• 締切済み
  • 暇なときにでも

警察ってどんな社会

私は踊る大捜査線のファンで全て見てるし何度も見てます。 一度見ただけでは理解できない所も、繰り返し見て解ったことも有った。 踊る大捜査線THE MOVIEのパンフ(?)にも書かれていた気がしますが、警察の所轄の現状が良く描かれているとか。 このドラマは警察の組織構成や縦割り社会の現状を知れば、もっと楽しめると思うのです。 そこで、警察の事が解る本等のタイトルや作者(著者)を知っている方教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数181
  • ありがとう数35

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#212975
noname#212975

「ミステリーファンのための警察学入門」(アスペクト刊) ISBN4-89366-897-8 \1,200 がお勧めです。 第1章 警察と警察ミステリー 第2章 警察の基礎知識 第3章 ミステリーが書かない警察 第4章 警察を追いかけて 第5章 より深く警察を知るために

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 防犯協会について教えて下さい。自治会の役員となって3ヶ月の者です。

    防犯協会について教えて下さい。自治会の役員となって3ヶ月の者です。 或る日突然、○○防犯協会から100世帯程度の当自治会に¥6560の 年会費を徴収するために日付指定で集金すると葉書が届きました。 団体の住所が所轄警察署と同じだったため、所轄警察に電話をしたところ ○○防犯協会は警察署内に実在してる。電話を回すのは組織が違うので 出来ない。印刷された電話は留守電。集金日まで時間が無かったので 前年踏襲で支払いましたが、集金人も横柄な態度で、活動内容の質問で 会員自治会と非会員自治会との違いもよくわかりません。自治会単位で 任意で構成される組織が所轄警察署内に拠点がある???地域ごとの 防犯協会でしょうから一元的な回答は難しいと思いますが、参考例でも 教えて頂ければありがたいです。ちなみに領収書には支部役員¥2000 支部分担¥4560とありました。

  • この絵本を知りませんか

    小さい頃(20数年前)に読んだ(見た)絵本を探しています。 1枚目のページには、植物のような絵があり 次のページは、その一部分の拡大図で、そのページだけでも 一つの世界を構成している(?) さらに次のページは、また前のページの一部分の拡大図で...と、ずっとそれが続いていくものです 確か、文章は何も書かれていなく、A3縦くらいの大きさの本でした 心あたりの方がいらっしゃいましたら、タイトル、作者など 教えてください

  • 30~40年前の、水谷豊さん主演の単発ドラマ

    お世話になります。 小生が小学生(だったと思う。昭和47~52、3年)の頃のドラマです。 水谷豊さんが主演だったと記憶しています(違うかもしれません)。 あらすじも断片的にしか覚えていません。 にもかかわらず、ラストシーンだけは鮮烈に覚えていて、というよりも今頃になって急に思い出してしまいましい、気になって仕方がありません。 以下、覚えている限りのあらすじを。 文通していた相手(女性)に会うために、水谷豊さん演じる主人公は雪国を訪れます。 ところが文通相手が名前を偽っていたためか、主人公は別の女性につきまとってしまい(もしくは、文通していることを知られたくないために女性が嘘をついてしまい)、結果として現代用語で言うところのストーカーと思われて、警察に追われる羽目になってしまいます。 そして逃亡のあげく、ジャンプ台を転げおちるラストシーンとなるわけですが…… 質問です。 ・このドラマのタイトルは何でしょうか。正確なあらすじも教えてください。 (古いドラマです。いま一度鑑賞することは、あきらめています) ・脚本家の名前がわかれば教えてください。  またもしも原作の小説等があればそのタイトルと著者を教えてください。 (小説やシナリオ集ならば、あるいは読むことも可能かなと思いまして) ・さらに贅沢を申しあげます。  このように古いドラマのタイトルやあらすじを検索する場合、どのようにキーワードを入れていけばよいのでしょうか。 回答をいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 幕末京都が舞台の推理(捕物?)小説を探しています。

