• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

擁壁が壊れた!業者に買い取ってもらえますか?長文ですいません。

新築で土地建物とも建築会社から5年前に購入しました。少し高台にあって家の敷地南側が擁壁となっています。先日家の傾きに伴い,薬液注入工法により地盤改良工事を行いました。結果的には終了して家は水平レベルに到達したのですが,その過程で,家を持ち上げるとともに横方向にもテンションがかかり,擁壁を押してしまい,擁壁が両隣家との境で破断して南側に倒れそうなくらい押し出されてしまいました。知り合いの一級建築士「k」に見てもらったところ,「構造力学的に擁壁としての機能を喪失している」ということでした。建築会社は土地を擁壁等造成をした会社から購入したようで,擁壁工事には関わってません。kは「擁壁が倒壊したら家も倒壊する虞があり,君たちの命も危ない。また,擁壁が倒壊してその下に居た人が死んだら君が責任を取ることになる。この家を建築会社に買い取ってもらうか,建築会社に他に住むところを新たに構えてもらえ。」といいます。建築会社は,擁壁工事または擁壁の地盤調査がきちんと行われているかどうか確認してはいなかったようです。こういった場合,建築会社にを買い取ってもらうことはできるのでしょうか?できないとなれば別に新たに居所を構えてもらうことはできるのでしょうか?私は大変不安であり,建築会社の担当者に対して今日からでも他所で生活したい旨を伝えるとともに,買取または新たな居所を構えてもらうことの希望を伝えましたが,建築会社の方は「社長と相談して後日連絡します。」というにとどまっています。建築会社から「擁壁の補強は十分です。崩壊しないように工事をするのでそれで納得して欲しい」といわれることも予想され,品確法も見てみたのですが,擁壁及び擁壁の地盤が品確法で対象とされる「基礎」に当たるかどうか判断できません。どなたか詳しい方,アドバイスをよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1220
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#65504

品確法には基礎や土台は明記してありますが、地盤そのものについては記載がありませんので、地盤自体の瑕疵が品確法に適合するかどうかは微妙なところです。私は擁壁は「基礎」には該当しないと思います。 ただし、こちらのサイトのQ15に地盤沈下の例が記載されていますし、 http://www1.fctv.ne.jp/~sjc/page10.html こちらのサイトにも同様の記載があります。 http://www5e.biglobe.ne.jp/~iharageo/hinkaku.htm これは地盤そのものは基礎など構造物ではなく、品確法の対象外と解釈されても、地盤の瑕疵により構造物が影響を受けるような状態の場合は、構造上(構造全体に対する物)の瑕疵として扱えると判断しているからだと思います。 質問のケースは地盤沈下とは異なる擁壁の瑕疵でありますが、構造が影響を受けるような物ですから、品確法の適用になる可能性が高いと思います。k建築士の型の鑑定書などをもらえれば、そういう風にはなしを持っていけると思います。 但し質問のケースでは請負契約か売買契約か不明なので(買ったと書いてあるので売買契約なのかな)、それによって買い取り請求ができるかどうか、対応が異なるようです。 請負契約の場合は修理、修理できないときは建て替えとなるようです。元々購入したものではないので、買い取り請求などはできないようです。 但しこの場合擁壁のやり直し、建て替えの場合は仮住まいの費用の請求も損害賠償として請求できると思います。 売買契約の場合は修理が原則で、修理不能の場合は、契約解除もできるようです。ただし、一般にこのような場合減価償却が発生しますが、品確法は特殊な法律であるため、品確法に基づく契約解除の場合については建物減価償却をどう扱うかは法律に明記されておらず、現状では判例などもないことからその取扱が決まっていないということです。 すなわち、減価償却が認められるなら契約解除の場合売買代金から減価償却分を差し引いた金銭が返還される。減価償却が認められないのなら売買代金のほとんどが返金される。というふうに減価償却の扱いによって返金される金額が大きく異なってしまいます。 木造の場合品確法以外の法律についての瑕疵は5年で時効が来るような物ですから、減価償却があるとほとんど返ってこないという状況にもなる可能性があります。 減価償却の法的な解釈は非常に重要です。 そのためには法的な解釈論が必要になると思いますので、弁護士などに相談した方がよいと思います なお、品確法に基づく住宅性能評価を受けていると、公的機関による仲裁を受けられますので、もし評価を受けている場合はそこを利用しみてはいかがでしょうか? http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/hinkaku/hinkaku.htm ちなみに擁壁自体は、質問者との契約関係にある建築会社が建てた物ではなく、別の造成業者が行ったもののようですが、質問者が請求できるのはあくまで契約相手の建築会社であって、擁壁を建てた造成業者にはできないことになっています(建築会社は造成会社に損害賠償を請求することはできます)。 次に万が一、品確法には適用しないと判断された場合でも、家の傾きの補修工事による被害結果と考えて、施工ミスによる資産の損傷と見なして、その補修業者(建築会社と同じところ?)に対して損害賠償請求、状況によっては建て替え費用などを請求することができると思います。 ただし、品確法の適用または補修工事による損害といういずれの場合でも、修理で解決できる問題か、どうかが大きなポイントとなります。そのためには専門家の鑑定結果などが必要です。補修工事による影響と考える場合は、その因果関係を証明する必要も必要です。補修業者と建築会社が別の場合は、責任のなすり合いになる可能性もあります。 これらの鑑定をできる限り信頼のできる専門家に見てもらってください。 いまは知り合いの建築士に見てもらっているようですが、おそらく今は無料に近い状態で見てもらっているものと推定します。 擁壁と鑑定結果の責任の明確化の意味も込めて、知り合いとはいえども鑑定をしてもらう場合は鑑定費用を支払った方がよろしいと思います。 それと補修工事との因果関係を示すために、できるだけその因果関係を示す証拠を記録しておいた方がよいです(補修工事の時期・内容、擁壁の被害の発生日時・状況など)。時間が経つと因果関係を証明するのが困難になります。写真もできる限り自分でも取っておくとよいでしょう。 それが進行しているかどうかも重要な情報ですので、定期的にチェックすることも大事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

