• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

非制限用法

非制限用法の訳した方についてで例えば THE boy,who is known to young,is tall みたいな文で <少年は若い人に知られているのですが背が高い> と訳すのがいいのか <少年は(若い人に知られているのですが)背が高い みたいにカッコをつけて訳すのはどちらがよいでしょうか? 難しい文になればカッコで囲まれる部分も長くなり複雑になると思うのですが・・・ またほかに良い訳仕方があれば教えてください。 また大学受験の答案でカッコ等を使って良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数67
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 例えば,「アメリカを発見したコロンブスは,イタリアで生まれました」は日本語では普通ですが,英語では Columbus, who discovered America, was born in Italy. と,継続用法で書かなければなりません。Columbus という固有名詞は,それだけで特定の人物に限定されており,who discovered America ということにより,限定しているのではないからです。who ~の部分は,Columbus の補足説明にすぎないのです。しかし,日本語では「アメリカを発見したコロンブス」で自然なのです。日本語では補足説明を,名詞の前に置くこともあるわけです。  したがって,「若い人たちに知られているその少年は背が高い」も可能であり,かえって自然な訳かもしれません。  ただ,このようなことを採点する人が知っているとは限りませんので,「その少年は,若い人に知られているのですが,背が高い」が無難でしょう。試験というのは構文を正しくとれているかどうかを見ますので,この訳であれば,継続用法の関係代名詞節を正しく読み取っていると採点者は判断するでしょう。  かっこは使わない方がいいでしょう。ダッシュ(―)はもとの英文で用いられていないのであれば,訳でも用いない方がいいと思います。  ちなみに「若い人」は young ではなく,the young あるいは young people です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 これからはハイフンで行きたいと思います。 やはり出題者の意図を意識して訳した方がいいですよね。

関連するQ&A

  • 関係詞の英作文

    東京出身の背の高い少年は私の友達です。                       That tall boy who comes from Tokyo is a friend of maine. ですが、   That tall boy who is a friend of mine comes from tokyo. じゃ、だめですか?教えてください。お願いします。

  • 関係代名詞限定用法と継続用法の違いについて

    1.I know the boy whose mother is an interesting teacher. 私は母が面白い先生のその少年を知っている 2.I know the boy, whose mother is an interesting teacher. 私はその少年を知っており、彼の母は面白い先生だ 日本語訳した時の違いはわかるのですが、限定用法と継続用法は具体的にどのような文での違いがあるかわかりません どなたかわかる方教えてくれませんでしょうか?

  • 関係代名詞の非制限用法

    関係代名詞の制限用法と非制限(継続)用法の違いが分かりません。 The boy who brought the message is waiting.(制限用法) This essay was written by a friend of mine, who lives here.(非制限用法) 下の文は「エッセーは私の友人により書かれ、そして彼はここに住んでいる」となりますが、それなら This essay was written by a friend of mine who lives here. とすればいいわけで、わざわざコンマを入れる必要もないと思われます。どうしてこんな表現をわざわざ使うのかが分からないので教えてください。両者の違いがよく分からないのです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#114795

カッコは変だと思います。 「その少年は、若い人に知られているのですが、背が高い。」と、コンマを使う方法でも良いのです。 しかし、この形にすると、「背が高いことが知られている」と解釈されるかもしれません。 無難なのは、「若い人たちに知られているその少年は背が高い」とすることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 参考にさせていただきます

  • 回答No.2

たいていの、解答集は、 「その少年は、若者に知られているのですが、背が高いです。」とコンマで区切って訳しているものが多いと思います。ハイフンもいいかもしれません。 カッコを使うと、言外の意を表すような感じに受け取られやすいので、あまり見ないような気がしますが、どうでしょう。 また、文脈によっては、非制限用法の文を制限用法のように訳している解答集もありますね。じゃぁ何のためのコンマじゃいっ、ってつっこみたくなりますよね。(^^) 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 やはり皆さんの意見を聞いているとハイフンがいいようですね。また非制限用法を意識して訳した方がいいみたいですね。

  • 回答No.1

括弧じゃなくて,ハイフンで挟んでみてもいいのではないでしょうか? 例えば,解答集などではどのように表記されていますか? 括弧もありだとおもいますよ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 今度からはハイフンで行きたいと思います。

関連するQ&A

  • ~ingの形容詞的用法

    現在分詞の感覚が掴めません。 (1)彼女はその犬と走っている少年を知っている。 She knows the boy running with the dog. この文を She knows the running boy with the dog. と表現するのは、文法的に誤っている(もしくは、意味が異なる)のでしょうか? (2)犬と走っているあの少年は、ケンです。 That boy running with the dog is Ken. この文を That boy who is running with the dog is Ken. と表現するのは、文法的に誤っている(もしくは、意味が異なる)のでしょうか?