    数年前、書店で立ち読みをした幕末京都が舞台の文庫小説を買いたいのですが、タイトル、作者ともに思い出せません。 うろ覚えしているのは、以下のことです。 ・舞台:幕末京都。 ・主人公:江戸から京都に赴任してきた侍。 ・内容:推理(捕物?)小説っぽい内容。 ・その他:主人公は奥さんを連れて京都に来た。      主人公の勤め先は、警察のような組織。 間違った記憶が入っているかもしれませんが、似たような内容の本をご存知の方、宜しくお願いします。

  • 少女マンガのタイトルと掲載雑誌、刊行年を教えて下さい。

    少女マンガのタイトルと掲載雑誌、刊行年を教えて下さい。 10年近く前に立ち読みした読みきり漫画のタイトルが分からず、気になっています。 どうしてももう1度読みたいのですが… 下記に記載した2作品(※)の内、どちらかでも記憶にある方、 または雑誌を所有している方等、いらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願い致します。 (※内1作品は、存在のみの記憶であり、内容を全く覚えていませんが…。) <情報> ◆出版社:白泉社(花とゆめ、LaLa、LaLaDx辺りだと思います) ◆作者名:「シン」様 ◆内容:  主人公(女/多分高校生)が死んでしまった彼(同じく高校生)のお葬式の最中(?)、  何らかのきっかけで、過去にタイムスリップし生前の彼に遭遇する、というもの。  彼はその出来事を日記(文集?)に残しており、現在に戻った彼女はその文章を目にし、涙します。  ※その日記での印象的な台詞:「その人は、大切な人が死んでしまったそうです」 ◆その他:  ・当時の新人漫画家さんで、おそらく本作がデビュー作   比較的大きく取り上げられていたと記憶しています。  ・同作者様の過去掲載作品は、記憶にある限り、上記作品を含め2作品のみ   どちらも白泉社(おそらく同雑誌)に掲載された読みきり漫画  (改名されている場合は判別がつきませんが…   個人的には以降、この作者様をお見かけした覚えがありません)  ・絵柄や作風が、『あかく咲く声』、『夏目友人帳』等の著者である、   緑川ゆき様に似た雰囲気を持つ方だったと記憶(あくまで記憶ですが…) ------------------ 具体的には9~13年ほど以前の作品だと思います。 少なくとも単行本化はされていないのは、ほぼ間違いありません。 ただ、記憶のみに頼っているため、作者名以外は所々記憶違いがあるかもしれません。 当初から動向を気にしていた作者さんで、度々思い出してはいましたが、 最近は国立国会図書館等で閲覧したいと思うくらいに気になっています。 …が、タイトルや刊行年、雑誌名が思い出せないため、 検索情報が少なすぎて難しいのが現状です。 また、そんな曖昧な情報でも出版社にお問い合わせ出来るのかもよく分かりません。 (作者名だけでも探していただけるものなのでしょうか?) 打開策等、どんな情報でも構いませんので、 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答下さると嬉しいです。 宜しくお願い致します。

  • 警察官僚(キャリア)の仕事について。

    推理小説や刑事もののドラマに登場する警察官僚、所謂「キャリア」の中には、所轄の刑事たちに混じって現場で捜査をしてる人がよくいますが、何か大きな事件が起こって捜査本部が設置された場合、30歳前後で警視あるいは警視正の階級にあるキャリアが、「指揮官」ではなく「一刑事」として現場で捜査をするということは実際にあり得るのでしょうか? うろ覚えなんですが、何年か前に読んだ警察関連本には「あり得ない」と書かれていたような気がするのですが…。 また、キャリアでも、現場研修中の新人や、研修を終えて間もない警部ぐらいだと(こちらもうろ覚えなんですが、キャリアは入庁後一年くらいで自動的に警部になり、その後ニ、三年下積みをして、二十五、六歳で警視になるというようなことを前掲書で読んだ記憶があります。)、現場の刑事たちと一緒に聞き込みや張り込みなんかをしたりすることもあるんでしょうか?

