-PR-
締切済み

DCF法に必要な財務項目について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.26919
  • 閲覧数209
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 11% (1/9)

DCF法を用いて企業価値を分析しようと思いますが、銀行について行う場合には設備投資や償却費、在庫などはどうすればいいのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

銀行のバリュエイションを行うときは製造業やサービス業と同じやり方はそぐわないと思います。
設備投資というのはおそらく営業外支出にカウントされるでしょうし、在庫というのは、預金者から集めた預金が相当すると思います。
ですから一般的な銀行の企業価値分析は、純利益から配当を引いたリテンションレート(1-配当性向)を株主資本にプラスして、それに対して予想ROEをかけて算出するというやり方になると思います。
また割引率を算出するときのWACCについても預金を負債としてカウントしてしまうのは問題がありそうです。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