• ベストアンサー
  • 困ってます

三元連立微分方程式の解き方教えてください。

dx/dt=(A-C)/A*y*z dy/dt=((C-A)x-L)/A*z dz/dt=L/C*y この連立方程式なのですが,x,y,z以外は全て定数です。 まずは,ひとつの変数のみの方程式を作ろうと思いzだけの式を作りました。 z*z'''-z''*z'+((A-C)/A)^2*z^3*z'=0 という式になりました('は微分回数です。) そして更に左辺は(z*z'')のtで微分した形に近いんじゃないかと思い解いていったのですが・・・・ここらへんからもうさっぱりでどうすればよいのかわからなくなってしまいました。もしよろしければこういう三元の連立で変数がyzみたいに積の項がある方程式のよい解き方を教えてください。パソコンで計算してみたらx,yは円の運動をしました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ごめんなさいN03です。 > (dz/dy)(dy/dt)=Ly*C 間違ってます。正しくは (dz/dy)(dy/dt)=Ly/C です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

No2です。 前述が正しければとりあえずx,yのみなら円です。 3番目の式を合成律(合成関数の微分)を用いて変形すると (dz/dy)(dy/dt)=Ly*C となります。また(dy/dt)は問題より、(dz/dy)は明らかにL/Cであるので整理、変形して z=Ay/((C-A)x-L) となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

とりあえず上の二式からzを消去できると思います。 単純にzを消去して移項するだけでx'xとxとy'yだけの式に なるので両辺の不定積分をとれば、 x^2*(C-A)/(2A)-Lx/A=y^2*(A-C)/(2A)+B (Bは積分定数とします) となると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • rtz
  • ベストアンサー率48% (97/201)

x^2+y^2+C/A*z^2=定数、は確かに題意を満たすけど十分条件かどうか分からないですね…。 一応上の2式から(A-C)/Aが消せるっぽいので xx'+yy'=-L/A*yz=-C/A*zz'とはなり、上の答えはでますが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連立微分方程式の解き方

    d^2x/dt^2=f(t) d^2y/dt^2=g(t, y, dy/dt, z, dz/dt, d^2z/dt^2) d^2z/dt^2=h(t,d^2y/dt^2, z, dz/dt) というような連立微分方程式を解きたいのですが,どのような方法で解くことができるのでしょうか? ルンゲ・クッタは適用できますか? (d^2y/dt^2の式にd^2z/dt^2が変数として出てきたりしているので,わからなくなってしまいました.) 宜しくお願いします.

  • 電気回路 1階の連立微分方程式

    「2階の微分方程式」を「1階の連立微分方程式」に書き換える意義を教えて下さい。 まずは、添付画像(本への書き込み) と 原著のpdfの13ページ目(演習1.2、本でいうと3ページ目)をご覧ください: https://www.morikita.co.jp/data/mkj/091782mkj.pdf 階数の引き下げ方は理解しています。ただ、なぜ引き下げるのかが不明です。 分からないのが、式(7)から式(9)にする過程で、すべてを右辺に移項して、左辺をゼロにしているようです。 キルヒホッフの第二法則「一周すると総和はゼロ」に基づいてだと思います。 しかし、式(9)になると、その左辺のゼロが d/dt [ x[1], x[2] ]' ←縦書き に書き換わっています。 どういうことですか? しかも、d/dt [ x[1], x[2] ]'のx[2]って元々x[1]の微分ですよね? d/dt [ x[2] ]なら更に微分するということになりますよね? つまり、x[1] = qから辿ると、2階の微分 d(dq/dt)/dt) になります。 これは式(2)のLの項の (d^2 q)/(dt^2) と同じ意味ですか? 今まで私が知っている微分方程式は y' = 2(x-1) の両辺をxで積分して y = x^2 - 2x + C …のように、左辺はyでした。 今回、yは式(10)の左辺にありますね。 式(9)と式(10)の関係が不明です。 よくよく考えたら、私にとって連立微分方程式を扱うのは今回が初めてでした。 過去に終わらせた微分方程式の本には連立微分方程式は載っていません。 ネットで2時間検索したのですが、納得いく答えは見つかりませんでした。 どうか納得いくように教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 連立微分方程式

