• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

弱塩基における水の自己解離

課題で悩んでいます。 調べてみると薬剤師国家試験の過去問だったんですが… ある弱塩基 B(Kb=5.0×10-5)を水に溶解し、1.0×10-3 mol/L の溶液を調製した。 弱塩基 B の水溶液中での解離は B+H2O→BH+ + OH- 水の自己解離は H2O→H+ +OH- で表される。 1.水の自己解離を無視した時のph …OH-のモル濃度も1.0×10-3となるので、phは11と考えたんですが正答は10でした…。 考え方を教えてください。 2.水の自己解離を含めて考えたphは1のphと比べてどうなるか …考え方が全くわかりません…。 すみませんが、この2問を教えてください(T_T)よろしくお願いします(T_T)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数1955
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

No1です。 エクセルのソルバーによる計算では、問1に比べて問2ではOH-の濃度が 3.0*10^-11 mol/Lほど増えていました。No2さんの結果と合っていると 考えて宜しいかと。 OH-濃度≒2.0*10^-4というのもNo2さんと同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

(1)に関して自分が勘違いしてたのがよく分かりました! ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nious
  • ベストアンサー率60% (372/610)

(1) C=1.0・10^(-3) Kb=5.0・10^(-5) [OH^-][BH^+]/[B]=x^2/(C‐x)=Kb x^2+Kb・x‐C・Kb=0 x=[OH^-]=2.0・10^(-4) pH=10.3≒10 水の解離により生じる[OH^-]を考慮すると3次方程式を解く必要がありますが、近似的に考えると(2)の方のpHは(1)と比較して僅かに増加します。 [OH^-][BH^+]/[B]={(x+y)x}/(C‐x)=Kb [H^+][OH^-]=y(x+y)=Kw x>>y と仮定して近似すると、 (x+y)x/(C‐x)≒x^2/(C‐x)=Kb x=[OH^-]≒2.0・10^(-4) (水の解離により生じた[OH^-])=y=[H^+]=Kw/[OH^-]≒5.0・10^(-11)<<(Bの解離により生じた[OH^-])≒2.0・10^(-4)=x 近似は妥当と云えるから [OH^-]=x+y≒2.0・10^(-4)+5.0・10^(-11) 従ってpHは極僅かに増加する訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

1.  >OH-のモル濃度も1.0×10-3となるので それは解離度が1、つまり強塩基の場合ですね。弱塩基の場合は 平衡を考慮せねばなりません。 B、BH+、OH-の濃度をそれぞれB、BH、OHで表すと、 BH*OH/B=5.0*10^-5 ・・・(1) 調整時のBの濃度が1.0*10^-3なので  B=1.0*10^-3-BH ・・・(2) また、水の自己解離を無視すればBH=OH よって(1)は OH^2/(1.0*10^-3-OH)=5.0*10^-5 OH^2=(1.0*10^-3-OH)*5.0*10^-5 これはOHの二次方程式なので、解いて下さい。 問2. 溶液中のB、BH+、OH-の濃度を 問1の場合:B1、BH1、OH1 問2の場合:B2、BH2、OH2 とします。すると、解離定数Kbの定義より BH1*OH1/B1=Kb ・・・(あ) BH2*OH2/B2=Kb ・・・(い) です。問2の場合、水の解離によって生じるOH-が存在するので 塩基の解離平衡は問1よりも少し戻る(解離しない側にずれる) ことになります。そのずれ幅をαで表すと、 BH2=BH1-α、B2=B1+α となります。よって(い)は (BH1-α)*OH2/(B1+α)=Kb ・・・(あ)’ となり、(あ)’も(い)も右辺はKbで等しいので BH1*OH1/B1=(BH1-α)*OH2/(B1+α) これを変形すると OH1/OH2=B1/(B1+α)*(BH1-α)/BH1 ・・・(う) ここでこの溶液のpH≒10なのでOH1やOH2は10^-4前後 となります。また、Kb=5.0*10^-5なので(あ)は BH1/B1≒5.0*10^-5/10^-4=1/2 となり、BH1<B1であることが判ります。ここで(う)の式の値に ついて考えると、BH1<B1なので解離していない塩基Bがαだけ 増えることよりも解離型の塩基BHがαだけ減ることの方が効いている と思われます。よって(う)の値は1よりも小さくなります。 イメージしにくかったら、例えばB1=10、BH1=5、α=1としてみると (う)は 10/(10+1)*(5-1)/5=40/55<1 みたいな計算をしてみるのもいいでしょう。言い換えると元の値10に 対して1の増減は相対的には10%だが、元の値が5だと20%の増減に なるということです。 (う)の値が1より小さいということは、問1のOHー濃度よりも問2のOH- の方が大きいということです。よって問2の方がpHの値は大きくなります。 問2の場合にどういう式を立てればいいかというと、 1.で使った(1)式はそのまま使えます。 BH*OH/B=5.0*10^-5 ・・・(1) また、次の式もそのまま使えます。 B=1.0*10^-3-BH ・・・(2) 水のイオン積から(H+濃度をHとします) OH*H=10^-14 ・・・(3) 溶液の持つ電荷は全体としてゼロ(+と-が打ち消しあう)なので H+BH=OH ・・・(4) 1の場合はBH=OHとしていましたが、(4)式はHを含んでいます。 (3)よりH=10^-14/OH であり、これを(4)に代入すると 10^-14/OH+BH=OH ・・・(4)’ BH=OH-10^-14/OH ・・・(4)’’ これを(1)に代入して (OH-10^-14/OH)*OH/B=5.0*10^-5 (OH^2-10^-14)/B=5.0*10^-5 これに(2)および(4)’’を代入して (OH^2-10^-14)/(1.0*10^-3-(OH-10^-14/OH))=5.0*10^-5 ・・・(1)’ 普通この手の問題では、計算を簡単にするために近似を使います。 例えば塩基性の場合 OH>>H=10^-14/OH と考えられるので OH-10^-14/OH≒OH としてしまいます。ただこれをやると(1)’は OH^2/(1.0*10^-3-OH)=5.0*10^-5 となって問1の場合と同じ二次方程式になってしまいます。それでは比較にならないので エクセルのソルバーを使って無理やり解いてやると、有効数値2ケタでは差がでませんが わずかに問2の方がOH-濃度がおおきくなるようです。 下記の資料は結構丁寧に説明しています。 http://mole.rc.kyushu-u.ac.jp/~kou/Anachem_FWU_2011/Anachem_FWU_2011.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な説明ありがとうございます! OH-が増加することで平衡が移動するという説明がとてもわかりやすかったです。

