• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アセトアニリド合成の際に・・・

アニリンと無水酢酸よりアセトアニリドを精製する実験を行ったのですが、どうしてもわからないことがあります。それは、アニリンと無水酢酸、また酢酸ナトリウムの加える量の比率です。実験では、アニリン17.5mmol、濃塩酸18.2mmolに対して酢酸ナトリウムが26.8mmol、無水酢酸を35.3mmol加えました。なぜこの比率で加えるのか、誰か教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2750
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#62864

はっきり言って、この量に関する化学的な重要性は低いです。 ただ、想像しますに、第1段階としてアニリンの塩酸塩を作っています。その際に、塩酸塩になっていないアニリンが残らないようにという意味で、塩酸がアニリンよりも多くなっています。 酢酸ナトリウムは、アニリン塩酸塩をアニリン酢酸塩に変換するために加えています。すなわち、アニリン塩酸塩は無水酢酸と反応しませんが、酢酸塩は無水酢酸と反応しアセトアニリドを生成するからです。 すなわち、アニリン塩酸塩を「確実に」アニリン酢酸塩に変換するためには、酢酸ナトリウムの量は塩酸の量よりも多くなければなりません。 無水酢酸の量は、上述のアニリン酢酸塩をこれまた「確実に」アセトアニリドにするために、計算量よりもかなり多く使われています。 過剰の無水酢酸が仮に未反応で残っても、比較的容易に加水分解されて酢酸になるために、後の処理に問題は生じません。 こうした理由も、無水酢酸がかなり多めに使われる理由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アセトアニリドの合成について

    アセトアニリドの合成の際、 アニリンに塩酸、 酢酸ナトリウム、 無水酢酸、 を加えて、ろ過して、アセトアニリドを生成しますが、 塩酸は、水にとけないアニリンのために、塩基塩にして水に溶けやすくすることはわかるのですが、 他の2つの入れる意味がいまいちわかりません。 なぜ酢酸ナトリウム、無水酢酸を入れるのでしょうか? ご回答お願いします。

  • アセトアニリド合成法

    アニリンに塩酸を加えアニリン塩酸塩とし、さらに酢酸ナトリウムと無水酢酸を加えてアセトアニリドを生成します。 この過程で酢酸ナトリウムを加えるのはなぜですか?

  • アセトアニリドの精製法について

    ・アニリンに直接無水酢酸を加えてアセトアニリドにした。 ・アニリンをアニリン塩酸塩にしてから酢酸ナトリウムと無水酢酸を使ってアセトアニリドにした。 この二つの反応の違いを教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • guinet
  • ベストアンサー率16% (6/37)

こんばんは。 学生実験でしょうか、多分反応を確実にいかせるために多めに入れていると思われます。 酸無水物とアミンからのアミド合成では、酸無水物は半分しか反応に使われません(構造を見ていただくとわかりますが、カルボン酸が2つくっついています)ので2当量は入れないといけません。なのでアニリンの約2倍入っています。 #1さんもおっしゃっていたとおり、化学反応は理論的な量ではなかなかいきません。なので経験値で量を決めたり、多少過剰に入れるようにしていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アセトアニリドの合成で…

    [アニリン]と[濃塩酸]と[無水酢酸ナトリウム]と[無水酢酸]からアセトアニリドの合成のレポートで「塩酸を過剰に入れてしまい、一部の塩酸がアニリン塩酸塩にならず未反応のまま残ってしまい、純度、収率が悪くなった」と書き、「未反応の塩酸が残っているとどんな不都合が起こるの?」って言われたんですが、これって自分の間違いですよね?いろいろ調べてみたんですがなにもわからず、反応機構などから考えてみたら不都合なんて起こらないと思ったんで。もし不都合が起こるならどなたか教えてください!

  • アセトアニリドの合成

    アセトアニリドの合成の実験で一旦アニリンをアニリン塩酸塩にしてから無水酢酸と反応させて合成をしました。 アニリンをアニリン塩酸塩にするのはなんでですか? 回答していただけたら幸いです。

  • アセトアニリドの合成の実験について

    アセトアニリドを合成する時、アニリン塩酸塩に無水酢酸と酢酸ナトリウムを加えたのですが、なぜ無水酢酸なんですか?酢酸ではいけないのですか?