懇切丁寧な回答をありがとうございました。そうですね。思い悩んでいるより,まず鑑定等できる手段を講じる必要がありそうですね。自分の進むべき方向性が見えてきました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 擁壁の強度について

    今年の春に土地を購入しました。 第一種住居地域、40坪、けんぺい率60%、容積率200%です。 南北に14m、東西に10mの敷地で、2方向をL型擁壁に囲まれ、 擁壁高さは3m、擁壁の底板は3mほどの幅があります。 擁壁の確認済証はあります。 擁壁の強度のことや、擁壁の底板の幅が長く、底板上にのっかるよう に家をたてる必要があること(底板を避けて家を立てるとかなり小さ い家しか建てられません)が気になっていましたが、仲介の不動産会 社に聞いたところ、売主(造成業者)は擁壁の造成を何度もやってる し、家を建てられないような造成をすることは考えられないし、工作 物の確認済証もとっているので問題ないと言いました。擁壁の底板の 件も、心配なら地盤改良で対応すればよく、建築会社と相談して決め るべきことですと言いました。 第3者に擁壁の強度について調査してもらって、問題のないことを確 認の上購入するのが理想なのでしょうが、そこまで考えが及ばず、 不動産会社の言うことを信じて土地を購入しました。 その後、建築会社を決め(不動産会社とは関係のない会社)、最初に 土地や擁壁に関する資料を渡し、1ヵ月半近く間取り(木造2F建て 建坪30坪)を考え、測量や地盤調査なども行い、見積りをだしても らった上で契約をしました。 しかし契約直後になって、擁壁の強度が足りないかもしれない、最悪 家を建てられないかもしれないとの連絡があり、不動産会社から擁壁 に関する詳細な資料を取り寄せ、資料をみた結果、擁壁の上載荷重が 5kN/m2しかなく、このままでは強度不足で法的に無理があるとのこと でした。 このままでは問題だが、擁壁の下の地盤の地耐力も加味してトータルで 10kN/m2あれば問題ないとの事で、擁壁の下の地盤の資料を不動産会社 に要求しようとしているところです。(建築会社が資料を基に独自に擁壁 の構造計算をしようとしています) 質問ですが 1.建築会社に土地(擁壁)の安全性の確認の義務はないのでしょうか?   建築会社がリスク回避のためにも一番最初に確認すべきことのような   気がするのですが。問題が持ち上がってからこの長い間答えが出てい   ない状況で、建築会社の対応の内容や遅さが気になっています。売主   に直接聞けばすぐに答えがわかるような気がするのですが。   それとも、本来土地の安全性については売り主や買主の問題で、建築   会社に確認の必要性はないものなのでしょうか?   今色々とやってくれているのはサービスでやってくれているのでしょうか? 2.建築会社は今のままでは法的に基準を満たしていないと言っているのです   が、擁壁の強度に法的な基準は条例か何かで定められているのでしょうか?   ちなみに不動産会社も建築会社も購入した土地もすべて同じ県にあります。 3.擁壁の確認済証は法的な基準をクリアしている場合に発行されるものだと   思っていて、それがあれば問題ないと思っていたのですが、建築会社から   聞いた話だと、造成業者が提示した基準をクリアしているかどうかの証明   書であり、確認済証があるからといって、家を建てられるわけではないと   いわれましたが、そういうものなのでしょうか?建築予定の市役所に聞い   たところ確認済証があるのなら問題ないと思いますといわれたのですが。  (市役所には電話でちらっと聞いただけですが) 4.擁壁の強度に法的に問題があった場合ですが、土地の費用を全額取り戻せ   る可能性はありますか?