  • 関係代名詞の教え方

    中学生に英語を教えることになりました。 関係代名詞は覚えてしまえば、そんなに難しくはないんですが、始めて英語を習う中学生にとっては難しく、これでつまづく生徒も多いと思います。 学校で教える一般的な方法は Do you know that boy?. He is very tall. という2つの文を Do you know that boy who is very tall? というふうに一つに繋げて仕組みを理解させる方法ですね。 これ以外の教え方として、私が思いついたのは 国文法と関連付ける方法です。さっきの 「Do you know that boy who is very tall?」という文を最初に提示し、先ず関係代名詞を抜いて それぞれ訳させ、関係節の中の訳の用言または助動詞を連体形に直して、who以下をboyの前に持ってくると教えるやりかたです。それから どんな関係代名詞を使うかについては、thatは万能で、そして さっきの文のような場合だったら is very tallの部分を取り出し、「誰が背が高いのか」、 それは「あの少年」だね、だから ここでは「who」になると教えます。 学校で一般的に教える方法は、シンタックスの観点からはオーソドックスなアナリシスですが、これでは下手すると初めて習う英語が却ってややこしく感じる恐れがありますね。 私の方法だと、国文法を知っていないと理解できないと思います。 そこで皆さんからお知恵を拝借したいと思います。 関係代名詞は どのよう教えたら最も分かりやすいでしょうか?

  • 時制についての質問 その2

    次の和文を英語に直してみました。 関係代名詞のレッスンなのでそれを使い、また知覚動詞、現在完了も使うようです。 「彼は私と同じくらい背の高い少年を見たことがあるだろうか。」 Has he ever seen the boy who is as tall as I ? 質問ですが、 who is as tall as I の時制は is なのか、was なのか、または has been? なのか、説明とともに答えを教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 高校英語 関係代名詞の制限用法がわからない!

    制限用法について、適当な関係代名詞を( )内に入れる問題の解答です。  1、Picasso is a painter (who) was born is Spain. (ピカソはスペイン生まれの画家です。)  2、Iknow a boy(whose)mother is an actress.  (私は母親が女優をしている男の子を知っている。) 3、This is the rady(whom)I spoke of yesterday.  (この人が昨日私がお話した女性です。) 4、This is the town (which) I lived in when I was young.  (ここが私が若い頃すんでいた町です。) はっきり言ってどれを入れるのかどうしてそれを入れるのか、どう見分けたらいいのか全然わかりません。 特に1番目と2番目の問題のwhoとwhoseの使いわけがわからない。今までどおり考えると、whoとwhoseは誰、と誰のもの、としか考えられなくて謎です。 そして2番目と3番目の問題のwhoseとwhomの使い分けも区別もそれ自体が ここではどういう意味を成すのかもわかりません。 さらに4番目の問題。なんでwhich、なんでしょう? さっぱりです。 お願いします。どなたか教えてください。とっても困っています。

  • Withの用法

    withの用法について教えてください。 With the old man was a little boy, whose name was Jim. 老人のそばにいる少年の名前はジムと言った。 という意味なのだと思いますが、文章の主語は何になりますか。 倒置がおこっていて、A little boy was with the old man, whose name was Jim.が本来の文章かなとも思いましたが、 withが名詞節をつくり、それが補語になることはないですよね。 Withが名詞節をつくり、主語になる特殊用法でもあるのかと思い、 文法書を見てみましたが、どうもなさそうです。 With god nothing is impossible. という例文が出ていましたが、これと同じとも思えません。 どうか御回答よろしくお願いします。

  • 訂正・固有名詞の後は制限用法が付き得るか

    すみません、先程投稿した質問に所々タイプミスがありましたので、もう一度投稿させて頂きます。 「赤十字に寄付したレディーガガはツイッターを更新した。」 この文をGoogle翻訳機で翻訳すると、 「Lady gaga who was donated to the Red Cross updated the Twitter.」 と翻訳されました。 レディーガガは世界に一つだけの人名だと思われるのに、後ろの関係詞は制限用法になっています。 しかし以前ここで質問させていただいた時には、この文の英訳は 「Lady gaga, who was donated to the Red Cross, updated the Twitter.」 と非制限用法で訳すとご回答頂きました。 「相対性理論を発表したアインシュタインは…」 といった文もGoogle翻訳で制限用法で訳されているんです。 世界に一つの(有一無二の人名など)が先行詞でも、後ろに制限用法がつくことができるのでしょうか? 上の英訳と同じように、地名でも 「Kyoto I love is a beautiful city.」 と制限用法になり得るのでしょうか? 外国人は制限とか非制限とかそんなに気にしていないというのもどこかで読みましたが…。。 気になったので質問させていただきました、ご回答宜しくお願いします。