  • 政治結社を名乗る送りつけ商法について(長文です)

    先日、日本○○協会事務局を名乗る政治結社らしき所から電話(本を買えという内容の話し)があり、適当に返事をしていたところ、本日、本が届いていました(宅急便、家族が受け取っていました)。 休日明けに届くように内容証明郵便でお断りの手紙を出し、同じく「ゆうパック」で送り返す手続をしました。 帰宅後、調べてみたのですが、 ・住所地に日本○○協会事務局で電話番号登録はない ・所轄警察署では大組織でないとわからないし電話では答えられないし担当がいない という予想したとおり結果でした。 依頼主住所は「東京都台東区上野*-*-**」で電話番号が「03-5817-****」となっています。 ネット検索したところ幸運にも同じ所在地・番・号のビルで企業がホームページを運営しておられ、電話番号の「5817」がまったく別の所のものと推察できました。 ここまでは、地方の身でも分かったのですが、「5817」がどの地域のものなのかまでは分かりません。 そこで、 ・「5817」がどの地域のものなのか ・その他参考になる事項について 皆様のご協力をお願いしたいのです。 不明な点は質問いただければ説明しますので宜しくお願いします。

  • 漫画の感想をブログで書くことについて。

    自分のブログで漫画や小説の感想を書いています。 ある人気漫画の登場人物について批判的な感想を書いたら、感情的になったファンから私への批判コメントを書き込まれるようになりました。 ひとつ目のコメントに私が反論したら、次は別の人が乗っかってきて、また別の人が…、のくり返しです。ひとつひとつに長文で返信していたのですが(ソフトに言葉を選んで返したつもりです)、同じことのくり返しに疲れたので、「不満があってもいちいち書き込まないで」と書いたら、それについての抗議文「コメントを受け付けているのなら、面倒くさがらずに返すのが最低限のマナーだ」と言われてしまいました。漫画の登場人物についてはどっかへ行ってしまい、私に対する攻撃的なものでした。 ちなみにその漫画の登場人物とは悪役で最後に良い人になって死んでいく、よくあるパターンのライバルキャラです。 私は漫画の人物の分析と同時に、作品の構成とかストーリーの考察をブログで書いて楽しんでいただけです。作者が悪役として登場させたのなら、立ち位置は決まっているのですから。 私も好きな漫画キャラはいるので、そのキャラを悪く書かれたらいい気はしませんが、漫画の感想なんて人それぞれです。私ならブログの主さんへ、人格を否定するようなコメントは書きません。 ファンが熱くなるのもわかりますが、どうやって収拾していいものか、困っています。 上に書いた攻撃的な人へコメントを返しましたが、おそらくまた書き込まれるでしょう。コメントを受け付けない設定にすればいいのですが、それだと私が「嫌なコメントならいらない」とお高く留まっているようで、後味悪いです。 皆さんにお聞きしますが、熱狂的な漫画ファンは二次元の区別なく、好きなキャラを悪く言う人を平気でなじることが出来るのでしょうか。それを失礼だと思わないのでしょうか。 たとえば私が嵐の悪口を書いてファンに責められたとしたら、素直に謝ります。でも、漫画の登場人物は言うまでもなく実在の人物ではありません。なのに「○○は悪くない」「○○の気持ちになって」と言われた人たちに、私は謝らないといけないのでしょうか。「大人の対応をしろ」とも言われました。良い大人ならこんな人たちを相手にもしないでしょう。なぜ30代の私が10代のファンのために気を遣って、漫画キャラの性格分析も自分のブログで自由にできないのでしょうか。納得できません。 ご意見を聞かせてください。

