• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

3次方程式の1つの解から他の解を導く公式

有理係数の整式 f(x)=x^3+ax^2+bx+c は有理数の範囲で因数分解できなく, d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)     が有理数であるとする. このとき,方程式 f(x)=0 の1つの解をθとするとき,他の解をθの最低次の整式として表せ. (答)(-1/2)(θ+a)±(1/2d){2(-a^2+3b)θ^2+(-2a^3+7ab-9c)θ-a^2b-3ac+4b^2} dはどこから出てきたのかも含めて、最低次の整式が答えのようになる計算ががまったくわかりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

有理係数三次方程式 F(x)=0 が異なる3実解 α, β, γ を持つとして、 α, β, γ の内任意の1個を θ とすると、他の2個が f(θ), g(θ) と表されるような有理係数多項式 f, g で最低次数のモノを求める。 F(x)=0 の解集合が {α, f(α), g(α)} とも {β, f(β), g(β)} とも {γ, f(γ), g(γ)} とも書けることから、 f(α)=β, f(β)=γ, f(γ)=α または α=f(β), β=f(γ), γ=f(α) でなければならない。なぜなら、 例えば f(α)=β、f(β)=α だとすると、g(γ)=γ ということになり、 {γ, f(γ), g(γ)} の元が3個でなくなってしまうから。 α=f(β), β=f(γ), γ=f(α) の場合は g(α)=β, g(β)=γ, g(γ)=α となるから、f と g の名前を適切に交換することで f(α)=β, f(β)=γ, f(γ)=α とできる。このような f を求めよう。 ところで、題意ようなの多項式 f, g が存在したとすれば、 θ が三次の消去多項式を持つことから、f, g を夫々 F で割った余りも 題意を満たす。よって、最低次数の f, g は二次以下である。 f(x) = Ax^2 + Bx + C と置く。 f(α) = Aα^2 + Bα + C = β, f(β) = Aβ^2 + Bβ + C = γ, f(γ) = Aγ^2 + Bγ + C = α. となる訳だが、これは、α, β, γ についての一次方程式であり、 α, β, γ が夫々異なるという条件下では正則となる。 実際に解くと、 A = { (α^2 + β^2 + γ^2) - (αβ + βγ + γα) } / D, B = { (αβ^2 + βγ^2 + γα^2) - (α^3 + β^3 + γ^3) } / D, C = { (α^3β + β^3γ + γ^3α) - (α^2β^2 + β^2γ^2 + γ^2α^2) } / D, D = (α - β)(β - γ)(α - γ). となる。 A の分子は、α, β, γ の対称な多項式だから、解と係数の関係により F の係数の代数式で表される。よって有理数である。 したがって、A が有理数であることは、D が有理数であることと同値。 (α^2β + β^2γ + γ^2α) - (αβ^2 + βγ^2 + γα^2) = D, (α^2β + β^2γ + γ^2α) + (αβ^2 + βγ^2 + γα^2) = (α + β)(β + γ)(α + γ) - 2αβγ. という恒等式が成立つことから、D が有理数であれば、 (α^2β + β^2γ + γ^2α) と (αβ^2 + βγ^2 + γα^2) も有理数であり、 B も有理数になる。 連立方程式が C = { (α + β + γ)(1 - B) - (α^2 + β^2 + γ^2)A } / 3 と変形できることから、A, B が有理数であれば、C も有理数になる。 以上より、f が有理係数である必要十分条件は D が有理数であることと判る。 D は F の「差積」と呼ばれ、F の判別式の √ であることが知られている。 …後半、具体的な式計算の話にしてしまったので、 高次方程式への一般化には向かない考察になってしまった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 答えは分かりましたが、この問題は何かの意味があるのでしょうか。 x^3-3x+1=0 のひとつの解をθとするとき、他の解をθの二次式f(θ)、g(θ)とすると、 f(f(θ))=g(θ),f(f(f(θ)))=θ g(g(θ))=f(θ),g(g(g(θ)))=θ というような性質を持つと思います。 つまり、θの整式をmod θ^3-3θ+1で考えて、 f(f(f(θ)))=θ となるようなθの整式fを求める問題と思います。 つまり、f○f○fが恒等関数となるような合成関数の方程式と解釈できるとは思いました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

