• ベストアンサー
  • 困ってます

発音記号 あ について

発音記号の発音の仕方について 違いをご存知の方 教えていただけないでしょうか? about の発音記号で最初の音は「a」の位置の記号(発音記号がかけないので)は「あ」と発音しますよね? でも 「animal」の発音で、「ni」の位置の発音記号に about の aの発音が使われてるのに、ア「ニ」マルと発音しますよね? どうして同じ発音記号なのに、発音が違うのでしょうか? ご存知の方、教えていただけないでしょうか? #発音記号がかけないので うまく説明できなくてすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数720
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これはaに問題があるのではなく、iに問題がある、と書いたら怒りますか? これは、日本での英語教育の中の発音と言うものをもっと大事にしなくてはならないのにほとんど無視している点が顕著に現れたものの例だと思います。 カタカナ、この一言で気がつく人が英語を使われている人にはぴんと来ることだと思います。 ローマ字を習い、いかにもローマ字が日本語ではないように扱われ、英語のクラスで使われている辞書ですらカタカナが発音記号の代わりに使われているわけですから。 このローマ字が曲者なのです。 あいうえおをaiueoとしてしまい、aiueoをあいうえおと発音すると教えるわけです。 ここまではまったく問題ないのです。 問題は、英語のはじめの授業で「ローマ字は忘れろ!!!」と教えないところにあるのです。 animalはアニマルとなってしまうのです。 もっと悪いことに和製英語というおかしな英語が日本に存在するのです。 外来語、としておけばまだよかったのでしょう。 その和製英語の中にコンビネーションと言うものがありますね。 combinationからきたものですね。 このbiも「ビ」ではないのです。 (もちろん、イギリス訛りではなくアメリカでの英語ではこのconが「コン」ではないですね。 つまりOがオではないわけです) カタカナを使うな、と言いながら、ここではこれしか表現方法がないので仕方ないですのでお許しください、カンバネーションに近い発音となるのです。 よって、アメリカではほとんどの地域でaboutのAとanimalのIは同じ発音となります。 iは「ア」に近い発音を持つアルファベットだということをこの機会に覚えておいてくださいね。 これは南部の州ではIをほとんど「アイ」と発音しません。 「ア」ないし「アー」になります。 私がここに来るまえに日本で「うち」の前にコカコーラ本社から来た人が住んでいたのですが、その奥さんはさすが(本社はアトランタにあります)アトランタから来た人で「アイ」と発音すると直されたのを思い出しました。 日本での英語教育に「洗脳されていた」私の頭が混乱に混乱を続けたのかご理解できると思います。 <g> これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

今 私はU.S.Aの中部に1年ちょっと住んでます。 聞き取りもままならないですが、なんとか聞くことにはできるんですが どうも喋ると、通じないんですよねぇ。。。(当たり前?ですが^^; conbination は確かにカンバネーションですね。 やはりanimalは「アナマル」で、アニマルと洗脳されてるからアニマルと聞こえるのでしょうね。 「アナマル」って言われてもanimalとは理解ができるんですが、アニマルと喋ってしまい通じないのは辛いですね。 ただNo3さんが「i という文字で表される音があいまいになったもの」というお答えに対してGanbatteruyoさんのお答えが合致しないような感じがするのですが。。。 iは「ア」に近い発音を持つアルファベット。。。。というのは覚えておきますが、 今回のanimalの発音記「逆e」の実際のスペルは i の場合でも i は「ア」に近い発音と考えていいのですか? すみませんが、教えていただけないでしょうか?

関連するQ&A

  • eを逆さにした発音記号について教えて下さい。

    eを逆さにした発音記号について教えて下さい。 eを逆さにしたような発音記号があると思いますが、前から疑問なのですが、 使われる場所によって、発音の仕方が異なるのはなぜなのでしょうか? 例えば、 http://www.merriam-webster.com/dictionary/fraternity fraternityという単語についてですが、 英語の発音をカタカナで書くと「フラターニティ」に近い音になると思います。 しかしながら、発音記号を見てみると 「ラ」と「タ」と「ニ」の部分が全て同じ発音記号で表されることが分かります。 「ラ」と「タ」は確かに同じ発音の仕方で間違いないと思うのですが、 明らかに「ニ」の部分は、「ラ」と「タ」とは異なる発音していると思います。 なぜ発音記号が同じであるにも拘わらず、使われる場所によってこのように発音が異なってくるのでしょうか?