  • 擁壁が高くて軟弱地盤の土地について

    南側約3m、東側約5mの高さの擁壁がある土地(約70坪)についてご相談があります。 この擁壁はL型擁壁と呼ばれるかなり強度のあるものらしいのですが、盛土なので、地盤がかなり弱いらしく隣地では、7~8mの鋼管杭での改良を行ったそうです。 このような軟弱地盤でかつ擁壁が高い土地に家を建てるのは危険でしょうか? また、安全面で、東側の擁壁のどれぐらい近くまで寄せて、家を建てることが可能なのでしょうか? 不同沈下などで、東側に倒れたりなんかしたら、しゃれになりませんよね…。

  • 擁壁工事の負担

    擁壁工事の負担者について教えて下さい。 私は千葉県内に住んでおります。このたび中古で購入した家の建替えを考えております。 土地は南側を頂点として東西2辺に市道が走る細長い三角形の格好をしております。 西側の道路は、登り坂の起点となっており、土地の西側は坂の高さに沿ってブロックで積まれた擁壁が斜めに存在しております。 今回、建替えをするにあたり、現在のブロック擁壁では強度不足のため、新たに擁壁を造らなければ市の建築許可が降りないと不動産会社を通じて知らされました。擁壁工事は上の土地所有者の負担(原則)という話も聞きましたが、市役所の建築指導課、道路管理課では工事代の負担は出来ないとのことです。なお、西側の坂は公道扱いではなく、公図上では地番が無い市の敷地です。市の西側道路は民法225条で規定される土地所有者には該当しないとも解釈は出来るのですが、擁壁がなければ、道路も崩れ落ちて存在はしないため、 下の所有者が全額負担することも、不思議に思われます。 擁壁の工事費は驚くほど高く予算も無いため困っています。 どなたか、このようなケースでの擁壁工事負担について、お知恵をいただけますようにお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#65504

#2です。横レス失礼します。 >全てを建築会社の責任として保障してもらい,あとは建築会社と造成施工会社との問題,ということでもなさそうですね。 #1さんのお礼欄に書かれた上記の内容ですが、品確法の対象になる場合は、こう考えなくてよいです。 品確法ができるまでは責任の所在は、上記のように曖昧でした。これは購入者にとって責任の追及先が不明瞭であるという問題がありましたので、品確法ではそれを改正して、責任の所在を明確にしています。 すなわち、売買契約においては売り主、請負契約においては施工業者に責任があると、決まっています。 逆に売買契約において施工ミスによる瑕疵があった場合でも、売り主が責任を持つことになっており、施工会社に責任を求めることはできないと解釈されていますし、売り主が倒産してしまうと品確法では施工会社に責任を求めることはできないことになっています。 最近おこった耐震偽造問題では、ヒューザーやシノケンが瑕疵担保責任を持つことになっていますので、問題を起こした姉歯建築士や検査ミスをしたイーホームズ、ERI、特定行政庁、施工を請け負った建設会社に品確法に基づく瑕疵担保責任を追及はしていません。 ホテル業界は総研に求めていますが、これは総研とはコンサルティング契約を結んでおり、品確法とは別の法律から責任を追及しているからです。 品確法の対象外となった場合は、責任の所在を確認することは必要ですが、地盤による物でも構造上の瑕疵扱いとして品確法の対象となると、品確法に基づき直接の契約相手(売り主または請負業者)に求めればすむようになっています。 品確法でいけるかどうかによって、責任を追及する必要があるかどうかが変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

