-PR-
締切済み

増資と減資

  • すぐに回答を!
  • 質問No.213988
  • 閲覧数332
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 73% (59/80)

すみません。どなたか教えてください。
取引先のA社が
「工場立替のために資本金1千万円に対し,1億円の増資引き受けを得て,新資本金1億1千万円とした後に、1億円を無償減資し、当初の資本金1千万円と同額とする」
とのことですが、これはいったい何を意味するのでしょうか。
株式について知識の乏しいので、わかりやすく教えていただけたらうれしいです。
よろしくおねがいします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

減資そのもののしくみについてはちょっと詳しく無いのですが、
要は、資本金(まあ、一種の借金ですね。返さなくてよいけど)を
帳簿上減らすことで、見かけ上の資産を増やす操作です。
普通は、債務超過(資産よりも借金が多い状態)を防ぐ為に行います

さて、このA社。危ないけれども援助先が現れたという感じですね。
株券(時価)の総額が会社の価値と同等ですから、
つまり、今までの株券の価値を1割にまでへらして、
9割を新しい出資先に割振り、その対価として1億円をもらうという
形です。

つまり、この会社の価値の総額は、
新しく建てた工場の価値も含めて、1億1千万円ということになります。
また、旧株主の持つ株の価値の総額はそのうちの1千万円だけになります。
(見かけ上の最終的な資本金は1000万円ですから、
 旧株主の持つ株券(額面)の総額は90万円です)

問題は、9割の株をあたらな処に割振ったということで、
これは事実上、経営権の譲渡、言い換えれば身売りに相当します。

また、もしもこれで経営権が変わらないようなところに
割振っているとしたらもっと問題で、
各グループ会社間で帳簿上の操作をして、
債務超過を免れるようにしている可能性もありえます。
(そごうが典型的な例でした)

本当に工場を建て替えるのか、それに1億円掛かるのか、
工場はすぐに抵当に入ったりしないのか。
ここらへんで、危ない会社・再起する会社の区別も付くと思います。

なお、とんでもない例として
9割の株を1億で取得した新経営者が
工場を建てずに、資産を全部他の会社に移した上で
倒産させるなんて事もあります。
つまり、経営権を握ってから、会社を分解して資産だけ手に入れて
負債と従業員は捨ててしまうわけです。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