  • 発音記号の疑問点・・・

    curiousという単語の発音記号を見てみると、kjuari{eの逆}sというようにuの横にはaを丸めたような記号があります。 自分はこれを「ア」と発音するのだと解釈して、「キュアリアス」と発音していました。しかし、ネットの辞書でネイティブの発音を聞くと、「キュリアス」といっており、aのような記号の部分は発音していませんでした。 それと、abandonという単語のdの横の発音記号もaのような記号がありました。こちらの発音を聞いてみると、「アバンダン」といっていました。ということはaのような記号のところは「ア」というふうに発音されているのだと思うのですが、一体このaのような文字はどう発音されるのでしょうか?発音記号の一覧表にも載っていませんでしたので気になっております。

  • 発音記号について

    中年ですが今年から、中学からの英語の勉強をはじめました。 発音記号を覚えならが発音についてもなるべく注意して覚えていきたいと思っています。 そこで質問なのですが 例えば「shop」の発音記号は「s(上下に長いsに似た記号)ap」となっています。 この記号をあえてカタカナにすると「シ・ア・プ」に近いと思います。 しかし、実際に声に出した音は「シャプ」に近い音だと思うのですが、私自身では、このことが一記号づつからは変換できないのです。 たぶん連続した前後の流れから「シア」→「シャ」となるのだと思うのですが。 発音記号を見ただけでそれを読み取るようになるための決まりごとやルールのようなものはあるのでしょうか? できればそういったことが字でまとめられたサイトなどがあると頭の固い中年には有難いのですが。 よろしくお願いします。 ※「shop」に関してだけいえば長いsとその後に母音が続くとシャシュショのような小さく詰まる音になるのかなと思っていますが。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14

Gです。 >・また「i」は日本語で言う「イ」ではなく「アー」の音で微かに「ィ」が入る人もいるが、それは個性?というもの ・だけど「i」の音は「アー」と考えるのが良い これはちょっと私が言いたいこととは違います。 Iにはiの発音(digitalのiのように)のほかに「逆e」の音も作る。 もちろん、南部の州の人によってはeye(アイ)の発音もiにはある(kiteのように)にもかかわらず「ア」「アー」になることもある(コカコーラの奥さんの話)ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あ、そうなんですか。ちょっと誤解していました。 「i」の発音はいくつかの表現があり、また(かつ)訛りで変わることもある、ということですね。 指摘、ありがとうございます。

  • 回答No.13

No.3 & 9 & 11 です。 あぁなるほど、G さんが言われていたのは「実際の響きが多少違っていても、同じ種類の音と見なされる」という意味だったのですね。そういうことであれば、確かに G さんも私も同じことを言っています(質問者さん、ややこしくて混乱するようでしたらまた追加質問してください)。 こうした問題には、どうしても音の「実際の響き(音価)」と、「その言語における音の種類分け(音素)」の両方が絡んでくるので難しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ForrestGさん、Gさんいろいろとありがとうございます。 どこまで理解ができたかは分かりませんが、 ・「逆e」の発音は「こうだ」という確定した音がないということ ・「逆e」のスペルが「i」だから音に必ず「微かなイ」が入るという法則はない ・それは人によって左右される訛りであり、入ったからNGというわけでもない。 ・また「i」は日本語で言う「イ」ではなく「アー」の音で微かに「ィ」が入る人もいるが、それは個性?というもの ・だけど「i」の音は「アー」と考えるのが良い ・最終的に「逆e」の似た音は「アー」 ・animalの「ni」で「逆e」で微かに「ィ」が入る人もいるが、気にする範囲ではない そしてanimalはアニマルではくアナマルである とまでしか理解ができませんでした。 今の私には、これが精一杯ですが、私の疑問は十分解決したと思っています。 とても、とても勉強になりました。 13個の回答ありがとうございました。

