• 締切済み
  • 暇なときにでも

低排気量のディーゼルエンジンって聞いたことあります?

最近再評価されつつあるディーゼルエンジンですが、どれも2000cc以上の比較的排気量の大きいものばかりですね。 同じ排気量でも低速トルクが大きく、燃費が良いが、軽快感が無く走りを楽しめる物では無いと言うイメージを持っています。 技術的に低排気量のディーゼルエンジンって出来ないものなんですか?それとも、低排気量にするメリットが無いのでしょうか? 単純に燃費だけのことを考えると1000ccのガソリンエンジンで20km/L位出るのでしたら同じくらいの排気量のディーゼルでもっと燃費を伸ばすことが出来ないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数2321
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.12
  • tomo73
  • ベストアンサー率23% (29/124)

本題からそれますが、ディーゼルエンジンの噴射システムは基本的に外製です(内製しているところもあるかも知れません)。 噴射システムの主なメーカは BOSCH( http://www.bosch.co.jp/ )のほかに、 DELPHI( http://delphi.com/ )、 SIEMENS( http://www.siemensvdo.com/ )、 そして日本のデンソー( http://www.denso.co.jp/ )等があります。 国内で販売されている車(トラック含む)に、BOSCH、デンソー、DELPHIが採用されていることは知っていますが、SIEMENS採用車が国内で販売されているかどうかは分かりません・・・。 BOSCHとデンソーのHPには日本語でディーゼルに関する特集ページがあるので、読んでみるのも一興かと。 (BOSCH:TOPページより『新世代ディーゼルの真実』  デンソー:TOPページより『技術情報』→製品技術の『パワトレイン』→関連リンクの『環境技術開発物語「コモンレールシステム」 』) おまけ No.2さん紹介のダイハツの2ストディーゼルですが、前回の東京モーターショーでは発展拡大版として1200ccに排気量アップしています。 660ccは国内軽自動車を意識していたと思いますが、1200ccになったことで、欧州で販売することが実現するのかも・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ディーゼルエンジンのトルク

    ディーゼルエンジンはなぜ低速トルクがガソリンエンジンにくらべてあるんですか?

  • 最新のディーゼルエンジン事情

    現在発売されているディーゼルエンジンを積んだ車のなかで 最も静かな(ディーゼル音が抑えられている)車種は、なんでしょうか? ディーゼルエンジンを積んだ車は全体的に燃費が良くトルクがあるので、購入候補に入れたいと考えています。しかし、ディーゼルエンジン特有のガラガラ音は嫌いです。 良いアドバイスをお聞かせください。 BMW320d: 町乗り(低速域)でかなりディーゼル音が耳障りでした。速度が出てくると気にならないのですが、、、。 メルセデスやマツダのエンジンは、どうでしょうか? その他についても、教えてください。

  • ディーゼルエンジン?

    よく目にしますが、ディーゼルエンジンって何ですか? ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか? ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。 自分が思うに、軽油はガソリンより割安なので経済的であるという事、レギュラーガソリン車より省燃費になるのかな?という事ぐらいです。 ディーゼルエンジン車はこれから確実に普及してガソリンエンジン車は淘汰されていくのでしょうか? 既に発売されてるディーゼルエンジン乗用車はあるんでしょうか? 今後、車に使用される材料?の値上げに伴い、車両価格も現在に比べ割高になるのかなと思いますが、仮に同じ車でディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車とがあった場合、車両価格はどちらが高くなるんでしょうか。

  • 回答No.11
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

No9さんです。説明不足でした。 >ボッシュってエンジン作っているんですか エンジンに付く噴射装置を造ってメーカーに納品しています。ディーゼル車が売れれば結果的にボッシュ社が儲かる事になります。 >言われるような性能なら 一部のディーゼル車が輸入されるようなので、ボッシュ社の言う通りかどうかもうじき解ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座いました。 ディーゼルが叩かれている中で、どれ位のユーザーが買うかちょっと疑問な所ですが・・・ クリーンで燃費もよければそのうち認められるといいですね。

  • 回答No.10

排気量の小さいディーゼルは、結局のところ、エンジンブロックの強度の問題もあると思います。 軽油を圧縮して、それで自然発火する時のエネルギーを動力にしているのです。 ですから、エンジンブロックに、強度が必要です。 排気量が小さいと、車体も小さいし、エンジンも小さくないと難しいです。 それに、同じ排気量だと、ガソリン車よりも力がないので、効率も悪いです。 それでターポチャージャーが必要です。 そのコスト高もあるし、振動が大きいというのでも、敬遠されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 軽のターボ付ガソリンエンジンでも非力な感じは否めないのですが、それよりもさらに力が無いのですか・・・ 力がない分アクセルを余分に踏み込みそうですね。

