• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

おとぎ話の“おとぎ”って何?

質問は正にタイトルのままなのですが、辞書を見ても何かしっくり来ません。辞書では、“おとぎ”とは (1)(貴人の)話し相手をすること(人) (2)看護すること(人) (3)おとぎ話 (4)夜の慰みの相手 となっており、“おとぎ話”の説明にある「子供に聞かせる童話や昔話」というイメージと重なるものがありません。 ラジオを聞いていて何となく浮かんだ疑問なので、暇な時にでも回答をいただければ幸いです。

noname#83026
noname#83026

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3398
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

皆様のお答えを拝見する限りではしっくりくる答えではありませんので・・ 「おとぎ」の「お」は接頭辞ですからそれを省くと「とぎ(伽)」という言葉になります。この言葉の本義(本来の意味)は「人の相手になって慰めてやる」ということです。ここからsarasbatyさんの示したような意味が派生します。 さて、おとぎ話というものを「子供に聞かせる童話や昔話」と考えるのはけっこうですが、このおとぎ話をしている状況を想像なさってください・・ まだ、一般家庭にTVもラジオも無い頃、暗くなれば食事をして寝るというのが普通の生活でしたが、それでもなんとなく起きていたくなる夜があり、特に夜の長い冬などでは、さほど眠いわけでもありませんね。そんなとき、大人たちは縄をなったり、農機具の手入れをしたりなどの仕事をするわけですが、子供たちは退屈しています。そんな時、大人たちが子供たちの相手をしながら(自分たちの娯楽も兼ねますが)いろいな話をしてあげるわけです。「むかしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんがおってな」と語り出すわけです。 つまり夜の退屈をしのぐための話、お伽のための話ですから「おとぎ話」なのです。もちろん、貴人など大人が対象であれば、話の内容はいくさの話であったり、故事来歴の話であったりすることもあり、女性が慰めの相手となることでお伽することもあるわけですが、相手が子供であったり家族であったりすることから、一つには道徳的な教訓を含んでいたり、自分たちの村や町の由来であったり(誇りを伝えるため)、しきたりの由来であったりするものを「おとぎ話」と呼んでいるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 質問以外の背景的なものまで説明いただいたため、非常にイメージしやすく、参考になりました。 機会があれば、今後ともご教示よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • pfm
  • ベストアンサー率39% (292/737)

#6では言い足りませんでした。享保(1716-1736)頃に渋川清右衛門が「御伽」名づけたのか、それまでも「御伽」があり、これによってその言葉が定着したのかは不勉強にて知りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2度にわたる回答、ありがとうございます。 せっかく新たな問題が出てきましたので、自分でも勉強してみようと思います。 今後ともご教示よろしくお願いします。

  • 回答No.5
  • pfm
  • ベストアンサー率39% (292/737)

御伽草子が元ネタではないでしょうか?

参考URL:
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%B8%E6%B2%C0%C1%F0%BB%D2&sw=2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 教養のない私は元ネタだとおっしゃる“御伽草子”自体を知りませんでした…。 機会があれば、今後ともご教示よろしくお願いします。

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

 1つ意見とゆーか、思ったんですけど、 (4)夜の慰みの相手  これって別にエッチの相手って意味じゃないんでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 そうだったんですか?私はそれ以外の意味は全く発想になかったので…。 機会があれば、今後ともご教示よろしくお願いします。

  • 回答No.2
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)

 「おとぎばなし」の意味は、「現実とは懸け離れた架空の話。夢物語。」(三省堂国語辞典より)との事ですので、「話」を取ると、「現実とは懸け離れた架空のこと、夢のようなこと」、というような意味かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございました。 わかりやすい説明で納得がいきました。 機会があれば、今後ともご教示よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • sydneyh
  • ベストアンサー率34% (664/1947)

gooホームの国語辞典では、sarasbatyさんのあげた意味以外に「退屈を慰めるためにする行い」と出ます。 ですから、子供に読み聞かせるためのお話を「お伽話」と呼んだのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき、ありがとうございました。 自分の家にある辞書を見ただけで、他の辞書を検索するという基本的な事を怠っていました。 非常に参考になりました。機会がありましたら今後ともご教示よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • ちょっと変だな、昔話・・・

