• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

戸籍における「民法上の氏」、「呼称上の氏」

ある書籍からの要約抜粋ですが、 『嫡出でない子乙川花子を有している乙川洋子が、甲山一郎と夫の氏「甲山」を称して婚姻し、長男の太郎を出生した後、夫の一郎と協議離婚の届出をし、同時に戸籍法77条の2の婚氏続称の届出をして同法第19条3項の規定により新戸籍が編制された場合、洋子の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」です。花子の呼称上の氏は「乙川」で民法上の氏は「乙川」です。太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「甲山」です。 花子、太郎を洋子の新戸籍に入籍する場合、(1)花子は民法上の氏が同じなので、同籍する旨の入籍届により入籍。 (2)太郎は民法上の氏が異なるため、家裁の「氏変更の許可」を得(民法791条1項)、入籍届により入籍』 この場合、花子の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」、太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」となるのでしょうか。 また、花子がA、太郎がBとそれぞれ婚姻し、それぞれの氏を称した場合、戸籍に記載される氏は、「甲山」・「乙川」のどちらでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4227
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>民法上の氏変更許可でありながら、母の呼称上の氏「甲山」が記載され、民法上の氏については何も書かれていません。 そもそも民法上の氏というのは架空のというか概念的な氏なんですよ。だから戸籍を初めとする書類には一切かかれていません。そもそも民法上の氏は今の民法と戸籍法にするときに作り出された概念でしかないんですね。 何故概念的な「民法上の氏」なるものを作らなければならなかったかというと、もともとは戸籍による家族の管理から氏による戸籍の管理に移ったたためにおきたことなのです。 端的にいうと、離婚しても婚姻時の氏を名乗る選択というのはあくまで便宜を図ってのことであり、戸籍を中心とした家族制度のシステムの考えでは「元の家族構成の中に戻る」という考え方のままなので、氏がなんであろうと元に戻っていなければならないのです。逆に氏を絶対とみなすという考え方にすると、婚姻時の氏を名乗る選択は第三の選択という意味合いを持ちます。つまり婚姻時の家族を表す戸籍から離れて、でも以前の戸籍に戻るのではなく新たな戸籍を作り、すなわち新たな家族の系統を作るという意味になってしまいます。 しかし実際にはそういう考えかたを取り入れるのではなく、あくまで婚姻前に戻るという考え方は保持したかったので、民法上の氏という概念を持ち出したのです。 これにより旧法では離婚したときには自動的に婚姻前に戻ったのと同様に、離婚して婚姻時の氏を名乗るかどうかに左右されず、婚姻前にあった花子と洋子の2人の戸籍の状態を作れるようにしたわけです。だから花子は許可なく洋子の戸籍に入ります。戸籍上のつまり呼称上の氏は変わるのですが。 一方太郎が洋子の戸籍に入るというのは「従来の状態に戻す」ということにはなりませんので、裁判所の許可を必要とするようにしたわけです。 平たく言えば離婚したあとに従来の状態に戻すときに、いちいち裁判所の許可をいらないようにするにはどうすればよいかという話です。 もう一つ違う例では、先に書いた 「花子さんが相手の氏を名乗り婚姻した場合には、民法上、呼称上の氏は相手の氏になりますが、離婚して復氏すると、また元の民法上の氏「乙川」、呼称上の氏は「そのときの母の呼称上の氏」に戻ります。太郎さんの場合もそうです。」 の例ですね。もし民法上の氏の概念がないと洋子さんの氏が変わっていたとしたら花子さんはもとの洋子さんの戸籍に自動的には戻れないことになってしまいます。婚姻したら籍を離れるが離婚したら元の籍に戻るという基本概念を守るためには民法上の氏という概念を持ち出すしかなかったということなのです。 もっと平たく言えば、民法上の氏とは「こういう戸籍システム・家族の考え方にしたい」という思想と現在の民法や戸籍法の仕組みとのギャップを埋めるための「解釈の仕方」に過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 入籍届

    入籍届について教えてください。 実父母の戸籍から夫の氏で婚姻後、離婚する際に妻が一旦、単独戸籍で筆頭者となることを選択した後で、気が変わって婚姻前の父母の戸籍に戻りたいと思ったら入籍届で戻ることは可能でしょうか。 婚氏続称していなければ、民法上の氏も呼称上の氏も同じなので、家裁の許可はいらないのでしょうか?婚氏続称しているとどうなりますか? また、夫の方も入籍届で婚姻前の実父母戸籍に戻れるのでしょうか?