  • 関係代名詞の非制限用法について

    関係代名詞に関して質問させていただきます。 次のような問題と解答があります。 問.次の二つの文を関係代名詞を用いて一つにせよ。 My only son often writes to me.  He lives in New York now. 解答.My only son, who lives in New York now, often writes to me. → この問では、My only son を先行詞とする関係代名詞 who を、非制限用法で用いることが求められています。これは先行詞が特定の人物を指しているからだということは、よくわかります。この場合、初学者からは 「who の代わりに that を使ってはいけないのか?」という質問が出ますが、その場合、「that は非制限用法では用いないから」と答えるようにしています。 ところで、 This is the only paper that contains the news. 「これがそのニュースをのせている唯一の新聞だ。」 のように、先行詞にonlyがついている場合にthatを優先的に用いることはよく知られていますが、先ほどの私の解説を逆手にとって、「先行詞にonlyがついているのだから、関係代名詞は非制限用法にせねばならないのではないか。その場合、thatを非制限用法で使えない以上 which を使って、This is the only paper, which contains the news. と書き換える処置をすべきではないか」という意見が学生から出ました。 もちろん、学生が提案したこの文に対しては、the only paper がどんな意味で「唯一」なのかがわからないままにコンマが現れ、そこでいったん意味が途切れてしまうので、この文を読む者は奇異に感じるであろう、と答えることはできるかと思います。 しかし、この場合でも、「先行詞が唯一のものを指す場合に関係代名詞thatを優先的に用いる」というルールと「先行詞が特定できる場合に関係代名詞を制限用法で用いてはいけない」というルールとが両立することを説明するのに依然として苦慮します。 このようなケースにどのように対応すればよいでしょうか。少し長いですが、教えていただければたいへんありがたいです。

  • 人名・地名などの固有名詞の後に制限用法は付き得るか

    「赤十字に寄付したレディーガガはツイッターを更新した。」 この文をGoogle翻訳で翻訳すると、 「Lady gaga who was donated to the Red Cross updated the Twitter.」 と翻訳されました。 レディーガガは世界に1人で固有名詞だと思われますが、後ろの関係詞は制限用法になっています。 しかし、以前ここで質問させていただいた時には、このような和文の場合、英訳は 「Lady gaga, who was donated to the Red Cross updated the Twitter.」 と非制限用法にすると御回答を頂きました。 「相対性理論を発表したアインシュタイン…」 といった文を翻訳にかけても、やはり制限用法で和訳されて出てきます。 世界に一つのもの(有一無二の名前など)が先行詞でも、後ろは制限用法にできるのでしょうか? また上の英訳と同じ様に、地名についても 「Japan I love is beautiful city.」 などとできるのでしょうか?(かなり不自然さを感じはしますが…。無茶苦茶な文だとしたらすみません) 外国人は制限とか非制限とかそんなに気にしていないというのもどこかで読んだ気がしますが。。 気になったので質問させて頂きました、御回答宜しくお願いいたします。

  • この場合、「形容詞の叙述用法のためthe不要」とはどうしてでしょう

    形容詞の叙述用法について質問です。 形容詞の叙述用法で、最上級のときtheは不要というのは分かるのですが、(例: I'm happiest in teh morning.) 以下の文の「closest」が、「叙述用法のためtheは不要」と説明書に書いてあるのですが、なぜなのか教えてください。 宇宙の「他の惑星」と比べて、火星は地球に「最も近い」という意味だと思うのですが、なぜ限定用法ではなく、叙述用法なのでしょう。 やはり、the は不要なのでしょうか。 The astronauts will land on Mars to find themselves in very dangerous conditions, although Mars is known to be the planet whose environment is closest to that of Earth.

  • 動詞の文法について

    疑問詞が主語の場合と、そうでない場合の答え方に注意しましょう。 主語でない場合 あの背の高い男はだれですか。 Who is that tall man? 私の理科の先生です。 He is my science teacher. 主語は that tall man の部分です。 すいません、初歩的な事を教えて欲しいんですけど 主語は that tall manなのになんで Whoにisのb動詞が来てるんですか? 英語の文法は主語+動詞+その他じゃないんですか?