• 締切済み
  • 困ってます

強塩基のpH

濃度Cb、弱塩基Bの溶液のpHは B+H2O→(HB+)+(OH-) Kb=(HB+)(OH-)/(B) でpH=14-2/1(pKb-logCb)なんですが、 強塩基は、どのようにして求められるんですか? 教えてください!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

前の質問で強酸、弱酸、弱塩基は分かるが強塩基が分からないと書いていましたね。不思議に思っていました。強塩基の方が弱塩基よりも考え方はやさしいのです。この質問を見て弱塩基は公式を手に入れたから分かったと言っているだけのように感じました。この質問の中に書かれている式がどの様にして得られたか分かっていますか。 #1の解答で「pOHが分かればpHが分かる」と書かれているところが分かっていないのではないですか。この質問の中での式でも同じ考え方を使っているのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ちょっと前に同じ質問してますが? 分かったんじゃないんですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 弱塩基における水の自己解離

    課題で悩んでいます。 調べてみると薬剤師国家試験の過去問だったんですが… ある弱塩基 B(Kb=5.0×10-5)を水に溶解し、1.0×10-3 mol/L の溶液を調製した。 弱塩基 B の水溶液中での解離は B+H2O→BH+ + OH- 水の自己解離は H2O→H+ +OH- で表される。 1.水の自己解離を無視した時のph …OH-のモル濃度も1.0×10-3となるので、phは11と考えたんですが正答は10でした…。 考え方を教えてください。 2.水の自己解離を含めて考えたphは1のphと比べてどうなるか …考え方が全くわかりません…。 すみませんが、この2問を教えてください(T_T)よろしくお願いします(T_T)

  • 弱酸と弱塩基を含む混合溶液のpH

    濃度CAの弱酸HAと濃度CBの弱塩基NaAを含む混合溶液のpHが以下のようになることを導け。 (酸解離定数をKaとする)   pH = pKa + log(CB/CA) -------------------- 弱酸のpHは   pH = 1/2(pKa - logCA) 弱塩基のpHは   pH = 7 + 1/2(pKa) + 1/2(logCB) で求められると教わりました。 上記2つの式は導けたのですが、混合溶液になるとうまくいきません。 どなたか回答をお願いします。 m(_ _)m

  • 弱酸と弱塩基をくわえたときのpH

    弱酸と弱塩基(水中)をくわえたときのpHの求め方を教えてください。 弱酸の解離定数をka 弱塩基の共役酸の解離定数をkbとしたとき、 それぞれの濃度にかかわらず√ka*kbになったような気がするんですが・・・。

  • 2価の弱酸、弱塩基のpH計算について

    塾で教えている生徒の学校のプリントの問題なのですが、2価の弱酸、弱塩基のpHはどうやって求めればいいのでしょうか。私が受験したときは1価の酢酸とかアンモニアとかした習った記憶が無くて。 学校の先生の板書によると、『濃度×電離度×価数』となっているのですが、弱酸の場合、2段階目の電離はほとんどしないので、無視して考えてもよいのではないのでしょうか。 たとえば、炭酸の場合、水溶液中では まず H2CO3 ⇔ H+ + (HCO3)- と電離して、 (HCO3)- ⇔ H+ + (CO3)2- の電離は ほとんど起こらないですよね。(その生徒の教科書にもそう書いてありました) だから私は -log(濃度×電離度×1)で計算できると思ったのですが…。 ちなみにこの問題は中和の問題ではなく、単純にpHを求める問題です。中和の場合は電離度に関係なく 『酸の濃度×価数×体積=塩基の濃度×価数×体積』 となることは分かっているのですが…。 以下、問題全文です。 0.0625[mol/l]のCa(OH)2の(←Cu(OH)2?)pHを求めよ。ただし、電離度α=0.18、log2=0.3とする。 でもこの問題、意味不明なことに強塩基であるCa(OH)2の電離度を示しているのです。(こんな希釈溶液でCa(OH)2の電離度が0.18ということ自体有り得ないと思うのですが。ノートにCu2+ + 2OH- と書いてあったから先生のミスプリだと思います)電離度α=0.18って書いておきながらlog3の値を示してないのも謎です。 それとも、この電離度α=0.18って、二段階目も含めた値なのでしょうか?そんなことがあるのでしょうか…。 生徒にどう説明していいものか、とても悩んでいます。長々と申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。 

  • 強塩基のpH

    強塩基のpHはどのように定義されるんですか? 弱酸、弱塩基、強酸はわかったんですが・・・ どうしてもわかりません。教えてください!

