• ベストアンサー
  • 困ってます

「程度の比較」と「性質の比較」について

比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

noname#42396

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数253
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#34242

そうですね。その教授の言われていることはよくわかります。 (2);「程度の比較」と「性質の比較」という区別は便宜的なものであるから、それほど神経質にならなくてよい。 この点を私なりに説明してみます。 (A)<He>is【cleverer】than<I>am. 上の文は<He>と<I>を【clever】について比較しています。ところが、「彼はwiseというよりもcleverだ」という比較は、<clever>と<wise>を比較しています。 (B)*He is<clever> than <wise>. つまり、(A)では【clever】は【比較の基準】ですが、(B)では<clever>自体が<比較の対象>です。したがって、これを比較級にするのは的外れです。そこで【more】を使って、 (B) He is【more】<clever>than<wise>. とするわけです。と、このように考えると(A)と(B)も同じことのように思えます。<clever>が<比較の対象>であることにより、見かけ上特殊に見えるだけのような気がします。 たとえば「私はbeautiful(という単語)のほうが、pretty(という単語)よりも好きです」を英語にすると、 I like beautiful better than pretty. となります(?)。「more beautiful」とならない理由は簡単です。<beautiful>が<比較の対象>そのものであって、【比較の基準】ではないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスが遅れてしまい、申し訳ありません。 つい寝過ごしてしまいました。 またも丁重なご回答を頂き、恐縮です。 質問の最初のころは 自分自身の考えさえ纏まっていないような状態でしたが、 datelummyさんと質問のやりとりをしているうちに 次第に自分の考えも纏まっていき、 最終的に私も皆さんが見ている景色を垣間見れた気がします。 一連の「比較」に関する質問では、 本当にお世話になりました。 陳腐な言い方しかできませんが、 本当にありがとうございます。 初期のカオス状態のころから 私の思考が纏まっていくのを辛抱強く見待って下さった datelummyさんの誠実さに何より感謝いたします。

関連するQ&A

  • クジラ公式について・2

    質問:クジラ公式の文法的な根拠が分かりません。先日も質問したのですが、再度書かせてください。 クジラ公式というのは例えば、 1)A whale is no more fish than a horse is a bird. 2)He is no more kind than she is. のように、no more A than B の形をとる構文の通称です。これらは通常慣用表現として扱われていますが、文法的に考えるとルーツは2通り考えられそうです。しかしどちらも疑問点が残ります。 3) He is no kinder than she is. 4) She is more pretty than ( she is ) beautiful. 3)はno <比較級>の形で、基本的に普通の比較級と同じです。この考え方だと応用が効いて便利なのですが、(2)のような文は(3)のように表現されるべきだし(意味は全然ちがいますが)、比較級の場合no more の後に(1)のように名詞や動詞がくるというのは少し不自然な気がします。 5) の文は「同じ人間の中にある2つの性質の比較」を表す表現です。先日の質問でmuchの奥深さを教えて戴きました。これがベストだと思うのですが、この表現は「同じ人間の中」での比較ですから、(2)のように異なる対象を比較することはできないはずです。 この表現でのmuchの用法が普通の比較級でも使えるのならば何も問題ないのですが、He is more kind than he is.のような表現が果たして成り立つのでしょうか?ちょっと強引な気がします。 クジラ公式の文法的な根拠を教えてください。

  • no<比較級>について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があります。 「程度の比較」は同じ内容に関する比較で、 John is taller than Bill. などがその例です。「性質の比較」は異なる内容に関する比較で、「言い方の是非」と言い換えてもよく、「Aという言い方ではなくBという言い方をすべし」というほどの意味です。 例えば以下の2文の場合、 (1)He is no more young than I am. (2)He is no younger than I am. (1)は「性質の比較」、(2)は「程度の比較」ということになると思います。 この場合は形のうえから明らかですから分かりやすいのですが、 例えばmoreの後に2音節の形容詞が続く場合などは表面上全く同じ形式になってしまうのですが、この場合は「文脈」から判断するというスタンスでよいのでしょうか。 例えば、 The conventional mass media are no less useful than the Internet is. というような文の場合、このless useful が「程度の比較」か「性質の比較」かは前後の「文脈」で判断するということでしょうか。 (最もこの場合は「程度の比較」と考えるほうが合理的だとは思うのですが)