    子供の頃に読んだ、昔話・童話・おとぎ話、当時でも「ちょっと変」と思うところがありました。 ・金太郎さん、熊に乗ってお馬の稽古にはならないんじゃあ・・・ ・白雪姫の魔法の鏡、お后に「世界で一番きれいなのは、あなた」・・・おいおい、もっときれいな人は、たくさんいるだろう! まあ、昔話だから、変なところがあるは当たり前と言ってしまえばそれまででしょうが、お気楽にお暇な時にお答え下さい。

  • このマンガ家の名前を教えてください

    以下に該当するようなマンガ家の名前をどうしても思い出せません。 ・毎回毎回感動系の読み切りを書いている。 ・昔話のようなたとえで ・転校していく友達との事を描かれている ・少女マンガ系の雑誌に載っている ・絵は線の細い童話のような感じ。 ・子供時代とか、子供が登場人物でよく出ていて、おとぎ話っぽい感じのものが多い。 わかる方がいましたらお願いします。

  • 子供に聞かせたくないお話ってありますか?

    子供に聞かせたくないお話ってありますか? 昔話やおとぎ話で子供にあまり聞かせたくないなと思うものありますか? 私は「ジャックと豆の木です」 確か生活の為に売りに行った牛を途中で知らない人と豆と交換するんでしたよね? 知らない人を簡単に信用するって言うのも危険です。 最後は巨人の家から宝物盗んだ上に追いかけてきた巨人を豆の木を切り倒して殺してしまうって言うのも・・・。 巨人が悪人だったとしても、悪人からなら盗っても良いと言うわけでもありません。 あとは「浦島太郎」です。 これも亀を助けたのに最後酷い目にあいますよね? 何が言いたいのかいまいちわかりません。 人助けしてもお礼は貰うなって事なのかな? みなさんもそういうのってあります?

  • 昔はそんなに懐かしいですか?

     現在40代前半の女性です。  高校時代、学生時代、以前勤務していた会社の同僚などから時々、連絡があります。  勧誘目的のみの誘いは直ぐに縁を切りますが、ただ懐かしいという誘いがあります。  数年に一度なら昔話をしに出かけることは楽しいのですが、それをきっかけに同性から頻繁にお誘いがきます。いつもいつも昔話をされるか、過去の趣味を持ち出されて、はっきり言って苦痛です。  それというのも、私は時代と共に価値観や趣味が少しづつ変化してきました。過去の趣味や価値観で語ることは多くありません。また、現在の私の趣味や興味と彼女達と共通するところがありません。  殆どの場合、彼女達はそれに気が付かずにだらだらと昔話に浸っています。  再会して遅くとも2~3回目には昔とは違うことを伝えます。しかし、”へぇ~、変わったんだ。年とったんだね。”で片付けられてしまいます。そしてまた昔のイメージで話が再開していきます。  最近は何かと忙しいと理由をつけてお誘いを断るようにしています。  皆さんにお伺いしたいのは、タイトル通り、 1.「昔はそんなに懐かしいでしょうか?」 2.「まだ40代になったばかりなのに、何度も繰り返し昔話をして楽しいものでしょうか?」 3.「どのように言えば、時代と共に変わっていく人もいると判って貰えるのでしょうか?」 私は次のように感じています。 1.今の方が楽しいので、昔話はそれ程楽しくありません。 2.同じ相手と同じ話を数ヶ月毎に繰り返すことは楽しくありません。   相手が違ったり、何年も時間が経過してならOKです。 3.昔のイメージが強いらしく、なかなか変わったことを認識して貰えません。現在、模索中です。 同世代の方から多くご感想を伺えると嬉しいです。 もちろん、他の世代のご感想もお待ちしております。

  • 白い猫が登場する童話

    ある童話を探しています。 かなりうろ覚えで、間違っているところもあるかも知れませんが… 子供の頃購読していた童話が集まった雑誌に掲載されていました。 タイトルは「白猫と~…」だった気がします。 確かなのは、ふわふわした白いドレスを着た白い猫耳の女の子が 柔らかいタッチの絵で登場する事です。 大人の男の人との掛け合いもあったような…? 8歳と5歳の従妹たちに何か童話を紹介したくて 「子供の頃何読んでたっけな~?」と思い返していて ふと思い出し気になりました。 確かものすごく大好きだったはずなのに 大人になって忘れてしまうものなんですね…(泣 記憶が曖昧すぎるせいか どのキーワードで検索しても「これかも」というものがヒットしませんでした。 もしこのぼんやり情報でわかる方がいたら ちょっとしたことでも良いので教えてください。