後々まで気にかけていただき,ありがとうございます。一両日中に業者と話し合いを持つことになりました。十分に渡り合える,とまではいきませんが,心強い基礎知識を得ることができました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

いずれにしても、大きなお金の話ですから、裁判を経ないと、にっちもさっちもいかないと思います。裁判を想定して、弁護士の選定や、関係者との発言の記録を取っておくべきです。 現在の状況について、どこに責任があるのか?無いのか?をはっきりさせる必要があります。 まずは、宅地造成が適正であったのかどうかを検証する必要があります。造成の図面を入手し、構造事務所に検証してもらってください。 擁壁の設計が適正であったのか?地質調査をふまえた設計になっていたのか?【造成施工者】 擁壁の施工が適正であったのか?【造成施工者】 宅地造成が適正であったなら、、、、 造成後の宅地に対して、、、地質調査を行い、適正な構造設計が行われていたのか?【建築会社】 擁壁以前に、家が傾いたというのは大きな問題です。その原因を突き止めるべきでしょう。 地質調査をしていたとしても、改めて地質調査をすべきでしょう。 おそらく、建築の構造設計は不適切だったと思います。 最後に、傾いた家を水平にするための改修工事が適切であったのか?【改修した会社】 擁壁が傾くことを予見できなかったのか?という点がポイントですね。 係わっている様々な業種の会社の仕事を把握し、責任を切り分けることで、先ずは事態を把握してください。 今のささやかな情報で推測すると、、、 造成はいいかげんだが違法ではない。 建築会社は地質調査を行わず必要な構造設計を行っていなかった。 というところでしょう。 同じ造成や同じ建築会社の住宅が近隣にあるなら、皆で一致団結して一緒に調査し、お金を出し合って共同で原告となって責任のある会社を告訴すべきでしょうね。 ちなみに、擁壁は建築の基礎ではありません。 宅地と建築は切り離して考える必要があります。 造成がいいかげんでも、建築は傾かないような設計をしなくてはなりませんし、それは可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。やはり裁判になりそうですね。確かに責任の所在を明らかにするために,切り離して考えることが必要なのですね。全てを建築会社の責任として保障してもらい,あとは建築会社と造成施工会社との問題,ということでもなさそうですね。一刻も早く転出したいと思いますが,じっくり責任の所在等を確認して一つ一つクリアしていかなければなりませんね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 適格擁壁なら擁壁から1mの所に建物を建てても安全?

    こんにちは。素人ですので専門用語や基礎知識に乏しいのですが、どなたかアドバイスいただけたら助かります。 この度、土地を購入し新築の家を建てることになりました。 都市計画における区画整理事業で整備された地区で、購入した土地が北側のみ1.5mほど盛土した土地になります。 L字型の適格擁壁も設置され約10年ほど経って地盤も安定しており、柔らかい地盤ではないそうなので杭打ちなどの基礎工事の必要もないとのことでした。 今、軽量鉄骨の住宅でHM2社と競合させている段階なのですが、1社は擁壁から1m30の所から建物を建てても問題ないとプランをあげてきたのですが、もう1社は絶対に必要ではないけれど数十年後のことや地震などを想定すると2.5mは擁壁から後退させて作る方が安全だといっています。 土地に限りもありますのでできれば1m後退で建てられたらありがたいのですが、地震や数十年後の安全が不安定なら・・と悩んでいます。 適格擁壁でもやはり数十年後のことを考えるなら大きく擁壁から後退させて建物を建築させたほうがいいのでしょうか? ご意見・アドバイスいただけたら助かります。 よろしくお願いします。

  • 擁壁にクラック

    1年前に造成された土地を購入し住宅を建築しましした。 引渡し前に擁壁にクラックが入っているのを発見してしまいました。 擁壁じたいは2m以下です。土地購入後、地盤改良で杭をうっています。 色々調べた結果擁壁はL型になっていて住宅は底版にかかっていないのですが、擁壁側にある温水器のための杭が底版にのってとめているみたいです。 クラックが入っているのはこの温水器の近くのみです。 杭をうった会社が調査した結果、杭をうって擁壁にクラックが入った可能性がないとは言えないので擁壁にシリコンを注入する提案がでています。もちろん住宅が傾いた場合は10年間保証します。 との事です。擁壁が崩れるなら地盤が固まってない造成後10年以内におこると言われていますが、10年後に擁壁が崩れたりした場合はもう仕方ないのでしょうか?そこから家が傾くとか気になっています。 ずっと保障とかありえない事ですか?良い方法は他にあいますか?

