• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

no+比較級について

文法書にこんな文が載っていました。he is no richer than(as poor as) you.(彼もきみと同様に貧乏だ。(金持ちでないことはきみと同じだ)) no+比較級+thanは=as+反対の意味の原級+asなのに、この訳だとno more rich than(俗にいうクジラの構文)になってしまわないでしょうか?なぜ「彼もきみと同じくらい貧乏だ。」ではなく「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳になっているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数364
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>なぜ「彼もきみと同じくらい貧乏だ。」ではなく「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳になっているのでしょうか?  とても鋭い質問です。ご指摘の通り「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳には「?」がつくと思います。  ポイントは2つあります。一つは「金持ちではない。」と訳して良いかという問題です。二つ目は「君と同じだ。」と訳して良いのかという問題です。前者は「貧乏だ。」、後者は「同じくらいだ。」と訳すべきでしょう。  まず、お分かりだと思いますが、基本的なことを確認しておきましょう。「no+比較級+than」は「少しも・・・ではない。」と訳すことができますが、その正確な意味は「as+反対の比較級+as」で表すことができます。 (1) He is no richer than you (are).   = He is as poor as you.  したがって(1)の英文は「程度が同じ」であることを表しますので、「彼はあなたの【同じくらい】貧しい。」と訳さなければなりません。  一方、クジラの構文である「no more+原級+than」の意味は「~と同様に・・・ではない。」という意味で、「not ... any more than ~」で書き換えることができます。 (2) He is no more rich than you (are).   = He is not rich any more than you.  こちらは「彼はあなたと【同様に】金持ちではない。」という訳で、「彼が金持ちでないのは、あなたが金持ちではないのと同様だ。」という意味を表しています。(こちらは「貧乏だ」と言っているわけではありません。)  「no+比較級+than」が「程度が同じだ。」という意味を表すのとは異なって、クジラの構文は「どちらも~ない(という同じ状況である)。」と言っているに過ぎません。  以上のことから、ご指摘の通り「no+比較級+than」と「no more ... than」は異なることを表しているということになります。前者を用いた英文を訳す場合には「同じくらい・・・だ。」が良いでしょう。  しかし、文法書や辞書などには、どちらの構文においても「同様に」という日本語訳を用いている場合があります。これは「同様に」という日本語には、「同じ状況」という意味だけではなくて「同じ程度」という意味が含まれていると感じている人がいるからでしょう。  実際に「同様に」という表現に2つの意味が含まれているかどうかについては国語学者に聞かなければ正確なことは分からないでしょう。ひょっとしたら国語学者でも意見が分かれるかもしれません。  個人的には「同様に」という日本語は「程度が同じ」ということを表すのではなく「同じ状況」だということを表すのだと思いますが、「程度が同じ」という意味で用いる人もいるとは思います。  以上のことから、まず「He is no richer than you.」に対して「彼も君と同様に貧乏だ。」という訳をつけることができるかどうかを判断することができます。  「貧乏だ。」という訳には問題ないのですが、「同様に」には少し問題がありそうです。私がこの訳をつけることはないでしょうが、「同様に」で「同じ程度だ」を表しているのだという人がいることは理解できます。「同様に」を「同じだ」としてもほぼ同じでしょう。  しかし、「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳は、最初に述べた通りかなり問題です。「no richer than」は「単に金持ちではない」ことを表すのではないからです。  「【少しも】金持ちではないことは君と同様(同じ)だ。」であれば、OKとしても良いと思います。「少しも」というニュアンスが大切です。ただし、最も誤解を招く恐れがないのは「同じくらい貧乏だ。」という訳だと思います。  ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 日本語の問題ということですね、納得しました。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

