• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

燃費と排気量の関係

すみません、前から疑問に思っていたことについて質問させていただきます。それは燃費と排気量の間に関連があるのかという疑問です。50ccの原付と3000ccの自動車を比較したとき(2スト、4ストの区別は考えずに)排気量は60倍近いのにもかかわらず燃費は60分の1にはなっていませんよね。なぜなのでしょうか?排気量が多くなるということはそれにつれて馬力やトルクが排気量に比例して発生し、それだけガソリンの使用量が多くなると思うのですが。どなたかこのからくりをご説明をいただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2351
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#1001
noname#1001

排気量を考える時にはどのくらいその量の排気を繰り返すのか、つまりエンジン回転数というのが大きく関わります。つまり、ある速度をキープする時に3リッターエンジンが1回転する間に50CCエンジンは何回転するかが問題になるという事です。同じ距離を走るのに大きなエンジンと小さなエンジンでは排気を繰り返した回数が同じではない、という事が、排気量と燃費が単純な相関関係で表せない主な理由でしょう。 また、どれだけの重さの物をどれだけの距離動かせたか、という点から考えれば、一度の爆発で得られるエネルギーが小さければ、ある定量の重量物を動かす為には、短時間に何度も爆発させてエネルギーを得る必要があります。回転をあげてないと動かない、というわけです。大排気量であれば一度の爆発で得られるエネルギーが大きいのですから、爆発の回数は少なくても、相対的に重い重量物であっても動かすだけのエネルギーが得られるという事です。つまりは低回転で巡行できる、と。それで、それ以上に回転をあげるとエネルギーは速度に反映されて、一定の距離を移動する時間が短縮され、結果として燃料の消費時間が短くなるという事です。 つまりは、回転数を無視して排気量だけを比較するところに「最大のオチ」があった、というところでしょうか。バイクは1万回転前後を平気で使用しますが、車でそのへんまで使う事はあまり一般的ではないですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • old
  • ベストアンサー率23% (18/76)

他の皆さんが書いている通り、同じ重量の物を同じ距離移動させるエネルギー量は同一です。 私は車の燃費と価格のことでいつも腹立たしく思っています。というのは排気量が大きいと燃費が悪い。車の価格が高い。という半ば迷信のような思い込みに対してです。同じシリンダーブロック型を使っているのになんで値段を上げなくてはならないのかという怒りと、排気量が大きいと燃費が悪いというユーザーの先入感をなんとか無くして欲しいなと感じています。ご質問の趣旨とずれてしまって申し訳ありません。 燃費に差が出るのは空気抵抗、フリクションロス等が主なもので、車のエンジンの場合、具体的にはピストンリングの摩擦による抵抗が一番の原因だと思います。同一車種で排気量が異なる場合、大きいエンジンの方が燃費が良い場合が多いです。「クラウン」なども3000ccの方が2000ccや2500ccより燃費は良いのです。カタログデータでもそうだと思いましたが、実際に乗り比べるともっと差が出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#2748
noname#2748

熱機関というのは燃料を燃焼させたときの熱エネルギーを運動エネルギーに変換する装置である、ということをまず念頭において考えてください。3000CCの乗用車を時速50キロで走らせる時と、原付を時速50キロで走らせる時に必要なエネルギーの量を比較すると60倍もの差は生じない(この時に必要なエネルギーは空気抵抗の分と転がり摩擦の分)ので、消費エネルギーが1/60になることはありませんし、加速時においても重量の比率が60倍もありませんので60対1にはとてもなりません。また、駆動系統などのロスも決して60対1の比率にはなりません。上記はエンジンの効率などをすべて無視した上での話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 エンジンのパワーがあれば、トルクは逆に小さくしても同じだけの推進力が得られます。  ガソリンの化学エネルギーを、燃焼(爆発)によって運動エネルギーに転換しているわけですが、ニュートンの法則どおりにいけば、同じガソリンの量(化学エネルギーの量)なら、同じだけの推進力(運動エネルギー)がえられることになります。  とうぜん、大型車より小型車・バイクのほうが軽いので、同じ距離を走っても 必要な運動エネルギーが少なくてすみます。  燃焼効率や、運動効率さえ無視したら、燃費の差は、車体(プラス乗員・荷物)の重さの違いです。「効率」よいエンジンのために、みんな研究に勤しんでいるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