  • 「程度のみが同じ」と言いたい時の比較

    He is as old as me. は、「彼は私と同じ年だ」と訳すと思いますが(「同じくらい年をとっている」と訳すこともあるかもしれませんが)、 このoldとかbigとかtallなど「程度のみが同じ」の意味で捉えるような形容詞以外の形容詞、たとえばwiseとかcleverは、 「同じくらい賢い」ではなく「同じくらいの賢さだ(実際に賢いかどうかは別にして)」と言いたい時はどういえばいいのでしょうか? ある文法書には Mary is as clever as Jane is pretty. という文が載っており、訳は 「メアリーの利口さは、ジェーンのかわいさと同じだ」 となっていて、「かわいいのと同じくらい利口だ」ではなく「かわいさと同じくらいの利口さだ」と「程度のみが同じ」という訳がついています。 つまり、「賢さが同じ」と程度のみが同等であると言いたいときも、普通に「as...as」の形で言えばいいのでしょうか? 少し細かい質問になりますが、どなたかご教授願います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#34242

「異なる内容に関する比較」とすれば、「性格の比較」というよりは誤解を避けることができて、話が見えやすくなりますね。 ただ「異なる内容に関する比較」の中身が、まだよくわかりません。そこで質問ですが、以下の4つの文は、popring789さんの言う「程度の比較」「異なる内容に関する比較」の類型に当てはめると、どちらになりますか? (1)He speaks Japanese better than I speak Japanese. ⇒彼が日本語を話す「うまさ」>私が日本語を話す「うまさ」 (2)He speaks Japanese better than I speak English. ⇒彼が日本語を話す「うまさ」>私が英語を話す「うまさ」 (3)He speaks Japanese better than I write English. ⇒彼が日本語を話す「うまさ」>私が英語を書く「うまさ」 (4)He speaks Japanese better than I cook. ⇒彼が日本語を話す「うまさ」>私が料理をする「うまさ」 いずれも私が適当に作ったものであることをまずお断りします。いずれも「(very) well」の比較級である「better」を使った文です。したがって「well」の「程度の比較」だとも考えられます。 ただ、(2)については「私の英語よりも、あなたの日本語のほうがお上手ですわ」と言ったような意味ですが、よく考えると「異なる内容に関する比較」のようにも思えます。 (3)や(4)に至ると、普通の感覚としては「異なる内容の比較」と言っていいのではないかという気がします。はたしてどちらの類型なのでしょうか? 誘導尋問のようになってしまうので、予め私の考えを述べておきます。比較が成立するためには、「何と何を比べるのか?」という点と、「何について比べるのか?」という2つの点が必要になってきます。仮に前者を<比較の対象>、後者を【比較の基準】とします。 (1)から(4)の文は、<比較の対象>の内容が次第に異質性を帯びてきます。つまり、(1)は<日本語を話すうまさ>同士を対象にしているのに対して、(4)では<日本語を話すうまさ>と<料理をするうまさ>が対象になっています。 ところが、いずれも【比較の基準】は「well」、つまり「うまさ」です。 そもそも、(1)も<彼>と<私>という異質なものを比較しているわけです。比較である以上、何らかの異質なものを比べるのは必然です。「私は私と同じくらい頭がいい」なんて表現は普通の文脈では意味を持ちません。 以上より、(1)~(4)はすべて「程度の比較」であると考えます。「程度の比較」という同じカテゴリーの中で、<比較の対象>のバリエーションの大小の違いがあるだけだと思うのです。もしpopring789さんが(1)を「程度の比較」、(4)を「異なる内容に関する比較」というように、別類型と考えるのなら、やはり「異なる内容に関する比較」の定義が明確になっていないように思います。つまり、ある文を見て「これは『異なる内容に関する比較』である」と一般に判断できるような基準が不明です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

datelummyさんって、本当に理解力・判断力が高いですね。 実は英言語学者の教授からも同じような指摘をうけました。 まず、(1)~(4)の例文についての私自身の判断を整理してみます。 (1)は問題なく「程度の比較」、 (3)・(4)は「性質の比較」、 (2)はかなり微妙ですが、 [speak x]という共通の句っぽいものをもっているので 「程度の比較」かな?、程度に考えていました。 「そんなこといったら、 [He is no more young than I am.]だって 「程度の比較」と考えるしかないだろう。」 というツッコミをくらってしまいました。 なんともお粗末な分類だったと痛感するしている次第です。 そのうえで教授に提案された思考モデルは実にシンプルなものでした。 以下のものがそれです。 (1);moreなどがつくる比較構文は、 主節と比較節が内容的にかなり異質な場合も文をつくりうる。 その場合(あるいはそうでない場合も)、 両者をつなぐ<比較基準>を明確に意識する (2);「程度の比較」と「性質の比較」という区別は便宜的なものであるから、それほど神経質にならなくてよい。 もし文法事項として両者を区別したいのならば、 [He is more clever than (he is) wise.]のような 比較構文の主節と比較節がおなじ「同一事物の異なる性質の比較」のみ これを「性質の比較」とし、 それ以外は「程度の比較」の応用と考えたほうが理にかなっている。 なるほど、と思いました。 この考え方はdatelummyさんの考え方と似ているとおもうのですが、 どうでしょうか? どうにも問題点が絞り切れていなかったなと、反省しております。