  • アンモニア、塩基 について

    酸と塩基を求める問題で NH3+H2O→NH4+ + OH- 1価 弱塩基 とありましたが、 NH3+H2O⇔NH4+ + OH- ※⇔は→ ← のことです。 の方が正しいのではないでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • pHの求め方

    先日も同じ問題を質問したのですが、今回自分なりに解いてみたので添削していただきたいです。 0、1Mのアンモニア溶液50mlと0、1Mの塩化アンモニウム溶液50mlを混合した溶液がある。この溶液に0、1MのNaOH溶液を20ml添加した時のpHを求めよ。 NH4Cl+NaOH⇔NaCl+NH3+H2Oより k=[NH3][H+]/[NH4+][OH-][H+]=10^4、74←変形しています 0、1M×100/120=[NH3][NH4+] 0、1M×20/120=[Na+] NH3は弱塩基でNaOHは強塩基なので 0、1M×20/120=[Na+]=[NH4+] [NH3]=80/120 これらをkの式に代入して[H+]=10^-9、86 pH=-log[h+]=9、86 >NH3は弱塩基でNaOHは強塩基なので 0、1M×20/120=[Na+]=[NH4+] という考え方は正しいでしょうか?自信がありません。 また、もう一問0、1MのHCl溶液20mlを添加した時のpHも9、86となりました。正しいでしょうか? 先日と同じ質問をしてすみませんが、添削よろしくお願いします。

  • 加水分解反応の塩基解離定数計算

    Fe(H2O)6 3+ ⇔ Fe(H2O)5(OH)2+ + H+ このときの酸解離定数をKaとすると、pKaは2.74 FeOH2+ ⇔ Fe3+ + OH- この式の平衡で与えられる塩基解離定数KbのpKbはいくらになるか という問題があるのですが、計算方法がさっぱり分かりません。 とりあえず Ka = [Fe(H2O)5(OH)2+][H+] / [Fe(H2O)6 3+] Kb = [Fe3+][OH-] / [FeOH2+] という式は立ててみたのですが、ここからどうしていいかが分からないです。 教えてください。

  • pHを与える一般式

    弱酸HA(総濃度Ca)と強塩基BOH(総濃度Cb)が共存する溶液があるとき、溶液のpHを与える一般式について、 (1)溶液が酸性の時 (2)溶液がアルカリ性の時 について知りたいのですが、この問題は単純に酸塩基滴定と同様に考えてよいのでしょうか? なにかよい回答があればぜひ、回答のほうよろしくお願いしますm(__)m

  • 酸・塩基反応

    酸の反応として、 強酸(例HCl)+弱酸の塩(CaCO3)→強酸の塩(CaCl2)+弱酸(H2CO3=H2O+CO2) になりますよね。 で、質問なんですが、塩基でも同じことができるのかどうかなんです。 強塩基(例NaOH)+弱塩基でできた塩(MgCO3)→強塩基でできた塩(Na2CO3)+弱塩基(Mg(OH)2)が起こるのでしょうか? 炭酸塩でなくて硫酸塩では、 2NaOH+MgSO4→Na2SO4+Mg(OH)2の反応が起こるのでしょうか?また、この反応はNaOHが塩基、MgSO4が弱酸として働く酸塩基反応(中和反応)と解釈していいのでしょうか? 頭の中でぐちゃぐちゃになってしまい、混乱しています。 よろしくお願いします。