  • 回答No.12

Gです。  私がこのカテで多くの「訛り」は「母音」によるものである、といっているのご存知ですか? 訛りがあるにもかかわらず、少し聞いていることで自分の頭の中で母音の共通方程式ができ殆ど問題なく理解ができるとも言っています。 これはどういうことでしょうか。 そうなんです。 他の皆さんが言っている曖昧さ、がある、と言うことに杉なのです。 だからこそ、私は「結局同じことを言っているんだ」と書いたのです。 文法もそうであるように、人間の発音は発音記号によって発音しているわけではありませんね。 文法も発音も人間が後から「分類学」を使って作り上げた物なのです。 ですから、どの「標準」発音記号方法を使っても必ず無理が出てくるのです。  onelook.comでcombinationやanimalを検索して、M-W、Encarta, American Heritage等の発音をチェックしてみてください。 アメリカ式の発音にはなっていますが、母音の発音が三つとも違います。 単語の発音のイントネーションも違いますね。 しかし、これら全て問題ない発音なんです。 違うと言える発音がOKの発音なんです。 許容範囲の問題なのです。 animalにしろmalのAが無視されていると感じる発音をしているのもありますね。 また、さらにLの持つ「母音的発音」が影響しているのもあります。 (どれがとは言いませんので発音記号を絶対に見ないで音だけを聞いてください。)  日本語の発音記号である「ひらがな/カタカナ」ですら人によって発音が違います。 さくががおか、と何人かに発音させてもらってください、必ずといっていいほど人によって母音(例えば子音の後の母音=「く」が持つ「う」の音)を違えて発音しているのがおわかりなはずです。 何故私は「完璧な発音」なんてことに時間と労力を使うな、と言うのはここに理由があるのです。  通じればいい、と言う表現をすると自称優等生は反対しますね。 しかし、自称優等生さんは、許容範囲を知り尽くしていてそれを言っているわけではないのです。 アメリカの発音はおかしいとか南部の訛りはおかしいと言うわけです。 イギリスの訛りはどうかと言う事は関心がないわけです。 十いくつものあると言われるイギリスでの訛りには全く関心がないというか知識すらないともいえるわけです。 と言う事で、発音にはvariationと言う物があるにもかかわらずそれでいて一定な物が「発音世界」を「牛耳っている」ともいえるのです。  ではまた。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

No.3&9 です。質問への直接の回答ではないので、後で削除されてしまうかも知れませんが、私の考え方も(私が読み違えていなければ)No.10 の方と同じです。 IPA の「逆e」は一般音声学、非 IPA の「逆e」は各言語ごとの音声表記で用いる記号ということになりますが、こちらは英語のカテゴリーでもありますし、質問内容からして質問者の方は音声学を学んでおられないでしょうから、英語音声学の範疇でできる限り専門用語を避けて書かせていただきました。 もし、質問者を始め読者の方々に意図がきちんと伝わっていなかったのであれば、それはひとえに私の表現力不足が原因です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

私は「発音は違う」と思っています。 ただ理屈はNo3,9の方と少々異なり、以下のように信じています。 Schwaの字の示す音は ・IPA(国際音声記号)の示す「中舌中央母音」という"一点" ・非IPAの発音記号で用いられる「曖昧母音」という"面" の2種類がある。このうち、普通の辞書に載っている発音記号で使われているのは曖昧母音の方で、これは決して一つの音ではない。 Wikipediaも参考に。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%88%8C%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%AF%8D%E9%9F%B3 ただ、アメリカに38年住んでいらっしゃる方は37年の頃から回答を拝見していますが、私の中でかなり信頼できる回答者という認識です。正直、彼と意見が違っているのは少々自信がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

No.3 です。他の方の意見に異を唱えるつもりはありませんが、私の書き込みの意図を誤解されてしまうのは本意ではありませんので、再度論旨を書かせていただきます。 私の論旨は、「あいまい音の響き(専門用語で「音価(おんか)」)は必ずしも一定ではない」、この一点に尽きます。 母音の響きは唇の構え方、あごの開き方、舌の前後・上下の位置などによって決まるのですが、他の母音ではこれらが発音記号の種類ごとにほぼ決まっているのに対し、あいまい音についてはある程度の許容範囲がある、ということです。言い換えれば、発音の許容範囲が他の母音についてはいわば「点」であるのに対し、あいまい音はある程度の面積を持った、いわば「面」である、ということ。 前発言に加えてもう一例を挙げますと、他の方も挙げておられる combination という単語の最後の音節 "-tion" の母音も、辞書で引けば分かるようにあいまい音なのですが、改めて聞いてみて「~シャン」(に近い音)に聞こえるでしょうか(少なくとも私にはそのようには聞こえません)。  ※combination の発音("hear it again" クリックで再度聞けます)  http://www.m-w.com/cgi-bin/audio.pl?combin01.wav=combination このように異なる意見の回答が寄せられることはままありますが、どの回答を採るかは質問者の方次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