 この問題を考える際には「not」と「no」の持っている本質的な違いを理解する必要がありそうです。 (1) He is not a fool. (2) He is no fool.  (1)は「彼は愚か者ではない。」という訳ができますが、その裏には「賢いわけでもないし、せいぜい普通だ。」という意味が含まれています。  一方、(2)では「彼は愚か者どころではない。」という訳ができますが、その裏には「(愚か者の反対で)賢い。」という意味が含まれています。  以上のことを踏まえて下記の英文を考えてみましょう。 (3) He is not richer than you. (4) He is no richer than you.  (3)は「彼はあなたより金持ちではない。」という訳ができますが、その裏には「あなたは金持ちであるが、彼はそれほどの金持ちではない。」という意味が隠されています。  一方、(4)は「彼があなたよりも金持ちであることは、全くありなないことで実際はその反対です。」という少々ややこしい訳ができますが、その裏には「彼はあなたと同じくらい貧乏です。」という意味が隠されています。  これは、「not」がある基準(ここではricher than you)に届かないということ表すのに対して、「no」の方はその基準(ここでは同じくricher than you)に対して「ゼロ」の評価しかされないことを表すからです。  極めて簡単にいえば、10点という基準に対して「not」は9点か8点(または6,7点)を表すのですが、「no」は0点しか表わさないということです。  したがって「not richer」は「金持ちではない。(少し届かない)」という状態を表すのですが、「no richer」は「貧乏だ。(金持ちの反対)」を表すわけです。  また、クジラの構文である「He is no more rich than you.」の方に話を戻すと、この英文は「He is not rich / any more than you.」と同じことなのですが、前半部分でまず「彼は金持ちではない」という意味を表し、後半で「そのあなたが金持ちでない状態は、あなた(が金持ちでない状態)を超えるわけではない(=あなたと同様だ)。」ということを表しています。  したがって「He is no richer ...」の英文と「He is no more rich ...」の英文も意味が全く異なることになります。  しかし、ここで「He is not richer than you.」と「He is not rich any more than you.」はどのように違うのか(同じではないのか)という疑問をお持ちになるかもしれません。確かにどちらも「not」が使われていて一見同じように見えます。しかし、「not」が否定しているものが、それぞれで異なっているのです。  前者の「not」は「richer than you」全体を否定しているのに対して、後者の「not」は「rich」だけを否定しているだけでなくその後の「any more than you」が「それがあなたと同様だ。」という意味を示しているという点で全く異なった英文であると言うことができます。  日本語にすれば、前者が「(彼は)あなた以上の金持ちではない。」となりますが、後者が「(彼は)金持ちではない、その状況があなた(の状況)と同様だ。」と訳すことができます。  とてもややこしいですね。ご理解いただけたかどうかについてはあまり自信がありません。  理屈を理解することが望ましいのですが、それが難しい場合には表面的なことを丸暗記するのも一つの方法ではあります。ご参考になれば・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二度にわたってのご回答を本当にありがとうございます。 確かにややこしいですね(笑 でもここで以前にいろいろ教えてもらったり、googoo1956さんのご説明がとてもわかりやすいので、割と理解できたような気がします。 いつもとても助かっています。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

No.1です。 私の辞書では no = not any, not at all とあり例文として He is no better today than he was yesterday. He is no taller than I. My present job is no more intersting than my last one. などが挙っています。 いずれもほぼ not と同じような意味なのですが、微妙に違うのは not 対 not any (あるいは not at all) の違いです。any (または at all) がついているので単なる not ではなく not がある種「強調」されているのです。 He is no richer than you. は He is not richer than you. とほぼ同じ意味だが、やや not が強調されているとはどういうことか? 彼はあなたよりリッチでないことは分かるがそれではあなたよりずっと貧乏なのか?  実は比較の対象である「あなた」もさほどリッチではないという「当てこすり」(皮肉)が裏にあるのです。あなたは貧乏なのだから彼はあなたより貧乏とも言えず、結局同程度に貧乏ということなのです。あなたのクラスの成績が2であるとき、彼の成績は2しかあり得ないというのと同じ理屈です。=as rich as というのはそういう裏事情を踏まえると分かると思います。私が上に挙げた3つの例文もそういう目で見ると面白いですね。 ただしこの「当てこすり」は言外のことで表向き明確に言っていないので、「当てこすり」を絶対視して訳すと稀には誤訳になる可能性を秘めています。単なる not である可能性もないわけではないわけです。つまりやや危険性のある表現ですので、そこは文脈を判断して訳さねばと言うことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二度にわたってのご回答、本当にありがとうございます。 なるほど、裏にそういうことが隠れているんですね、わかりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