  • プリンタが悪いのでしょうか?印刷開始位置がずれる。

    まず、環境から。PCはVISTA。プリンタは古くて、EPSON、PM830C。 Office2007。 Word文書、縦書き、用紙も縦方向を数ページを印刷しようと思ったら、ちょっと困ったことになりました。 1枚目は、表紙のようなもので、比較的大きなサイズの文字で構成されています。 右上に平成○○年と日付(サイズは16くらい)、中央付近に囲み文字の表題(サイズは48)、左下に作者の氏名(サイズは18)。 こんな単純な表紙です。 2枚目以降は、小さな文字で構成された文書です。 さて、一枚の表紙を印刷し始めたら、頭の部分の平成くらいまで印刷したら、5~6文字分くらい 用紙が送られてしまい、その時点から、また一から印刷を始めてしまうのです。 当然、下の方の文字は用紙からはみ出てしまいます、頭の方は同じ文字が二度印刷されてます。 印刷プレビューで確認しても、正常に表示してます。 変に文字が残っているわけでもありません。 ただ、2枚目以降は、正常に印刷できます。 とにかく、その表紙だけが、何度も、手を変え品を変え、フォントサイズを調整してみたり、 中央揃えや右詰めの機能を使わずスペースキーで体裁を整えたり、 また、白紙の用紙から、初めから作り直したりしてみたのですが、同じ結果の繰り返しです。 いったい、何が悪いのでしょうか? プリンタが誤作動してるのでしょうか? 文書のレイアウトが悪いのでしょうか? 10.5の小さなサイズの文字だけなら上手くいきます。 何か、ヒントをください。お願いします。

  • 社会を撹乱しているのは、反日カルト創価学会ですか

    日本を撹乱しているのは、反日カルト創価学会の仕業ですか。 昔から、折伏(宗教の押しつけ)や暴力に発展したトラブルも多く、世間から煙たがられていた宗教でした。 近年では、外国人参政権、ストーカー規制法、戦争法、カジノ法で物議を醸した創価学会、公明党ですが、今度は日本国内を撹乱をして治安を悪化させ、大きな事件が起こるように誘導しているという疑惑があります。 二十年ほど前から被害報告が増加してきた、創価学会の組織的嫌がらせですが、地区内の会員から誹謗、中傷、盗聴、汚物の投げ入れをされたという事例もあれば、尾行、中傷ビラ、合成写真、盗聴した会話を改竄して悪用していたこともあります。 最近は、得体の知れない話を少しずつ広めていき、社会全体を混乱に陥れるような話を拡散させるようなものだから大迷惑です。 https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Papimami_109574/ http://gangstalker.info/21.html 昔、言論出版妨害事件という事件があり、出版社が営業が出来なくなるまで脅しをかけ、著者が指名手配犯のような扱いをされるという、創価学会員による言論妨害と出版妨害を行った大きな事件がありました。 全国の書店と取次店も脅し、出版社の本を取り扱ったら潰すと言いながら、1社ずつ創価学会員が回っていったといいます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AB%96%E5%87%BA%E7%89%88%E5%A6%A8%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6 他にも、警察や裁判官への根回し、ビラ配り、写真の合成などをして、創価学会にとって脅威となる方々の基本的人権を剥奪することは、創価学会にとって珍しい事ではありません。 http://toride.org/gosei/gsqt.htm 社会の撹乱の仕方が、両者ともとても似ていると思います。 2ちゃんねるの釣りと同じ方法にもみえます。 ネタを作って投下、食いついて来た人をネタを作る側に回して、更に巧妙に仕掛けたネタを投下、この繰り返します。 集団ストーカーを得意とする創価学会の裏仕事ですが、今回は羽目を外しすぎたともいえますし、創価学会会長の死亡発表や組織の改編の噂が叫ばれるなか、それを見越した犯罪なのか、彼らの本当の目的は分かりません。 内々で、大はしゃぎしながら迷惑なことを繰り返すモラルの崩壊した人達ですが、一体いつまで続ければ気が済むのでしょうか。 集団がいくら騒いでも暴徒のヒステリーに過ぎません。いくら他人の風評を流しても怪文書配布で処理されます。 ここまで大迷惑なことをする過程で、重大な法律違反が繰り返されてきたはずです。 日本の品位を地に落としたカルト集団の罪は、計り知れないものがあります。 地に落ちた日本をどう思いますか。