• ベストアンサー
  • 困ってます

住民税を支払ったら、所得控除対象になりますか?

今年の前半に退職し、その後、住民税を普通徴収で納付しています。 仕事の関係で昨年はかなり収入があったために、退職後に請求された住民税はかなりの額でした。 が、今年は年の前半で退職し、いまも再就職をしていないので収入はほとんどありません。 昨年と今年の収入差が激しいため、今年の住民税負担はかなり大きなものとなっていますが、そもそも住民税というのは支払った場合に、その年の所得控除対象にはならないのでしょうか? もし、なるのであれば確定申告の際に、住民税をいくら支払ったかという領収書が必要になりますか? 逆に、もしならない場合、年金や保険料は所得から控除されるのに、住民税だけは控除されないとなると、所得額からさらに住民税がひかれることになり、二重課税になっているのでは、と感じるのですが、詳しい方、どうか教えてください。 ちなみに、私の友人は同じ時期に退職し、似たような状況にありますが、住民税を滞納しています。 この友人と、住民税を支払った私の間で、所得控除額に差がないとすると、なんだか、払っていない人の方が得のような気がしてしまいます。なんだかすっきりしないので、詳しい仕組みをご存知の方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1112
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

税金の仕組みについてあまり詳しくないようなので・・・。(国民の三大義務のひとつです) まず、住民税と所得税はそれぞれどこに納めているかご存知でしょうか。 住民税→市区町村 所得税→国 納税額の算定方法ですが、 住民税は、市(区町村)が前年の所得に関する資料(申告書や給与支払報告書、年金支払報告書など)を1月から5月ぐらいに収集、整理し、課税額を決定したのち、納税通知書、または給与天引きなどの方法で納めます。これが前年所得課税の賦課課税方式です。 一方所得税は、給与収入の場合、毎月一定の額を源泉徴収し、12月に年末調整という形で所得税の過不足を精算します。その他の年末調整を受けられない所得については翌年3月15日までに確定申告という形で自分の納税額を計算し、納付します。これが現年所得課税の申告納税方式です。 ちなみにご質問にある『確定申告の際に、住民税をいくら支払ったかという領収書が必要になりますか?』ですが、上記を参照すればわかると思いますが、必要ありません。 以前は給与所得者だったようですが過去の給与明細を良く見てどこに何を支払っているかを自覚してください。(控除に関してはその後のコト) ご友人の住民税滞納分は市区町村にいずれ高い延滞税をつけて納めなければなりません。 ちなみに私の場合、1期分の滞納住民税を徴収しに3人の市役所員が直接自宅に来ました。(もちろん払いましたヨ。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • thor
  • ベストアンサー率35% (600/1682)

所得にかかる税金は、「後払い」が原則です。 ・所得税……04年の所得を05年(2~3月)に確定申告し、納税する。 ・住民税……04年の所得にかかる税を、05年6月~06年1月に(4回分割で)納税する。 ところが、サラリーマンは「例外」で、次のような支払い方になっています。 ・所得税……04年の所得かかる税を、月給や賞与ごとに概算で徴収し、12月に精算(年末調整)する。控除しきれなかったものについてはさらに確定申告で精算する。 ・住民税……04年の所得にかかる税を、05年6月~06年5月の給与から分割して納付する。 いま、あなたが払っているのは04年の所得にかかった分です。今年の所得についてかかっているのではありません。 〉年金や保険料は所得から控除されるのに、住民税だけは控除されないとなると 住民税は、社会保険料を控除した後の所得額に課されています。 今年の保険料は、06年6月以降に支払う住民税に反映されるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#16398
noname#16398

住民税は所得控除の対象にはなりません。 まず,2番の回答者さんが答えているとおり住民税と所得税は分けて考えてください。 >年金や保険料は所得から控除されるのに、住民税だけは控除されないとなると、所得額からさらに住民税がひかれることになり、二重課税になっているのでは、 実は住民税からも年金や保険料等は引かれているんですよ。 住民税は,均等割と所得割に分かれています。 所得割額の計算方法  (所得金額-所得控除額)×税率-税額控除-定率控除       -配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額 所得控除のされるものには,扶養や生命保険を始めとして,社会保険料,医療費控除分も入っています。住民税の課税通知書をご覧になれば控除額が載っていると思います。 なお,住民税と所得税では同じ控除の種類でも金額が異なっていますのでご注意ください。(基礎控除額~住民税33万,所得税38万) 収入が無いために住民税を払えない場合,延滞金(年利14.6%)がかかってきます。ですが,お住まいの自治体に相談すれば,事情によって収める時期を遅らせたり分割払いができる事もあります。

参考URL:
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/081/kobecityzei/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>>住民税というのは支払った場合に、その年の所得控除 >>対象にはならないのでしょうか? なりません。  住民税は、その前年の所得に掛かるものだからです。  つまり、後払い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住民税と所得税で異なる所得控除額について

     住民税の方が、ほとんどの場合、所得税より所得控除額が小さいので、同じ所得金額でも課税標準額の大きくなる住民税の方が負担が大きくなります。  住民税は広く負担をお願いする趣旨でそのようになっているようですが、異なる控除額を等しくしたり、所得税にしかない「住宅ローン控除」を住民税でも適用するなど、住民税と所得税にある所得控除の違いをなくすことに課題はあるでしょうか?