クジラの構文というのは疎いのですが... He is no richer than you. は直訳すれば「彼はあなたよりも金持ちではない」だろうと思います。その際にもし「あなた」が明らかに貧乏な人であれば「彼はあなた同様に貧乏である」と意訳出来るという理屈になると思います。 「あなた」がどの程度貧乏かどうか分からない状況であれば、あなた同様に「貧乏である」と反射的に訳すのは誤りであろうと思われます。貧乏というのは相対的なもので、大金持ち (millionaire) 同士でも金持ち/貧乏という比較は可能ですし、実際もっと本当の無一文の場合もあるわけです。He is no richer than a church mouse. のような言い方なら明らかにひどく貧乏となりますね。でも大金持ち同士の相対的貧乏を「貧乏」と訳すのは少しやり過ぎですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答いただきありがとうございます、しかしもう少し補足質問をさせていただいても宜しいでしょうか? 自分がここ(okwave)で教えてもらったり、文法書(英文法詳解ー杉山忠一著)を見たりした限りでは、 no+比較級+than Oは、 (1)as+反対の意味の原級+as  の意味になる場合と、 (2)単にnot+比較級 の意味になる場合があるようです。 質問文のHe is no richer than(=as rich as)you.は、(1)の欄の所に書いてありました(英文法詳解538ページ)。 次に、クジラ構文などと受験英語で呼ばれているのは、 A whale is no more a fish than a horse. のような文のことで、「馬が魚でないのと同じようにクジラも魚でない(クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ)」と訳します。 上記の(1)のように「同程度だ」(as 原級 as)と言っているのではなく、ありえないことを比較に出して「~なのは~なのと同じだ」と「同じようなことだ」と言っています。(と私は理解しています) もし、質問文がこのクジラ構文で、 He is no more rich than you. だったら、「彼が金持ちでないことはきみと同じだ」という訳になるのはわかるのですが、 He is no richer than (=as poor as) you. だと、わざわざ=as poor asとしてあるし、上記(1)のas...asの意味になる、つまり「同程度だ」=「あなたと同じくらい金持ちでない」という訳になる気がするのです。 KappNetsさんが訳してくださった訳「彼はあなたよりも金持ちではない」も、no richer than ではなくnot richer thanの方の訳になるのでは?と思うのですが・・・上記の(2)の意味ではないと文法書にはあるので。 長々とすみません、お返事をいただけると嬉しいです。

関連するQ&A

  • 比較級教えてください

    問題の意味がわからないので詳しく教えてください 問題「次の文をa)原級、b)、c)比較級を用いて書き換えよ」 b)がわかりません。教えてください。 Mr.Brown is the richest man in the town. a)No otherman in the town is as rich as Mr.Brown. b) c)No other man in the town is richer than Mr.Brown.

  • no+比較級について

    参考書にこんな説明がありました。↓ no+比較級M+than=as+Mの反意語の原級+as よって、 1,He is no younger than I am. この文は、 =He is as old as I am.とすることができると思います。 で、意味は、as old asだから「彼は私と同じくらい年をとっている」になると思ったんですが、違うといわれました。as old asは「年をとっている」と言っているのではなく「年が同じだ」と言っているだけなのだそうです。よって、「彼と私は年が同じだ」という訳になるそうです。 でもこんな文もありました。 2,He is no bigger than a thumb. =He is as small as a thumb. 意味は、「彼は、親指と同じくらい小さい」になるそうです。no biggerは「大きいどころか小さい」という意味を含むそうです。 どうして2の文では「小さい」と言えるのに1の文では「年をとっている」と言えないのでしょうか?同じ構造の文なのに意味の捉え方が違うのが疑問です。 教えてください。

  • 日常会話における比較構文

    大学受験用の本に載っているいろいろな比較構文は、私にとってややこしいものなのですが、これらは実際に現代英語(文語・口語)で使われているのでしょうか。たとえば以下のようなものです。 たとえば、 ・ 「クジラの公式」(no more~than… 例:クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ)(これについてはTOEIC関連の書籍で「TOEICではクジラの公式は絶対にでない」という記述がありました。そこで現代英語では使われないのかと思いました。) ・ I have no more than 5000 yen.という言い方は日常会話で実際にしますか。only 5000 yenといわずにわざわざno more thanを用いるのはどのようなケースなのでしょうか。 ・ Tom is not less rich than Jim. トムはジムに勝るとも劣らないほど賢い ・ Tom is no less rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちだ ・ Tom is not more rich than Jim.  トムはジム以上に金持ちではない ・ Tom is no more rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちではない ・ not less than 数詞 (at least ではなくnot less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) ・ no less than数詞 =(at mostではなくno less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) 英語圏にお住まいのご経験のある方など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。現代英語ではあるけれども、文語的と考えてよいでしょうか。

  • いわゆる鯨構文について

    no more ~ than いわゆる鯨構文について He is no more rich than I am. (彼は私が裕福でないのと同様、裕福ではない。) という文を見つけたのですが、べつの本には He is no richer than I am. という文もありました。 この二文、意味は違うのでしょうか? 様々な参考書やネットでも調べましたが どうしても納得のいく答えが見つかりませんでした。 どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。

  • no+比較級とno more+原級

    参考書などを見ていてわからないところがあったので質問させてください。 no+比較級とno more+原級では意味が違うのでしょうか? 最初は単に「more型の形容詞・副詞なら後者」というふうに普通に考えていたのですが、参考書には別に書いてあるし、 no moreのあとにer型の形容詞の原級が来ている例文があったりしてよくわかりません。 ネットで調べてみても、先ほど書いたような「単にmore型かer型かというだけの違い」と書いてあるところもあれば、 意味が違うと書いてあるところもあって、いったいどっちなんだか‥‥ このふたつは用法や意味が違うんでしょうか? どなたかよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 比較級のtheについて