Gです。 補足質問を読ませてもらいました. >ただNo3さんが「i という文字で表される音があいまいになったもの」というお答えに対してGanbatteruyoさんのお答えが合致しないような感じがするのですが。。。 私は合致する必要はないと思います。 結局は同じことをいっているのですから。  iを「イ」と無意識に感じる事はアメリカ人には決してといっていいほどないでしょう。 iには「逆e」の音を出さなくてはならないときがある、としか感じないでしょう。 逆を言えば、iをeeの短くしたものだと言う日本人のローマ字の感覚はとても感じる事は出来ないのです。 >iは「ア」に近い発音を持つアルファベット。。。。というのは覚えておきますが、今回のanimalの発音記「逆e」の実際のスペルは i の場合でも i は「ア」に近い発音と考えていいのですか? はい、このanimalのiもcombinationのbiのiと同じです。 さらに、niのiとmalのaとも全く同じ音です。 また書いてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 目からウロコですね。 >iを「イ」と無意識に感じる事はアメリカ人には決してといっていいほどないでしょう。 >>iは「ア」に近い発音を持つアルファベット。。。。というのは覚えておきますが、、、 なんて、簡単に済ませれないのが今、気づきました>すみません 絶対に覚えておきます! >私は合致する必要はないと思います。 結局は同じことをいっているのですから。  確実に理解ができたかどうかはわかりませんが、 きっとi の発音が「アイと表現する」と思い込んでいた前提があるから、違うことを言っていると感じたんでしょうね。 これが、「アー」ないし「アー(ィ)」と考えると合点がいきますね。 とっても参考になりました。 ありがとうございます。

  • 回答No.6
  • big810
  • ベストアンサー率25% (1/4)

私も、以前あなと同じような疑問を持ったことがあります。 「animal」はアニマルと発音していましたし、入門書等には「アニマル」とルビをふってあります。実際に耳を澄まして聞くと「アニマル」 というよりは「アナマル」のように聞こえます。またかすかに弱く「アニマル」とも聞こえます。それだけにカタカナで実際の発音を表記するのは難しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#37852

発音記号は大変便利ですが、それだけでなく「どう聴こえるか」にも注意したほうが良いです。 発音記号を参考に、実際の音を聴く(そして真似して練習してみる)という感じで。 eの逆さまの発音の話題をご参考まで。 やっぱり綴りの影響は受けるんですね、なるほど。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2053170.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「schwa」ってやつですね. こいつは発音が元の文字に引っ張られやすいので, 同じ発音記号でも違って聞こえたりします. 同じようなものとしては, アクセントを持たない「i」もやっぱり元の文字に引っ張られやすいはず.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 発音記号について

    発音記号が書籍によって多少違っていますが、 なぜですか。 三重母音とがあるものもあります。 こっちの本にはあったり、なかったりもしています。 アメリカ式とかイギリス式とかもあります。 日本の中学高校では何を採用されているのですか。 一般に学校で習う英語はアメリカ式ですかイギリス式ですか。英会話教室や塾に通わない中学生ではどんな発音記号を知っておくべきですか。 中学1年の教科書の本文には発音記号は全く書いてありません。巻末のword listにいきなり「発音記号」が単語の意味と並んで書いてありますが、この「発音記号」については何の説明も書いてはありません。 またatのように発音記号が2種類書いてあります。 どちらでも良いという意味ですか。 中学2年の教科書には進出単語の下に「発音記号」が出ていますが、やはり何の説明も書いてありません。 教科書ガイドも買いましたが、「発音記号」の説明はありませんでした。 「発音記号」はどうやって勉強されているのですか。 「発音記号」はどれを覚えればよいのですか。

  • 発音記号が e の逆さまの場合の発音について

    こんにちは わたしは今、英検2級を目指していて ロングマン英英辞典を買おうと思っているのですが、 発音記号がわかりません とくに e の逆さまになっている発音記号を よくみるのですが、 ア、イ、ウ、エ、オのすべての音を使いわけるよで、 その法則がまったくわかりません どなたか知っているかたは よろしくおねがいいたします。