  • 思い出せなくて

    ある童話のタイトルなんですが、子供の頃一度読んで感動したのでもう一度読みたいのです。ストーリーはつばめが王子さまの宝石でできた目を運んだり、金でできた体を運んで貧しい人を助けるお話なんですが。どなたか記憶にあれば教えてもらえると助かります。

  • 「看護師ですか、大変ですね」の言葉にイライラします

    「看護師ですか、大変ですね」の言葉にイライラします いつもお世話になっています。看護師として働き出して一年目の者です。 最近、合コンでも新しく人と会う場でも、自分が看護師として働いているというと 「大変ですね」 「体きつそうですね」 の2パターン位しか言われず、だんだんイライラしてきました。 確かに大変でありきついですけど、普通相手の職業に対しかける言葉は もう少し気を利かせてもらってもいいんじゃないかと思います。 最近は、失礼だなあと感じ、イライラするようになってしまいました。 看護師って社会的にこういうイメージしかないんだと思うと更にへこみます。 恐らくほかの看護師の方も同じようなことを何べんも言われてるかと思いますが その時にどのように感じられますか? 何か流せるような考え方があれば、教えてください。

  • しょせんすべてはおとぎ話。。。

    ここ2年近く、恋がうまくいきません。というよりしばらくしたら失望させられる男性ばかり近寄ってきます。私はずっと恋愛体質ではなく、恋が人生の優先順位ではありませんでした。自分の夢ややりたいことが一番でした。 ただ2年ほど前に大きな別れをしてから(自分が決めたこととはいえ心の傷はまだ完全に癒えてはいません)自分につけ込まれる何かがあったのでしょうか、上記に書いたような男性ばかりと出会ってしまいます。 20代の頃は自分は全くそんなつもりがなかったけれど「近寄るとひっぱたかれそう」とか「男性に対して厳しい」と言われてきて「君は俺なんか必要ないよ。自分の夢に向かってひとりで歩いていける人だ」と言われることがしょっちゅうでした。 なのにここ2年ぐらいは 君とは友達になりたい、といいつつしばらくすると身体の関係を求めてくる男や口が浮くような綺麗ごとや優しい言葉をいい、でもおいしいところどりしかしたくない男性、今大きな恋愛が終わって恋をする余裕がないんだ、といいながら恋愛ごっこのように身体を求めてくる男性、この手の男性ばっかりです。もちろん私は断ってきました。 でも最初はいい人ぶって近寄ってきただけに「友達ならいいかも」と信じてしばらく会い続けた自分に腹が立つし、そんなふうな男性ばかり寄ってくるのは私に落ち度や隙があるのだと自己嫌悪になりました。 昔の自分とは大違いです。 自分としては男性への接し方を特に変えたわけでもありませんし、今でも恋愛体質ではありません。ただ30代も後半になってある程度男性に対して丸くなったのは確かですがそれがいけないのかどうか。。 幸い最高の女友達に恵まれているので、彼がいなくても充分楽しいです。 それだけに一瞬でも相手に期待したり初期の段階でもしかしたらこのままいってお互いいいと思えたら恋人同士になるならそれも悪くないななんて思った自分が大バカものに思えます。 誠実で思いやりがあって正直な男性なんてそうそういるもんじゃないし、そんな相手が自分の前にあらわれるとも限らない。 あーもういい、一生男なんてものはいらない、なんてドアを完全に閉めようとしている自分がいます。 友達はそれでも「男運や男の縁が悪いようには見えない。ちゃんと初期に見抜いて自分というものを守ってるよ」「かしこくすりぬけてるよ」とか言われます。また数少ない信頼できる男性からは「恋愛体質じゃないせいかもしれないけれど、自分が思ってる以上に男性は君に好意を持つ可能性が高いと思う。それをわかっておいたほうがいい」と言われます。 でも私の心は男性や恋への果てしない失望でいっぱいです。 最初から信頼できないのはあたりまえだとわかるのですが、信頼を積み上げていこうとしてもがたがたと崩れるだけです。 もうどんな男性も信じられそうもありません。 こんな私にはやっぱり女友達とわいわいやって生きて行くのが似合っているのでしょうか。 ここ2年、4人もの不誠実な男性が近づくというのはやはり私に落ち度がありますよね。 こんなふうな思いをされた事がある方、またその他の方にも何かアドバイスをいただけたらと思います。