  • 回答No.9
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

>技術的に低排気量のディーゼルエンジンって出来ないものなんですか 模型飛行機のエンジンにディーゼルがあった位ですから造る事は可能ですが、実用上ではシャレードのディーゼル(3気筒1000cc=1気筒330cc)が限界と言われ、4気筒なら1400~1500ccが最少排気量になると思います。これでコンパクトカーを造ると、出力はガソリンエンジンの半分、トルクは7割り位ですので過給が必要、振動や騒音の対策も必要、という事でコスト増となり、日本では一般ユーザーには受け入れられません。ボッシュ社が言っている、ガソリン車と同等の振動騒音、30~40%燃費が良く地球環境に良い、が本当なら、公用車もタクシーもディーゼルになると思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有り難うございます。 ボッシュってエンジン作っているんですか?電装品の会社だと思っていました。言われるような性能ならどんどん導入するべきだと思います。

  • 回答No.8

以前、カローラIIの1,500CCディーゼルに乗っていました。 燃費は非常によく、待ち乗りオンリーでも、リッター15kmは走ってくれました。 ですが、同じ排気量のガソリン車よりは馬力が無いって理由だからかは不明ですが、ターボが付いていました。 色々なところにドライブに行きましたが、不便な感じは全くなかったですね。小排気量の車でもターボ付きディーゼルが市販されるとうれしいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有り難うございます。 待ち乗りでリッター15kmは素晴らしい!! 軽のターボ付きでもそんなに伸びないのに・・・ 今の技術でそれ位作れないのでしょうか? あれば、買いですね。

  • 回答No.7

 昔、いすずのジェミニという車に1500ccのターボディーゼルがありました。自動車用ディーゼルとしては最も高回転でレッドが5500回転とガソリンエンジンに迫るもので、当時いすゞ製ディーゼルエンジンはブランドものでした。  コストはかかりますが、最近はガソリンエンジンもどんどん付加価値がついてコスト高になっていますから大差ないんじゃないでしょうか。  当時、いすずの2000ccターボディーゼルを父が所有していましたが、あの中間加速のたくましさは何とも表現しがたいですね。実用加速ではガソリン車に負ける気がしなかったですね。若気の至りでシルビアと張り合ったのを覚えています。但し、エンジンが重く重量バランスが悪いのでコーナリングスピードはかなり低いです。 (関係ありませんが、いすゞが乗用車生産をやめた時は涙々でした。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 軽くて燃費のいいディーゼルエンジンできると良いですね。 シルビアと張り合えたのならかなり優秀なディーゼルだったのでは?こういうエンジンが無くなったのは残念ですね。

  • 回答No.6

 20年位前になるでしょうか。定かではありませんが。  ダイハツのシャレードに1000ccのディーゼルがありましたね。「リッター・ディーゼル」の謳い文句でしたが、その後は、耳にしません。ディーゼル・エンジンの特徴は、比較的低回転域からトルクが出ることです。ですから、荷物や人をたくさん乗せるトラックやバスに使われていますよね。しかし、小排気量の車には、むしろ回転数でパワーを稼ぐ特性の方が、軽量を生かして軽快にきびきび走れるので、小排気量ディーゼル・エンジンは、好まれなかったのではないでしょうか。  確かに燃費のことだけ考えれば、あなたのおっしゃるとおりなのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 やっぱりガソリンエンジンのようなキビキビした動きが出来ないので小型車には不向きなのでしょうか? ターボをつけると燃費も悪化しそうですし。 なかなか難しい問題ですね。

  • 回答No.5

ディーゼルエンジンの欠点の一つに高コストというのがあります。 つまり同等のガソリンエンジン車に比べて価格が高くなるんです。 ですから燃料代で元を取るには年間の走行距離が多い人に限られますね。 現状でも乗用車の年間平均走行距離は1万kmほどだそうですから日本は少ないようです。 また小型車は特に車両自体が安いのでディーゼルにした分の価格アップ率は大型車に比べて高いですからメーカーのほうもあまり売れないと判断しているのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 >ディーゼルにした分の価格アップ率は大型車に比べて高いですからメーカーのほうもあまり売れないと判断しているのではないでしょうか。 ガソリン価格がこれだけ上がると価格差を吸収できる蔵にならないでしょうか? それを考えるとやっぱりクリーンで燃費の良いディーゼルエンジンが出来ると良いですね。