    点P(x,y)は連立微分方程式 dx/dt=y dy/dt=-x を満たすものとする。t=0で原点以外の点から出発した点P(x,y)は、tが増加するにつれてどのようにふるまうか述べよ。図を用いてもよい。 この問題の解き方がよく分かりません。 連立微分方程式について、色々な文献を見てみたのですが、どうもいまいちです。 上の連立方程式を2つともdt=のかたちにして、dx/y=dy/-xという式にし、変数を分離して両辺を積分して・・・すると、x^2+y^2=Cという式に なりました。 円の方程式っぽいです。 でも、tは消えてしまい・・・ よく分からなくなってきました。 そもそもここまでの解き方も自分は間違っているのでしょうか?? ご意見やヒント、解答ヨロシクお願いしますm(_ _)m

  • 次の連立微分方程式の一般解がわかりません。

    次の連立微分方程式の一般解がわかりません。 dx/dt=x-2z dy/dt=2x-y-2z dz/dt=-2x+2y よろしくお願いします。

  • 連立微分方程式

    下記の連立微分方程式の解き方を教えていただけませんでしょうか。色々調べたのですが、知識が全く足りず解き方がわかりませんでした。 よろしくお願いします。 dx/dt=α(Ae^(-Bt)+C)-αx-βxy dy/dt=-γ(x^k)(y^l) α,β、γ,A~C、k,lは全て定数です。

  • 連立微分方程式の解法について

    C.R.ワイリー著の工業数学という本で勉強しているものです。 ミルンの方法で数値解析はできるのですが、真値が知りたくて質問しました。連立微分方程式は、以下に示すものです。 dy/dx = y^2 + xz dz/dx = x^2 + yz ただしx=0のときy=0,z=1 誰かこの方程式が解ける人は、回答よろしくお願いします。

  • 微分方程式の質問です

    連立微分方程式の問題です dx/dt=-x+z dy/dt=-2x+y+z dz/dt=x-y+2zの一般解を求めろという問題です。 よろしくお願いします。

  • 連立微分方程式

    x=x(t), y=y(t)をtの関数として、次の連立微分方程式を考える。    dx/dt=2x+y dy/dt=x+2y (1)z=x+y, w=x-yとおいて、z,wについての微分方程式に書き換えなさい。 z,wを無視して解くことはできるのですが z=x+y, w=x-yに置き換えるということがよくわかりません。 初歩的な質問ですがよろしくお願いしますm(__)m

  • 連立微分方程式

    x=x(t), y=y(t)をtの関数として、次の連立微分方程式を考える。    dx/dt=2x+y dy/dt=x+2y (1)z=x+y, w=x-yとおいて、z,wについての微分方程式に書き換えなさい。 z+w=2x, z-w=2yつまり、x=(z+w)/2, y=(z-w)/2 これを、x,yにするだけでよいのでしょうか?

  • ルンゲクッタで非線形連立微分方程式を解きたい

    数値計算は素人です。 ルンゲクッタで下記の3本のようなの方程式系を解きたいのですが、 うまくいきません。 dx/dt=3x+(x-c)dz/dt dy/dt=y*(dz/dt - 2(x-1)/(x-c)) dz/dt=z* ((a/(x-c))(y/z)+ 2x^2 - 3b)/(y/z-x^2) a,b,cは定数です。 計算自体は途中で発散等せずにできているのようですが、 結果が間違っています。 ルンゲクッタのコード自体は、他の既知の関数で実験し、 誤りはないかことを確認したつもりです。 そもそも、関数系がこれくらい煩雑になれば、 ルンゲクッタでは解けないのでしょうか? 年の暮れのお忙しい時期ですが、アドバイスお願いします。