• ベストアンサー
  • 困ってます

DEPC処理の可否

  • 質問No.155270
  • 閲覧数563
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 75% (34/45)

よくTrisEDTA(TE)BufferがDEPC処理出来ないといいますが,
何故,TEにDEPCを処理させるといけないのでしょうか?
また,そのほかでもオートクレーブ処理が可能でも,DEPC処理が出来ない
日常的に使う試薬が幾つか存在するみたいなのですが,ご存じなら教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 61% (8/13)

DEPCはアミノ基、イミダゾール基をエトキシホルミル化するので、アミノ基をもつTrisが大過剰にあると、そちらに作用して分解されてしまう為、結果としてRNaseに作用しなくなってしまいます。

DEPC処理できないもの(というか処理してもRNase阻害に意味のないもの)は溶液中にアミノ基、イミダゾール基を持つものが大量に入っているものということになります。

化学式をながめると、反応の機構がわかりますよ。
お礼コメント
bebas

お礼率 75% (34/45)

大変的確なお答えありがとうございます。
勉強になりました。
投稿日時:2001/10/23 23:27
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