  • 擁壁で悩んでます。

    擁壁で悩んでます。 何度も同じような質問ですみません。 ・擁壁工事見積もりあり ・土地の一辺だけです。 ・高さは1メートルまで ・地盤改良時にコンクリートの壁があり ・建物は1700くらい離して基礎あり ・求積図面には設計者により安全であることを確認と記載あり ・既存石積擁壁500~1200のCON塗仕上げと記載 教えて欲しいのは、 (1)擁壁工事が本当に必要なのかどうか?です。 (2)図面に安全確認や既存擁壁が記載されているので、補強工事や外溝工事ならわかるのですが、それでも擁壁工事見積もりがあるのは、不適格擁壁だからでしょうか? (3)擁壁をしなければいけない条件が記載されている法律がありましたら、教えてください

  • 擁壁の傾きは直せる?

    山を削った造成地で、南側と西側斜面に高さ2m程度の擁壁(生コン現地流し込み)があります。擁壁長さはそれぞれ20m程度の2分割構成となっており、南側斜面の中間で別れています。造成後18年経過しておりますが、一方の擁壁が土圧に耐えられなくなったのでしょうか、外側に上端で3cmほど傾いています。いつ傾いたのかは判りません。分割部分から、折れた擁壁の根元を見ると、わずかに鉄筋が見えます。この様な状態ですが、擁壁の修理、補強工事は可能なものでしょうか?また、2年前にこの物件を中古で購入しましたが、その当時で家の南側犬走り部及び基礎部にひび割れがありました。擁壁の傾きは数ヶ月間チェックしていましたが今のところ進行は無いようですが、素人目でこのひび割れの原因は擁壁の傾きではないかと思っております(擁壁が傾いたため敷地南側の地盤が沈下した?)。実際に専門家に診断してもらいたいのですが、どの様なところに相談したら適正な診断をしてもらえるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    初めて質問します。 擁壁のある全戸13戸の開発地をハウスメーカーの紹介で購入し、木造の自宅建設を予定している者です。 土地の形は南北11m×東西10mのほぼ真四角の土地で東側が開発道路で土地とはほぼ同じ高さ、西側に4mの擁壁、底盤も同じ長さのL字型擁壁でその部分は盛り土となっています。 開発は昨年ですが、土地を仲介した不動産会社、土地を開発した売り主に聞いたところ「本開発地の擁壁建設を行った際は、岩盤の地山を造成している。擁壁上の盛り土以外はすべて岩盤で底板の真下もすべて岩盤に接している。」との回答があり、地盤改良は必要ながらも、さほどの負担はないものと安心し、この土地の北側約3/4に東西にまたがる形でほぼ正方形の家を建てるつもりでいました。 ハウスメーカーの方で擁壁工事の書類を精査し県の建築基準等、構造に問題がないこと、売り主の言は嘘がないことを精査した上、SS法で地盤調査を行いました。私が目で見ただけでも確かに擁壁上の盛り土以外は岩盤が表面に出ているのが分かり、SS法による地盤調査時も岩盤側は測定ピンが何度打撃を加えても20センチほどしか入らないぐらい堅い岩盤であったことを自分の目で確認しています。 間取り確定後、ハウスメーカーから「地盤改良工事の見積もりが200万を超える」との回答があったことから、不審に思い、なぜこんな高額になったのか質問したところ、「擁壁側に14本鋼管杭を底盤の上にのせる形で打ち、岩盤側もすべてのバランスを取る意味から、大きな木ねじのような杭を18本打つためこのような金額になった。」と答えたことから、納得できず直接この土地を仲介した不動産会社に確認したところ、「お宅以外の他の土地はすべて擁壁の有無にかかわらず、住宅建設に際して地盤改良は行うことはない。この中にはすべて盛り土のみの土地も含まれており、それでも10年の地盤の保証もでてすべての土地で建築確認もとれている。ハウスメーカーの回答には疑念が残るので地盤調査の結果書をハウスメーカーから受け取り見せてほしい」との回答がありました。 いったいどっちを信じていいのでしょうか。子供の転校のこともあり、時間は余りかけられない現状があるため困っています。 よろしくお願い致します。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    土地面積約55坪、東側が高さ3m、南側が1~3mの擁壁(L型プレキャスト)のある土地の購入を考えています。造成は3年前に大手が行っています。土地全体に高さ1mの盛土があり、支持地盤は固い粘土質(N値:25~50)ですが、擁壁側は幅3mが埋め戻しの盛土となっています。入口となる西側は道路との段差がなく、こちらに駐車場を設置したいのですが、その場合建物が東側の擁壁から幅1mのところに建つことになり、地盤改良を行うとL型擁壁の上に鋼管杭を打つことになります。これを避けるため、東側を幅3m程度あけて建物を支持基盤の上にのせると、西側の駐車場を北側にうつすことになり、南側の庭は2.5m程度になってしまい土地が有効に活用できなくなってしまいます。HM及び地盤調査会社の方は、砕石とベタ基礎だけでも十分安全であるが、心配であれば擁壁の上に杭を打ってもよいと話しています。 地震等で擁壁が壊れてしまわないかが心配なので、擁壁の負担を減らすような地盤改良を行いたいと考えています。擁壁に直接杭を打つのはためらわれますので、他によい地盤改良の方法があれば教えていただければと思います。また、プレキャストの擁壁は頑丈なので50年はもつと言われたのですが、粘土質の土地ということもあり、コンクリートの寿命も気になります。一般的に擁壁はどの程度の耐用年数があるのでしょうか。わからないことばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 擁壁に関する注意事項