質問者からの補足

>[He is more clever than (he is) wise.]のような 比較構文の主節と比較節がおなじ「同一事物の異なる性質の比較」 ⇒[He is more clever than (he is) wise.]のような 比較構文の主節と比較節の主語がおなじ「同一事物の異なる性質の比較」 でした。

  • 回答No.1
noname#34242

popring789さんの考えている「性質の比較」の定義は何ですか?それがいまひとつわかりにくい気がします。popring789さん自身、まだ混乱したままではないでしょうか。 「very muchの比較」=「性質の比較」 ということでしょうか?もしそうなら、「性質の比較」という用語に拘らなくてもいいように思うのですが。たとえば、 「(1)He is more clever ~」と「(2)He is no more clever ~」の「more」は「very much」の比較級と考えていいのでしょうか? という質問にすればスッキリします。ちなみにこの場合は、「(3)He loves you more than I do.」の「more」も「very muchの比較級」です。したがって、(3)を「程度の比較」と考えるなら、 (1)と(2)の「more」も、「very muchの比較」と考えれば、(3)と同様に「程度の比較」と考えられるのではないでしょうか? と質問することも可能だったりします。結局、定義する人の匙加減ひとつのような気もします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

全くdatelummyさんの仰るとおりだと思います。 反論の余地は全くなく、また反論するつもり自体ありませんが、 「性質の比較」についての私自身の考えを以下に整理してみます。 不明瞭な点があれば、ご指摘いただければ幸いです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「性質の比較」とは、一言で言えば「異なる内容に関する比較」という ことになると思います。 厳密に文法的な意味で「性質の比較」と呼べるのは、 やはり、「同一事物の異なる性質の比較」に限られると思います。 cf.He is more clever than (he is) wise. しかし俗に言う「クジラの構文」及び「原型となる構文」も、 「異なる内容に関する比較」をする、という意味では、 「同一事物の異なる性質の比較」と原理は同じだと思います。 cf.John is more clever than Mary is pretty. cf.A whale is no more a fish than a horse is a bird. 両者の場合とも、主節と比較節をつなぐのは確かに 「very much」の比較級である「more」ですが、 「very muchの比較」=「異なる内容に関する比較」 かといわれれば、それはちょっとちがうと思います。 比較にあたって、どちらも very much という内容は直接には含んでいません。 つまり「very much よりさらに・・・」という意味合いはありません。 「(3)He loves you more than I do.」 これは明らかに「程度の比較」ですね。 「異なる内容に関する比較」とはいえません。 (1)「同一事物の異なる性質の比較」⊆「異なる内容に関する比較」 (2)「クジラの構文及びその原型」⊆「異なる内容に関する比較」 (3)「同一事物の異なる性質の比較」≠「クジラの構文及びその原型」 というようなイメージでしょうか。 「クジラの構文及びその原型」はどのように考えればいいのかな、 というのが今回の質問の趣旨です。 参考URL; http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2236364.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2250114.html

関連するQ&A

  • no+比較級について

    文法書にこんな文が載っていました。he is no richer than(as poor as) you.(彼もきみと同様に貧乏だ。(金持ちでないことはきみと同じだ)) no+比較級+thanは=as+反対の意味の原級+asなのに、この訳だとno more rich than(俗にいうクジラの構文)になってしまわないでしょうか?なぜ「彼もきみと同じくらい貧乏だ。」ではなく「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳になっているのでしょうか?

  • 比較

    参考書を見ていると no 比較級 than という構文と (ex)The video camera is no bigger than my hand. no more ... than ~という構文があります。 (ex)The video camera is no more big than my hand. これらの二つの文の区別は形容詞がbigで比較級がer型であるから 区別ができますが、例えばbeautifulだった場合 二つの文はともに This flower is no more beautiful than that one. のように区別ができないのではないかと思ったのですが、 文脈で判断すればいいのでしょうか?

