• 締切済み
  • 困ってます

比較の慣用表現について

比較の慣用表現で疑問に思ったことがあります。 有名な“鯨構文”で、A is no more B than C is.というのがあります。 ある文法書に以下のような例文が書かれていました。 (著作権もあるので、単語は若干変えています。) 1.I am no more a musician than you are.私はあなた同様音楽家ではない。 2.Yumi is no more beautiful than Kate is.ユミはケイト同様美しくない。 3.Sleeping too much is no more healthy than eating too much.寝すぎは食べすぎ同様健康的でない。 以上の3つの文の中で、どうしても3番だけ引っかかります。 なぜ、Sleeping too much is no healthier than eating too much.だといけないのでしょう? それとも、これは同じ意味なのでしょうか。 同じ文法書に、 This video camera is no bigger than my hand.このビデオカメラは私の手くらいの大きさしかない。 =This video camera is as small as my hand.このビデオカメラは私の手と同じくらい小さい。 とありました。 つまり、この文章は鯨の構文に当てはめると、This video camera is no more big than my hand.となるのではないでしょうか。 でも、3.同様、more bigというならびにどうも違和感を感じます。 ちなみに、別の文法書では、この鯨構文の例文でA is no more B than C is.のBの部分には、tall, nice, big, largeなどの形容詞を用いた例文は一切使われず、beautiful, famous, popularなどの、3音節以上の形容詞(比較級がmore~になるもの)のみで書かれていました。 昔、英語の授業で「比較級の前のno は、主語とthan以下の比べたいものとの間に“差”が無いことをあらわす。その上、noは否定語なので、その後ろの語の意味を覆してしまう。だから、A whale is no more a fish than a horse is.は、『鯨は馬と差がない。』+『鯨は魚ではない』=鯨は馬と同様魚ではない、となる。」と教わりました。 この原理で行くと、 Sleeping too much is no healthier than eating too much. は鯨構文と同じ和訳になるのではないでしょうか? それとも、根本的なところですが、healthyは比較級としてmore healthyもhealthierも取れるのでしょうか? ご解答願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1803
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4

 同一人物の性質を比較する場合, Tom is more wise than (he is) clever. という言い方をします。  wiser だと,「賢さ」の程度を比較することになりますが,ここでは,別の形容詞 clever があるため,そういうことにはなりません。  Tom is wise と Tom is clever という文,あるいは動詞句レベルで比較するしかありません。  そこで,文,あるいは be +形容詞という動詞句を修飾する much を介在させて,それを比較級にすることになり,more ... than という形になります。  これと同様のことが,not so much A as B や,クジラ構文でも成り立ちます。  A whale is a fish のような場合,比較級にすべき形容詞がありませんので,a whale is a fish という文,あるいは be +名詞という動詞句を修飾する much の比較級 more を用いて,A whale is no more a fish than a horse is. となります。  Sleeping too much is no more healthy than eating too much. の場合,healthy という形容詞は than の前後で共通していますので, 「健康さ」というものを比較しているのであれば,healthier も可能になります。  漠然と「健康的である」という意味合いで,sleeping too much is healthy と,eating too much is healthy という文レベルのものを比較しているのであれば,no more healthy となるでしょう。  ただ,ご質問者の言うとおり,healthy という語自体,比較級は healthier, more healthy いずれも用いられますので,上の区別は微妙なものと言えるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

LONGMANの文法書にも、healthyを初め、2音節の形容詞・副詞でも、more healthy、healthier両方の比較級が認められる旨が書かれていました。 日本にで日本語を軸に勉強しているのでは、英語の奥深いニュアンスの差は分からないものですね…難しいです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 比較表現 no more … than ~

    ●Sleeping too much is no more healthy than eating too much.(寝過ぎは食べ過ぎと同じように健康によくない) 上の no more healthy は、なぜ no healthier と言ってはダメなのですか?

  • 比較

    参考書を見ていると no 比較級 than という構文と (ex)The video camera is no bigger than my hand. no more ... than ~という構文があります。 (ex)The video camera is no more big than my hand. これらの二つの文の区別は形容詞がbigで比較級がer型であるから 区別ができますが、例えばbeautifulだった場合 二つの文はともに This flower is no more beautiful than that one. のように区別ができないのではないかと思ったのですが、 文脈で判断すればいいのでしょうか?

  • no more ~ than について

    Forestに次のような例文があります。 Sleeping too much is no more healthy than eating too much(is). 文の説明として、次のような意味のことが書いてあります。 二つを比べて、同じようにそうではない、というのが、この文の言いたいことであり、 than以下に述べられている『食べ過ぎが良くない』のと同じように 寝過ぎも良くない、ということである、と。 しかし、than 以降は、『eating too much(is)』という肯定形となっており、 日本語の『食べ過ぎが良くない』とい否定形と、どうしても結び付きません。 だから、単純に考えると、『食べ過ぎが良い』のと同じように、寝過ぎはよくない という風に思えてしまいます。 thanの後は、『食べ過ぎは良くない』という否定的な意味で比較の引き合いに 出しているのに、 形のうえでは、どうして、『eating too much(is)』という肯定形がくるのでしょうか?