    住宅用の土地を探してます。 現在候補が一つあり、南側が道路で、東側が擁壁となってます。 この擁壁の高さが約5M、擁壁部分の面積が約10坪あります。 この擁壁の部分を隣接する隣で買って頂くように調整中です。 調整がつけば、擁壁部分は隣の敷地となり、私の敷地はこの擁壁の上からの平地部分となります。 このような土地割りの場合、考えられるリスクと、事前にチェックしておくべき事項があればアドバイスお願いします。 また、地盤調査を行う予定ですが、この場合擁壁部分 の地盤も考慮に入れて何かしなければならないのでしょうか?

  • 擁壁について

    土地に 1.5M の高低差があります。下の地盤面から上の土地を「コ」の字型に、5M*5Mくらい切り込んで、車庫を作りたい。 どんな擁壁がいいですか。PCがいいですか、現場打ちコンクリートがいいですか。または、H鋼を打込むなどの方法がありますか。それとも、土木の土留めのようなものがありますか。 工事費の目安も教えてください。 なお、周囲には十分な余地があります。法面のある擁壁でもいいです。

  • 擁壁の作り変え方法について

     中古の住宅を契約しました。 西側は道路水平にに接し、南側は段々と東に向かって下がった道路に接しています。 擁壁にヒビがあります、ヒビの側に地盤も下がっています。 大工の棟梁にみてもらったところ「17年でこの程度なら気にする必要は無い」といわれました。 なので今回はリフォームして住むつもりです。建て替える資金もないので… ですが擁壁の工事をするときになって住宅はそのままに擁壁の作り変えが出来るのでしょうか?(不動産やはできるといいますが不安材料です。) 工事をするときには垂直な擁壁にして敷地を広げたいと思っています。 住宅と擁壁の上部までの距離は1.5メートルぐらいです。 よろしくお願いします。

  • 土地の購入、擁壁が後ろにそびえたっています。

    家を建てるのに土地を探しています。27坪の土地を見つけました。広さはこのくらいで十分なのですが北側を玄関にして南側がひな壇になっていて、そのひな壇にマンションが建っています。もしこの土地を購入して家を建てると、家の南側に普通ならお庭側とでも言いますか、その場所に擁壁があります。そのため、リビングを2階にしようと思っています。買いたい土地はひな壇の下にあるので、日当たりばっちりとは言えませんが、東側はとてもよく日が当たり、南側も2階ならよく日が当たります。心配しているのは、擁壁の下に家を建てることです。そのよう擁壁が崩れてこないかとか、湿気がひどくないかとか。ちなみにその擁壁の一部分は買いたい土地の敷地に含まれていて、その擁壁の部分を足すと30坪の土地になります。将来的に擁壁の補修などが生じた場合、一部負担をしなければならないのかなとか、いろいろ心配してしまいます。いっそうのこと擁壁の部分をマンション側に売却はできないのか、など考えています。こういう土地を購入して家を建てるのはあまり勧められないとは思いますが。デメリットがあまりにも大きければあきらめようかなとも思っています。そのへんのところをアドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。