• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

林道でのパンク修理について

最近、ホンダXR250というオフロードバイクに乗り始めたばかりの者です。 バイク自体まったくの初心者です。 林道走行に興味がありまして、先日さっそく走ってみたりもしました。 山の中を走行していてパンクしてしまった場合の処置についてですが、 パンクの修理の仕方は私が持っている本や各サイトに紹介されていました。 必要な工具類を持っていくべきだということは分かりました。 そこで質問なんですが、 たとえば後輪のパンクをしてしまった時など、 タイヤを浮かして作業する必要がありますよね? 自分の家で修理するなら何か回りにあるものを使って工夫も出来ましょうが、 山の中では持参の工具類しかないわけですし、 どうやってタイヤを浮かして固定しておくことができるのでしょうか? そもそもパンク修理というのは難しい作業なのでしょうか? あるいは、パンク修理剤などを使うべきなのでしょうか? これを使うと後であらためてチューブ交換をしなければならないと聞いたので、 あまり使いたくないのですが。 どなたかご教示いただけると大変助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数7963
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#135138
noname#135138

自分もSuper XR250の頃から乗っているオフロードライダーです。 パンク修理に関しては慣れれば20分もあれば完了します。 気を付けることは、タイヤレバーでチューブを挟んで新たな穴を開けないように 注意することと、エアーを入れる際にタイヤとリムの間に挟まないように 気を付けることでしょう。 工具ですが、タイヤレバーはスプーン型の物を2本用意しておいた方が 作業もしやすいです。初めてタイヤを外すときはきっと最初のビードを出すのに 苦労すると思いますが、最初に書いていることに気を付け、慎重に作業すれば とりあえず出来ると思います。  工具については、サブスタンドとしてこのような商品があります。(右上の写真) http://www.g-t.co.jp/Off/O_frame.htm 自分は車輪を外すときだけ寝かせて外し、その後近くの木等に車体を立てかける形で 保持させています。 タイヤは外せばどのようにも作業できますから... タイヤレバーはツーリングに持って行く物としては下記のようにメガネレンチと コンビになっているタイプが工具の数も減らすことができます。 http://www.g-t.co.jp/Tire/img/big/01-526080.jpg  パンク修理剤に関してはお勧めしません。後でタイヤ交換をする時などに 苦労します。  ツーリングに持って行くパンク修理キットとしては以下の物があれば良いでしょう。 ○ 空気入れ(コンパクトタイプ)・・・・・1個 ○ タイヤレバー(コンビタイプ)・・・・・2本   (XR250なら19mmと24mm) ○ パンク修理キット(パッチ、接着剤)・・1式 ○ エアバルブ回し・・・・・・・・・・・・1個  後は好みでいくつか工具を追加すれば良いと思います。 (お勧めはモンキーレンチ150mm)  最初からパンク修理実践ではなく、一度自宅でチャレンジしておいた方が良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細なアドバイスをありがとうございます。 とても参考になりました。 教えていただいたツール類、 チェックしておきます。 重ねて御礼申し上げます。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

補足です。 タイヤパンドーはショックや熱に弱いのでバイクで持ち運ぶ際は注意が必要です。 いざ使うときにパンドーがパンクが2回ほどありました。 使い残しは1年くらいなら使用可能ですので大型乗用車用を使っています。 修理が不完全な場合、追加注入も出来ます。 ちなみに私は車のタイヤも自分で交換しますが 林道でパンク修理はやはり非現実です。 時間的に1時間はかかりますし未舗装路で問題なく治せるかも疑問です。 何度も空気を入れなおさないとならないので体力も相当使います。 修理剤でしたら30秒で指一本で直ります。失敗しても繰り返し注入も出来、安心です。 また、危険があったり事故の事例があるならホームセンターで売られていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 あとで本修理するにしても、 チューブの交換で済むんですよね。 確率的には滅多に無いトラブルであることを考えると、 修理剤を使うことでかかる本修理までのコストは決して 高いとは言えないのではないかと思ってきました。 もちろん、 もし修理剤が実践で使い物にならないというものであれば 話は別ですが、応急処置として最低でも 山から町まで帰ってこられるだけの機能を果たしてくれれば、 私にとってはメリットがありそうです。

