解決済み

個人情報保護法案ってなんですか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.260020
  • 閲覧数64
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 61% (254/411)

はじめまして。

 今国会で話題になっているもののひとつに『個人情報保護法案』ってありますよね。
 あの法案ってなぜマスコミ各社はあんなに真剣に反対しているのでしょうか。

 僕なりに知っていることと言えば、
政府の立場にたったものとしては、個人のプライバシーを保護するためのもので、決して表現の自由を侵すようなものではないといっていることと、ほかの国にも同じような法律があるということです。

マスコミの立場にたったものとしては、取材を受けたほうが「取材方法や取材源を教えろ」といわれたら、断れないものになっているから、取材がこれまで通りいかなければならなくなる。って主張しているところでしょうか。

 個人的にはマスコミに対しては、あまりいい感情を持っていないので、マスコミが『自主規制で十分だ』といっていても説得力ないなぁ~と思うのですが。
 もっと知っていることがありましたら、教えてください。お願いします。 
通報する
  • 回答数10
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6274/9998)

単刀直入に解答します。
この法案の一番の問題は、その個人情報保護法に基づいて審議、監視する場が第三者機関ではなく、政府機関(官庁)の中、しかも法務省にあるということに問題があります。政府の問題や、行政の汚点を付くときに、政府機関にこういう監視機関があるとどうなりますか?

昔の日本(戦前の日本)では、メディア統制によって日本を軍事国家にしたこと、さらには天皇を神とまで考える国にしたという前例があります。
そのため、個人情報保護を目的とした法案を作るのは、悪いことではありませんが、今の官庁内に監視を設置する法案では政府がメディアの操作をすることが可能となるため、各メディアや野党は反対しているのです。

また、他にも法案自体が曖昧で、分かり難い物であることなども問題とされます。

これなら、マスコミが自主規制を強化した方がまだマシですよ。
最近は、有事法といい、この法案といい大事な点がどちらも抜けている。
前者は、戦争放棄の概念に触れているとされ、しかも国民を守るというより、先に民間の土地に陣地を築けるとか・・・
後者は、自由を奪いかねない。

ということです。新聞を採っておられるなら、今日も含め過去2~3日分ご覧になられれば書いてあると思いますが・・・(総合面か、一面か、政治に)

新聞をご覧になってもない場合は、下と参考サイトから検索を・・・
http://www.asahi.com/(朝日新聞のサイト-参考は朝日より)
http://www.nikkei.co.jp/
(日本経済新聞社のサイト)

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.4

個人情報保護法案にマスコミが反対しているのは、個人情報の保護に名を借りて、マスコミの取材活動に網をかけて、政治家に都合の悪い上右の取材活動に、法の名の下に規制を掛けようとしているからです。
結果として、政・官の不正や堕落が隠されてしまい、国民の知る権利も侵されてしまうからです。

参考urlもご覧ください、問題点が書かれています。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 マスコミの方等が問題としているのは、この法律による規制基準が「曖昧」であることのようです。ここまでは良くて、これ以上はこの法律の規制対象であるといった基準が明確でないため、取材依頼が1回までなら許されるのか3回ならだめなのか、といった具体的事例についてはそれぞれの事例に応じて判断をしていく、ということなので、マスコミ関係者としては動きが取れない状態になると言うことのようです。
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

 情報の検閲を政府がやろうとしているからでしょ。
 それにより、情報操作が行われる危険性もあります。
 臭い物には蓋をするということが、まかり通るわけです。官僚、政府等が悪いことをしても、国民は知ることがないということになるでしょう。
 言論・出版の自由が損なわれます。戦時中と変わらない感じがします。
 如何でしょうか?
  • 回答No.5

プライバシーの保護の名の下に犯罪を容易に隠せるのです。
現在民事そ商法では.原告が立証義務が有ります。その為に全証拠を握っている犯罪者がプライバシーの名の本に証拠を隠してしまえば犯罪は成立しません。
例としては.脱税・贈収賄・公害など.プライバシーの名のもとに隠し通せる犯罪です(内部告発やたまたま事情を知った人間の発言を押えられる)。

米国でのこのプライバシー保護を使った犯罪の例としては.岩波新書のホワイトカラーの犯罪に詳しく載っています。この本は東大生のベストセーラーで東大生が犯罪に走り汚職を行いました。あまりにもひどいので発行を停止したようです。現在の官僚は.この汚職の教科書を学び.みずからが汚職を行おうとする時に障害となる事実の公表をプライバシー保護.個人情報保護の名のもとに.制限しようとするものです。

