• ベストアンサー
  • 困ってます

「周」の訓読みは何とよみますか?

「周」の訓読みで「あまね(く)」というのはあるんですか?人名で「あまね」と読むのがあるようなのですが、パソコンで「あまね」で変換しようとしても「周」はできてきません。それとも、「周」が「あまね」というのは私の聞き間違いだったのでしょうか? 意味としては「遍く」「普く」と同じと解釈してもいいんでしょうか? 回答よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数742
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

 『字統』によると、「周」は、「文様のある盾」と「祭器」を合わせた文字だそうで、中国の古代王朝の国号です。武威が中原(当時の中国の文明が波及した地域)全域に波及したことから、”全面にわたる”という意味になったらしいですね。  読みは、”シュウ”、”めぐる”、”あまねし”です。  MS-IME の訓読みでは、”まわ・る”ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そこまで深い意味があったのですね!参考になりました。回答ありがとうございました^^

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#24129
noname#24129

IMEの変換モードを人名/地名にすると、「あまね」は「周」に変換されました。 IMEの変換モードが一般でも、有名な「にしあまね」は「西周」と変換されました。 私のもっている漢和辞典では、「まわ・り」が訓読みでした。 「あまね」と読むことはあり、聞き間違いではなく、解釈はしてよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

入力の仕方に問題があったんですね。名前としてなら、でてくる・・・うーん、PCってちゃんとしてるようなしてないような・・・w 回答ありがとうございました!!

  • 回答No.4
  • gg13
  • ベストアンサー率13% (15/109)

 明治期に「西周(にしあまね)」と言う人がいましたが、当て字と思われます。意味はあなたのおっしゃるとりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!意味もわかって安心しました^^

  • 回答No.3
noname#40706
noname#40706

思い出しました 「哲学」「化学」など大切な言葉を作った(日本語にあらわした)人です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうだったんですね、補足ありがとうございました!

  • 回答No.2

  http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%BC%FE&qty=&qtb=&qtk=0 訓読み:あまねし・まわり・めぐる・めぐらす  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ズバリな回答ありがとうございます!URLもとても参考になりました!

  • 回答No.1
noname#40706
noname#40706

明治時代に 西 周 という人がいましたね。 (にし  あまね)です

参考URL:
http://www.uchiyama.info/oriori/shiseki/zinbutu/nisi/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかに!何か教科書で見た名前ですね!私はアニメの蟲師の中で知ったんです。聞き間違いではなかったようですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「数多(あまた)」の「数(あま)」の部分は音読みですか?訓読みですか?

    「数多(あまた)」の「数(あま)」の部分は音読みですか?訓読みですか? 「多(た)」が音読みなのはわかるのですが、「数(あま)」がどちらなのか、わかりません。 いつもこういった場合、ネットの漢字辞典で解決するのですが、今回はそこに載っていなくて、困っています。 「多(た)」が音読みなので、音読みと考えるのが自然ですが、響きは訓読みっぽくて…本当にわかりません。 それとも、これは音読みでも訓読みでもない読み方なのでしょうか? どなたか、わかる方教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 「訓読み」の意味に関して

    「訓読み」の意味に関して 「日本に於ける漢字には音読みと『訓読み』がある」、この表現に特には依存ないものと推測します。 「朝鮮に於ける漢字には音読みがあるだけで『訓読み』がないらしい」、こういう表現は可能ですか。つまり『訓読み』とは日本語・日本文に限定した用語であるやなしやの疑問です。 よろしくお願いします(回答者固有の感覚が集まることによって事の真偽が多数決で決まる雰囲気が出るのは困るので、説得力のある回答を希望します)。

  • 音読みと訓読みの見分け方

    学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。 歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

  • 変換時の音読み訓読みの不具合について

    エクセルで文章を作成している際、漢字の変換が音読み・訓読みが切り替わってしまったかのようにおかしくなります。 なにもないマスのほうで入力すると普通に変換されますが、なにかの文章の続きだとうまく変換できない場合が時々あります。 これはどのような場合に起こり、どのような対おうを取ればよろしいのでしょうか? どうぞアドバイスお願いいたします。

  • 楕円の周の求め方

    楕円の周の求め方を教えてください。 高校時代に習ったような、習っていないような思い出せず気持ち悪いです。 どなたかご存知の方、ご回答お願いします。

  • 音読みと訓読み 漢字

    漢字の音読みというのは漢字によって 2・3種類あって、それは中国から入ってくる 時間や経路の違い(漢音・呉音)ということを先日習いました。 そして、 もともと日本に無いものの漢字というのはその漢音や呉音などの 音読みから変形させて訓読みを作って意味を当てるそうです。 そこで質問なのですが、こういう上記のような漢字というのは例えば どのようなものがあるのでしょうか? 自分で気がついたのは 「馬 マ→むま→うま(んという破裂音)」 「文 ブン→ふみ(ブ≒ふ、ん→み(口を閉じて出す音)) です。 他にありましたらご回答ください。

  • 抂の字の訓読みが分かりません。

    芥川龍之介の遺書の中に 「六 汝等の母を憐憫せよ。然れどもその憐憫の為に汝等の意志を抂ぐべからず。」 (芥川龍之介全集23巻 岩波書店P85) という一節があるのですが、 「抂ぐ」の読み方が分かりません。 漢字の意味はみだれるさまということらしいのですが、 音読みはゴウ・キョウのようなのですが、 送り仮名がついているので訓読みしていると思われます。 なんと読むのでしょうか? 当時の当て字などで他の参照例などありますでしょうか? どうぞ回答よろしくお願いします。

  • ドレス時の砥石周速について

    センタレス研削盤のオペレータです。砥石がドレスで摩耗するたびに砥石回転数をあげていく「周速一定制御」という機能があります。砥石径が小さくなるごとに周速がおそくなるため砥石軸の回転数をあげていく機能だそうです。砥石使用幅で6段階の回転数変換ポイントがあります。その点は理解しますが、例えば砥石径が最小径付近で6速目の回転数になっていたとしても、ドレス時は毎回砥石最大径時の1速目の回転数に戻ります。(ドレスはロータリードレスで回転数は固定。)ドレス時は砥石周速よりも砥石とダイヤの回転数の比が重要になってくるから砥石周速とは関係ない、ということでしょうか? どなたか回答おねがいします。

  • 周転円説とは

    至急回答お願いします。 周転円説とはなんですか? また、長所と短所があれば教えてほしいです。

  • 訓読み音読み両方を教えるか

    田舎で小学校低学年対象とした塾をしています。 ご両親の転勤で、そのうち東京に戻る子供が多く、親御さんは、「東京のレベルに合わせてほしい」ということをおっしゃっています。 漢字ドリルなどを見ると、教科書には出てこない読み方がよく出てくるのですが、都会の学校では、音読み訓読みを一緒に教えるのですか。例えば、二年生の教科書なら「風」に対して(かぜ)しか教えないところを「風せん」の(ふう)まで教えるべきなのでしょうか。 ご回答、宜しくお願いします。