三次方程式が有理数の範囲で因数分解できると、 3個の解が、ひとつの解の有理係数多項式では表せなくなるから。 例: (x - 1)(x^2 - 3) = 0. √3 を 1 の多項式で表せない。 判別式は、何でだろう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 僕はわからないことだらけです。 そもそも問題文に書いたθの整式とは、有理数係数に限定しているかどうかがあいまい。 http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/solution/solution3.htm のなかほどに、(記号は僕にあわせて) 3次方程式x^3+ax^2+bx+c=0が異なる3実数解を持ち一つの解をθとするとき、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)とおくと、他の解は、a,b,c,dの有理式を係数とするθの二次式で書ける、 とあります。 alice_44さまは前の投稿で、有理数係数3次方程式x^3+ax^2+bx+c=0が具体的に与えられて、有理数体上既約のとき、一つの解をθとすると、他の解は有理数係数のθの二次式で書けるとおっしゃいました。 しかし、上記のことが正しいとすると、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)が有理数でないとき、θの二次式は有理数係数でなくなると思います。 前の質問で、No.1さんが、3次方程式がθを解にもつなら、(x-θ)(二次式)=0と因数分解し(実際に割り算、もしくは組立除法)、二次式=0を解けば他の解がθを用いて表されるとおっしゃっていました。 ただそれだけだと、根号がついたままです。 根号内はθの整式ですが、3次方程式の解がθであることを用いて、必要なら簡約(次数下げ)すると、根号内はθの二次式になります。 他の解がθの整式で表されるためには、根号内がθの平方式であればよく、つまり、判別式が0のときに限られるようにも思います。 他の解がθの有理数係数の整式で表されるためには、さらなる条件が必要にも思います。 しかし、他の解がθの有理数係数の整式で表される条件は、 サイトでは、元の3次方程式が異なる3実数解を持ち、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)が有理数であること、 alice_44さまは、元の3次方程式が有理数係数だと限定して、それが既約であること、 この問題の出題者は、元の3次方程式が有理数係数だと限定して、それが既約かつ、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)が有理数であること、 と主張します。 4通りの意見があり、完全に混乱しています。

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

前回質問の A N0.3 さんのリンク先(テキストの丁度まんなか辺り) に書いてありましたよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 紹介されたサイトでは、3次方程式が異なる3実数解を持つという条件で、また、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)においては何の条件もありませんでした。 この問題で、3次方程式が有理数の範囲で因数分解できなく,また、d=√(a^2b^2-4a^3c+18abc-4b^3-27c^2)が有理数であるという条件をつけるのはなぜでしょう?

関連するQ&A

  • 3次方程式の一つの解をθとし他の解をθの整式で表す

    次の方程式の1つの解をθとおくとき,他の解をθの最低次の整式として表せ. (1) x^3-3x+1=0 (答) -θ^2-θ+2, θ^2-2 (2) x^3+x^2-2x-1=0 (答) -θ^2-θ+1, θ^2-2 (3) x^3+x^2-4x+1=0 (答)-θ^2-2θ+2, θ^2+θ-3 (4) x^3+x^2-6x-7=0 (答)-θ^2+4, θ^2-θ-5 いったいどうやればよいのでしょうか? 3次方程式に限らず、n次方程式の一般形において、同様の問題の公式みたいなものはあるのでしょうか?

  • 2次方程式の解

    ax^2+bx+c=0の方程式について abcを自分で入力して、「2次方程式として成り立つか」の判断をし、2次方程式であればその解を求めるプログラムです。 2次方程式の解き方をなんとなく忘れていたので、数IIの教科書やらで確認してみました。 以下のように作成したのですが、解が出るはずの値を入力しても強制的に終了してしまいます。どこがおかしいのでしょうか? 他に気になる点は、メイン関数にて「2次方程式として成り立った場合」にはサブへ移動ができているのでしょうか。 あと、仮に↑が合っていたとして、異なる2つの虚数解の計算方法は以下のやり方でも良いのかどうかもお聞きしたいです。 よろしくお願いします。 #include<stdio.h> #include<math.h> void niji(double a,double b,double c){ double x1,x2,x3,y1,y2,D; D=b*b-(4.0)*a*c; if(D>0){ printf("2つの異なる実数解\n"); x1=(-b+sqrt(D))/(2.0*a); x2=(-b-sqrt(D))/(2.0*a); printf("x= %f , %f \n",x1,x2); } else if(D==0){ printf("重解\n"); x3=(-b)/(2.0*a); printf("x= %f \n",x3); } else{ printf("2つの異なる虚数解\n"); x3=(-b)/(2.0*a); y1=sqrt(D)/(2.0*a); y2=-sqrt(D)/(2.0*a); printf("x= %f + i %f, %f - i %f\n",x3,y1,x3,y2); } return; } int main(void){ double a,b,c; printf("ax^2+bx+c=0の式のabcを入力せよ\n"); while(scanf("%f %f %f",&a,&b,&c)){ if(a==b==c==0){ break; } else if((a==b==0)&&(c!=0)){ printf("不能\n"); } else if((a==0)&&(b!=0)){ printf("1次方程式になる\n"); } else{// 入力されたabcが↑の3つに該当しなければ niji(a,b,c);//←サブ関数に示した2次方程式を解く } } return 0; }