  • 子の氏変更

    婚姻は妻の氏で届出をだしました。 その後子供が二人できましたが離婚しました。 子供は夫が親権者なのですが、子供は妻の戸籍に入ったままです。 子供の入籍手続きをする前に 別れた妻と復縁することになり、今度は夫の氏を 名乗ろうと思ってますが、 その場合子供二人の氏はどうなるのでしょうか? 裁判所の手続きなどが必要なのですか?

  • 離縁後の氏について

    養子の離縁後の氏についてですが、次の時系列の場合、養子の氏は変動するのでしょうか? 原則としては、縁組前の氏に復するということで、前夫Aの戸籍に復籍するのでしょうか・・・若しくは縁組後、嫡出子Dについて入籍届により、氏の変更があっているため、離縁により復氏はしないのでしょうか。詳しい方ご教授よろしくお願いします。 (1)前夫Aと妻Bが離婚→妻Bは婚姻前の氏で新戸籍編制(氏B)  ※前夫Aと妻Bの嫡出子Dは、前夫Aの戸籍に在籍(氏A)、親権者:妻B(母) (2)妻Bは他の男性Cと婚姻(氏C) (3)前夫Aと妻Bの嫡出子Dが、再婚相手Cと縁組  ※嫡出子D(養子)は前夫Aの戸籍から再婚相手Cの戸籍に入籍(氏C) (4)再婚相手Cと妻Bが離婚→妻B婚姻前の氏で新戸籍編制(氏B)  ※嫡出子D(養子)親権者:妻B(母) (5)嫡出子D(養子)が、家庭裁判所の許可を得て妻B(母)の戸籍へ入籍(氏B) (6)再婚相手Cと嫡出子D(養子)離縁・・・嫡出子D(養子)の氏 ???

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • o24hit
  • ベストアンサー率50% (1340/2646)

 こんばんは。以前、仕事で戸籍事務をしていましたので分かる範囲で…  ANo.2さんへの補足に、 >また、太郎の家裁の「氏の変更の許可」審判書では、『申立て人の氏「甲山」を母の氏である「甲山」に変更することを許可する。』となっています。 とありますが、これに答えが詰まっています。つまり、元夫の氏「甲山」と、離婚後の洋子さんの氏「甲山」は同じ氏ですが「違う氏」だと言う事です。  極端に言えば、知り合いの「木村さん」とスマップの「木村拓哉」氏と同じ関係で、氏が同じだと言うだけです。 >花子の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」、太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」となるのでしょうか。  まず、「戸籍上の氏」=「呼称上の氏」、「民法上の氏」=「出生時の氏」と考えてもらえればよいと思います。    それと、呼称上の氏が一緒でないと同じ戸籍には記載されません。ですから、呼称上の氏が母と同じ氏でないと、同じ戸籍に記載できません。  洋子が結婚で「乙川」から「甲山」に変わってたのは「氏の変更」で、離婚の際に「甲山」の氏を選んだのも「氏の変更」です。後半は変に思われるかもしれませんが、本来、旧姓の「乙川」に戻るところを戸籍法77-2の届けを出す事により「乙川」から「甲山」に「氏の変更」をしているんです。  また、花子が「乙川」から「甲山」に変わってたのは「氏の変更」になります。  一方、太郎は「甲山」から「甲山」ですから、変わっていないように思いますが、前述のとおり、母の「甲山」と父の「甲山」は、同じ氏ですが「違う氏」ですから、「氏の変更」になります。    以上から、花子の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」、太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏も「甲山」です。 >また、花子がA、太郎がBとそれぞれ婚姻し、それぞれの氏を称した場合、戸籍に記載される氏は、「甲山」・「乙川」のどちらでしょうか。  質問文の結果として、全員、「甲山」と言う氏の戸籍に記載されていますから、花子、太郎がそれぞれの氏を名乗るのでしたら、いずれも戸籍の氏は「甲山」になります。  頭がこんがらがってきましたが、これで合っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏も「甲山」です。 やはり、民法791条による氏の変更ですので、民法上の氏は「乙川」でないでしょうか? 日本加除出版『レジストラーブック』の「氏の変更届」の項でも民法上の氏の変更に分類されていますが。