  • 住民税を所得控除に入れられる?

    父は現在2014年9月に66歳になりました。65歳より厚生年金の定額部分と報酬比例部分が満額もらえています。ただ年金での住民税の特別徴収が間に合わないようで、1回のみ普通徴収、直接支払う形となりました。この分の支払いは住民税の所得控除に入れられるのでしょうか? 通常確定申告をしていて、自動的に国税→市県民税への通知が行われるのですが所得税の確定申告に住民税の入力欄はありません。わからないのでぜひ教えてください。

  • 所得控除の中に住民税がないのはなぜ?

    フリー1年目の者です(給与所得者ではありません)。 税金の知識は乏しいので判りやすく教えていただければ幸いです。 (本題) 税額の試算をしていて疑問に思ったのですが、何故、所得控除項目の中に「住民税」がないのでしょうか? 所得税は源泉徴収されて後から控除されるので理解出来るのですが、 自分の払った住民税額も所得として計算され課税されてしまっているのでしょうか?

  • 所得控除額のあまり

    総所得金額の計算でマイナスになりました。 で、所得控除は余りました。 退職金にかかる所得税の計算で、この所得控除は使えるんですか? おしえてください。

  • 個人事業主。昨年納めた住民税は所得控除対象?

    個人事業主は、昨年納めた住民税は所得控除対象になりますか?

  • 所得税と住民税の控除額はなぜ異なるのでしょうか。

    所得税と住民税の控除額はなぜ異なるのでしょうか。 税金が高いのもムカつきますが、そもそもこの2つの税金を見ているとほとんど控除項目や所得額は同じです。 (控除額だけが微妙に違う。) こんなことをするなら所得額と所得控除額を同じにして税率だけを変えて納付させた方が単純でよいと思うのですが、どうしてこんな変なことをするのでしょうか。(行政が無意味に複雑化させているだけのようにも思えます。法人税に関しては地方税と国税の関係はもっと単純だと知人の税理士はいっていました。)

  • 住民税と所得税の医療費控除について

    教えてください。 去年、医療費が10万円を超え、138,000円になりました。 確定申告をして、所得税の還付を受けようと思い、ネットで色々調べていたのですが 医療費控除は、住民税でも控除が受けられると見ました。 全然分からないので教えていただきたいのですが、 これは、確定申告をして、所得税の還付を受け、更に住民税の控除を受けられる ということなのでしょうか? それとも、(所得税か住民税かの)どちらかの控除しか受けられないのでしょうか? だとすると、どちらがお得なのでしょうか? ちなみに、私の所得は所得控除後が165万で、源泉税が4万5千円です。 (これは去年の所得からなので関係ないかもしれまんせんが)現在、住民税は 毎月6,300円ほど払っています。 ざっとした計算でいいので、良かったら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 退職所得に係る住民税の還付について

    今年2月に退職し、今現在は無職ですが、近いうちに個人事業を始める予定です。退職所得は2,582,000円で所得税が16,700円、住民税が232,300円源泉で控除されました。 所得控除、及び、今後始める事業所得の今年度赤字分を含め、もし退職所得を含めて課税所得が無い場合は、来年の確定申告を行えば、退職所得から控除された住民税は還付されるのでしょうか? また、手続きは確定申告でよろしいのでしょうか? 以上教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 住民税が所得控除で0になる場合の還付金について

    株式の配当所得を確定申告しました。(国民健康保険の所得割分を考えたうえでのことです) 所得税は所得控除・税額控除で0になり源泉税額はすべて還付されました。 住民税が所得から所得控除をひくと12000円残りました。税額控除(配当割額控除)で0になるので源泉徴収されている金額は均等割りを引いて返ってくると思っていたのですが、源泉徴収額から12000円と均等割額5300円を引いて還付されました。 税額控除って税金から引いてくれるもんじゃないんですか?

  • 所得控除合計(課税対象額)について

    「平成○○年度 市民税・県民税特別徴収税額の通知書(納税義務者用)」に記載の所得控除合計と その「前年度分 給与所得の源泉徴収票」に記載の所得控除額の合計額が違うのはなぜでしょうか? 住民税が今年度から約2倍になり減免限度額が大幅に変わり住民税(市民税)を計算しようと思い最初「前年度分 給与所得の源泉徴収票」に記載の所得控除の後の合計額から所得控除額の合計額を引いた課税対象額から住民税を求めようとしたところ全然合いませんでした。 その後「平成○○年度 市民税・県民税特別徴収税額の通知書(納税義務者用)」を見たところ所得控除額の合計額が違っていました。 宜しくお願い致します。