• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

屈折率について

屈折率について質問です。 波動が媒質1から媒質2へと進む時、入射角θ1、反射角θ2、媒質1での波動の速さV1、媒質2での波動の速さV2とすると媒質1に対する媒質2の屈折率nは n=sinθ1/sinθ2=V1/V2 となっています。これは覚えたし、問題も解けるのですが、普通「Aに対するBの割合」といったらB/Aですよね。 だったら n=sinθ2/sinθ1=V2/V1 と決めても良さそうなものなのですが、どうしてそうなっていないのですか? 何か物理的な理由があったら教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数456
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

    >> 普通「Aに対するBの割合」といったらB/Aですよね。 <<  スネルの式は一見、媒質1の何かと媒質2の何かの「割合」のように見えますが実は、光が境界を渡る際に「保存される量がある」ことが背後に居ます。つまり割合の式ではなく   媒質1の何か=媒質2の何か という等式、保存の法則です。保存されてるのは下図で光の運動量の界面に平行な成分。                    p1              |     /              |θ1 /|              |  /  ̄  n1      _______|/______                /|           _/ |      n2           |/θ2|           /    |          p2   媒質1での横成分 = p1sinθ1   媒質2での横成分 = p2sinθ2 を等置すると   P1sinθ1 = P2sinθ2 あたなの言うとおり「1に対する2は2/1であるべきだ」の形に書くと   p2/p1 = sinθ1/sinθ2 と見かけ上下逆の姿になります。 さらに 伝播速度 V の光の運動量は p=hν/V と、 pとVは逆数関係ですからこれを入れても   P2/P1 = sinθ1/sinθ2 = V1/V2 やっぱり逆に見えますねw よく、なぜ角度を「水面」から測らないのか、垂直な軸など現実に無いものをなぜ? という質問があります。これは下記の余談「最初はケプラーが望遠鏡について考えたから、その光軸との角度が引きつがれた」のでしょう。  要するに屈折の法則は、ケプラーもスネルも想像すらできなかったでしょうが「光の運動量」を扱ってる式です。 「媒質1のV1を真空の光速cとして」というのは、メートル法の「水1リットルを1kgと決める」のような測定基準のレベルの話です。ことは古典電磁気学の範疇ではありませんで、一応納得した気分になるためには、光は最短距離を通る=最小作用原理(変分原理)まで行くしかないでしょう。  余談; 望遠鏡発明のニュースを聞いたガリレイがいち早く作って名を上げたのは歴史的に有名ですが、彼は原理を理解できず、以前から光線の屈折を考えていたケプラーが即座に理解してケプラー式望遠鏡の考案に至ってます。それを期にケプラーが不完全ながら光線光学を著書に記した10年後、追試したスネルが現在の形の式にまとめました、が公表せず、後年に他者によって世に出たようです。  誰が最初に 屈折率を 1より大きい数値として測定したのかを言及してるのに、昔ネット上のどこかで出会った記憶があるんですが、探しきれませんでした。ケプラーだったか‥    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

真空に対する屈折率を、絶対屈折率というのですが、それは#1さんが書いているとおり、 n=c/v (cは真空中の、vは媒質中の光速) です。二つの媒質1、2があったときに、この二つの媒質間の屈折を表すものが相対屈折率で、1の媒質に対する2の媒質の屈折率をn(12)とすると、 n(12)=v1/v2=(c/v2)/(c/v1)=n2/n1 となって、相対屈折率と絶対屈折率の関係は、 >「Aに対するBの割合」といったらB/Aですよね。 っていう関係になっています。(#1さん、逆ですよ・・・) 大元の、n=c/vという定義がどうしてこうなったかは私も知りません。 が、#1さんが書かれたとおり、この方がいろいろ便利なことは確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

実に面白いご質問です。 まず、 >n=sinθ1/sinθ2=V1/V2 は「相対屈折率」(n=n1/n2)ですから、それはもともとの屈折率(厳密には絶対屈折率という)の定義が、 n1=c/V1  c:真空中の光速度 となっていて、真空に対する基準のとり方となっていることから来ているので、そもそもの定義である屈折率がそのように定義したからという答えになりますが、問題はでは屈折率自体を何故そのように定義したのかですよね。 光速度は一定なのだからそれに対する速度を表す比であれば逆の方がよいという話はある意味で素直です。 正直言うと歴史的理由はわかりません。ただもし、n1=V1/cという定義にすると面倒なことになることが多いのは確かです。 今は吸収を考えていませんが吸収を含めた複素屈折率を定義することを考えても、都合が悪いですし、実際に屈折率nが出てくる式というのは大抵現在の屈折率の定義だと掛け算になり割り算にはなりませんので、計算はしやすくなります。 おそらくそういうような理由から現在の定義になったものと思いますが、正直私も歴史的な経緯はよくわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屈折率の問題で困っています。

    屈折率の問題で困っています。 屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか? また,屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか? 解法を教えていただけると助かります。 宜しくお願いします。

  • 光を媒質感に対して垂直に入射させる場合屈折しない?