なお.自衛隊法改正に関する話題を消えてしまいました。以前の武器使用に関する質問を読んでみると.武器選択が部隊に任せられるなど文民統制を定めた憲法に抵触する内容を含みます。こちらをごまかす意味が含まれているのかもしれません。
いずれにしろ.政府の役人による汚職がやりたい放題になる環境を構築していることには変り有りません。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 29% (53/177)

今朝、地元紙に載っていました「その問題」・・・
コラムの様になっていて、取材を受けていたのが「全国犯罪被害者の会代表幹事」の方でした。

4年半前に廃業した大手証券会社の代理人弁護士をしていた時に、本人が不在の時に
応対した奥さんを殺傷された方です

その時に「如何に被害者の権利が無視されているかを知った」そうです(裁判の手続き他)
「唯でさえ傷ついている遺族&被害者に、取材が追い討ちを掛ける・・(中略)
 自宅の塀を乗り越えて侵入するだけでなく、私や家族が一歩外に出れば
 記者やリポーターが付きまとう。
 妻を身代わりに殺されてどう生きればいいか、涙にくれた私は息を潜めて
 自宅にこもるしかなかった。
 (中略)
 人が死んで泣き崩れている時に、マイクを突きつけられても話せるものではない。
 真実は暴かれるべきだし、事件を取材するなとは言わない。
 市民常識の範囲内の取材はいいが、私が受けた取材は常識を逸している。
 (以下省略)」

私も思うのですが「マスコミが自分で撒いた種」ではないでしょうか?
もっとも、私達の「自由や権利」が侵されるのも御免ですが・・・

マスコミのフィーバーぶりを見ると、我々の視点からはずれている気がします・・・
なにか「自分達の都合ばかり」に感じるのは、私だけ?

ちなみに、この方も「自主規制はかえって危うい」と申しております。
ではでは・・・m(_ _)m
  • 回答No.9

>失礼なのかもしれませんが
とんでも有りません。色々指摘していただいて.私の記憶違いがありますから助かります。
報道は複数のルートが存在し.多少内容が異なっている事が普通です。ところが.個人情報保護法などの法令によって.為政者の情報統制が激しくなると内容が画一的になります。つまり.すべての情報が信じられなくなるのです。
いろいろな立場の人間がそれぞれの立場にしたがって自由にものことが表現できる事が.必要です。かって.政府は治安維持法のもとに情報統制を行いました。その結果は.ここにかくことはないでしょう。
  • 回答No.8
レベル10

ベストアンサー率 29% (53/177)

ここで返答するのもどうかとは思いましたが・・・

>その時の恨み・・・
私が思うには、それは「証券会社」であって、たしかこの方は「自主廃業の処理のために代理人弁護士をしていた」
と記憶しているのですが・・・?
私の記憶違いでしょうか・・・?

>取材構成は激しくなります。
私は「それはちょっと、違うのではないか?」と思うのですが・・・?
それを許すから、今回の様な「悪法(私はこの法案を全面的に肯定している訳ではありません)」が
国会で通過しそうなのではないでしょうか?

そして、そこに政治家や役人が付け込むのではないでしょうか?
まあ、私の様な若輩者がご年配の方にこの様な事を申し上げるのは失礼なのかもしれませんが・・・
ちなみに、私はその役人を現在も相手に仕事をしています・・・
(正直、腹が立つ事ばかりで・・・)

ではでは・・・m(_ _)m
  • 回答No.7

>4年半前に廃業した大手証券会社の代理人弁護士をしていた時に
以前取り引きしていました。結構面白い会社ですよ。
この会社から株を買わないかと電話が有った時には.大体天井で1ヶ月ぐらいで暴落します。だから.売りの時期を調べるために取り引きをしていました。
取材関係者の中には.この証券会社の電話勧誘ですってんてんになった人が多くいるのでは有りませんか。その時の恨みが残っていますから.当然取材構成は激しくなります。
  • 回答No.10
レベル10

ベストアンサー率 7% (7/95)

考えられること。
 ・大本営発表のみの報道
 ・汚職政治家、官僚の保護
 ・情報の国家管理
あまり、民主主義国家は多くの情報から取捨選択することのできることにより保たれるので、この法律はあまり好ましいことではないし、危険かもしれない。
ただ、冤罪をマスコミが作り出すことが、これまでもあったけどね。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