  • おとぎ話のような…

    先日、外出している時に雨が降ってきたので 長男4才に「この雨が食べるアメだったら、傘がなくても食べながら帰れるのにね」と言うと、 「じゃあ雪はソフトクリームだったらいいな~」 「食べれなくても雪がいろんな色だったらいいのにね♪」 と楽しい話がだんだん広がってきました。 今はまだ4才なのでそれ程話も広がらないのですが これからもっとこんな話ができるようになってくると、楽しいだろうな~と思います。 「三日月の上で寝てみたい」 「たくさんの風船で空を飛びたい」 「虹のすべり台を滑ってみたい」 こんなおとぎ話のようなメルヘンチックな想像… 皆さんの心にはどんなメルヘンがありますか?

  • おとぎ話を作ってみました。

    感想を聞かせてください。 「サルと大きな果樹の物語。」 昔々、ある所にサルの群れが暮らしていました。 サルたちは、大樹にぶら下がり果実をたべ、寒い日には、果樹の枝を薪にしました。 やがて、数が増えたサルは、全ての果実を取った上、たくさんの枝を切り薪にしてしまいました。 次の年には、果樹は、少ししか果実を実りませんでした。 サルの群れは、一匹当たりの分け前が減り、食べ物に困ってしまいました。 ある日、群れの中で、最も頭の悪いサルが言い出しました。 「高等な、我らが空腹なのは、我らのために、果実を実らせない果樹のせいでだ!」 「高等な、我らが寒いのは、我らのために、枝を伸ばさない果樹のせいだ!」 そして、サルたちは、群れで果樹に不満をぶつけ、殴りました。 「我らに、もっと与えろ!」 問題を、他人のせいにし始めました。 社会主義の始まりです。 しかし、枝を切り取られ、弱ったその果樹は、下を向いたまま何も言いませんでした。 そのサルが続けて言いました。 「高等な我らの、命令が聞けないのなら、我らはお前を殺すぞ!」 それでも果樹は、ただ下を向いたままでした。 「そうか。」 「それがお前の返事か。」 そう言うとサルたちは、果樹の首を切り落としました。 そしてサルは言いました。 「高等な我らに、逆らったお前が悪いのだ。悪いのは我々ではない。」 さらに、サルは続けました。 「果実の心配をする必要はない。なぜなら、隣のサルの群れを殺し、彼らの果樹を奪えばよいだけだ。」 「後は、我らを、脅かす優秀なサルを殺す、社会システムを作り上げれ、我らは安泰だ。」 独裁政治の始まりです。 下等なサルほど、自己評価が高く、より下等なサルをリーダーにし、より大きな群れを作ろうとします。 そして、より優秀な生物に対し、本能的に攻撃します。 つまり、非難し、命令し、侵害し、攻撃し、殺し、奪おうとします。 下等なサルの群れは、隣のサルの群れを虐殺し、果実を手に入れました。 となりの群れは、ユダヤ人達と呼ばれていました。 ナチズムの始まりです。 下等なサルの群れは、次々に隣の群れを襲い、果実を略奪し、果樹を薪にし続けました。 そして、地球を一周した、下等なサルの群れは、元いた場所にたどり着きました。 この時、どこにも果樹は無く、サルの群れは飢えました。 最も頭の悪いサルが、群れの中の弱いサルに言いました。 「高等な、俺が空腹なのは、お前が自身の腕や腿の肉を、差し出さないせいだ!」 サルは群れで、弱いサルを襲い、その肉を食べました。 侮辱の言葉が生まれました。 「俺の歯には、お前の母親の肉が詰まっている!」 イースター島の滅び再現の、始まりです。 そして、サル達は気づきました。 「こんな事になったのは、あの最も頭の悪いサルのせいだ!」 そして、群れのサルは、最も頭の悪いサルと、その近親者を襲い、食べてしまいました。 その近親者を食い尽くした群れは、近親者の近親者を襲い始めました。 もう誰にも止める事はできません。 気づくのが、遅すぎました。 愚かなサルの群れは、どこの国に住んでいるのでしょうか。 めでたしめでたし。