  • 回答No.3
  • joshsan
  • ベストアンサー率39% (116/293)

>以上の3つの文の中で、どうしても3番だけ引っかかります。 >なぜ、Sleeping too much is no healthier than eating too much.だといけないのでしょう? >それとも、これは同じ意味なのでしょうか。 同じ意味ではありませんよ。 1)Sleeping too much is no more healthy than eating too much (is). Sleeping too much is not healthy.をeating too much is not healthy と比較して no more だといっているのです。 「寝すぎが健康によくないこと」は「食べすぎが健康に良くないこと」より、程度が大きくない =同様に健康的でない。 2)Sleeping too much is no healthier than eating too much. Sleeping too much を eating too much と比較して、no healthier と言う意味です。 「寝すぎ」は「食べすぎ」より不健康だ。 3)This video camera is no bigger than my hand. 「ビデオカメラ」は「私の手」より 大きくない。 4)This video camera is no more big than my hand is. 「ビデオカメラが大きくないこと」は「私の手が大きくないこと」より程度が大きくない=同様に小さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

補足で質問させていただきたいのですが。 3)This video camera is no bigger than my hand. 「ビデオカメラは私の手より大きくない。」 この和訳に相当する英文は This video camera is less big than my hand.なのではないでしょうか?『less 原級than~』で「~より…ない」と言う意味でネイティブの方が使っているのを聞いたことがあります。 This video camera is not bigger than my hand. だと、「このビデオカメラは私の手より大きいというわけではない」つまり、同じ大きさである可能性がある、という訳になりますよね? This video camera is less big than my hand. は「このビデオカメラは私の手より大きくない」 つまり、同じ大きさの可能性はなく、私の手のほうが大きい、という意味ですよね。 では、This video camera is no bigger than my hand.との違いはどうなのでしょう?同じ意味でしょうか?

  • 回答No.2

A whale is no more a fish than a horse is. no more A than B  Bと同様Aでない この構文の特徴は B の部分に可能性0%のものがきます。馬は魚である というありえないことと比べて、鯨が魚である可能性は0%より少しも多くはない つまり鯨が魚である可能性は同じように0% と言うことから意訳して、馬が魚でないのと同じように、鯨も魚でない という意味になります。日本語に訳すと分かりにくいですが、出来れば英文からイメージをつかむようにしましょう。 日本語にするとおかしくなる英文は他にもたくさんありますから。 no healthier than とは言えません。no more ・・・than の決まった形なので、no more health than となります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • sho5116
  • ベストアンサー率54% (20/37)

海外(イギリス)の留学生ですが、ほとんどの場合文法書通り3音節以上だと形容詞の前に比較級more/less をつけることがほとんどです。 そのため more big は間違いでbiggerになります。healthyの場合私の経験では、more healthy も healthierも両方正しいです。 そのため文法的にはSleeping too much is no healthier than eating too much.も正しいのですが、実際ではイギリスの場合、Sleeping too much is no more healthy than eating too muchのようなほうが自然です。なぜならmoreを使うと比較の意味合いがさらに強くなり、「寝すぎは食べすぎ同様健康的でない」、の「同様」の部分が強調されるためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

英語は文法書どおりには行かないものなのですね。 難しいです。 理屈どおりの英文を作っても、ニュアンスが違う、とか、そういう表現はあまりしない、というようなことがあるたびに、英語学習に挫折してしまいそうです…。

関連するQ&A

  • no+比較級について

    文法書にこんな文が載っていました。he is no richer than(as poor as) you.(彼もきみと同様に貧乏だ。(金持ちでないことはきみと同じだ)) no+比較級+thanは=as+反対の意味の原級+asなのに、この訳だとno more rich than(俗にいうクジラの構文)になってしまわないでしょうか?なぜ「彼もきみと同じくらい貧乏だ。」ではなく「金持ちでないことはきみと同じだ。」という訳になっているのでしょうか?

  • 比較文における比較基準と比較対象の違いとは?

    お世話になります。 英語の比較について参考書の記載が理解できなかったため こちらで質問いたしました。 比較文で比較「基準」と比較「対象」という用語が使われて いたのですが、何が「基準」で、何が「対象」なのかが解りません。 具体的に、「鯨構文」を使った文例でご解説いただけると幸いです。 A whale is no more a fish than a horse is. この文において、比較の基準と対象が何であるかをご教示下さいませ。 お恥ずかしい質問で恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 鯨の構文、実際の感覚は?