関連するQ&A

  • 強塩基のpH

    濃度Cb、弱塩基Bの溶液のpHは B+H2O→(HB+)+(OH-) Kb=(HB+)(OH-)/(B) でpH=14-2/1(pKb-logCb)なんですが、 強塩基は、どのようにして求められるんですか? 教えてください!!

  • 弱酸と弱塩基をくわえたときのpH

    弱酸と弱塩基(水中)をくわえたときのpHの求め方を教えてください。 弱酸の解離定数をka 弱塩基の共役酸の解離定数をkbとしたとき、 それぞれの濃度にかかわらず√ka*kbになったような気がするんですが・・・。

  • 強酸と弱塩基の中和点が酸性になる理由

    弱酸と強塩基の中和点が塩基性に、 強酸と弱塩基の中和点が酸性になる理由が分かりません。 少し前までは、 強いのと弱いのが打ち消し合って、酸が余るからという、 2-1=1的な発想で納得してたんですが、 弱酸・弱塩基では、電離反応が平衡状態になっているということを知って思ったのが、 例えば塩酸とアンモニアの場合、 アンモニアは NH3 + H2O ⇆ NH4^+ + OH^- となっているから、 そこに塩酸を加えるとH^+ + OH^- → H2Oという反応がおきて、 水酸化物イオンが減り、右に平行移動するはず。 それなら、中和点はpH=7になるのではないでしょうか?

  • グアニン塩基(ヌクレオシドでもヌクレオチドでもなく塩基のみです)を水に

    グアニン塩基(ヌクレオシドでもヌクレオチドでもなく塩基のみです)を水に溶解したところ、pHが10程度になりました。 グアニンのN1のpKaは9.5程度、N7およびN9のpKaは3程度であり、水のpKaは15.7ですが、いったいどこからOH-が生じて溶液が塩基性になるのでしょうか?

  • 弱酸と弱塩基からなる塩の水溶液の液性

    弱酸と弱塩基からなる塩の水溶液の液性はどのようにして調べられますか? 強酸(強塩基)と弱塩基(弱酸)からなる塩の場合、 例えばNH4Clであれば、水溶液中で電離し、 NH4Cl → NH4^+ + Cl^- さらにNH4^+が加水分解し、 NH4^+ + H2O ⇔ NH3 + H3O^+ となって酸性であることがわかります。 しかし、弱酸と弱塩基からなる塩の場合、 例えば、CH3COONH4であれば、水溶液中で電離し、 CH3COONH4 → CH3COO^- + NH4^+ 両方がさらに加水分解し、 CH3COO^- + H2O ⇔ CH3COOH + OH^- NH4^+ + H2O ⇔ NH3 + H3O^+ となり、平衡式が2つ出てきてしまうため、 どのように考えればいいのかがわかりません。 いくつかの文献やウェブサイトを見たのですが、 CH3COONH4は中性であるとしか書いてなく、なぜそうなるのかがわかりません。 また、(NH4)C2O4も同じく弱酸と弱塩基によってできていますが、 こちらは酸性になるとありました。 同様になぜそうなるのかが書いてありませんでした。 どのように考えればいいのでしょうか。 上の2つを例に詳しく説明していただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 酸と塩基、水の解離

