• ベストアンサー

数と方程式の・・・

一人で悩んでいても堂々巡りなので。 「a,b,c,dは有理数であり、iは虚数単位である。 (√3+i)(4)+a(√3+i)(3)+b(√3+i)(2)+c(√3+i)+d=0 を満たしているとき、a,b,c,dの値を求めよ。((4)(3)(2)はそれぞれ4乗、3乗、2乗と思ってください)」 というものなのですが、どうやって解くのかが分かりません。教えてくれると嬉しいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • kumagoro-
  • ベストアンサー率57% (36/63)
回答No.5

ANo.#1のMell-Lilyさんの言われる通りです。 そのまま式を立てていくと以下のようになります。 まず左辺を展開して、 (-8 + 8√3i) + 8ai + (2 + 2√3i)b + (√3 + i)c + d = 0 実数部分と虚数部分に分けて、 (-8 + 2b + √3c + d) + (8√3 + 8a + 2√3b + c)i = 0 実数+虚数=0となるには実数部分=0かつ虚数部分=0が必要十分条件なので、 -8 + 2b + √3c + d = 0 かつ 8√3 + 8a + 2√3b + c = 0 それぞれの式を有理数部分と無理数部分に分けて、 (-8 + 2b + d) + √3c = 0 (8a + c) + (8 + 2b)√3 = 0 有理数+無理数=0となるには有理数部分=0かつ無理数部分=0が必要十分条件なので、 -8 + 2b + d = 0 c = 0 8a + c = 0 8 + 2b = 0 4つの連立方程式を解いて、 a = 0 b = -4 c = 0 d = 16 となります。 追記: ANo.#3のhinebotさん、4行目のxyの値が違います。 xy = (√3 + i)(√3 -i) = 3 + 1 = 4 です。

h_yuuki
質問者

お礼

解答の流れまで書いていただいて、とても分かりやすいです。 学校でやったのもこのやり方でした。 実数、虚数に分けるのかな・・・くらいは思い付いたのですが、それ以上には頭が働きませんでした。 本当にありがとうございました!!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (5)

  • hinebot
  • ベストアンサー率37% (1123/2963)
回答No.6

>追記: >ANo.#3のhinebotさん、4行目のxyの値が違います。 >xy = (√3 + i)(√3 -i) = 3 + 1 = 4 >です。 これは失礼致しました。m()m i^2 = -1 で、符号をひっくり返すのを忘れてました。慌てるとダメですね。 xy=4で、(xy)^2=16 ですから >(1)=4{(√3+i)^2+a(√3+i)+b}+2c(√3-i)+d(√3-i)^2 の部分は、 (1)=16{(√3+i)^2+a(√3+i)+b}+4c(√3-i)+d(√3-i)^2 となり、結果、 >={(8+4b+2d)+(4a+2c)√3}+{(4a-2c)+(8-2d)√3)}i の部分は ={(32+16b+2d)+(16a+4c)√3}+{(16a-4c)+(32-2d)√3)}i となって 16a+4c=0,16a-4c=0 から a=c=0 32-2d=0 から d=16 32+16b+2d=0 と d=16から 16b=-64 ∴b=-4 が正答ですね。(皆さんと答えが一致しました。^^;)

h_yuuki
質問者

お礼

下のアドバイスのお礼も兼ねさせていただく失礼をお許しください。 このような展開方法もあったのですねぇ・・・。 私はただ素直に展開して無駄に労力を使いました。 先生には「オマエ、パスカルの三角形使って展開しろ~」と言われました(笑)。 ありがとうございました。また分からないときは力になってくださると嬉しいです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • motsuan
  • ベストアンサー率40% (54/135)
回答No.4

hinebotさんの発展形ということで x^4+a*x^3+b*x^2+c*x+d=0 という方程式の解のひとつが√3+iで a,b,c,dが有理数のときの方程式をきめるという問題ですよね。 hinebotさんがおっしゃっているように √3+iと共役な数とが解となる方程式を求めます。 すると、 x^2-2(√3)x+4=0 で無理数の入った式になります。x^4の係数が1で他が有理係数であるためには √3を消す必要があります。そこで、 上と同様に、この式の共役x^2+2(√3)x+4をとって、 (x^2-2(√3)x+4)(x^2+2(√3)x+4)=x^4-4*x^2+16=0 が求める式となって、めでたく a=c=0 b=-4 d=16(?) となります。

h_yuuki
質問者

お礼

ほほう、共役な数・・・。 色々な考え方があるのですねぇ。 数学で柔軟な発想ができる人が羨ましいです。思いっきり文型頭なもので。 勉強になりました。また困ったときは助けてくださると嬉しいです。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • hinebot
  • ベストアンサー率37% (1123/2963)
回答No.3