そりゃそうです(^^) 50ccのバイクの馬力を60倍したエンジンと 比較している訳ではありません 馬力を必要としなければ当然燃料消費量も少ないですよねパワーがあればそれだけアクセル開度も少ないです 小さなエンジンでキンキンに回して走るより 大きなエンジンで余裕の回転数で走る方が 燃費が良いのも当然です 大きければ大きいほど重量慣性も影響します これはロスと言われている部分ですよね 50ccで比較すると極端ですけど 大きな排気量のエンジンにはそれぞれ 省燃費対策を施された補記類が装着されています 一概に比較できない簡単な理由はそこですけど・・・ 僕の友人が乗っていたクラウン2500ccと 僕の乗っていたカマロ3700ccでは 彼の車の燃費が5km/l 僕の車の燃費が10km/lでした もう車に搭載した時点で比較は出来ないのです 順を追って考えれば至極当然の出来事なのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

両方同じように燃焼させたら排気量の大きい方が先に目的地に着いてしまします。だから単純に考えるとあたりまえ。 燃費の定義は確か、10kmかなにかを1決められた10種類の速度か何かで走るんですよね?すると排気量の大きい方は余力を残している、つまりちゃんとガソリンを燃やしていないことになります。 だから単純な比例関係にはなりえないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 排気量には中途半端な3100とかあるのはなぜ?

    排気量で2400とか2800とかってありますよね。 あれはなぜ2500とか3000までという排気量まで持っていかないのかってフシギに思えます。 2400とか2800ならまだしもわかるのですが、たしかビックホーンで3100ccってありました。 たった100ccの違いで自動車税で大きく違ってきます。 外国車はあるのは納得いきますが・・・。 なんで3000以内に抑えなかったのかとか思えます。 また トルクと馬力の違いで 馬力が大きくてもトルクが細い(弱い?)とか 逆に馬力が小さいのにトルクが太いのもあります。 どちらのほうが運転しやすいの? ベンツとか両方ばかでかいと話は簡単なんですが・・・。 またそのメリット、デメリットを知ってる人がいたら教えてくださいませんか?

  • 排気量と馬力の関係について

    排気量と馬力の関係について調べております。 その中に出てくる「正味平均有効圧力」が何で決定されるのかが良くわかりません。 排気量が大きくなると、1回の出し入れ量が多くなることから、トルクが大きくなることを考えられると思います。 以下の式で言うと (トルク)=(正味平均有効圧力)×(排気量)×(爆発回数)/2π 爆発回数は、エンジン構造により決定されますが、ここで出てくる正味平均有効圧力が、何によって決定されるのかが、わかりません。 また、排気量が大きくなると、トルクが大きくなるということを考えると、正味平均有効圧力というのは、排気量が大きかろうが、小さかろうが、一定ということなんでしょうか?

  • なぜ同じ排気量なのに馬力は違う?

    2.6リッターの280馬力。 3.5リッターの200馬力。 これはなぜなんでしょうか? 排気量がでかい方が馬力もでかいはずでは?? トルクに関してもそうです。 例えばスカイラインGTRとプレサージュ3.5ハイラックスなんとか。 GTRは2.6リッターなのに280馬力なのになぜプレサージュは200馬力ぐらいなのか、凄く不思議に・・・ エンジンにまったく詳しくない私の質問ですが、回答宜しくお願いします。

  • 排気量とパワー(ps)はなぜ比例しない?

     排気量とPsが比例しないというのは妙だと思います。 トルクは比例するようですが..  

  • 同じ馬力の車でも排気量がデカイ車が速い?

    同じ馬力の車でも排気量がデカイ車が速い? 例えば、160馬力で1500ccの車と同じく160馬力で2000cc車ではどっちが速いのでしょうか? ※車重とトルクは考えないで下さいm(_ _)m

  • 排気量の違い

    現在エスティマを購入しようと考えています。 そこで排気量2.4と3.5どちらにしようか悩んでいます。 2.4は燃費がよく税金も安くてレギュラーなので経済的だと聞いてます。 3.5は上記よりは悪いもののトルクが高く力があるのが魅力です。 しかしコレだけ見ると2.4のほうがいい様に感じれます。 3.5ももっとよい点が在る気がするのですがどうなのでしょう? ハイオクはレギュラーよりエンジンに優しいとか(テキトウ) 3.5が良いのではなく2.4の力がなさ過ぎるとか 3.5の魅力があれば教えてほしいです。 ちなみに今の車も前のモデルのエスティマでエンジンの調子が悪くて加速が気になったので迷っています。

  • 低排気量のディーゼルエンジンって聞いたことあります?

