• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

パスポート

  • 質問No.2525207
  • 閲覧数569
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
こんにちは

今月、タイに行こうと思っているのですがパスポートのことが気がかりで悩んでいます。

結婚した時に、パスポートの変更手続きで、新しい姓にしたものを作り直さず、写真が添付している欄はそのままで(旧姓のまま)違うページに新しい姓になったことが記載されている手続きにしていました。
旧姓のパスポートがあと数年残っていて、その間に海外は行かないだろうと思って、簡単な手続きをとってしまいました…。
入国時に2,3時間パスポートの件で足止めをくらう話はたまに聞きます。新婚旅行が多いハワイでさえ、パスポートの件でもめる話があるようです。

タイに行ったことがある方、またパスポートの件で足止めをくった方がいらっしゃいましたら、どのように乗り切ったか教えてください。

よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 55% (3658/6607)

> 違うページに新しい姓になったことが記載されている手続きにしていました

 この場合、パスポート上の名義はあくまで新しい姓になります。
よって入国カードも航空券もすべて、新しい姓にすべきなのは
すでにご存知かと思います。

 そのうえで、結婚などによる改姓でパスポートを訂正するのは、
世界中で同じ手続きになっています。もちろん新姓でパスポートを
取り直す人も少なくありませんが、質問者さんがお持ちのような
状態のパスポートを使っている人は、世界中にいくらでもいます。

 今回は配偶者とではなく、おひとりでの旅行でしょうか? もし
配偶者と一緒ならなんら揉めることはありませんし、仮におひとり
での旅行でも、姓の訂正が原因で揉めることはないでしょう。

 これまでに 10 回以上タイに行ってますが、日本人が入国で足止め
を食らっているところに出くわしたことはないですね。むしろ出国時に
ちょっと留め置かれることはありますが。私が以前、入国と出国で
別々のエアラインを使ったとき、出国ブースでちょっとだけ留め置か
れましたが、別の係官が航空券をチラッと見ただけですぐに通して
くれました。

 というわけで、何も不正なことはしていないので、心配すること
はありません。米国は元々、アジア人の入国にうるさい国なので、
そういうことが多いのです。ハワイの場合、偽装結婚を疑うことも
よくありますし、うっかり入国書類に旧姓を書いちゃう人もいるの
でしょうね。そんなとき、自分の旧姓を証明できる書類がない場合、
揉めることになります。
お礼コメント
noname#205194
とても参考になりました。

私のような改姓のパスポートのシステムは日本だけのものだから、入国時にもめる話を聞くのだと思っていました。

ありがとうございました。
投稿日時:2006/11/08 17:08

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 42% (23/54)

こんにちわ。

私も、訂正したパスポートを持っています。
タイには行ったことはないですが、香港に行ったとき、帰りのイミグレで、「航空券とパスポートの名前が違うのはなぜ?」のような質問を英語でされました。
もちろん、聞き取れたわけでなく、たぶんそういうことを言ってるんだろうなぐらいの雰囲気で判断しました。
なのでその時は、黙って追記のページを開いて見せたら納得してくれました。
その後も何度かこのパスポートで海外に行きましたが、何度かイミグレの係員が名前が違うことで怪訝な顔をしましたが、私に聞く前に自分で追記のページを見て、問題なく通してくれました。


入国カード等の署名ですが、私はパスポートと同じ署名(旧姓のまま)をしています。
外国人は、日本人から見たら何て書いてあるのかわからないサインをしますよね。
だったら漢字の署名も、漢字の読めない人から見たら何が書いてあるかわからないので、パスポートと同じサインのほうが無難かな、と思ったからです。
(これは根拠があるわけではなく、私がそう思ってやっていることです。念のため。)

参考までに。
お礼コメント
noname#205194
ありがとうございます。

体験談をうかがうと、より安堵感が増しました。
ずっと、このパスポートだから…と海外旅行はなるべく行かないように
しようと思っていたのですが
運よく、時間ができたので不安を押し切って今回海外に行こうと
計画してます。

本当にありがとうございました。
投稿日時:2006/11/08 17:13
  • 回答No.2

ベストアンサー率 60% (927/1535)

まず結婚して姓が変わっても、入国カードにはパスポートに記載されている通りの署名をしてください。

空港チェックインの時も入国審査時も、写真のページの隅にSee Page○と記載された判子が押されているので、まず写真のページを見てもらい判子の部分を示して、追記(変更記事)のある場所をみてもらってください。 
航空券は新しい姓になっていると思うので、航空券と照合する時は追記された部分を示してください。(写真の部分も確認されます)
入国審査の時に相手の言っていることが解らないとちょっと手間取るかもしれませんが、長時間足止めされる事はありません。

時間があれば、なるべく早く戸籍どおりのパスポートを取得し直す方がよいと思います。
 
お礼コメント
noname#205194
ご丁寧に教えて頂きましてありがとうございます。

海外での旅行経験も少なく、語学も達者ではないので、どうしようかと思っていました。
お教え頂いたことを参考にして、しっかり説明できるようにしておきたいと思います。

ありがとうございました。
投稿日時:2006/11/08 11:58
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (1072/3359)

なぜそれが問題になるのか理解できません。
パスポートに改姓の事実が書かれているなら、問題になるとは思えません。
タイも結婚すると夫婦のどちらか一方が改姓する決まりですから、なんら珍しいことではありません。
タイの入国カードに現在の姓を書くことになるので、係員が聞くかもしれませんが、
改姓の事実が書かれているページを指し示せば何の問題もないでしょ?
タイの空港入管は他の途上国のように足止めして机下を求めるようなことはしません。
お礼コメント
noname#205194
ご回答ありがとうございました。

語学に自信がないので、海外での入国トラブルのお話を聞いたことがあったので不安になっておりました。
旅行前に改姓の理由、説明がうまくできるようにしておこうと思います。ありがとうございました。
投稿日時:2006/11/08 11:54
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