  • 回答No.9
  • mssine
  • ベストアンサー率24% (38/156)

私は林道に入るときは、ロープかタイダウンベルトを携帯するようにしています。 沢に落っこちたときとか、引き上げるのに有効ですし、パンク修理の際はその辺りの木の枝から吊ればいいです。 究極はムースタイヤですね。 絶対パンクしません。 ヘンな乗り心地になるのと、高速コーナーが怖いのと、ホイールへのセットがめちゃくちゃ大変ですが。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を有難うございます。 ロープの携行は持っていっていざという時に 使えそうですね。 ムースタイヤというのがあるのですか。 勉強になります。

  • 回答No.8
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

ビートストッパーがついておれば、家のようになんでもそろってるところでも、チューブがかまないように気をくけなければならないし、結構面倒くさい作業です。当然後輪パンクだとして、逆に130Kgぐらいのバイクならビートストッパーさえついておれば、タンクの上ぐらいにのって走れば、完全にぺちゃんこにならないし、そこそこ走れます。町まで相当距離があるとか、ややこしい時間だったら、その辺にある草をつめるといいようです。(真っ暗だとちょっと無理ですがね。)条件の悪いところでのパンク修理は、おそらくやり直しになる(腕が悪い私の場合)だろうし、パッチの失敗だったりすると、結局チューブ交換、と考えると、パンク修理材でなんとかなるなら、使うのも選択肢だとおもいます。最後になりますが、エンジンのしたに水平のスキッドプレートがあるようなバイクでなければ、倒したほうが安全ですし、余分な気を使わないですみます。そのためのオフロードです。ちょっと不便なのは、シャフトの抜き差しのときだけです。(自転車みたいに、ホイールをつけたままできるはずなのですが、やったことがないし、傷を付けないでの作業は大変そうなので、こういう言い方です)前乗ってたバイクはストッパーが前1つ、後ろは2つもついていましたが、ついてなかったらごめんなさい。パンクのままで走ることは困難というか、ダメージが大きすぎます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 出先でのチューブを取り出しての作業が 手こずるものだということはわかりました。 まずはパンク修理剤の携行を検討することにしています。

  • 回答No.7
  • sshiina
  • ベストアンサー率26% (737/2749)

こん**は  20年ほどオフ車に乗っているものです。  町中から林道、レースまで幅広く活動しています。  オフロードバイクの約9割がチューブタイヤなのでパンクとなった場合は大変ですよね。  私の場合「ノーマルチューブ」は使っていません。  いわゆる「ハードチューブ」を使っています。  全くパンクしないわけではないですが、空気圧を0.7k位まで落としたりするので必要に駆られてのことです。  さて、本題ですがパンクをした場合ですが、ほとんどの場合はガソリンコックをオフにして横倒しですね。  予備スタンドを持っていれば良いですが自立させるには不安定なのであまり使わないですね  木の切り株や頃合いの岩とかが有れば良いのですが都合良く出てこないです。  修理方法としてはパッチ張りかチューブ交換ですね。  ほとんどの場合、1人じゃ林道へは行かないので誰かがチューブを持ってます(タイヤサイズはほとんど一緒ですからね)  自分のタイヤのシャフトを抜くためのレンチが有ればどうにかなるものです。  現にどうにかなってますしね^^;  また、パンク修理の方法ですがオフ車乗りなら覚えて置いて損はないです。  お誂え向きに今月号のガルル誌にタイヤ交換の記事(交換方法がDVDに有ります)があるので参考にしてみては如何でしょうか。  ただし初めてすると半日は掛かりますよw  はじめは熟練者の方に教えてもらった方が早いでしょうね。  必要な道具ですがメガネレンチとタイヤレバ(2本以上)、空気入れです。  空気入れは小型の物でも良いですがボンベタイプが楽でしょう。  私はパッチ張りにせよパンク修理剤にせよ旅先の応急処置としてしか考えていません。  家に帰ってくればチューブ交換をしています。  「これが正解」と言うのはないですが「安心感」が欲しいので交換しています。  長々と書きましたが「絶対に一人では林道へは行かない」と言うのがポイントです。  3人以上10人未満が良いでしょう(多くても大変)  そして最低でも1人は熟練者が居ることが条件です。  これから梅雨の季節ですが気を付けて楽しんでください^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なアドバイスをありがとうございます。 おっしゃること覚えておきます。 私は単独行動派ではあるのですが、 山を走るときはいろいろと配慮が求められるということを 改めて考えさせられました。

