解決済み

数学の3大分野、代数・幾何・解析

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2320595
  • 閲覧数5140
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 37% (88/236)

数学の3大分野は、代数・幾何・解析といわれると思います。

僕もそれには一応納得できますが、なんらかの違和感を持っています。

数学を表現するのに、記号や数学的文字や数式や論理式などを含む文字的側面と、図形的側面に大別されると思います。

それで、代数・幾何が対照的に思いますが、解析という分野の位置づけが僕にはあいまいなのです。

たとえば、別の何かと比較して、解析という分野の位置づけをとらえれないでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (586/1527)

初等数学の「単元」をあげると、
「式の計算」「方程式」「関数」「平面図形」「空間図形」「確率・統計」
となります。

「式の計算」「方程式」が代数分野
「平面図形」「空間図形」が幾何分野です。

「関数」は広い意味では解析分野で
「確率・統計」は統計分野とくくったら良いでしょうか。

統計分野は数理的統計であっても、抽象化に限界がありますし、抽象化していくと、確率密度変数を扱う関数の研究が主命題になります。
ですから、わかりやすい分類としては、「代数・幾何・解析」とする考え方があるのでしょう。

ただ、あくまでこれは話をおおづかみにとらえるための方法であって、座標で図形を扱う解析幾何学では方程式が頻繁に出てきますし、微分積分に代数計算が必要であることは言うまでもありません。

しいて、「解析」の反対の概念をさがすなら、「解析しない数学」つまり、動かない数の世界である「算数」のことになるのではないでしょうか。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 40% (24/60)

私はとある講演で次のようなことを聴いたことがあります。

幾何は方程式を立てる。
解析はその方程式の解の存在を調べる。
代数は解を記述・表現する。

もちろん、これは幾何・解析・代数の役割の一部を述べたものですが、
現代数学では幾何・解析・代数の関わりは複雑になっています。

例えば、微分幾何学のある分野では、(非線形)解析は欠かすことのできないものになっています。
お礼コメント
aiueo95240

お礼率 37% (88/236)

みなさま、ありがとうございました。
まだまだ、もどかしい思いはありますが、参考になりました。
投稿日時 - 2006-08-31 01:48:01
  • 回答No.4

ベストアンサー率 43% (117/270)

数学を代数・幾何・解析に分類するのは、おそらく明治時代に作られた大学設置基準に「数学科ではこの3分野を開講する」といった内容が記されているからだと思います。
学士の認定には、この3分野をそれぞれ何単位以上か修得する必要があったと思います。
だから大学では新しい講座を開設するたびに、この3分野のどれかに無理やりにでも当てはめようとします。(「その他」という分類もあったと思うが?)
でも、実際の現代数学でこの3分野の分類が意識されることはほとんどないでしょう。

質問への直接的な回答にはなっていませんが、参考になれば。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (17/87)

敢えて位置づけをするなら、解析は代数と幾何の中間(?)。

理由は、方程式系の解析では代数が必須であり、多様体の解析では幾何を扱うから。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