  • 英語の比較など

    (1)Tom is more clever than honest. これが 同一主語の性質と書いてあったのですがどういう意味ですか。 (2)Mother's milk is of great value to babies.  これはどんな構文なんですか。似た表現もあったらおしえてください。 (3)no sooner_thanとscarcely_beforeの構文の違いを教えてください。

  • 比較の用法について

    He is wiser than clever.という文章についてです。 彼は、「clever」よりも「wiser」である、と彼とcleverを比較することができるんでしょうか? それともこの訳は、彼はずるがしこいというよりも賢いという訳であっているんでしょうか。

  • 比較の慣用表現について

    比較の慣用表現で疑問に思ったことがあります。 有名な“鯨構文”で、A is no more B than C is.というのがあります。 ある文法書に以下のような例文が書かれていました。 (著作権もあるので、単語は若干変えています。) 1.I am no more a musician than you are.私はあなた同様音楽家ではない。 2.Yumi is no more beautiful than Kate is.ユミはケイト同様美しくない。 3.Sleeping too much is no more healthy than eating too much.寝すぎは食べすぎ同様健康的でない。 以上の3つの文の中で、どうしても3番だけ引っかかります。 なぜ、Sleeping too much is no healthier than eating too much.だといけないのでしょう? それとも、これは同じ意味なのでしょうか。 同じ文法書に、 This video camera is no bigger than my hand.このビデオカメラは私の手くらいの大きさしかない。 =This video camera is as small as my hand.このビデオカメラは私の手と同じくらい小さい。 とありました。 つまり、この文章は鯨の構文に当てはめると、This video camera is no more big than my hand.となるのではないでしょうか。 でも、3.同様、more bigというならびにどうも違和感を感じます。 ちなみに、別の文法書では、この鯨構文の例文でA is no more B than C is.のBの部分には、tall, nice, big, largeなどの形容詞を用いた例文は一切使われず、beautiful, famous, popularなどの、3音節以上の形容詞(比較級がmore~になるもの)のみで書かれていました。 昔、英語の授業で「比較級の前のno は、主語とthan以下の比べたいものとの間に“差”が無いことをあらわす。その上、noは否定語なので、その後ろの語の意味を覆してしまう。だから、A whale is no more a fish than a horse is.は、『鯨は馬と差がない。』+『鯨は魚ではない』=鯨は馬と同様魚ではない、となる。」と教わりました。 この原理で行くと、 Sleeping too much is no healthier than eating too much. は鯨構文と同じ和訳になるのではないでしょうか? それとも、根本的なところですが、healthyは比較級としてmore healthyもhealthierも取れるのでしょうか? ご解答願います。

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • 比 較 級

    文法書で 1. He is no younger than I am.(彼は私より決して若くはない) 2. He is no more young than I am. (彼も私と同じく若くはない。) とthan以下の文の事実性のついて違いの例文として紹介されていました。 ところで、"young"が、"handsome"だったら、-erを使えず、 1'. He is no more handsome than I am.(彼は私より決してカッコ良くはない) 2'. He is no more handsome than I am.(彼も私と同じくカッコ良くはない。) と全く同じになり、区別が出来なくなってしまいます。 前後の文脈で判断するしか無いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 日常会話における比較構文

    大学受験用の本に載っているいろいろな比較構文は、私にとってややこしいものなのですが、これらは実際に現代英語(文語・口語)で使われているのでしょうか。たとえば以下のようなものです。 たとえば、 ・ 「クジラの公式」(no more&#65374;than… 例:クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ)(これについてはTOEIC関連の書籍で「TOEICではクジラの公式は絶対にでない」という記述がありました。そこで現代英語では使われないのかと思いました。) ・ I have no more than 5000 yen.という言い方は日常会話で実際にしますか。only 5000 yenといわずにわざわざno more thanを用いるのはどのようなケースなのでしょうか。 ・ Tom is not less rich than Jim. トムはジムに勝るとも劣らないほど賢い ・ Tom is no less rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちだ ・ Tom is not more rich than Jim.  トムはジム以上に金持ちではない ・ Tom is no more rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちではない ・ not less than 数詞 (at least ではなくnot less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) ・ no less than数詞 =(at mostではなくno less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) 英語圏にお住まいのご経験のある方など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。現代英語ではあるけれども、文語的と考えてよいでしょうか。

  • 英語 比較の問題

    He is clever rather than wise. He is more clever than wise. (彼は聡明というより抜け目ない。) I can't speak English ,let alone Russian. I can't speak English ,still less Russian. こちらは両方とも同意義でしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 比較級の強めた英文

    「&#65374;よりはるかに・・・」      ↓↓↓ 「much+比較級」ですね。 例):彼は私よりずっとおもしろい。 He is much more interesting than me . にはならないのですか? 短い形容詞などの He is much taller than me . はあっているそうです。 長い形容詞を使う比較級の強めた文の英文が分かりません・・・ つまり、much+more interestingとはならないのか?