  • 回答No.6

林道でのパンクの修理はパンク修理剤しかないと思って間違いありません。 手持ちのポンプでビード出しは不可能に近いでしょう。 それでもやってみる方法としては まずビードおとしのため後輪をはずした方が早いのでバイクは寝かす。 パンク修理自体は簡単。 ビード出しにはこの場合クリームがあったほうが楽なのでたっぷり塗る。 で、ビード出しに通常のエア量の2倍くらいの空気を入れる。 注意としてエア入れは中盤から別次元の難易度になるので 手持ちポンプのメンテもあらかじめしておく。 不可能ではないけど無理がありますね。 コンプレッサー無しでのパンク修理は自宅でやってみたことがありますが 途中でやめました。2度とやりません。 ちなみに私の場合 パンドー修理のまま3万kmほど走っても問題は何もありませんでした。 パンドー後の通常パンク修理は確かに少々厄介ですが少々の事です。 チューブ安いので交換でも良いし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を有難うございます。 なるほど。 ビギナーにとってはなかなか手こずりそうな作業のようですね。 修理剤の携行も検討することにしました。

  • 回答No.5
noname#135138
noname#135138

最初のリンクを間違っていました。 http://www.g-t.co.jp/Off/O_879_Parts_stand.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

非常時にバイクを浮かせるサブスタンドも市販されていますが、使っている人を見たことありません。 というか、今も発売されているのだろうか。 後輪を外したバイクはガードレールや立ち木にもたれかけさせるか、いっそのこと倒しちゃってもいいです。 もちろんガソリンコックはオフで。 非常時ですから、どうのこうの言ってられません。 それより、チューブのパンク修理は練習しないとできません。 道具持っていても、山でパンクして、現場での修理がはじめてのパンク修理ではまず直せません。 自宅でタイヤを外す練習をしておかないと。 林道でも、空気圧を適切にしておけばまずパンクしません。 パンクの一番の原因はクギなどが刺さること。 林道ではクギなんて落ちてないし、下がダートなので刺さらないですから。 オフ走行でのパンクは空気圧を下げた状態で岩などに激しく当たる「リム打ち」でパンクすることがありますが、初心者ではそこまで速度だせません。 ラインを読めずにぶつけてしまうことはあるかもしれませんが。 リム打ちパンクは強化チューブに交換することで防げますが、 これは材質の関係で空気を僅かながら通してしまうため、まめに空気圧を点検する必要があります。 ゴムって意外と空気を通すので。 風船も何日かすれば萎んじゃいますよね。 普通のチューブの方が空気は抜けにくいんです。 自慢ですが、私は30分もあればオフ車のチューブタイヤを交換できますが、 慣れない人は数時間かかります。 私はツーリング中にパンクしたのは、一回しか無いですね。 忘れもしない夜の甲府市内、果物直売所の自動販売機の明かりでせっせと直したもんだ。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 私がバイクを購入したホンダドリームの人も、 パンクのケースとしては、 林道は舗装路よりも少ないんだということを 言っていました。

  • 回答No.2
  • yuuyu1
  • ベストアンサー率17% (177/1003)

今のバイクは、ほとんどがチューブレスです。チューブレスのパンク修理は、刺さった釘等を抜きパンク修理グッズで穴を掃除(修理のりが付きやすいように研磨する)して修理剤(ゴム製)を接着(穴へ押し込む)して出来上がりです。チューブタイヤのパンク修理はタイヤを外さないと修理できないから大変です。パンク修理ボンベは粘着剤が混入しているのであとにタイヤとリムがくっ付いたりチューブタイヤだとチューブとタイヤがくっ付きチューブをだめにすることがあります。チューブレスタイヤならコンパクト空気入れを携帯し、抜けたら入れてを繰り返してガソリンスタンドまで騙し騙し乗っていくことも可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。

