• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ??(長文)

  • 質問No.1930935
  • 閲覧数91
  • ありがとう数6
  • 回答数5
私はまだ選挙権を持っていません。
だけど政治が好きでよくニュースを見ますが、個人的に
どうしても自民党が好きになれません。
去年の選挙で自民党が圧勝しましたが、年金問題や今回の牛肉問題などなど対応が悪い気がしてしまいます。
牛肉問題では小泉総理が「そんなに責めなくても・・」
など国の代表とする人が国民の安全をホントに考えてるかと思いました。年金についてはある雑誌に書いてあったのですが、現在60歳の方たちは年金の払った分の約4000万プラスだそうです。そして現在20歳の方たちは60歳になったときそれがマインスになるそうです。私はまだ税金と言ったら消費税しか払って無いけどあと数年したら払わなくてはいけません。この国はどうなるのでしょう。
一意見として皆さんの意見を聞く事が出来たら幸いです。
自民党が好きな方、苦手な方意見を聞かせてください。

乱文で失礼しました。あくまでも個人的意見です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 20% (15/73)

私の意見ですが,民主党よりかはマシといった感じです.
もし民主党が政権をとったとしても,ただ選挙のために群れているだけの政党です.
多様な意見が出るのはいいことですが,今の民主党は,
個々人が好き勝手なことを言っているだけの幼稚園児の集団みたいなもんです.
それを怒鳴りつける迫力を持った先生がいません.
今以上に迷走して,日本を混乱させることでしょう.
自民党なら色々な意見を内包しつつも,まだ政策をまとめるだけの力は持っていると思います.

ただ,小泉さんも昔はよかったですが,最近は皇位継承問題などハァ!?な言動が目立ちます.
思うにあの人はよくも悪くも破壊者なのでしょう.まさしく信長.
しかし,この5年であらかた破壊や破壊への道筋はできたと思います.
これ以上の破壊は傷となって残ってしまう気がします.
だからこそ9月でスパッと辞めてしまわれるのが最善だと思います.

まだお若いようですが,選挙とは意見が合う人を選ぶものではないと思っています.
自分が立候補するなら別ですが,
完全に自分と意見が合致する候補者などありえないでしょう.
だからどちらがよりマシか.を考えて投票するものだと思っています.
共産党の人に怒られるかもしれませんが(笑) 共産党の存在意義はそこにあると思います.
共産党は全選挙区に候補を立てますから,
自民も民主も毒にしかならないような選挙区では共産党に入れるという選択肢もありでしょう.
どう転んでも与党にはなれませんから,毒にも薬にもなりません.
お礼コメント
noname#34579
回答ありがとうございます。
選挙とは意見が合う人を選ぶものではない。
とても考えさせられました。十色十色(漢字あったますか?;)のように様々な意見があり完全に合う人はいないですよね・・・。これから良い所悪い所を含め考えたいと思いました。
投稿日時:2006/01/30 18:15

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 33% (63/190)

消極的支持というやつだと思います。
元々日本の野党がイマイチ頼りなかったために、1955年から38年間も同じ政党がずっと政権を担当しつづけることになったのでしょう。

しかもグラスノスチ以後、社会主義や共産主義はやっぱりダメなんだ、という見解が広がりました。その後いろいろあって社会党共産党は議席が激減し、勢力がある野党は、野党といえども与党とは結局「大同小異」でしかない民主党だけになってしまいました。民主党は結局のところ自民党を飛び出した人たちが作った政党ですから、大まかな区分では自民党と同じ意見なんです。なので野党としてのハリが出ない。
郵政法案の対案を出さなかった件や管さんの年金未納など、民主党が評判を落とす事件が毎年1つは起こっています。
「もうちょっと頼れる野党がいたらそっちに投票する」という人は多いんじゃないでしょうか。
お礼コメント
noname#34579
そうですね。結構民主党にも評判を落とすような事件がありますよね・・・。もう少し政治家の方たちには頑張ってもらいたいです☆
自分が選挙権を得るとき自民党と張り合えるような党が出来てたらいいなと思いました。
回答ありがとうございます。
投稿日時:2006/01/30 18:18
  • 回答No.3

ベストアンサー率 23% (181/769)

小泉総理の役割は大きかったように思います。時代のニーズに合ったのか否か判りませんが、旧来の政治手法の政治家をほぼ一掃したのではないでしょうか。「談合政治」は現代には合いません。情報公開やインターネットの時代ですから、「公平感」が感じられない政治家は淘汰される時代ではないでしょうか。しかしどなたが総理になっても満点の人はいないので、時代に逆らわないベターな人を選ぶべきかと思います。

後は、旧態依然とした大きな官僚組織が残存していますので、これを解体する必要があります。名目上の解体ではなく、関連の法人などを含めて引っ質的な解体が必要です。公務員の意識改革も必要ですが国民一人一人の意識改革が必要です。公務員の既得権益を非難しますが、国民も既得権益を手放すことに反対のように思います。人間は、本来、保守的で現状維持の習性があると思います。年を取るにつれ、その傾向が強くなります。

