• 締切済み
  • 暇なときにでも

whatの形容詞用法について

こんばんは。早速ご質問いたします。 I will lend you what books you need. (あなたが必要な本は何でも貸してあげよう) の文法に関してですが、 I=S will lend=V部分 you以下=O部分 という解釈で問題ないでしょうか? またO部分を分解すると、 you(代名詞)をwhat以下(whatが導く形容詞節)が修飾している という解釈で問題ないでしょうか? また、なぜwhatの形容詞用法と呼ばれるのかという理由は、 whatの直前の名詞をwhat以下の形容詞節が修飾している からという理由で問題ないでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数214
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

>早速ご質問いたします。 英語以前の問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>>早速ご質問いたします。 >英語以前の問題です。 謙譲語を己自身に対して使っている、ということでしょうか? 感覚的にはそう感じますね。 尊敬語は、謙譲・尊敬・丁寧とあります。 「ご」は上記3つのどの用法でも使われます。 上記理由から考察して上記文章の文法は合っていると考えます。 自分が行う行為に対して、「ご」をつけるのは感覚的には おかしいですが、相手とともにやりとりするような行為で あれば、「ご」をつけても良いでしょう。質問という名詞は、 自分が投げかけた問いに相手が答えることを考えれば、 相手に対する謙譲という性質も持ち合わせるでしょう。 上記理由から考察して上記文章の文法は合っていると考えます。 あなたが合っているのか私が合っているのかは知りませんし、 どうでもいいです。私は英語に関して質問がしたかっただけです。 もし気になるようなら文部科学大臣にでも聞いて下さい。 もし、間違えを教えてあげようという意図のもとに理由を 添えて教えていただいたなら感謝しておりました。 しかし、根拠も記さずに、暗に間違っているかのように 書いてあるだけでは、こちらの反応を見て楽しもうと しているのか、挑発をしているのか、意図がわかりかねます。 短文で、一方的に書いているところだけを見ると、 単に揚げ足をとっていると見られても仕方ないかもしれません。 揚げ足取りがしたいなら、2ちゃんねるの荒れてる板や スレッドで(マジにやってる板やスレッドはだめですよ) やるか、壁に向かって一人でやるか、お風呂で一人でやって 下さい。

  • 回答No.4

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 >I will lend you what books you need. (あなたが必要な本は何でも貸してあげよう)の文法に関してですが、 で必要な知識は終わるはずです。 形容詞節とか文型とかではなく、lendと言う動詞がここになるからこのような表現方法になるのです。 つまり、lendと言う動詞はlend+人+物と言う形で「人」に「物」を貸す、と言うフィーリングがあるときに使うものなのです。 giveと言う動詞もgive+人+物という全く同じ使い方をします。 ~に~を~する、と言うフィーリングの時はほとんどこの表現の形を使う動詞が多いですね。 teachも~に~を教える、と言う表現ですね。 つまり、人に何かを「与える」「貸す」「教える」時に日本語では「~に~を~する」と言う特別な表現を助詞を使って表現しているのと同じ「普段とは違う表現」をしている、と言う事なのです。 別に文型がどうだからと言うことではないのです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。 有意義な意見をありがとうございます。 机上だけで勉強していると、一方的な視点でしか見れていない こともあると思いますので、英語圏で生活で使用されている方 からのご意見をいただけるのはネットならではの醍醐味だと 思います。 Ganbatteruyoさんのアドバイスをもとに、文法書を見てみると、 今までとは違った視点で見えました。 たとえば、 pay ~に~を支払う tell ~に~を話す ということは、第4文型 see (~に~を)は当てはまらない suppose(~に~を)は当てはまらない ということは、第4文型以外 これは瞬時で無意識に感じ取れるようになれば、 英語を自分のものに出来るのかなぁと思います。 また機会がございましたら、アドバイスしてください。 ありがとうございました~^^

  • 回答No.3

what + 名詞 + 主語 + 動詞 ・・・ の語順で、多くはないが~する全部の(名詞)を というような意味で使う関係形容詞です。 what books you need で名詞節の働きをして、あなたが必要としているすべての本 という意味です。文型はSVOOの第四文型です。 形容詞+名詞 a tall man 名詞+形容詞句 the man swimming in the pool 名詞+形容詞節 the man who is swimming in the pool の語順で覚えてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。 やはり第4文型で間違いないということですね。 形容詞 名詞の語順についてですが、分かりやすい例まで 記載していただきありがとうございます。 例を見て思い出しました。分詞で分詞に後に語句を伴う 場合は、名詞が先に来るといったルールがありました。 基本事項ですね^^; ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#76457
noname#76457

私は専門家ではないので細かい文法はわからないのですが、普通は形容詞 名詞だと思います。名詞 形容詞というとsomethingといった名詞しか浮かびません。形容詞的に働く分詞は別ですが。参考になりませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感覚的には、形容詞 名詞なんですが、 英作文をするときに、混乱することがあったものですから。 関係形容詞に関しては理解できました~。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#76457
noname#76457

lendは目的語を2つとる動詞です。youが1つ目の目的語でwhat以下は2つ目の目的語です。 またwhatはyouを修飾しているのではなくbooksを修飾しています。このwhatをを訳せば「何の(どんな)~」となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

投稿してから10分ぐらいしか経っていないのに、 むちゃくちゃ早いレスありがとうございます。 関係代名詞のwhatと 形容詞用法のwhatと、どう違うのかが分からなかったのですが、 関係代名詞の性質を持ちつつ、形容詞的な使い方をといった考え方ですね。 ご説明していただき理解出来ました。 関連して、お伺いしたいのですが、 形容詞が名詞を修飾するときの単語の並び方は、 形容詞 名詞 名詞 形容詞  どちらでもいいでしょうか?  特に決まったルールはないでしょうか?