  • 回答No.2

>花子の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」 はい。 >太郎の呼称上の氏は「甲山」で民法上の氏は「乙川」となるのでしょうか。 はい。 >また、花子がA、太郎がBとそれぞれ婚姻し、それぞれの氏を称した場合、戸籍に記載される氏は、「甲山」・「乙川」のどちらでしょうか。 婚姻時にそれまでの呼称上の氏「甲山」を選択するわけなので、民法上の氏も「甲山」、呼称上の氏も「甲山」です。(民法上の氏の変更があった場合には呼称上の氏も必ず変更となります) 基本的に戸籍の氏は呼称上の氏です。 ちなみに花子は20才で従前の氏を名乗る届出により「乙川」に戻れる道があります。 太郎の場合は従前の氏は「甲山」なので、戸籍上(呼称上)の氏に変更はありません。 ちなみに花子さんが相手の氏を名乗り婚姻した場合には、民法上、呼称上の氏は相手の氏になりますが、離婚して復氏すると、また元の民法上の氏「乙川」、呼称上の氏は「そのときの母の呼称上の氏」に戻ります。太郎さんの場合もそうです。 「そのときの母の呼称上の氏」とは母が「甲山」のままであれば「甲山」だし「乙川」になっていれば「乙川」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 ありがとうございます。  『婚姻時にそれまでの呼称上の氏「甲山」を選択するわけなので、民法上の氏も「甲山」、呼称上の氏も「甲山」です。(民法上の氏の変更があった場合には呼称上の氏も必ず変更となります)』とありますが、民法750条【夫婦の氏】のストレートな解釈以外に、参考になる書籍があれば書籍名とページをお教えください。  また、太郎の家裁の「氏の変更の許可」審判書では、『申立て人の氏「甲山」を母の氏である「甲山」に変更することを許可する。』となっています。 民法上の氏変更許可でありながら、母の呼称上の氏「甲山」が記載され、民法上の氏については何も書かれていません。 この事についてもが存知でしたら、お教えください。

  • 回答No.1

これは大変に難問ですよね。 どなたか法務関係にお詳しい方 フォローしていただければと思うのですが。 確認しておきたいのは、このように解釈して よろしいのかなという点です。 呼称上の氏=氏変更届により成立した氏 民法上の氏=実方の氏 恐らくこのように解釈してよいのだと思います。 事務処理として戸籍を編製した場合、 氏変更申請時の「氏」で戸籍を編製します。 つまり戸籍に記載される氏は「呼称上の氏」と しているはずです。 これは洋子さんが別の氏で再婚し、 再び離婚した場合に 婚姻前の氏=「呼称上の氏」に戻るか、 実方の氏=「民法上の氏」に戻るか、 選択することができるからだと思います。 なので花子さんは出生時に「乙川洋子」戸籍へ 入籍しているので、民法上の氏が「乙川」 という理屈は理解できます。 ポイントは太郎さんに対する民法791条1項の 入籍届が太郎さんの実方の氏を「乙川」とする 法的な効力があるのかどうかだと思います。 実際に出生時の入籍戸籍は「甲山」 入籍届によって入籍する戸籍の筆頭者も 氏は「甲山」で編製しているからです。 もう一点 戸籍上で記載される氏が「甲山」であれば、 婚姻によりその戸籍から除籍して自分の氏を 称して新戸籍を編製するならば、 氏は「甲山」になるはずだと思います。 筆頭者「甲山洋子」の戸籍から除籍している わけですからね。(ですよね・・・?) 問題は、花子さんが配偶者として相手方の 氏を称して婚姻した場合、離婚すると 実方の氏として「乙川」が称せるかどうか。 そのあたり・・・どなたかフォローくださいませ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 戸籍謄本の見方を教えてください

