• ベストアンサー
  • 困ってます

亡命

  • 質問No.280905
  • 閲覧数1014
  • ありがとう数4
  • 回答数3

お礼率 64% (211/328)

日本人が日本のアメリカ大使館などに行って亡命できるんですか?
また、逆に北などに憧れたら亡命できるのですか?
また、北の方がアメリカに亡命したとしてアメリカ国ではどう面倒(仕事、住まい、お金など)みてくれるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
亡命・・・政治上・思想上の理由で本国政府の方針を嫌い、または身の危険を感じて第三国へ避難すること。

難民・・・天災・戦禍などによって生活する事が困難な状態にある人民。戦争・政治の争いを避けて故郷を逃れた亡命者。
                        以上、広辞林より。

日本人が亡命を希望してもアメリカが相手にしないでしょう。また北に亡命を希望したら「スパイ」扱いをされそうです。

超大国だったソビエトで、ある反体制派作家がアメリカに政治亡命したのですがこれは身の危険を感じた作家とその当時のアメリカの国策が一致したためで、何でもかんでも認められるものではありません。

現に国際問題でもある「難民」問題でもわが国の国策はそれに対しては消極的かつ非協力的です。


従って、それらを受け入れる国の国策と合致する(政治亡命)、または国際的認知(難民)によって成立するようです。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 難民条約で加盟国に救護義務があるのは、自国に入国した難民ですので、外国で大使館などに入ってきた人は含みません。しかし、治外法権ですので館員が事情を聞き判断することになりますが、そこの国民の亡命を認めることは、その政府は人権を無視していることと同義語になります。友好国ですと、まず認めずに、現地の警察に引き渡すことになります。アメリカは北の人は政治的に重要な人物でないと受け入れないと公言していますので南に渡すことになります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (834/2935)

難民条約で加盟国に法的保護や経済的援助が義務付けられているのは、『人種、宗教、国籍、政治的意見や特定の社会集団に属することを理由に、自国にいると迫害を受ける十分な恐れがあるために他国に逃れた人々』です
アメリカが日本人の亡命を受け入れるということは、日本政府が迫害を容認/実行していると認めることになりますので、まずありえないと思います
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