年金の問題は、情報公開からスタートしないと官僚・政治家の好き勝手な説明だけではどうしようもありません。年金だけを議論するのではなく、他の省庁や特別会計などを総合的に考えないと無駄の議論のように思います。現在は、年金問題を議論するときは一般会計だけですが、隠れ予算のような特別会計を含めた議論をしていません。政治家の怠慢というか不勉強なのか判りませんが、一種の既得権益のようにして無駄使いの温床になっていると思います。

基本は国民一人一人が政治に参加して、社会を改革・変革することだろうと思います。そのためには選挙では棄権しないで投票して、意思表示をすることしかありません。選挙制度の改革を含めて国民が声を上げる必要があります。少なくとも棄権を回避するような制度を作り国民の声を政治に反映するようにしないと、政治会や官僚の好き勝手な社会(社会制度)を容認することになります。

そのような意味では、小泉首相の後任がだれかによって、改革・変革が前進するか後退するように思います。だれが首相になってもベスト(満点)の人はいないので、時代に逆らわないよりベター、あるいはベターな人が選ばれることを期待します。

質問の趣旨と外れた点はご容赦下さい。
お礼コメント
noname#34579
政治を考えるようになってから、「選挙権をもらって行ってもどうにもならないなら行かない」と思っていましたが、国民としていくのも立派な改革になるんですね。
選挙権を得たら是非改革に参加する気持ちで行ってみたいと思いました。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2006/01/30 18:11
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (306/1302)

自民党を好きでも嫌いでもない者です。

質問者さんのご意見も解りますが、小泉さんになってから自民党の旧い体質の人達が大勢去っていきましたよ。
小泉さんは以前から『自民党をぶっ壊す』と云っていましたが、これに関してはかなりやったのではないかと思います。

また、自民党が嫌いだといっても民主党ならば良いのでしょうか?
現在、民主党に所属している人達は過去に自民党や社会党や民社党等々様々な政党に所属していた人達であって、党首の前原さんなどの考える方向性は自民党とあまり変わらない人です。

現在の寄せ集め所帯の民主党では、党としての方向性すら定まらないのではないかと心配になります。

質問者さんが仰るように年金問題などはかなり心配なことです。
しかしながら民主党が政権をとれば年金問題が劇的に解決するような簡単な問題ではありません。

これまでの各省庁、官僚による税金のムダ使いを徹底的に改めて、さらに必要であれば消費税のアップも致し方ないと思います。

また、ここ最近は日本の経済も以前のようなどん底状態から脱して少しは持ち直し始めた状況です。
一国のリーダーは何はともあれ経済が第一だと思います。
国の経済が上向けば結果としては、小泉政権の方向性は間違っていなかったということではないでしょうか。

自民党でも民主党でも何処でも良いですからこうした改革をしっかり実行することが必要であって、好き嫌いよりもじっくり見極めることが我々国民には必要なことなのではないかと思います。
お礼コメント
noname#34579
回答ありがとうございます。
まずは改革をどこまで実行してくれるかが大切ですね。
選挙権をもらったらそこに目をつけてじっくり考えて選挙に行きたいと思いました。
投稿日時:2006/01/30 18:06
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (903/4455)

狂牛病問題の背景にあるのが,、、
国産牛を生産し販売している畜産団体と族議員が,米国産牛肉を締め出しているおかげで、巨万の富を得ていると言うことです。
畜産関連の族議員と言うのが,国産牛の狂牛病が発覚したときに,牛肉買い取りを税金で行わせ,多くの不正を誘引した連中ですね。
当時は松岡利勝や鈴木ムネヲが農水省の官僚の机を叩いて恫喝し,税機の支出を認めさせました。

日本で見つかっている狂牛病感染の牛は21頭。世界では汚染された怖い肉と言う扱いです。
ある国では,ゴルフクラブの持ち込みでさえ,狂牛病に汚染された土が付着しているから,,という理由で検疫を受けなければなりません。


つまり,狂牛病に関しては,国産牛も米国産牛もどちらも汚染されていて、数十年食べ続けると1人程度死ぬかもしれないと言う危険性があります。

言い換えると,フグより安全ですし,化学調味料と同程度でしょうね。

マスコミの報道には必ず裏があります。

年金については,子供をたくさん産んだ世代が受け取りが多く,子供をうまさに世代が受け取りが少なくなる制度です。
どこの政党も,この原則は変わりません。
年金を多く欲しければ,子供をたくさん産み,支える世代を増やすしかありません。
子供を生むか産まないかの選択まで,総理代人に責任転嫁をするのは、いかがなものでしょうか?
年金の損得を,上の世代を見ると,いやになります。下の世代を見て,それより得だと思うしか無いでしょうね。
年金は払った方が圧倒的に得です。民間の年金よりも公的年金はかなりお得です。
マスコミに煽動されていますよ。
お礼コメント
noname#34579
そうですね。
勉強してない部分があったかもしれません。
もう少し政治について勉強してみます。
私も実際、大きくなっても子供はいりません。
なぜなら、お金がかかるから。。。その分自己中かもしれませんが自分の為に稼いだお金を使いたいと思っています。私の周りにもたくさんこのような意見の友達がいます。その考えをまず変えなくてはいけませんね。
素早い回答ありがとうございました。
投稿日時:2006/01/30 09:59
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