    文法書によく鯨の構文と称して“A is no more B than C is D”と掲載されており、「CがDでないのと同様にAはBでない」という訳が当てられています。始めのころ、than以下の肯定文が「~でない」と否定の訳になること、thanが「~よりも」ではなく「~同様に」と訳されること、など、全くしっくりこない表現でした。実際のところ、ネイティヴはこの表現をどうとらえているのでしょうか?「~よりも」というような比較級の意味合いは全くないものと考えていたりするのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • いわゆる鯨構文について

    no more ~ than いわゆる鯨構文について He is no more rich than I am. (彼は私が裕福でないのと同様、裕福ではない。) という文を見つけたのですが、べつの本には He is no richer than I am. という文もありました。 この二文、意味は違うのでしょうか? 様々な参考書やネットでも調べましたが どうしても納得のいく答えが見つかりませんでした。 どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

  • 日常会話における比較構文

    大学受験用の本に載っているいろいろな比較構文は、私にとってややこしいものなのですが、これらは実際に現代英語(文語・口語)で使われているのでしょうか。たとえば以下のようなものです。 たとえば、 ・ 「クジラの公式」(no more~than… 例:クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ)(これについてはTOEIC関連の書籍で「TOEICではクジラの公式は絶対にでない」という記述がありました。そこで現代英語では使われないのかと思いました。) ・ I have no more than 5000 yen.という言い方は日常会話で実際にしますか。only 5000 yenといわずにわざわざno more thanを用いるのはどのようなケースなのでしょうか。 ・ Tom is not less rich than Jim. トムはジムに勝るとも劣らないほど賢い ・ Tom is no less rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちだ ・ Tom is not more rich than Jim.  トムはジム以上に金持ちではない ・ Tom is no more rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちではない ・ not less than 数詞 (at least ではなくnot less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) ・ no less than数詞 =(at mostではなくno less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) 英語圏にお住まいのご経験のある方など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。現代英語ではあるけれども、文語的と考えてよいでしょうか。

  • 否定+比較級

    否定+比較級が理解できません。 例えば、The baby is no bigger than this doll. という文で、赤ちゃんと人形が同じくらいであるというのは わかるのですが、than以下の人形が否定的な意味になる(この場合小さい感じになる)という解説があったのですがそのポイントがよくわかりません。 確かに、than以下に大宇宙より大きくないと文としてはナンセンスなのわかりますが、上の文においては、ただ、イコールであることだけなようにしか文章をよんでいて掴めません。どなたかご説明お願いします。 ちなみに、no more than~がたったの~という意味になったり、no less than~が~もという意味になるのは同じ否定+比較級でもわかるのですが。

  • 比較級+than 「彼は彼女より背が高い」

    ●He is taller than she.(彼は彼女より背が高い) ●A whale is no more a fish than a horse is.(鯨だって馬と同様に魚ではない) なぜ上の文には she の次に is がつかないのに、下の文には horse の次に is がつくのですか?

  • クジラ公式について・2

    質問:クジラ公式の文法的な根拠が分かりません。先日も質問したのですが、再度書かせてください。 クジラ公式というのは例えば、 1)A whale is no more fish than a horse is a bird. 2)He is no more kind than she is. のように、no more A than B の形をとる構文の通称です。これらは通常慣用表現として扱われていますが、文法的に考えるとルーツは2通り考えられそうです。しかしどちらも疑問点が残ります。 3) He is no kinder than she is. 4) She is more pretty than ( she is ) beautiful. 3)はno <比較級>の形で、基本的に普通の比較級と同じです。この考え方だと応用が効いて便利なのですが、(2)のような文は(3)のように表現されるべきだし(意味は全然ちがいますが)、比較級の場合no more の後に(1)のように名詞や動詞がくるというのは少し不自然な気がします。 5) の文は「同じ人間の中にある2つの性質の比較」を表す表現です。先日の質問でmuchの奥深さを教えて戴きました。これがベストだと思うのですが、この表現は「同じ人間の中」での比較ですから、(2)のように異なる対象を比較することはできないはずです。 この表現でのmuchの用法が普通の比較級でも使えるのならば何も問題ないのですが、He is more kind than he is.のような表現が果たして成り立つのでしょうか?ちょっと強引な気がします。 クジラ公式の文法的な根拠を教えてください。

  • no<比較級>について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があります。 「程度の比較」は同じ内容に関する比較で、 John is taller than Bill. などがその例です。「性質の比較」は異なる内容に関する比較で、「言い方の是非」と言い換えてもよく、「Aという言い方ではなくBという言い方をすべし」というほどの意味です。 例えば以下の2文の場合、 (1)He is no more young than I am. (2)He is no younger than I am. (1)は「性質の比較」、(2)は「程度の比較」ということになると思います。 この場合は形のうえから明らかですから分かりやすいのですが、 例えばmoreの後に2音節の形容詞が続く場合などは表面上全く同じ形式になってしまうのですが、この場合は「文脈」から判断するというスタンスでよいのでしょうか。 例えば、 The conventional mass media are no less useful than the Internet is. というような文の場合、このless useful が「程度の比較」か「性質の比較」かは前後の「文脈」で判断するということでしょうか。 (最もこの場合は「程度の比較」と考えるほうが合理的だとは思うのですが)