    英語の勉強をしています。 高校生の問題です。 どなた様か力をお貸しください。 We cannot listen to a great man without being ( ) for it. に、適語を選ぶ問題です。 選択肢は、 1. rich 2. the rich 3. richer 4. the richer となっております。 問題には訳はついておりません。 しかし解答には私たちは素晴らしい人の話と聞くとそれだけ豊かになる、という訳がございました。 豊かにならずに私たちは素晴らしい人の話を聞くことはない、というところから来るとは わかるんですが、ここでどうして、theがつくのでしょうか? 比較級でtheがつく場合がいくつかあると思います。 二つのうちで~な方という場合や、all the 比較級 for のときなどそうだと思います。 しかしどうしてここでtheがいるのかわかりません。 長文でわかりづらく申し訳ありません。 どなたかお力添え、お願いします。

  • 比較級教えてください

    比較級教えてください a)原級b),c)比較級を用いて書き換えの問題のb)がわかりません。 1Ken studies the hardest in my class. a)No other student in my class studies as hard as Ken. b) c)No other student in my class studies harder than Ken. 2John behaved the the most politely of all the boys. a)No other boy behaved as politely as John. b) c)No other boy behaved more politely than Jhon. よろしくお願いします

  • 比較の慣用表現について

    比較の慣用表現で疑問に思ったことがあります。 有名な“鯨構文”で、A is no more B than C is.というのがあります。 ある文法書に以下のような例文が書かれていました。 (著作権もあるので、単語は若干変えています。) 1.I am no more a musician than you are.私はあなた同様音楽家ではない。 2.Yumi is no more beautiful than Kate is.ユミはケイト同様美しくない。 3.Sleeping too much is no more healthy than eating too much.寝すぎは食べすぎ同様健康的でない。 以上の3つの文の中で、どうしても3番だけ引っかかります。 なぜ、Sleeping too much is no healthier than eating too much.だといけないのでしょう? それとも、これは同じ意味なのでしょうか。 同じ文法書に、 This video camera is no bigger than my hand.このビデオカメラは私の手くらいの大きさしかない。 =This video camera is as small as my hand.このビデオカメラは私の手と同じくらい小さい。 とありました。 つまり、この文章は鯨の構文に当てはめると、This video camera is no more big than my hand.となるのではないでしょうか。 でも、3.同様、more bigというならびにどうも違和感を感じます。 ちなみに、別の文法書では、この鯨構文の例文でA is no more B than C is.のBの部分には、tall, nice, big, largeなどの形容詞を用いた例文は一切使われず、beautiful, famous, popularなどの、3音節以上の形容詞(比較級がmore~になるもの)のみで書かれていました。 昔、英語の授業で「比較級の前のno は、主語とthan以下の比べたいものとの間に“差”が無いことをあらわす。その上、noは否定語なので、その後ろの語の意味を覆してしまう。だから、A whale is no more a fish than a horse is.は、『鯨は馬と差がない。』+『鯨は魚ではない』=鯨は馬と同様魚ではない、となる。」と教わりました。 この原理で行くと、 Sleeping too much is no healthier than eating too much. は鯨構文と同じ和訳になるのではないでしょうか? それとも、根本的なところですが、healthyは比較級としてmore healthyもhealthierも取れるのでしょうか? ご解答願います。

  • any/no+比較級の使い方について

    I'm not waiting any longer (これ以上待つ気はない) no biiger than ours (私たちの物ほど大きくない) Do you feel any better? (少しは気分がいいですか?) などの訳が例文として挙げられていましたが、noやanyはmuchやfarと同様に比較級を強める語句としてとらえて良いのでしょうか。だとすれば、 I'm not waiting much longerというのは文法的に間違いなのでしょうか、それとも、慣用的にそういう言い方はしないということなのでしょうか。 それから、no more, no longer には「もはや~ではない」という意味があるとのことですが、下の文のような訳の場合はどのようにしたらよいのでしょうか。 The hotel is better than the other one, and it's no more expensive. (他のホテルよりもよくて、しかもそれほど高くない)??? 「もはや~ない」との見分け方も教えてください。

  • 最上級の文を比較級と原級で書き換え

    例文 最上級  Tom is the strongest boy of the ten. 比較級で書き換え No other boy of the ten is stronger than Tom. Tom is stronger than any other boy of the ten. 原級で書き換え No other boy of the ten is as strong as Tom. この上の最上級の文を比較級と原級で書き換えるとこれで合っていますか? 英語に詳しい方教えて下さい