    全部仮名ですが 山本太郎の戸籍を取りました。 太郎の父親の名前は山本一郎です。 太郎の戸籍に配偶者の名前も載っていました。 山本花子です。 旧姓田中花子。 花子の従前の戸籍が山本一郎さんの所になっています。 花子は以前一郎と結婚していたのでしょうか? 離婚して息子の太郎と結婚したのでしょうか?

  • 子の氏の変更について。

    民法791条1項 『子が父又は母と氏を異にする場合には、子は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、その父又は母の氏を称することができる。』 とあり、戸籍法18条2項とのからみで、 『非嫡出子の氏は母の氏を称します。 子が父の氏と別の場合、認知により父子関係が確認された場合には家庭裁判所の許可を得て父の氏を称し、父の戸籍に入る事が出来ます。』 と書いてあるのを見ました。 現在、一人の息子を持つシングルマザーです。 子供は、認知してもらっています。 子の父は妻帯者ですが、離婚裁判中です。 裁判がまだ継続中で、いつ終わるかも見当付きません。 ですが、離婚が成立次第、入籍するつもりです。 なので子供が集団生活に入る前に子の氏を子の父の性にしたいのです。 この場合、上記の民法791条を行使し、子供の性を現在の私の性から子の父の性にする事はできるのでしょうか? 家庭裁判所の許可を得る手続きは難しいものですか? 許可を得るのに何日もかかりますか? 具体的な手続き方法はどのような物でしょうか?

  • 氏の変更 複雑ですが

    両親が離婚する際に成人男子が母方の戸籍に入り、その後婚姻届を出せばその男子の氏は母方の旧姓にできますか? そして離婚3ヶ月以内に母が離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)を出せば母はまた今の姓にできるでしょうか? やりたいことはその成人男子だけを母方の旧姓にしたいのです。 よろしくお願いします。

  • 氏の変更

    この度、結婚をすることになったのですが、夫の氏を夫の母方の氏に変更して婚姻届を出さなければならなくなり、どうしたら良いのかわからなくなってしまいました。婚姻届を出す際に戸籍謄本を提出しなければならないですよね。その戸籍謄本の氏を変更してからでないと、婚姻届は提出できないのでしょうか? 家裁へ行って氏の変更をしなくてはならないのでしょうか? 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 離婚した場合の姓についてです。

    離婚した場合の姓についてです。 すぐではなく、また一生ではなく、しばらく(2ヶ月ほど)夫の名を名乗りたい、ということは可能なのでしょうか。 過去の教えてgooの回答で 「離婚すると婚姻の時に氏が変わった方は婚姻前の氏に戻ります。これを復氏といいます。しかし、復氏する妻が婚姻中の氏を称したい場合には、離婚後三カ月以内であれば、婚姻の際の氏を称することができます。 離婚届とは別に、離婚した日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」(戸籍法77条の2の届)を届出することによって婚姻中の氏を名乗ることができます。(離婚届と同時に届出もできます。) 3ヶ月を経過しますと、家庭裁判所の許可が必要となります。」 となっています。これは、 (1)3ヶ月間、夫の名を名乗ることができる(届出はいらない、そして旧姓に戻すこともできる) (2)3ヶ月間、夫の名を名乗ることができる (届出はいるが、3ヶ月以内なら旧姓への変更も可能) (3)夫の名を名乗ることができる(届出により)が、実質一生夫の名を名乗り続ける(再婚や裁判で認められない限り) のどの意味でしょうか。「じっくり考えましょう」などの文言もよく見るのですが、(3)なら考える時間はあまりないように思います。