  • 回答No.4
  • hilo
  • ベストアンサー率31% (67/212)

u1c9c7h5i 様、こんばんは。 日本では嫌われ者で、本当に身近には小型のものは見聞きする機会が少ないですよね、特に最近は。 けれども、「いすゞ」は以前からずっと販売していました。 古くは「フローリアン」と言うファミリーセダンとその派生車。そして最近までは「ジェミニ」。どちらも1.8リッタークラスのエンジンだったと思います。 ただ、ディーゼルエンジンの特性として、構造上重量がかさむことや、開店域の狭さなどから、小型化しても特性を生かせないことから、あまり積極的に市場には出さなかったようですが、昨今は色々な可能性の見直しで、前出の方もおっしゃっていますように、ヨーロッパを中心に復権の兆しが急速です。 ですので、今後はますます増えてくるのではないでしょうか、u1c9c7h5i 様がお考えのように、小型で燃費の良いディーゼルエンジン搭載車が、ハイブリッドのような形で。 失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 No.2さんの教えてくれたダイハツ以外でも小型ディーゼルの開発はしないのでしょうか?軽とハイブリッドならホンダくらいで研究して無いでしょうかね・・・

  • 回答No.3

今欧州では1400ccクラスのBセグメント(トヨタのヴィッツやルノーのルーテシアあたりのクラス)が多く活躍しています。 (ちなみにそれより小さいクラスにもディーゼルエンジン搭載車はあります。あのsmartにもディーゼルエンジンはラインアップされています) 特にドイツでは全体の20%、新車登録では50%がディーゼル車というヨーロッパ全体のディーゼル人気の渦中にあります。 最近ではエンジンや排気ガス、そして燃料に対する対策がガソリン車と遜色が無いほどに進歩しています。 ただ日本では某都知事の「ディーゼルは悪」発言やそれに伴う排ガス規制の影響からまだまだクリーンなイメージが浸透していないのが現状です。 ただ日本でも2009年に再び排ガス規制が実施されるのでもしかしたらイメージの変化が起こるかもしれません。 そんな中実際にプジョー307のディーゼル車に乗るオーナーさんがBlogを書いています。 ディーゼルに関することが詳細に記されていますので参考になると思います。

参考URL:
http://blog.goo.ne.jp/peugeot307hdi/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。 教えてもらったブログも拝見しました。 自分もよく知らないながら、環境問題でディーゼル=悪という見方がまだま残っています。 この考え方を改める必要もありますね。

関連するQ&A

  • ディーゼルエンジンは吸排気バルブは何個付いているの

    ディーゼルエンジンは吸排気バルブは何個付いているのが一般的ですか? マツダの安いディーゼル大衆車とメルセデス・ベンツのディーゼル車と大型トラックのディーゼル車でお願いします。 レシプロガソリンエンジン車は大衆車の殆どが給排気バルブが2つだそうです。

  • 燃費と排気量の関係

    すみません、前から疑問に思っていたことについて質問させていただきます。それは燃費と排気量の間に関連があるのかという疑問です。50ccの原付と3000ccの自動車を比較したとき(2スト、4ストの区別は考えずに)排気量は60倍近いのにもかかわらず燃費は60分の1にはなっていませんよね。なぜなのでしょうか?排気量が多くなるということはそれにつれて馬力やトルクが排気量に比例して発生し、それだけガソリンの使用量が多くなると思うのですが。どなたかこのからくりをご説明をいただけないでしょうか?

  • 排気量には中途半端な3100とかあるのはなぜ?

    排気量で2400とか2800とかってありますよね。 あれはなぜ2500とか3000までという排気量まで持っていかないのかってフシギに思えます。 2400とか2800ならまだしもわかるのですが、たしかビックホーンで3100ccってありました。 たった100ccの違いで自動車税で大きく違ってきます。 外国車はあるのは納得いきますが・・・。 なんで3000以内に抑えなかったのかとか思えます。 また トルクと馬力の違いで 馬力が大きくてもトルクが細い(弱い?)とか 逆に馬力が小さいのにトルクが太いのもあります。 どちらのほうが運転しやすいの? ベンツとか両方ばかでかいと話は簡単なんですが・・・。 またそのメリット、デメリットを知ってる人がいたら教えてくださいませんか?

