてもそれに準じた自制不能な状態に陥る傾向にある人物(精神的な疾患がある等)を少なくとも単独で行動させないように管理する義務というものが、例えば医師、行政、親、兄弟及び親族等に課せられたりはしていないのでしょうか? 自分自身で行動の良否が判断できない以上、その行動に対して責任を負うことは無いのですよね?それでは、その人物がそういう状態であることを把握しながら自由行動を許した人物にはそれなりの責任があってしかるべきなんじゃないかと思うのですが?

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • 間接正犯類似説

    間接正犯類似説 「原因において自由な行為」の論点。行為の途中から心神喪失になった場合、間接正犯類似説だと適用困難だそうです。 原因行為時にはシラフだったにもかかわらず適用ができないということは、原因行為時には責任性がそれでもまだ欠けていた ということでしょう。それ以外に考えられません。 さてさて、ということは、原因において自由な行為において特に重要な原則「行為と責任同時の原則」というものの 「責任」とは「責任能力」だけではなく「責任故意」のことも含むのでしょうか?? 多分違うでしょうが。

  • 精神鑑定について

    先日、他人の乳児の足の骨を折ったという罪で、 懲役になった主婦がいましたよね。 もう、5年以上も前の事件です。 弁護側は、「心身こう弱」(心神喪失)であると、 精神鑑定を依頼しましたが、被告には責任能力がある、と棄却されました。 精神鑑定をすると、結審までに、5年もかかるのですか? 詳しい方、学んでる方、教えてください。 また、参考文献(書籍)などもあったら、紹介してください。 あと、「心身こう弱」の「こう」が私のPCでは、出てこないんですが、 どういう字ですか?

  • 右翼と左翼って何が違うの?また暴力団とどう違うの?

    真っ黒の街宣車?で大きな軍歌とかをかけて、街を走っている右翼の車?を良く見かけますが、 右翼と左翼では、何がどう違うのでしょうか? 黒色の車が右翼で、白色の車が左翼なのでしょうか? 双方の関係、役割、存在意義、思想などを交えて聞かせて下さい。 また、強面の人が乗ってかなり暴力的なイメージがありますが、暴力団とどこがどう違うのでしょうか? 街中を騒音を発しながら走行していますが、警察がとがめているという場面を見たことがありません。 ということは、彼らだけそういった行為を法的に許されているのでしょうか? あと、日本国には無くてはならない存在なのでしょうか?

  • 精神鑑定で心神喪失と診断されたら無罪確定?

    精神鑑定をテーマとしたスピーチを書かなければいけないのですが、わからないことが多くて困っています(><) 起訴後の精神鑑定で、心神喪失と診断された時点で、裁判官の判断は関係なく、もう無罪は確定なのでしょうか??それとも、その診断はあくまで裁判官が刑罰を決定するための一つの要素であって、裁判官が他の様々な要素を考慮した上で、その診察が正しく、責任能力は無い、と判断してようやく無罪が決定するのでしょうか?? まだまだあやふやなことしか分からなくて、質問内容も分かり難いかんじになっていてすみません(**)

  • 裁判後の話にまつわる質問です。

    裁判後の話にまつわる質問です。 殺人事件の裁判で、被告人に責任能力がない「心神耗弱など」と判定された場合、無罪になるのですよね? その後、被告人の身柄はどう流れていくのでしょうか? 精神病院に入院する? それは警察病院? 一般病院? どのくらいの期間入れられるのでしょうか? そして退院すると、自由の身になるのでしょうか? ハテナばかりですみません。回答、宜しくお願いします。