関連するQ&A

  • 形容詞節について

    ● The time will come when you will win the first prize.     名詞           形容詞節         (あなたが1等を取る時が来るでしょう。) when you will win the first prize は名詞 time を修飾します。 関係詞 when に導かれる形容詞節です。 上記の参考文献での解説の一部です。 The time when you will win the first prize will come. ならwhenが形容詞節だとすぐわかるのですが、 離れて配置されていたら見分けがつきません。 これはwhenにwillがあるから?文脈から?The timeの形容詞節と判断するのでしょうか? またこのほかにこのように離れてわかりにくく配置された形容詞節の例文があればお示しいただけると助かります。 どうぞ宜しくお願い致します。   (すみません 自力では探せませんでした。)

  • 関係副詞なのに形容詞?

    I don't know the time when we will come. 「私が彼が来る時間[時刻]を知らない。」 when は関係副詞で形容詞節を導いていて 形容詞節は先行詞である名詞 time を修飾しているんですよね? なぜ関係副詞は 副詞 なのに 形容詞節なのでしょうか?

  • 形容詞whatの判別

    今高校2年で英語を勉強しています。 Let me know what colors you like. この文のwhatについて質問です。 what(形容詞)を持っている参考書で調べると、 (1)疑問形容詞のwhat 「どんな名詞(をS)がVするのか」 (2)感嘆形容詞のwhat 「なんて~な名詞(をS)がVするのか」 (3)関係形容詞のwhat 「(Sが)Vするすべての名詞」 とありました。 この文のwhatは上の(1)~(3)のどれに属しますか? (2)でないことは明らかにわかるのですが、 「(1)教えて、どんな色をあながた好きなのか」「(3)教えて、あなたが好きなすべての色を」 と訳せるように、(1)と(3)だったらどちらも日本語としておかしくないと思います。 また、この場合で使われている形容詞whatなら疑問形容詞、この場合なら感嘆形容詞、この場合なら関係形容詞、 という明確な判断基準があるのなら、教えてください。 お願いします。

  • what problemのwhatは形容詞か

    what problem does Ms.Reed mention? この文でwhatは形容詞として名詞のproblemを修飾していますか? また what problem  Ms.Reed mention? doesを外すのとつけたままのぶんで何が違いますか?

  • 関係形容詞について

    I gave him what money I had 一般にこのwhatは関係形容詞と呼ばれていますが、 I gave him what (all the money that) I hadのことで 形容詞と接続詞で関係形容詞ということですが、 無理やり関係代名詞の定義とあわせている感じで どうもしっくりしません。 関係代名詞の先行詞を修飾する疑問形容詞と考えた方が、自分としては、認識できるのですが I gave him what money that I had この英文がまちがいかもしれませんが 私は、持っていたどんなお金も(全部)彼にあげた みなさんの意見をおきかせください。

  • 関係形容詞の使い方

    関係形容詞を使った文で、以下の例文のような形のものを文法的に理解できません。 I will pay what(ever) price is asked. 「いくらでも請求されるだけお支払いしましょう」 I have come to render what little service is in my power. 「及ばずながらできるだけのことをしてあげたいと思って参りました」 You should accept whatever money comes your way. 「手にはいるお金は何でも受け取るべきです」 この what(ever)+名詞のあと動詞がくるタイプ。 これが名詞節となるというのがわかりません。 ご説明お願いします。

  • 形容詞的用法でしょうか?

    That's the perfect speed for customers to pick up plates. (それは客が皿をとるのに申し分のないスピードです。) この文はは中三のl教科書に載っている文ですが、このto pick up plates は the perfect speed を修飾する形容詞的用法なのでしょうか? 塾で生徒に教えているのですが、『形容詞的用法はTo不定詞の前に必ず名詞があってそれを修飾する』と教えているのですがこの理屈ではcustomersを修飾することになってしまいます。 『形容詞的用法はTo不定詞の前に必ず名詞があってそれを修飾する』とは限らないんでしょうか?

  • 関係形容詞whatについて

    I gave him what help I could give. この文章で whatは「すべての」という意味で形容詞としてhelpを修飾している。 またhelpという先行詞の関係詞として関係詞節内で目的語の働きをしている。 関係形容詞whatはこの二つの役割を兼ねているもの もしこの文章を2つの文章で表すとすると I gave him help. I could give all the help. という考え方では間違っているのでしょうか?

  • 関係形容詞について

    例えば 普通の関係詞を使った文章で I gave him help what I could give. の場合は関係詞whatは関係詞節で「help」という意味の目的語の役割をしていると思います。 関係形容詞を使った文章 I gave him what help I could give.の場合このwhatは helpを修飾する形容詞と、関係詞節の「help」という意味の目的語という二つの役割をしていると考えればいいのでしょうか?

  • 副詞 と 形容詞の連用形

    「高く 厚い 壁」は、「高い 厚い 壁」と言えないのは、形容詞は名詞を修飾するものであり、副詞はその他を修飾・・・すると思います。 この場合の、の高くは、形容詞を修飾する副詞でよろしいですか? 形容詞が活用して、高くなった・高くなりますというときは、形容詞の連用形ですね?でも、名詞を修飾してないので、副詞と説明したほうが分かりやすいのでしょうか。 形容詞が「く」で終わると副詞になると習ったという人がいるのですが、外国人向けの国語にはこの解釈のほうが分かりやすくて良いのでしょうか? 形容詞の連用形は、副詞的な役割をするので、副詞と解釈して良いですという説明が良いでしょうか?