質問者からの補足

ご回答をありがとうございます。 ちなみに 私の購入したXR250はチューブタイヤ使用とのことです。

  • 回答No.1

>どうやってタイヤを浮かして固定しておくことができるのでしょうか? 単純に横倒し >そもそもパンク修理というのは難しい作業なのでしょうか? 行く前に練習しとけば。いきなり本番はダメだよ。 場所によっては、そ日1日誰も通らないとか、携帯圏外の可能性も有るんだし >パンク修理剤などを使うべきなのでしょうか? それ以外使えない。 それ以上のパンクならパンクしたまま山だけ降りてくればいい パンクしてもタイヤ自体はそう簡単に外れないから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました

関連するQ&A

  • パンク修理の際のスタンドについて

    そろそろオフロードバイクであちこちの林道を走ってみようと思っておりまして、 装備をそろえようとしているところなのですが、 一点教えていただきたいことがございます。 ツーリング先でのパンクに備えて、 修理作業に携帯スタンドを携行したほうがいいと思い、 KIJIMAのワンナップスタンドというものを 購入しようとしたところ、既に完売、廃盤となっていました。 ツーリングに携行してもかさ張らないもので、 他にお勧めのものがありましたが教えていただきたいと思います。 あるいは、 野外でのパンク修理に携帯スタンドは必ずしも必要ないものでしょうか? 皆さんは、どうされていますか? ちなみに乗っているバイクはXR250です。

  • 修理した次の日にまたパンク

    自転車屋で修理剤を使って後輪のチューブの修理してもらったのですが、次の日にまた後輪がパンクしたのでタイヤの交換をしてもらう場合、安く(もしくはお金を返)してもらえるのでしょうか? ちなみに昨日修理をしてもらってから10キロも走ってません。 よろしくお願いします。

  • パンク修理

    以前は自分でパンク修理していた時はうまくいっていたんですが最近パンク修理すると何か自転車の調子が悪くなる時があります。後ろのタイヤなんですが修理した後に走行中ゴトンゴトンと段差があるような感じによくなります。そうなったらまたチューブを取り外して再度取り付け直しを何回かすると直ります。そうなる時はよく見ると空気を入れる部分のタイヤ部分が少し盛り上がってるんですよね。うまくはまりきっていないのかもしれません。どうやればこのようなことにならないで済みますか。

  • 近くのバイク屋さんでパンク修理してもらえる?

    SR400の後輪タイヤがパンク?しています。 症状は、タイヤのチューブがホイールからズレていって空気が徐々に抜けていっているような感じですがパンクなのでしょうか? そもそもこんな奇妙なパンクは初めてです。 自宅の前で工事してるおじさん達が頻繁にバイクを勝手にみんなで持ち上げて移動しているので、それが原因でチューブがズレているのでしょうか? バイクを買ったお店は個人店で遠いため、近くのレッドバロンか小さなバイク屋さんで修理してもらいたいのですが、買ったところでないと修理費用は高いのでしょうか? 質問が多くて申し訳ありませんが、ぜひ教えてください。

  • パンクの修理

    原付のタイヤがガラス片が刺さりパンクしてしまいました。 バイク店に修理を依頼し、直ったのですがパンクした箇所にゴムのチューブのようなものがめり込んだままの状態でした。走っているとはみ出したゴムチューブが擦り切れてなくなるのでしょうか? 前回のパンクのときはこう言うチューブもなかったと思いますが、この方法のパンク修理はどうでしょうか? 素人目では見てくれが悪いので適当に修理してそうでまたすぐにパンクしそうな気がします。 ちなみに工賃は1500円でした。 詳しい方教えて下さい!    

  • 自転車のパンク修理

    こんにちは、自転車のパンク修理を自力でやってたんですが、百均で買ったパッチをあて、チューブに他に穴があいてる箇所がないことを水につけて確認しタイヤを元に戻したのですが、空気を入れてもパンパンにならないんです。ちなみに後輪です。昨日の夕方から作業し始めたのですが、1回目にパッチをあてて、タイヤを嵌めたときにも入らなかったのでまた外して水につけたら違うところに穴がありました。そしてまた塞いでやっと嵌めたんですが、空気が入りません・・・。もう心身ともに疲れました。近所に修理できる店がなく5~6kmも押して持っていくのは気が遠くなりそうです。車もセダンなので載りません。なんとか自力で直したいのですが、空気が入らないのはタイヤの入れ方がいけないのでしょうか。どうしても最後の一息で、ドライバーをこじるようにしなければリアに嵌らないためその時に傷がついてしまうんじゃないかと思うんですが。エンドレスな作業になりそうでまいってます。それで質問内容ですが、 1、空気がパンパンにならないのはどういった原因が考えられますか。 2、タイヤをチューブを傷つけずに嵌めるコツがあるんでしょうか。 3、百均にチューブが売ってるのですがチューブごと変えたほうがいいでしょうか。また、現在タイヤとチューブがくっついた形になってるのですが、それはカッターかなにかで切り離すのでしょうか。それとも百均よりホームセンターで買った方がいいですか? 以上、よろしくお願い致します。