    最近再評価されつつあるディーゼルエンジンですが、どれも2000cc以上の比較的排気量の大きいものばかりですね。 同じ排気量でも低速トルクが大きく、燃費が良いが、軽快感が無く走りを楽しめる物では無いと言うイメージを持っています。 技術的に低排気量のディーゼルエンジンって出来ないものなんですか?それとも、低排気量にするメリットが無いのでしょうか? 単純に燃費だけのことを考えると1000ccのガソリンエンジンで20km/L位出るのでしたら同じくらいの排気量のディーゼルでもっと燃費を伸ばすことが出来ないのでしょうか?

  • クルマの未来について

    クルマの歴史を見ていて、年々とクルマの排気量、馬力、トルクは上がりっぱなしですが、近い未来ガソリン(ディーゼル)エンジンではどれくらいまで排気量、馬力、トルクは上がっていくのでしょうか? 将来は1000馬力の普通の乗用車が、そこらへんに出回ってるんでしょうか?排気量、馬力、トルクは大きければ大きいほど良いんでしょうか?? そもそも公道(街中、峠、ワインディング、高速道)を走る上で、ちょうど良い、排気量、馬力、トルクはどれくらいでしょうか?(マイバッハなどもう馬力など余裕があり過ぎのような気がするんですが。スポーツカーは志向性が違うのでハイスペックを求めるのは理解できるんですが、、) 公道用途に適度にマッチングしたクルマのスペックはどれくらいなものなんでしょうか? 考えて下さる方、お知恵を頂けたら幸いです。

  • 排気量の大きい車ほど偉い!

    排気量の大きい車ほど偉い!って思っているドライバーが多すぎです、自動車<軽自動車<バイク<自転車<歩行者…の順番で優先されるべきだと思います。 軽自動車で低燃費運転をしているとすごく煽られます、特にインプやランエボ系の車はがんがん煽ってきます、怒鳴ってやりたいです「30度(くらい)の坂道じゃ、30キロしか出せないんじゃ!!」と… 馬力のある車は平気で60キロとか出していきます、、、クネクネした道で向こうが見えないのに追い越しなどの無謀運転をして行ったり… 発進時にエンジンを3000RPM以上回さない用に心がけていますから、グイグイ引き離されます^^; (質問(1)省エネ運転の方法も教えてほしいです、それからエンジンは何RPMで回転しているときが一番効率がいいのでしょうか) 某巨大掲示板では「貧乏人の軽自動車が堂々と道を走っていると虫唾が走る!!」なんて行っている人が居ましたけど、2000CCと660CCって実際維持費に大差が無いんですけどねぇ… 質問(2)排気量の多い(環境に悪い)車に低燃費の軽は道を譲らないといけないのでしょうか、道を堂々と走ると迷惑ですか??、例えばバイパスで左車線渋滞で右側車線を法廷速度限界の60キロで走行など

  • ディーゼル車

    最近、ディーゼル車(トラック、バスではなく普通乗用車のほう)を街中でみかけます。 ガソリンより安い価格で給油でき低燃費、トルクが同じ排気量のガソリンよりもあるのでそれが人気の理由みたいです。 (1)ディーゼル車を所有したことないのですが、何か特別ガソリン車と違って特別な点検をしないといけないとかってあるのでしょうか? 何かデメリットはないのでしょうか? (2)寒冷地では、ディーゼルの燃料が凍るみたいですが本当でしょうか? (3)ディーゼル車を試乗はしたことあるのですが、加速時にアクセルを踏むとワンテンポ遅れて(同じ車種、同じ排気量のガソリン車と比較して)加速する印象をうけました。これはガソリンとディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか? (4)同じ排気量、同じ車種のガソリンとディーゼルを比較するとトルクはディーゼルが大きいですが、馬力はガソリン車のほうが大きいですがこれもガソリン車とディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか?