• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生活排水の処理のされかた

たとえば、シャンプーや洗剤を分解されやすい植物性のものに変えるなどして、環境問題に取り組んでる人が多いと思うのですが、そういう話を友人としていたら、「でも、家で出た生活排水がそのまま川とか海に行くワケじゃなくて、処理場で処理されてから川とか海に行くんだから『排水後100%分解され河川や海を汚しません』という商品を使ってようが使ってまいが、実はそんなに変わらないんじゃないの?」「あと、分解される洗剤だったとしても、そのまま川に流せば、時間が経てば分解されるにしても、それまでは魚が死ぬわけじゃん?(何を使うかというより、垂れ流しにされるか、処理場に運ばれるかが重要なのでは?)」という話が出ました。   それに対して、「でも、処理場で100%元の水に戻せないから、個人でも気をつけたほうが良いってことなんじゃないの?」とか、「その方が処理の効率も良くなるんじゃん???」という話も出ました。   世間話程度の適当な会話だったのですが、実際はどうなんだろうという事が気になります。詳しい方がいましたら、分解される洗剤を使うことの必要性や、生活排水の処理のされかたについて教えてください。   (「植物性の方が肌に良い」という感じの意見は今回抜きで、あくまでも環境への影響について教えてください)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数624
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • gsx-r
  • ベストアンサー率37% (107/286)

元下水処理場の分析屋です。 一概に「植物性=分解しやすい,合成=分解しにくい」とは言えません(最近は合成洗剤でも分解しやすい構造の物もありますし、植物性でも分解しにくい油脂を含有している物も多数ありますので)が、分解しやすい物を使うことに意味はあると思います。 分解しやすい洗剤と分解しにくい洗剤では下水処理時にかかる負荷が全然違います。 通常、終末処理場(大きな下水処理場のことです)では流入から放流まで平均何時間という処理スピードが決まっています。 その過程の中でゴミ取り,沈殿処理,分解処理,滅菌処理を行いますが、分解は普通生物分解によって行われますので一般に化学物質は苦手です。 極端な話、物によってはまったく分解されずに流れ出る物もあります。 一般のシャンプーや洗剤程度ではまったく分解されないということはまずありませんが、それでも分解には手間がかかり、他の物質の分解が進みにくくなることもあります。 そうなると、当然放流水の水質低下が引き起こされます。 要するに未処理の物質が混じった汚い水になるわけです。 最も、通常はこの状態になっても活性汚泥の馴養で対処しますので数日で元の水質に戻りますが。 また、分解後は合成、植物由来問わず、富栄養化の原因(分解すると燐酸や硝酸になるため)になりますので基本的に使いすぎないことが重要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>みなさんへ    返事が遅くなってしまい、すみませんでした。 どれもとても参考になりました! より詳しく書かれている方にポイントを出したいと思います。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 生活排水について

    生活排水について 生活排水などの汚染された水が、河川や海に流れ込み問題となっています。 私たちが出している家庭からの水や、工業排水などは下水処理場できれいにされてから排水されているのではないでしょうか。 そしたらなぜ、河川等が汚染されるのでしょうか。 わかる方、回答よろしくお願いいたします。

  • 生活排水の対策

    先日、私の家の近くで行われていた環境メッセに足を運んだのですが、疑問に思ったことがありましたので、どなたかご教授願います。 生活排水の対策として、窒素リン除去型の浄化槽を開発されていたり、河川浄化の研究をなされているところがございました。なぜいま、そのような対策がなされるようになったのでしょうか?生活排水は江戸時代でも発生しているはずですので、その頃は垂れ流しで、どんどん環境を悪化させていて、最近になって対策が進められてきたという事なのでしょうか?

  • 生活排水

    現在のように生活排水を処理していくと、 将来はどうなりますか?(環境・病気など・・・)

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

大都市では排水処理と言えば大型で高度な処理施設を思い浮かべるかもしれませんが、過疎地では高価な処理場がなく、住民が交代で管理をしている浄水場もあります。見に行きましたがそのまま放流しているのと変わらないようなレベルの管理状態でした。そのような施設を利用している地域であれば、安全な物質に生分解出来る商品の方が断然環境に優しいと思います。 生分解性洗剤をそのまま放流してしまったら?の件ですが、ある程度の流量があるところであれば、分解される前でも希釈されるので即魚が死ぬことは無いと思います。 ただし「海を汚さない=汚染物質でない」とは限りません。例えば分解での生成物が富栄養化に加担したりすると、時間をかけて生態系を壊すことになります。(そのものが汚染物質ではなくても、多過ぎると生態系を崩すことになる。)そう考えると、いくら生分解性洗剤であっても出来るだけ使う量を減らすのが良い方法ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

まず、生活排水の処理のされ方についてです。 基本スタンスとしては、生活排水を含めた汚水は全て処理してから自然界に戻す。 ただし、現状としては処理施設が完成していない、排水施設(下水管など)ができていないなどの理由から、全ての汚水を処理しているわけではありません。言い換えるなら整備の途中段階と言うことです。 ちなみにH17年度末の下水道普及率は68.1%(誤解の内容に言っておきますが、後述する農業集落排水、浄化槽による処理は含まれていないです。) システムとしては、下水道(都市域における汚水を排除・処理する施設)、農業集落排水事業(小規模な下水道。下水道とは事業の種類が違うだけ)、浄化槽(汚水を個別に処理する)などがあります。 言ってしまえば、規模が違うだけです。 処理のしかたは、下水道でも浄化槽でも基本的に同じで微生物による生分解を利用しています。 次に分解される洗剤を使う必要性についてです。 汚水中に含まれている大抵の物(重金属などは除く)は、生物により分解されます。 ただし、分解される速度は物質によって、また微生物の種類によって全く異なります。 トリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどの一般的に分解されにくい物質も特殊な微生物を用いれば分解することは可能です。 したがって、下水処理場等に生息している一般的な微生物により分解されやすい洗剤を使用することは、汚濁負荷の減少することが可能なので意味があります。 分解するのに1時間で済む洗剤と10日掛かる洗剤では、当然1時間で分解される洗剤の方が汚濁負荷が少なくなりますよね。 ただし、分解されやすいと宣伝されている洗剤が本当に分解されやすいかは知りません・・・ 以上です。

参考URL:
http://www.jswa.jp/05_arekore/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

今の新築住宅は、たしか、法律が変わって、合併処理槽でないと許可が出ないので、 家庭からの生活排水は、処理槽で処理されて、流されてます。 また、下水道の普及しているところでは、下水処理場で処理はされています。 でも、約10年ぐらい前に着工している住宅では、分離処理槽ですから、 生活排水は、沈殿槽を設けてますけれど、流していると言うことです。 あまり環境に負担のある洗剤で洗わなければ良いのですけれど、難しい問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 下水には大きく雨水排水と汚水排水とがあります。  雨水排水は文字通り雨水の排水処理を行う物で、対象は建物や道路などに降った雨水を集水し、河川等に放流します。  汚水排水はトイレなどの屎尿が主な処理対象で、集水後処理場で浄水処理されます。  むかしは雨水と汚水を同じ管渠で集水する合流式が主流でしたが、現在は別々に集水する分流式に切り替わっているところがほとんどです。  生活排水は原則として汚水処理の対象となりますが、下水道管が布設されていない区域で、浄化槽や汲み取り得を行っている施設や家屋などでは、そのまま雨水排水設備(道路側溝など)に放流するしかありません。  又、下水処理場も100%浄化できるわけではありませんし、基本的に悪性病原体や不純物の除去がほとんどで、洗剤などを分解することは困難です。  従って、出来るだけ分解されやすいものを使うよう心がけることは、必ずしも無駄なことではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

環境に優しいのは「流さないこと」です。 分解され、中和されるまでにどれだけの水が必要かですね。 100%分解されるのばっかり使ってもいつかは飽和してしまい分解されなくなってしまうんでしょうね。 もっとも、分解されて「何」になるのか疑問ですけど。 下水処理には莫大なお金がかかりますので、都会部でも下水処理率100%ではないのが現状です。 逆に田舎でも下水処理率100%なんて所があったりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

生活廃水は、処理工場を経由して排水される場合もありますし、そのまま垂れ流しになることもあります。 一般に、都心部では処理工場経由、過疎地では垂れ流しが多いのです。 したがって、垂れ流しされる際には、分解されやすいものが、環境にやさしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生活排水 em菌に関して

    今現在、生活排水を合併浄化槽(5人用)を設置しております。 主に使用用途は別荘で週末利用の場所なので点検などにより値段などがかさむのが気になる為、 何か良い方法は無いかと考えておりました。 そこでトイレはバイオトイレを購入し、排水無しでまかなえるというのは知っているのですが、 問題はお風呂と台所等の排水に関してですが、 どのように対処するか考えていたところ、他のホームページでem菌を使用して生活排水をマスの中でem菌分解して排水は垂れ流しにしているという方が見えたので、そういう使い方が出来ないかと考えております。 こういう使い方が出来る地域が限られていることなどあるのでしょうか? 詳しい方、ご指導よろしくお願いいたします。

  • 生活排水と水質調査

    以前にも質問はしたのですが、なかなか良い調査方法がありません。生活排水と川のかかわりについて調べる方法を教えて下さい。なるべく数字で結果を残せるものが良いです。それとも生活排水と川は直接は関係していないのでしょうか?できるだけ明日5月24日の朝までに知りたいです。

  • 海岸に近い町村の生活排水って?

    海岸に近く、そう、沿岸道路の脇にポツポツと点在している住宅(漁村など)の生活排水って、どうなっているのでしょうか? 下水道処理される施設があるとも思えないのですが、すべて垂れ流しなのでしょうか? 気になり質問してみました。 宜しくお願いします。

  • 温泉の排水処理

    下水道が整備されてないような地域にも温泉施設やペンションなどがありますが、排水処理はどうやっているのでしょうか。まさか川や海に垂れ流しはないですよね。簡易浄化とかなんでしょうか。

  • 生活排水が気になっています。

    生活排水が気になっています。 現在、体・髪・服以外は、湯のみで洗うようにしております。 どうしても湯以上の洗浄力が必要な場合は、市販洗剤。 しかし猛烈に罪悪感があります。 せめて手作りものでと思っているのですが、知識不足で手を出せないでおります。 重曹で掃除が地球に優しい 酢での掃除が地球に優しい(?) 市販の洗剤や石鹸をやめて、手作り石鹸でエコに などよく聞きますが、 いったいどれが、現在の下水処理や水状況で、地球や生き物に負担がないのでしょうか? 体や髪を洗う、油よごれの皿を洗う、服を洗う、湯垢のついた風呂を洗う、トイレを洗うなどそれぞれに適したものがあるのでしょうか? 重曹・クエン酸での掃除、手作り石鹸などの地球への影響などがわかるサイトもあれば教えていただけると助かります。 手作り石鹸の材料に油が入っているのに、どうしてそれが「地球に優しい」の?というくらいのレベルなのです。 よろしくお願いいたします。

  • 生活排水 浄化槽の流す先・・・

    家を新築しています。生活排水は合併浄化槽をつけて、以前その土地に住まれていた方が使っていた配水管に接続し、前面道路にある配水管を通じて数メートル先の川へ流す予定でした。 ところが家の前の住人の方から、浄化槽の水を前面道路の配水管へ流さないでほしいと言われました。 前面道路は、市道に認定されていますが、名義には4人の方の名前があります。前の住人の方もあります。私に土地を売ってくださった売り主さんの名前もあり、現在私達の名前に変更手続き中でもあります。市道に認定されているので、固定資産税などを払うこともないそうです。 こういった場合、前の住人さんに反対されると、生活排水を流すことは出来ないのでしょうか? もう1カ所裏に流す配管があることはあるのですが、そこを使うとなると、今度は裏の家の方の敷地の下を通ることになりますし、裏の配管は使えない状態なので、工事がはいることになり、多額の出費にもなりかねません。 これから長くお付き合いする方なので、もめごとをつくりたくないのですが、どうすれば良いでしょうか? 排水を流す権利はあるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 下水処理について

    東京都の家庭排水や工業排水の行き先は下水処理場などだと思うんですが、河川を歩いていると、ところどころ洗剤のような泡がたまっているようなところもありました。 と言うことは、排水はすべて処理されているわけではなく川へ直接流れているものもある、と言うことなのでしょうか? このことについて詳しく知っている方や詳しいデータを持っている方はいますでしょうか?もし良かったら教えてください。よろしくお願いします。

  • 家庭排水の水質汚染

    現在、学校の授業内で環境問題について調べる時間があり、 私たちの班は水質汚染について調べています。 色々調べていて思ったのですが、生活排水は下水処理場で処理されますよね? そして、更にそこで処理しきれないものは、高度処理をしなければならないと。 ですが、どこのサイトへ行っても、生活排水の多くの油分や食べ物の残り汁などは 大量の水で希釈しなければ放流できない、とあるのです。 そこで思ったのですが、下水処理場とは「希釈」ではなく 根本的な汚れや有害物質を「除去」する役目を担っているのですよね? どうしてそこで希釈しなければ放流できないという問題に繋がるのかが分かりません。 もし私の考えているような下水処理であるならば、 洗剤や米のとぎ汁等の汚れは、下水処理場できちんと処理されるはずです。 でも、水質汚染の問題は今も続いています。 合流式下水処理場の欠点についても理解しているつもりです。 下水道が完璧には普及していないことも。 だからといって、これだけ(といっては何ですが)でここまで大きく取り沙汰されることはないはずです。 何だかよく分からなくなってきました。 当方、少しばかり調べただけの僅かな知識であるため、 専門の方には愚問に感じるかも知れませんが、 どうか回答の方、よろしくお願い致します。

  • 中国の環境規制?

    中国で最近よく環境問題が取り上げてられていますが、 法規制って在るのでしょうか? 工場排水については法規制が在るようですが、生活排水って規制が在るのでしょうか? 先日中国の田舎に遊びに行ったら、川に流している感じだったんで。 私自身日本で水処理の技術を仕事にしているので、かなり興味があります。 どなたかご教示下さい。

  • 浄化槽排水の宅内処理について

    現在マイホームを新築しておりますが、下水道がなく側溝もないため、浄化槽の排水を宅内処理する必要があります。そのため、蒸発散槽?を数機設置するのですが、土地が粘土質で川に近いことから、水はけが良くないのです。蒸発散槽は土中に浸透させるものだと思うのですが、大雨の時など、土中に浸透しきれなくなった排水は溢れてくることになるのでしょうか?また、その時し尿や生活排水はできなくなることは起こるのでしょうか?良い対応策や経験談を是非お聞かせ下さい。