  • 一度パンク修理したチューブを、再びパンク修理することについて

    こんばんは。お世話になります。 ピストを始めたばかりで、何も知らなくてすみません。 1週間前くらいにパンクしたチューブを、イージーパッチで修理した後、順調に使用できてたのですが、再び別の箇所がパンクしたしましました。 また、同じようにイージーパッチでパンク修理したのですが、タイヤ装着後、数分後に空気が抜けてしまいました。 チューブを外して確認してみると、2回目にイージーパッチを貼った箇所は空気が抜けた跡が残ってました。 1度イージーパッチで修理したチューブは、以降、イージーパッチで修理することはできないものなのでしょうか? それともタイヤの空気圧が高すぎるのでしょうか?(だいたい7~8気圧にしてます) すみませんが、どなたかご存知の方、教えてください。お願いします

  • パンク修理について

    リトルカブです。パンクしました。 修理方法について教えてください。 1.車体から外さないで直したほうが楽でしょうか。外したほうがいいでしょうか。 2.外さない場合はどんな問題がありますか。外す場合はシャフトはどうやって外しますか。 3.タフチューブは修理がきくのでしょうか?パッチはあてるとして、また充填材かなんか入れるんでしょうか? 4.寿命(何回パンク修理が可能か)はどのくらいと考えてておいたらいいのでしょうか。 5.標準作業時間はどのくらいとすればいいのでしょうか。 6.タイヤは数万キロ走っていますが。溝は基準内充分です、年数による交換時期の目安はどの程度でしょう。 バイクのパンク修理は数十年ぶりで少し動揺しています。

  • 車のパンク修理の耐久性

    4WDワンボックスカーに乗っています。 昨日後輪のタイヤの空気が抜けてるのを発見し、ガソリンスタンドでパンク修理をしてもらいました。くぎが刺さってのパンクとのことでした。 その後の走行距離は、スタンドの帰りの1km、今朝5kmほどです。 しかし今朝5km走行後、車を止めるとシューと言う音がして、みるみるうちにタイヤから空気が抜けてしまいました。 タイヤの横にはパンク修理剤とみられるガムのようなものが落ちていました。 今回はちょうど200mほど走ったところに昨日とは別なガソリンスタンドがあるのでそこまでゆっくり走り、パンク修理をしてもらっています。 昨日のガソリンスタンドでのパンク修理がすぐだめになったので、今回も不安です。 パンク修理後は普通に走行しても大丈夫なのでしょうか? このタイヤは2年前に購入したスタッドレスタイヤで今年履きつぶして、初冬には新しいタイヤを購入するつもりでした。 新タイヤ購入まで使うことは無理でしょうか?

  • できるだけ携行しやすい小さなパンク修理剤は?

    最近オフバイクを購入しました。 それで一番の心配がチューブタイヤのパンクです。 将来的には自分でホイール外して修理するようにはなりたいと思っていますが、まずは、万が一のためにタイヤのパンク修理剤を携行したいと思っています。 それでできるだけ小さなパンク修理剤というのはどこのメーカーの型番の製品でしょうか? またまだ現物を一回も見たことはないのですが、どのくらいの大きさなんでしょうか? 500mlのペットボトルくらいでしょうか? また、オフ車のため携行する保管場所がないのですが、皆さんはどこに常備しておくのでしょうか? イメージ的にはリア周りの骨組みに何かでグルグル巻いて固定とかできないかな?なんて思っているのですが・・・・さすがに無理? ツーリングや(将来)林道を走るときはリュックに入れるかもしれませんが、とりあえず、車体に固定できればうれしいのですが・・・・