  • 発音記号の[z]について

    発音記号の[z]について [z]の発音がいまいちわかりません 英語耳という本を買って発音記号を学んでいます [s]はできてると思うのですが[z]の声帯を震わすというのがいまいちわかりません どうイメージすれば[z]が出せますか? 学校に行ってなかったので丸っきりの素人です、単語の発音などはできません この本にはCDがついてるので音を聞くことは可能です

  • 発音記号について

    発音記号について floutの発音記号はfla'ut octopusの発音記号は?'kt?p?sですが、 発音記号のaと?の違いは何でしょうか。 barrenの発音記号はb?'r?n motherの発音記号はm?'??rですが、 発音記号?と?の違いは何でしょうか。 (このフォームに表示すると同様に見えますが、 辞書を使うとbarrenの?は右に斜めになっていて、 motherの?はまっすぐになっています。) 細かい所ですが、おわかりでしたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • スペイン語の発音記号をなんと言うのか?

    スペイン語を独学で勉強していますが、 発音の際は何とかごまかし(?)て通じているみたいですが、 書いてみるとどうしても発音記号がいい加減になっているのを 思い知らされます。 これは(発音記号)スペイン語でなんと表現するのでしょうか? 友達に「発音記号の位置が難しくて覚えられません」みたいな感じで スペイン語で話したいのですが・・・・

  • 発音記号 [ə](シュワー)

    まず、自分の持っている良くない発音記号の本には [ə]、[əːr]、[ər]の3つしか掲載されていません。 更に良くない説明で、 [ə] 唇や舌に力を入れず、短く弱く「ァ」と言う。 [əːr] 舌先を丸めて、唇と舌先に力を入れて「アー」と言う。 [ər] 弱く「ァ」と言う時に舌を丸めて[r]の音をひびかせる。[əːr]の短く弱い音。 まず、一つ目[ə](シュワー)の話は飛ばして、2つ目の[əːr]。 ウィキペディアなどのIPA一覧には、[ə]、[ː]、[r]の発音記号はありますが、 [əːr]の発音記号を単体としてみたものはありません。 本の説明では一番最初に舌を巻くと書いてありますが、 順番で言えば[ə]を発音し、[ː]で長音にし、[r]で舌端を歯茎付近で震わせる。という順番ですよね? ”舌先を丸めて、唇と舌先に力を入れて「アー」と言う”という順番は間違っていると思います。 (1)[əːr]と[ər]は左から順番に発音すればいいのですか? (2)それと[əː]という発音記号も存在しますよね? これは単に[ə]を長音にすればいいのでしょうか? (3)そもそも[əːr]、[ər]の[r]は歯茎ふるえ音の[r]ですよね? よろしくお願いします。

  • 発音記号について教えてください。

    発音記号について教えてください。 同じ英単語で辞書や本ごとに発音記号が異なる場合があるのは どうしてでしょうか? また"r"や"e"が逆さまになった発音記号などで、 斜体のものと斜体じゃないものとどのように異なるのでしょうか? どうかよろしくお願いいたします。

  • 同じ発音記号なのに発音が異なるのはなぜですか?

    同じ発音記号なのに発音が全く異なる単語というのをよく見かけます。 例えば Authorとcorrepondという単語なのですが、 http://www.merriam-webster.com/dictionary/author http://www.merriam-webster.com/dictionary/correspond 上記のサイトで確認するとどちらとも最初は「お」の発音で始まっており、 それぞれ「オーサー」、「コレスパンド」 という発音であると予想されます(もちろん英語なのでここまでカタカナ語と一致するとは思っていません。) しかしながら実際の発音聞いてみると それぞれ「アーサー」、「コレスパンド」 という風に聞こえます。 最初の「o」の部分は同じ発音記号なのに明らかに発音が異なるのはぜなのでしょうか? これ以外にもこのようなケースをよく見かけます。 これは一つの発音記号に対して複数の発音が割り当てられているためなのか、元々は同じ発音が割り当てられていたのが 歴史とともに発音記号とは異なる発音をされるようになってきたのか どちらなのでしょうか?

  • 発音記号の覚え方

    今まで英語の学習で発音記号は意識してませんでした。 スピーキングの為だけでなくリスニングの為にも発音記号は知ったほうがいいと本で読んだのですが、発音記号をどのように覚えたらいいのかわかりません。 お勧めの書籍、お勧めの勉強方などありましたら教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 発音記号についてなのですが

    発音記号についてわかりやすく説明されてある本(できればCD付きがいいのですが)があれば教えてください。