先の方の回答で基本的にOKなんですが、4乗や3乗の展開って面倒ですよね。 そこで、ちょっと工夫します。 今 x=√3+i,y=√3-iとおきます。和と差の展開公式から xy=(√3+i)(√3-i)=3-1=2 (x^2)(y^2)=(xy)^2=2^2=4 ですね。(^2は2乗を表します。) これをふまえて、与式の両辺にy^2=(√3-i)^2を掛けます。すると 左辺=(x^4+ax^3+bx^2+cx+d)y^2   =(x^4)(y^2)+a(x^3)(y^2)+b(x^2)(y^2)+cx(y^2)+dy^2   =(x^2)(xy)^2+ax(xy)^2+b(xy)^2+c(xy)y+dy^2   =4x^2+4ax+4b+2cy+dy^2=4(√3+i)^2+4a(√3+i)+4b+2c(√3-i)+d^2 ...(1) と2次式まで次数を下げれましたね。これなら展開も簡単ですね。なお、 右辺=0×y^2=0 ですね。 では続きです。 (1)=4{(√3+i)^2+a(√3+i)+b}+2c(√3-i)+d(√3-i)^2 =4{(2+2√3i)+a√3+ai+b}+2c√3-2ci+d(2-2√3i) =4(2+a√3+b)+4(2√3+a)i+(2c√3+2d)-(2c+2√3d)i =(8+4a√3+4b+2c√3+2d)+(8√3+4a-2c-2√3d)i ={(8+4b+2d)+(4a+2c)√3}+{(4a-2c)+(8-2d)√3)}i となります。 これから 8+4b+2d=0 すなわち 2b+d+4=0 (2) 4a+2c=0 すなわち 2a+c=0 (3) 4a-2c=0 すなわち 2a-c=0 (4) 8-2d=0 (5) の4つがでます。 (3),(4)から a=c=0 が判ります。 (5)から 2d=8 ∴ d=4 これと(2)から 2b+8=0 2b=-8 ∴ b=-4 で全て決まりました。 (どこかで計算ミスしてるかも知れません。ご自身でも確かめてくださいね。)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • echoes
  • ベストアンサー率18% (12/64)
回答No.2

 No.1の方の解法に加えて、ど・もあぶるの定理使うと楽ですネ。素直に展開して、複素数の相当、無理数の相当という奴を使えば解けるんじゃないですか?  x+yi=0 ⇔ x=y=0  

h_yuuki
質問者

お礼

実はこの日当てられていたので、学校に行く前に見る事が出来て助かりました。 ド・モアブルの定理は・・・イマイチ良く覚えてないのですが(爆)、また、復習しておきます。 お礼が遅くなって申し訳ないですが、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Mell-Lily
  • ベストアンサー率27% (258/936)
回答No.1

まず、左辺を展開します。次に、展開した式を整理して、虚数部分と実数部分に分けます。ここで、右辺は0ですから、実数部分も虚数部分も0でなくてはなりません。そこで、方程式が二つ得られます。さらに、それぞれの方程式を整理して、有理数部分と無理数部分に分けます。すると、二つずつの方程式が得られ、合計四つの方程式が得られます。未知数も四つなので、全て値が決まることになります。

h_yuuki
質問者

お礼

あのような時間に書いていて、すぐにお返事もらえて嬉しかったです。 すぐにお返事出来なくてゴメンナサイです。 実は次の日当てられていたのですが、1日中考えても分からなくて慌てていました。 助かりました。ありがとうございました!!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 数学A 等式を満たす有理数

    次の等式を満たす有理数p,qの値を求めよ。 1+√5p+(3-2√5)q=0 全く分かりません(泣) ヒントに a,bが有理数、√cが無理数のとき、a+b√c=0ならa=b=0 ってあるんですがこれをどうにかして利用するんでしょうか… よろしくお願いします。

  • 連立方程式について

    連立方程式について A,B,C,D,Fを未知数とします。 1+B/A=C/A+D/A………(1) k(1-B/A)=α(C/A-D/A)……(2) (C/A)exp[iαd]+(D/A)exp[-iαd]=(F/A)exp[ikd]……(3) α((C/A)exp[iαd]-(D/A)exp[-iαd])=(F/A)exp[iαd]………(4) このとき、 B/A, C/A, D/A, F/Aの値はそれぞれなんでしょうか? 導出過程とともにお願いします。