  • 4次方程式の解

    x^4-4x-1=0 の実数解と虚数解を求めよ。 因数定理は使えない。 (x^2+ax+b)(x^2+cx+d)=0 と与式をおく。a,b,c,dは実数 展開して、係数を比較すると (1)bd=-1 (2)a+c=0 (3)ac+b+d=0 (4)ad+bc=-4 これから、a,b,c,dを求めてと思いましたが、できませんでした。 (1)から(4)の式から1つの文字だけの方程式はできるが、それが解けない。 かえって、与方程式を解くよりむずかしい。 よろしくアドバイスおねがいします。

  • 2次方程式 解の公式の導き方で

    中学数学を復習していたのですが 2次方程式ax&sup2;+bx+c=0を 解の公式x=-b±√b&sup2;-4ac/2a にする問題がありました。その問題を解いていき、 a(x^2+b/ax)+c=0 (x+b/2a)^2=x^2+b/ax+(b/2a)^2 a{(x+b/2a)^2-(b/2a)^2}+c=0 a(x+b/2a)^2-a(b/2a)^2+c=0 a(x+b/2a)^2-b^2/4a+c=0 ここまでは理解できたのですがその次の a(x+b/2a)^2 -b^2-4ac/4aの部分の-b^2-4ac/4aがなぜ-符号になるのかがわかりません。なぜ-b^2+4ac/4aにならないのでしょうか? わかりにくい表記でとてつもなく初歩的なことだと思いますがわかるように回答していただけたらうれしいです。

  • 解と係数の関係

    二次方程式 x^2+bx+c=0 の解の1つが1+√3 のときの、有理数bとcの値を求めたいのですが、どなたかアドバイスいただけませんか? 分からない解をβとして 1+√3+β=-b β(1+√3)=c と考えてみたのですが、うまくいきません。

  • 因数分解と解の公式と2次方程式

    度々すみません。 一昨日2次方程式のある設問についていろいろな方に解き方をご教授いただきました。質問した問題については、説明をいただいた通り解いてみて「なるほど」と思い、答えまで辿り着きました。しかし、次の設問に取り掛かるとまた突っ掛かりまして…。決まって”axの2乗+bx+c=0”から因数分解するところでペンが止まってしまいます。 例えば、xの2乗-7x+10=0なら、足して-7、かけて10なので、(x-5)(x-2)というのは分かります。xの2乗-3x-18=0も同様に、足して-3、かけて-18なので、(x+3)(x-6)というのも分かります。ですが、xの2乗-2x-1=0は、足して-2、かけて-1と考えても解けません。今一度、因数分解の方法をお教えいただきたいです。 また、xの2乗+5x+2=0や、4xの2乗+12x+9=0などは、答えを見ると解の公式を使った解答になっています。これらは因数分解では解答できないのでしょうか。長くなり申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 2次方程式の解の公式。

    宜しくお願い申し上げ致します。 2次方程式ax∧2+bx+c=0の解の公式の求め方がイマイチ分かりません。 平方完成して、其れを外した以下の所から分かりません。 x+b/2a=±√b∧2ー4ac/4a∧2 x+b/2a=±√b∧2ー4ac/±√4a∧2 x+b/2a=±√b∧2ー4ac/±√(2a)∧2 x+b/2a=±√b∧2ー4ac/±|2a| 此処から、右辺の分母、±|2a|、の、処理の仕方が分かりません。 何方か是非是非宜しくお願い申し上げ致します!

  • 4次方程式の解

    クリックありがとうございます(∩´∀`)∩ ★4次方程式 x^4-3x^3+ax^2+bx-4=0 の解のうち,2つが1と2であるとき、定数a,bの値と他の解を求めよ。 (答)a=0,b=6,他の解は±√2 1と2が解であるから 1-3+a+b-4=0,16-24+4a+2b-4=0 すなわちa+b=6,2a+b=6 連立方程式を解いて a=0,b=6 よって方程式は x^4-3x^3+6x-4=0 ここまでやったのですが↑の式をx-6で割っても割り切れません。 この問題の説明をお願いします。

  • 三次方程式の一般解

    三次方程式の一般解を教えてください aX^3+bX^2+cX+d=0 の時, X=? 解を係数a,b,c,dで表現してください.どっかで前に見たことがあるのですが 思い出せません.お願いします.

  • 高次方程式

    「実数を係数とする整式F(x)=ax^3+bx^2+cx (ただしaは0ではない)がある。方程式X^4=Xのすべての解が、方程式{F(x)}^2=F(x)を満たすとき、a b c の値の組をすべて求めよ。」について教えてください。