  • 夫婦がそれぞれ別の家の養子になった場合の苗字

    すでに結婚している夫婦(例えば鈴木一郎とその妻花子)が、夫の一郎は山本家に、妻の花子は佐藤家に養子になる、というのは可能ですか。可能ならばその場合の夫婦の苗字はどうなるのでしょうか。 根拠となる民法あるいは戸籍法等の条文も併せて教えていただければ幸いです。

  • 戸籍筆頭者の氏変更後の子供の戸籍

    夫婦の離婚後、子供は母親に養育されながら、父親と同じ姓を名乗っています。母親も離婚後婚姻時の姓を引き続き名乗ることにしました。 父親が再婚することになり、再婚相手の氏を名乗ることにしました。 この場合、再婚相手の女性の戸籍に父親は入ることになるようですが、何も手続きをしなかった場合子供の戸籍はどうなりますか? 母親の戸籍に入籍させるとするなら、母親が入籍届けを出さないといけないのでしょうか?父親サイドで何かすることはありますか? よろしくお願いします。

  • 戸籍届の日付って?

    入籍をしました。 結婚式と同じ日にしたいと思って、早朝に時間外届をしました。 本日引越しが終わって住民票をとりましたら、 「戸籍届出通知により氏・続柄・本籍・筆頭者修正」の日付が 5日も遅れています。 居住地とも本籍地とも違う地(結婚式をする市役所です)で 提出をしたので受理されるまでは時間がかかるとは 言われたのですが、受理とは戸籍などを取るのに時間を要する 期間の事おですと言われた覚えがあります。 土日祝を挟んでも受理はできるのでは? 結婚式=婚姻の日にできる思っていたのにショックです。 「戸籍届出通知…修正」の欄が婚姻の日ではないのでしょうか? それともこんなものなのでしょうか?

  • 結婚後の氏を変更したい

    はじめまして。 戸籍について教えてください。 1年前に、妻(私)の氏&筆頭で婚姻入籍をしました。 現在、夫の氏&筆頭に変更をしたい次第です。 色々と検索して調べた所、方法は3つ ・離婚後、再婚 ・夫の両親と私が養子縁組をする ・家裁へ申請する 今回「離婚後、再婚」という方法をとろうと思っています。 そこで、戸籍の×について、気にしているのですが、 除籍記録は残ってしまいますが、新しい戸籍には×を付けたくありません。 その方法も調べたところ、離婚すると下記のようになっていました。 ・妻の戸籍に×が記載される ・夫は旧姓の戸籍に戻り、×は記載されない ・妻が再婚後、別の市区町村で戸籍を作れば、×は消える ・妻が再婚後、別の戸籍に入る(筆頭者でない)場合×は消える ここで、疑問なのですが、 ★再婚時に、夫を筆頭者にして、同じ市区町村で婚姻届を出した場合、 ×は消えるでしょうか? (除籍記録は残りますが) ★また、本籍地を前と同じ場所同じ番地にしても、問題はないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 親と分籍した場合の表記は「分籍日」?「届出日」?

    婚姻した場合は、婚姻届を出した日が「婚姻日」として、 離婚した場合は、離婚届を出した日が「離婚日」として、 それぞれ戸籍に記載されます。 一方、両親の離婚により、母の氏を称する入籍という事由で、 母を筆頭者とする新戸籍に入った場合、 入籍の届け出を出した日は、 「入籍日」ではなく「届出日」と戸籍に記載されます。 では、親と分籍した場合、届け出をした日は、 戸籍にはどのように記載されるのでしょうか? 「分籍日」でしょうか? それとも「届出日」でしょうか?