  • 背理法を用いた有理数の証明

    「a,b,c,dが有理数で a+b√2=c+d√2 ならばa=c, b=dであることを証明してください」 の解き方が全く理解できません。 どなたか解説をお願いします。

  • 3次方程式の1つの解から他の解を導く公式

    有理係数の整式 f(x)=x^3+ax^2+bx+c は有理数の範囲で因数分解できなく, d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)     が有理数であるとする. このとき,方程式 f(x)=0 の1つの解をθとするとき,他の解をθの最低次の整式として表せ. (答)(-1/2)(θ+a)±(1/2d){2(-a^2+3b)θ^2+(-2a^3+7ab-9c)θ-a^2b-3ac+4b^2} dはどこから出てきたのかも含めて、最低次の整式が答えのようになる計算ががまったくわかりません。

  • 虚数について

    式を簡単にすることができません。 だれか、分かる人がいたらおしえてください。 私が分かるのは3乗まで ● (1+i)の20乗の値 ● (1-i)の10乗の値 iは虚数単位です、

  • 高次方程式

    3次方程式(x-a)(x^2+bx+c)=0(a,b,cは実数の定数)の3つの解のうち、実数解と1つの虚数解の和が10/(1+3i)である。 (1)10/(1+3i)をp+qiの形に表せ。(p,qは実数) (2)a=2のとき、b,cの値を求めよ。 (3)3つの解の平方の和が4となるようなaの値を求めよ。 (1)は分母のiを消して1-3i (2)はa=2を代入して複素数の相当、解と係数の関係でb=2,c=10と答えを求めました が、(3)が分からないので教えてください。

  • 複素数 虚数単位 i 定義 について

    虚数単位iの定義について教えて下さい。 Wikipediaによれば、 虚数単位iは、-1 の平方根(2乗して -1 になる数)である2つの数のうちの 1つのことである(どちらかを特定することはできない)。 i^2=-1 と記載されています。 虚数単位iは i=√-1またはi=-√-1のうちのどちらか1つという理解で良いでしょうか? Wikipediaには、i=-√-1という記載はありませんが、 「虚数単位iは、-1 の平方根(2乗して -1 になる数)である2つの数のうちの 1つのことである」とは√-1と-√-1の事を言っていますよね? また、2つの数のうち1つの事と言うのを、i=±√-1と表す事は間違いでしょうか? i=-√-1が使われているのを見たことがないのですが、-√-1を 用いる場合もあるのですか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 0は無理数ですか?

    ちょっと急ぎなもので教えてください。 いま背理法の証明をしているのですが、 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=378364 行き詰まってしまいました。 [問題] a+b√3=c+d√3 ・・・(1) (a,b,c,dは有理数[整数÷整数の分数で表せる数]) のときに, a=c, b=d であることを証明せよ 証明方法はわかるのですが、いまいち理解できていません。 0は無理数なのかわかるとありがたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 高次方程式

    実数係数の方程式kx^2-(k+3)x-1=0が虚数解a±biを持つとする。このとき、kの値の範囲は□であり、特に解が純虚数となる場合のkの値は□である。 また、A=a^2+b^2のとりうる値の範囲は□である。 この2次方程式の判別式をDとすると、条件よりD<0 を解いて-9<k<-1 解が純虚数となるときk+3=0を解いてk=-3 までは解いたのですがA=a^2+b^2のとりうる値の範囲が分かりません。 ちなみに慶応大学の入試問題です。

  • 方程式の解き方

    アルファベット大文字 A~I の値が決まっている時、小文字「z」の値が決まれば、 下記方程式を使用し、小文字「y」の値が求まります。 その反対に、小文字「y」の値が分かっているときに、小文字「z」の求め方が分かりません。 色々展開し試みましたが、全く違う結果になってしまいます。 分かる方がいらっしゃれば、宜しくお願い致します。 a = z × A + B b = C ÷ z × 100 c = D ÷ ( b + E ) d = ((( 100 - a )÷ 100 × D )-( F × c - 1 )) × 100 ÷ G e = D - ( F + E ( b × a ÷ 100 ) )× c f = 1 - e × 100 ÷ G ÷ d g = d × ( 1 - f × G ÷ H × I ) y = g ÷ D

9月レモンの剪定は?
このQ&Aのポイント
  • レモンの剪定についての注意点と時期について解説します。
  • 9月に行うべきレモンの剪定のタイミングと具体的な方法について詳しく説明します。
  • 紅葉枝の剪定について疑問がある場合の対処法と注意点について解説します。
回答を見る