掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症だとおもわれる症状で悩んでいます。病院にいったのですがわからないなぁと医者に告げられ乾癬の薬を使用しているので...

higegie さんからの 回答

  • 2007-02-25 15:57:02
  • 回答No.4
higegie レベル12

ベストアンサー率 51% (223/436)

掌蹠膿疱症については色々と意見の分かれるところと思います。友人の大工が手を見せながら、この病気を知っているか? と訊ねられた。彼に説明を聞き色々と調べてみると、掌蹠膿疱症について やはり 奈美悦子さんのことが取り上げられている。

私は友人に、ビタミンB群(ビタミンB1.B2.B6.B12.ナイアシン.葉酸.パントテン酸カルシウム.ビオチン等々) 含有と、γ-リノレン酸カプセルを差し上げた。(ビオチン含有量0.1mg/日 γ-リノレン酸440mg/日)
半月後に友人は、掌の具合を見せながら『具合が良い。またアレをくれ!』と言ってきた。症状がかなり改善して、痒みも新しく出来る膿胞も少なくなった、と言う。その後投与量をやや増やし半年ほど続けたが、8割方良くなくなったものの、残りの2割を治したくて(経済負担を減らす為)栄養を止めて歯医者に掛かっている。もう10ヶ月経つが、今は悪化しつつある、と言うのが現実です。

ビオチンは7~8年前まで食品添加が許可されておらず、未だにサプリメントの含有量はμg表示です。奈美悦子さんの場合、12mg/日(超大量)の摂取量とステロイド塗布薬で皮膚症状も全身の痛みも取れた とネットでは紹介されていた。

腸内細菌でビオチンは産生されるようで、腸内細菌叢の乱れでビオチン欠乏になる事は想像が出来る。友人にγ-リノレン酸を奨めた理由は、起炎物質と消炎物質(プロスタグランジン代謝)に関与する消炎の働きを手助けする目論見があった。それは功を奏したようです。

友人から再び話が来たときには・・・
1.ビオチン 12mg/日摂取 ――(奈美悦子で有名になる5年ほど前の分子栄養学の本に、掌蹠膿疱症が改善されるケースが多い)と紹介されていた経緯があった為。
2.γ-リノレン酸 600mg/日、エイコサペンタエン酸 1000mg/日、――プロスタグランジン代謝改善で消炎効果に期待。
3.複合線維 ――には腸内細菌叢改善でビオチン吸収効果に期待。
4.ヘム鉄 24mg/日 ――鉄欠乏を母体として発症するような印象があり。友人は男性でありながら検査結果は鉄欠乏性貧血(食因性であったことを確認済)
・・・これらを奨めてみる積りでいる。単独でビオチン少量投与では改善が難しいと云う印象を受けました。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