  • 中古2トンダンプを購入予定です。今までエルフのディーゼルエンジンに乗っ

    中古2トンダンプを購入予定です。今までエルフのディーゼルエンジンに乗っていました。目星をつけた車がガソリンエンジンだったのですが、馬力とか燃費とかディーゼルとガソリンの違いを両方に乗車体験のある方から感想を聞きたいと思います。条件によって色々評価も違うと思いますが、主観で結構なので一つ宜しくお願いします。

  • 排気量について

    初歩的な質問ですみません。 1000CCの車に乗っているのですが、 1200CCと比べるとパワーが落ちると聞いておりますが、 排気量が小さい分 燃費とか、排気ガスの問題で メリットはあるのでしょうか?

  • 内燃機関の熱効率について

    ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの燃費の話の中で、 ガソリンエンジンの熱効率は20%程度、ディーゼルエンジンの熱効率は30%程度でディーゼルエンジンの方が燃費がよい という話を聞くんですが、このことについて質問です。 この熱効率の話は、エンジンの構造に由来するものなのでしょうか?それは物理的に説明できる物なのでしょうか?(例えばディーゼルは点火の必要がない→熱効率が高い。とか) もしくは逆に、それぞれのエンジンを使ってみたらディーゼルの方が燃費がよかった→ディーゼルの方が熱効率がいい。ということなのでしょうか? 教えてください。

  • クルマのエンジンのトルクとは・・・

    車のエンジンのトルクとはどういう概念でしょうか? 排気量や燃費、走りの性能などいろいろ関係してきそうですが、わかりやすく教えてください!

  • 排気量とスロットル開度の関係

    ガソリンエンジンで例えば排気量1000ccと2000ccの車で比較したときスロットル開度が同じ場合吸入する空気の量が約2倍になると解釈していいのでしょうか?それとも入ってくる空気量は同じになるのでしょうか?

  • 軽自動車、4WD、ディーゼルエンジン、ハイブリッド

    1.結論:上記の項目をすべて兼ね備えた車の開発、商品企画、発売の予定がわかっている方がいましたら教えて下さい。 2.理由・背景   (1)軽自動車、ディーゼルエンジン、ハイブリッドの必要性、実現性      この理想にもっとも近いのが、最近発売のマツダ、「SKYACTIV-D 2.2」。しかし、排気量が2200CC燃費もあり、諸税を安くするためにも、もっともっと排気量が小さいものがほしい。      マツダとトヨタが提携関係にあるのでマツダのディーゼル技術とトヨタのハイブリッド技術をって軽自動車を共同開発したら既存技術の応用で難しくないとおもいますが。      さらに、小排気量化によるパワーダウンは、フォルクスワーゲンのようにツインターボ、インタークーラーで対策すればよい。量産化によりコストアップは最小限にする。    (2)4WD化による販売台数の拡大      冬季雪道対策のため、本州以北で、日本海側、山間部の圧倒的数のユーザーは4WDがほしいはず。また雪の降らない地域、都市部でもでもアウトドア、釣り、スキー、キャンプ、登山などでもニーズは計り知れないとおもいます。   (3)最近の低燃費車の燃費は、以前のものと比較すれば格段に向上しているかもしれないが、小排気量で低出力の割に、燃費は高出力のプリウス並み、また2WDではまだ買う気がしないです。最近の電気自動車は200Km程度しか走れない。ユーザの統計データをもとに企画したのかもしれないが、車は高価な買い物、近隣の買い物だけでなく、たまには、温泉旅行、帰省で長距離走行もしますので、オールインワン的な車の発売が待ち遠しい。      

  • ディーゼル車

    最近、ディーゼル車(トラック、バスではなく普通乗用車のほう)を街中でみかけます。 ガソリンより安い価格で給油でき低燃費、トルクが同じ排気量のガソリンよりもあるのでそれが人気の理由みたいです。 (1)ディーゼル車を所有したことないのですが、何か特別ガソリン車と違って特別な点検をしないといけないとかってあるのでしょうか? 何かデメリットはないのでしょうか? (2)寒冷地では、ディーゼルの燃料が凍るみたいですが本当でしょうか? (3)ディーゼル車を試乗はしたことあるのですが、加速時にアクセルを踏むとワンテンポ遅れて(同じ車種、同じ排気量のガソリン車と比較して)加速する印象をうけました。これはガソリンとディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか? (4)同じ排気量、同じ車種のガソリンとディーゼルを比較するとトルクはディーゼルが大きいですが、馬力はガソリン車のほうが大きいですがこれもガソリン車とディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか?