• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

石膏ボードについて

2×4工法で建築中です。上棟が終わり。システムバスの組立が完了 しましたが、システムバスが据え付けてある場所の建物壁を見ると、 外壁+断熱材だけで石膏ボードが貼られていません。 他の部屋は、外壁+断熱材+石膏ボードの仕上げになっています。 2×4工法の場合はこれが通常なのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数452
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • motipu
  • ベストアンサー率21% (12/56)

>工務店に確認をしたところでは石膏ボードは不要のようですが、 これも怪しいので、ぜひ壁量計算書を提出するよう要請してください。 そしてバスの部分が本当に計算されていないのか確かめてください。 >「22条地域内」に該当するかどうかは市役所に問合せをしています。 これも確認申請を出しているわけですから、確認済証を提出させてください。それで分かります。 >もう一つ教えていただきたいのですが、他の部屋では、断熱材の上に 薄いビニールシートのようなものが貼られていますが、システムバス を設置した壁には貼られていません。 これは不要のものでしょうか? あった方がよいのです。なぜないのか問い合わせしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コンクリート壁への石膏ボード施工

    沖縄にてRC構造で自宅建設中ですが、石膏ボード→クロス仕上げにて内壁を考えておりますが、その場合の理想的な石膏ボード施工方法を教えてください。 もちろん外壁はコンクリート壁となっております。  建築責任者の方は、コンクリート壁にGL工法(ボンドを使用し コンクリート壁直張りと言っていますが、断熱効果などを考えると あまり良い方法ではないよう気がするのですが、専門家の方々はどうお考えでしょうか? 最善の方法をお教え下さい!

  • 天井裏の壁には石膏ボードは不要でしょうか。

    木造在来工法で新築中です。壁の断熱工法は内断熱で、グラスウール(24K)を充填しています(第4地域ですがグレードを上げてもらっています)。現在内装が進行中ですが、天井裏のふところ部分に石膏ボードを貼っておらず、断熱材がむき出しになっていることについ先日気が付きました。ハウスメーカーの現場担当者は、通常こうして施工していると言うのですが、これでよいのでしょうか。天井のボードを剥がしてでもやり直すように交渉すべきでしょうか。アドバイスを頂けると助かります。

  • 壁内結露

    いつもお世話になっております。 現在2×4の外壁断熱工法で戸建てを建築中です。 壁内が空洞なのですが、この場合壁内結露は起こさないでしょうか? 外壁断熱工法と言っていますが、基礎を断熱していないので完全な形と言えないのでは と疑問に感じております。 ちなみに1F床下にはスタイロフォーム60mmが敷き詰めてありますが、基礎の立ち上がり 部分の天面は10mmほどの通気ゴムパッキンが入っているだけで断熱材は無く、土台の 木材が乗っているだけで、この部分が断熱欠損になり壁内に冷たい空気が流れるのでは ないでしょうか。 以下に壁の構造を書きます。 外から・・・ ジョリパッ ト → 下地材「ラスモルII」 → 通気層 → 透湿防水シート →  ネオマフォーム35mm → 構造用合板 → 間柱 → 石膏ボード →壁紙 断熱材はいい物だと認識してますが、壁内の下面の断熱欠損で壁内が結露しないか 心配しております。 お分かりになる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • motipu
  • ベストアンサー率21% (12/56)

ANo.3さんも回答しているとおり法22条地域内の延焼線が関係してきます。 それから、構造的にも関係が有ります。 このUBのところの壁を耐力壁として計算しており、かつ、倍率を外壁側の構造用合板のみで計算していれば良いのですが、内壁に石膏ボードを貼ることで倍率を上げている可能性があります。 その場合は構造上壁量不足となります。 このあたりは在来とは、ちょっと考えを別にして注意してください。 更に言えば 断熱をどのように考えているのかが気になります。 寒冷地であれば、断熱材をどのように入れるのか聞いてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

工務店に確認をしたところでは石膏ボードは不要のようですが、 「22条地域内」に該当するかどうかは市役所に問合せをしています。 もう一つ教えていただきたいのですが、他の部屋では、断熱材の上に 薄いビニールシートのようなものが貼られていますが、システムバス を設置した壁には貼られていません。 これは不要のものでしょうか?

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

下記のサイトを参考にしてください。 法22条地域内の延焼線にかかる部分についてはPBt=9.5が内壁に必要になります。

参考URL:
http://www.ath-j.com/kj/cbbs.cgi?mode=all&namber=4079&type=0&space=0&no=8

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

水道の設備工事の仕事をしています。 2×4も在来工法もシステムバスを据え付けるところに 石膏ボードは張りません。 外壁+断熱材で通常です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • danke3
  • ベストアンサー率38% (556/1455)

2×4工法に限らず、一般的なものです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • RC造外断熱工法の配管・配線について

    RC造外断熱工法の建物で、外壁面にt100の断熱材が入り吹き付けタイル仕上げなのですが、 外壁面に衛星アンテナ用の配線(入選カバー)をしたいのですが、正式な施工方法が分かりません。 誰かわかる方がいたら教えてください。お願いします。

  • コンクリート壁に石膏ボードを貼るには

    1.コンクリート壁に石膏ボードを貼り、クロス仕上げにしたい 2.コンクリート壁にPタイルを貼りたい 貸店舗なので現状回復の簡単な施工を考えているのですが御指導お願いします。 壁の現状は、コンクリートの塗装仕上げになっています。 石膏ボードの貼り付けは通常GL工法が妥当だとは思うのですが、コーキングや両面テープのような簡易的な貼り付け方法はないでしょうか? また、Pタイルの場合もお願いします。

  • 天井裏の断熱材について

    以前新築にて建てたのですが、2階天井裏の断熱材を減額の為止めた者です。 2階建てRC住宅で切り妻屋根瓦仕上げで外壁面を内外断熱材張り工法の建物です。 住み始めて3年たちますが、今のところ不具合はありません。 2階天井内に断熱材を入れるか・入れないかで悩んでいます。 天井点検口及び天井埋め込みエアコンがあるのですが 断熱材をいれるのは大工事になりますか? 天井内高さは約3m程(棟部分まで)あります。 壁の内外断熱材は、屋根スラブ下まであります。 説明不足点等あるかもしれませんが、教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 断熱材の施工が手抜き?石膏ボードが浮いてクロスが波打つそうです、解決法を教えて下さい

    どなたか教えて下さい ただいま建築中の施主なのですが、壁の断熱材、石膏ボード、壁紙クロス の施工で工務店さんとトラブルになりそうな気配なのです この工務店さんはクロスの仕上がりを重視する為に、断熱材(袋入りのロックウール)を間柱の「●「側面」●」にタッカーで打ち付けて施工しています。 「それだと石膏ボードとの間に空気が出来ますので結露しやすいと思います、間柱の表面に断熱材の袋の耳を揃えてタッカーで止めてください」とお願いしたところ 「タッカーの針と断熱材の耳のせいで、石膏ボードが浮きます、クロスが波打って仕上がってもクレームにしないでください」 と言われてしまいました。 石膏ボードを、間柱にじか張りというのは、そんなに難しく、面倒な作業なのでしょうか? 一般的にはどのような施工方法で、石膏ボードをじか張りしているのでしょうか? タッカーが柱と平らになるまで、かなづちで打ちつけるのでしょうか? どなたか回答お願いいたします。

  • 断熱工法の途中変更

    お世話になっております。 現在千葉で2×4新築戸建てを建築中のものです。 行程として上棟が終わりサッシ、玄関ドアが付いた状態です。 そして本題ですが、ここへ来て工務店から断熱工法を変更するという話が出てきました。 仕様ではグラスウール内張工法なのですが、昨今の断熱材不足のあおりを受けグラスウール をいつ入手出来るか分からないのでやむなく外張り断熱工法に変更すると言うのです。 しかも私に連絡せず屋根の断熱施工まで終わっていました。 仕様書と違うので完全に契約違反ではないかと考えているのですが、そうは言っても工務店 のいうように世の中小規模のビルダーでは本当に断熱材が手に入らないようですし、外張り の方が性能が良いという話もあり非常に悩んでおります。 まずは私に断りも無く一部変更の工事を始めていたのに怒りを覚えているのですが、一番 心配なのは建築途中での断熱工法の変更は本当に大丈夫なのかという事です。 基礎に関しては外側から基礎の半分から上(地上に出てる部分?)に断熱材を貼り付けると 言っています。しかし床の下には発泡スチロール系の断熱材6cmがすでに敷き詰めていますし 基礎の外張り断熱とのバランスも気がかりです。 狭小地なのでただでさえ狭い家の外周が肉厚になった家のおかげで更に狭くなるのではとの 懸念もあります。 外壁は仕様でジョリパット塗り壁式で気に入ってたのですが、その辺も外張り断熱では変更 になってしまうのでしょうか。 私としてはグラスウールが入手出来るまで待っても良いのですが、工務店の方が焦っております。 まずは工事を中断させるべきか、このまま続けるか悩んでおります。 ご意見お待ちしております。

  • 壁のつくり

    現在在来工法の木造2階建て住宅を建築中です。 棟上も済み、サッシの枠が入れられました。 質問したいのは、今後の壁の作り方なんですが。 通常「壁」とは部屋の中から見てどんな順番に何が入っているのでしょう??ちなみに家は外断熱や内断熱などの使用はなく、いたって普通の工法です。 素人考えでは、壁紙の前に石膏ボードがあり、その外側に防湿材があり、板があり、防水シートがあり、そして外壁があるのかなぁ・・・なんて思っていたのですが。どうなんでしょう?? どなたか詳しい方、教えてください。 (ローコストビルダーで建築中のため、ある意味「手抜き」がこわいんです^^;)

  • 石膏ボードに代わる物

    ツーバイフォーの家なのですが、ロフトが結構広いのです が新築の工事の時、発砲ウレタンの断熱処理で終わってしまっています。通常だと 石膏ボード貼り→パテ→クロス張り(もしくはペンキ仕上げ)となりますが、なにぶんシアタールームとして自分の遊び場にするつもりです。 見たくれを気にせず、ローコストで、施工の簡単な資材や 工法を教えてください。ちなみに防音は発泡ウレタンで 兼ねていると思います。

  • 通気工法での疑問? 室内湿気は何処に?

    我家は外壁サイディングの内断熱で、外壁通気工法もされています。 断熱材は壁・床・天井全てスタイロフォームです。 そこで質問なのですが、外壁通気工法の利点として、室内の湿気を通気層を通じて排出すると聞いたのですが、我家のようにスタイロフォームの断熱材だと、室内の湿気が断熱材を透過して通気層まで逃げないのと思います。問題ないのでしょうか? 溜まった湿気が断熱材の内側に滞留するのではないかと心配しています。 よろしくお願いします。

  • 浴室の石膏ボード

    新居を建てていて、現在はサッシ搬入の状態です。 先日、ユニットバスの設置屋さんが現場の下見に来た時に、ユニットバスが入らないと言われました。 浴室は1坪(1820mm×1820mm)で、ユニットバス最大寸法は1690mmです。 大工さんのほうで、外の壁に面した部分は柱の内側に石膏ボードを貼るようなのですが、 貼ってしまうとユニットバスが設置できないみたいなので、 貼らない事で納めると言われました。 ●浴室の壁には石膏ボードを貼らなくても支障ないでしょうか? ユニットバスは1717サイズの物です。(サンウェーブ製) 外壁:サイディング 下地:ダイライト 柱:4寸 断熱材:グラスウール 木造軸組みです。宜しくお願いします。

  • 石膏ボードの耐力壁

    いつもお世話になります。  木造在来工法での建築ですが  壁紙の下地として  石膏ボードT=12を使用しています。  工務店よりもらった図面では   筋交いがはいった壁しか   W20等の記号がついていませんでした。    ネットで調べると   軸組壁工法で石膏ボードを張った場合耐力壁として   0.9~1.5(HPやグレード)と異なるみたいです。    そこで、質問ですが   地震の耐力壁や構造計算する際に   これらの値を用いて計算しているのでしょうか?   それとも、石膏ボードを耐力壁として使用するには   特殊な石膏ボードなのでしょうか?   あるいは特殊な取り付け方をしているのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。