-PR-
解決済み

行政救済法についての質問

  • すぐに回答を!
  • 質問No.26734
  • 閲覧数402
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (10/10)

行政救済法における執行停止制度の問題点について知ってらっしゃる方、無知な私に教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 9% (1/11)

執行停止決定は将来に向かって、取消判決と同様原状回復機能を有します。
したがって、営業免許取消処分などの場合は回復すべき現状がありますが、免許申請拒否処分の場合は執行停止がなされても回復すべき現状がありません。
申請があった状態に戻るわけですが、執行停止決定には手続きのやり直しについて定める行政事件訴訟法33条2項3項の準用がなく、申請拒否処分については執行停止決定をしたとしても、行政庁としてその申請にかかる審査義務が生じるわけではないので、執行停止決定の利益はないことになるとするのが確立した判例です。
そういう点で限界がある点が問題ではないでしょうか。
お礼コメント
hideaking

お礼率 100% (10/10)

教えていただいてありがとうございました。参考になりました。また何かあったらよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-01-14 03:10:57
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