    (1)0.0100mol/l NH4CN溶液中の[H+]、[CN-]を求めよ。ただし、HCNのKaは 4.93×10^(-10)、NH3のKbは1.75×10^(-5)である (2)1l について0.0010molのHClを含む溶液がある。この溶液のpHはいくらか。この溶液1lに対し0.020molの酢酸ナトリウムを加えると、そのpHはいくらになるか。酢酸のKaは1.75×10^(-5)である。 (3)0.050mol/lアンモニア溶液に全[NH4+]が0.100mol/lとなるようにNH4Clを 加えた。この溶液の[OH-]を求めよ。アンモニアのKbは1.75×10^(-5)である。 (4)酢酸について0.0200mol/l、安息香酸について0.0100mol/lの溶液中の[H+]、[OH-]を計算せよ。また溶液のpH、酸のKa、pKaはいくらになるか。 (5)アンモニアとピリジンの各0.0050molを水に溶かして200cm3の溶液を調整した。この 溶液中の[OH-]を求めよ。アンモニアとピリジンのKaはそれぞれ1.75×10^(-5)、1.78×10^(-9)である (1)(2)(3)(4)(5)の一つでもわかる方、教えていただけると嬉しいです

  • 水の解離

    (1)塩化ピリジウム(C5H6N+Cl-)の0.25mol/l溶液のpHは2.93である。ピリジンの塩基解離のKbはいくらになるか (2)Fe3+がFeOH2+とH+に酸解離するときのKaは6.5×10^(-3)である。全鉄(III)の95%がFe3+の状態にあるための最大pHはいくらか (3)1.0×10^(-3)mol/lのナトリウムフェノキシド溶液のpHを計算せよ。フェノールのKaは1.28×10^(-10)である (4)0.0100mol/l NH4CN溶液中の[H+]、[CN-]を求めよ。ただし、HCNのKaは 4.93×10^(-10)、NH3のKbは1.75×10^(-5)である (1)(2)(3)(4)のうち一つでもいいので教えていただけると嬉しいです。

  • アンモニア、塩基 について

    酸と塩基を求める問題で NH3+H2O→NH4+ + OH- 1価 弱塩基 とありましたが、 NH3+H2O⇔NH4+ + OH- ※⇔は→ ← のことです。 の方が正しいのではないでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • 弱酸と弱塩基を含む混合溶液のpH

    濃度CAの弱酸HAと濃度CBの弱塩基NaAを含む混合溶液のpHが以下のようになることを導け。 (酸解離定数をKaとする)   pH = pKa + log(CB/CA) -------------------- 弱酸のpHは   pH = 1/2(pKa - logCA) 弱塩基のpHは   pH = 7 + 1/2(pKa) + 1/2(logCB) で求められると教わりました。 上記2つの式は導けたのですが、混合溶液になるとうまくいきません。 どなたか回答をお願いします。 m(_ _)m

  • 2価の弱酸、弱塩基のpH計算について

    塾で教えている生徒の学校のプリントの問題なのですが、2価の弱酸、弱塩基のpHはどうやって求めればいいのでしょうか。私が受験したときは1価の酢酸とかアンモニアとかした習った記憶が無くて。 学校の先生の板書によると、『濃度×電離度×価数』となっているのですが、弱酸の場合、2段階目の電離はほとんどしないので、無視して考えてもよいのではないのでしょうか。 たとえば、炭酸の場合、水溶液中では まず H2CO3 ⇔ H+ + (HCO3)- と電離して、 (HCO3)- ⇔ H+ + (CO3)2- の電離は ほとんど起こらないですよね。(その生徒の教科書にもそう書いてありました) だから私は -log(濃度×電離度×1)で計算できると思ったのですが…。 ちなみにこの問題は中和の問題ではなく、単純にpHを求める問題です。中和の場合は電離度に関係なく 『酸の濃度×価数×体積=塩基の濃度×価数×体積』 となることは分かっているのですが…。 以下、問題全文です。 0.0625[mol/l]のCa(OH)2の(←Cu(OH)2?)pHを求めよ。ただし、電離度α=0.18、log2=0.3とする。 でもこの問題、意味不明なことに強塩基であるCa(OH)2の電離度を示しているのです。(こんな希釈溶液でCa(OH)2の電離度が0.18ということ自体有り得ないと思うのですが。ノートにCu2+ + 2OH- と書いてあったから先生のミスプリだと思います)電離度α=0.18って書いておきながらlog3の値を示してないのも謎です。 それとも、この電離度α=0.18って、二段階目も含めた値なのでしょうか?そんなことがあるのでしょうか…。 生徒にどう説明していいものか、とても悩んでいます。長々と申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。