  • アセトアニリドの合成

    アセトアニリドの合成の実験を行ったのですが、塩酸にアニリンを入れ、そこに無水酢酸を入れて、そこに酢酸ナトリウムを入れると、普通なら白色の結晶ができるはずですが、なぜかピンク色になりました。 その原因について、 (1)何か副生成物ができた (2)ビーカーに何か不純物がついていて、いずれかの試薬と反応した の二つを考えたのですが、(1)の場合どんな副生成物ができたのか?(2)の場合何と何が反応するのか?どうしてもわかりません。 そもそも原因はこの二つの考え方で合っているのでしょうか? どなたかわかる方がいらっしゃったら教えてください。 (ちなみに、再結晶を行っていって、最終的には白色の結晶を生成することができました。)

  • アセトアニリドの合成について

    無水酢酸と氷酢酸混合物(体積比1:1)とアニリンを加熱(100~120℃)してアセトアニリドを合成しました。収率の低い原因として、操作上の問題のほかに何が考えられるでしょうか? 加熱温度は十分なのでしょうか?また、反応中に [無水酢酸+アニリン→アセトアニリド+酢酸] の反応は平衡状態になったりするのでしょうか? そのへんのことを教えてください。

  • アセトアニリド

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成する実験を学校で行ったんですが、ウォーターバスで冷やしながらナス型フラスコ内でアニリンと無水酢酸を混ぜたんですが、この時フラスコ内でピンク色に固まってしまったんですが、これはどうしてなんですか!?固まってないところもあったんですが。。。 回答よろしくお願いします。

  • アセトアニリドの合成

    アニリンと無水酢酸からアセトアニリドを合成しました。その手順は次のようです。 (1)アニリン塩酸塩に無水酢酸を加え攪拌した。 (2)酢酸ナトリウム・3水和物を純水で溶かし、(1)に加え攪拌し、氷水で冷やした。 (3)結晶が析出してきたら吸引ビンを用い濾過した。 最後の操作の時、結晶の部分はアセトアニリドですよね。残った濾液は・・・酢酸が含まれているのでしょうか? 学校の実験では残った濾液が淡いピンク色でした。 普通は無色になるはずですよね。実際、濾液が無色だった班もありました。ピンクの班もありました。 濾液がピンク色になった班は最終的に得られたアセトアニリドが少なかったきがします。 これって試薬が完全に反応しきれていないということなんでしょうか? どんな意味があるのか教えてください。

  • アセトアニリドの合成について

    アニリン塩酸塩と無水酢酸の反応で、酢酸ナトリウムを加えるのはなぜなんですか? アセトアニリドの精製法として再結晶法が最も適当である理由2つとはなんですか? 一般に、物質の同定や純度の検定にはどのような方法があるのでしょうか? 教えてください

  • アセトアニリドの反応機構について

    アセトアニリドの反応機構について アセトアニリドの反応機構を書きたいのですが、反応機構の書き方がよくわかりません。 化学反応式とは違うのですよね。 電子などの動きを矢印→で示していけばいいのでしょうか。 ちなみに、出発物質がアニリンで、水を加え、そこに濃塩酸を入れてアニリン塩酸塩にし、無水酢酸と無水酢酸ナトリウムを入れて反応させました。 無水酢酸ナトリウムも反応機構に書く必要はあるのでしょうか。 お手数ですが、教えてくださると助かります。

  • アセトアニリドの合成方法について

    アセトアニリドの合成するときに用いる、化学物質についての質問です。 合成するには、アニリン、無水酢酸、酢酸を用いるようですが、 なぜ酢酸を用いるかが分かりません。 普通に、アニリンと、無水酢酸だけでも、アニリンの窒素が非共有電子対を持っているので、 それが、無水酢酸のちょっとプラスに帯電した炭素に攻撃して、 アセトアニリドと、副産物として、酢酸が合成されませんか? 酢酸を用いることには、一体どういう意味があるのでしょうか? 調べてみると、酢酸は、溶媒として用いると書いてたりしますが、それだったら、水でも いいのでは?と思ってしまいます。 それとも、酢酸を用いるのは、合成が完了したときに、水を加えると、 酢酸は、水に溶けて、アセトアニリドは水に難溶性を示すので、 アセトアニリドを結晶として析出させるためでしょうか? 出来れば、酢酸を用いたとき、どのような化学反応が起こるのか知りたいです。 回答お願いします。