    高校物理にて、光を媒質感に対して垂直に入射させる場合は必ず一切屈折しない? 光を媒質間に対して垂直に入射させる場合、一般的に 相対屈折率n[12]=sinθ[1]/sin[2]にて θ[1]=0となるから、 0°≦θ<90で、それに従って0≦sinθ<1より、 sinθ[1]=0。 よってn[12]=0と相対屈折率が0だから、媒質に対して垂直に入射させた光は媒質間にて一切屈折せず、必ず直進か反射(真逆に直進)をするという事ですか?

  • 屈折率

    高校物理1の屈折率について質問します。 素朴な質問です。 屈折率はすべて1より大きいのでしょうか? どの参考書を見ても、入射角>屈折角の図が載っているものですから質問します。また、1より大きいと決まっているのであれば、それはなぜですか。 よろしくお願いします。

  • 屈折率について

    ガラスの透過率の測定を行っています。光の散乱や吸収は無視します。  透過率はガラスの反射率で変化すると知りました。  また、反射率は屈折率によって変化するとも知りました。  このとき、屈折率は複素数だそうです。    屈折率は複素数で考えないといけない理由を教えて下さい。  また、ガラスへの入射光の角度から、屈折率を求める式を教えて下さい。

  • 屈折率について

     空気中でガラスの透過率の測定を行っています。  同じ試料で入射光の入射角を変えて、透過率を測定を何回か行いました。  ここで質問です。  入射光の入射角と透過率から試料の絶対屈折率は求まりますか?  入射角と反射率から試料の絶対屈折率は求まりますか?  上記の2つの質問、どちらか若しくは一方にお答え願います。

  • 屈折率

    「屈折率nの媒質から空気中へ光が出る時の臨界角をθ0とするsinθ0を求めよ。」 とあったのですが、解答ではn=sin90°/sinθ0となっていたのですが 、参考書では媒質Iの空気から媒質IIの水へ入射するとき n12=sinθ1/sinθ2となっていたのですが 今回の問題では逆の水から空気へ入射するときだから、 n=sinθ0/sin90°じゃないのですか?

  • 屈折率について その2

    屈折率は、媒質と波の振動数で決まると聞いたのですが、振動数が一定の下で、高温の方が速度が上がる→波長が大きくなる→屈折率が大きくなるといったように、振動数が変化していないのに屈折率が大きくなることにより発生する現象(蜃気楼など)があるのはなぜでしょうか。 屈折率はどのように決まってくるのでしょうか。 以前の質問で、屈折率は媒質と振動数で決まると回答して頂いたのですが、あまりに例外が多いので再び質問させていただきましたm(_ _)m

  • 屈折率について

    参考書(新・物理入門)には、屈折率は媒質と光の振動数のみによって、決まると書いているのですが、ウィキペディアの記述によると、屈折率は波長に依存するとあります。これは、光速一定の下でということで宜しいですか。実際、赤光線と紫光線だと、波長の違いにより屈折率も違いますよね。

  • 光の屈折率について

    薬剤師国家試験の中の問題で、 図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。これに関する記述のうち、正しいものはどれか。 ○媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。 という記述が誤りで、解説のところに「媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長により変化し、波長が短いほど、屈折率は大きくなる」とか「媒質中の光の速度は、その光の振動数により 変化する。波長を変えると、振動数が変わり速度も変わるため、相対屈折率nは一定ではなく、変化する」とか「真空中の光の速度は波長に関係なく一定であるが、媒質中の光の速度は媒質中の密度及び光の波長により変化する」 とあるのですが、これはなぜでしょうか? ((僕なりに考えてみたのですが…)) ○V(電磁波の速度)=ν(振動数)×λ(波長)という式つまりλ(波長)=V(電磁波の速度)/ν(振動数)…(1)を利用する ○媒質A中での光速(VA)、媒質B中での光速(VB)は変わらないので、Vは変わらない ゆえに波長λは振動数νに反比例するつまり 波長λが小さくなると振動数νは大きくなる。 とまでは考えられたのですが、その後が分かりません。 どうか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 波の反射・屈折について

    波は異なる媒質に出会うと、反射・屈折をすると習ったのですが また、入射角0で異なる媒質に出会うと、入射波と反射波によって定常波ができるとも習いました。 つまり、定常波ができるということは反射波の速さ、波長は入射波のときと同じものであります。 そして、このとき同時に屈折波も生じているはずです。 ここで疑問に思ったのが、なぜ入射波のエネルギーから入射波と同じ速さ、波長の反射波だけでなく屈折波生じるのですか? 自分では反射波は入射波と波長も速さも同じなので、入射波のエネルギーは全て反射波に使われてしまい、屈折波のエネルギーはどこから生じたの? っと疑問に思っているのですが どなたか教えてください。 お願いします。