• 締切済み
  • すぐに回答を!

酸性度?

酸を添加剤として使う反応で、酢酸、トシル酸は同じ生成物、カンファースルホン酸は違う生成物となる文献があるのですが、その違いは酸性度(酸解離定数)の差があるのではと考えています。いろいろ調べてみましたが、数値が出ている本が見当たりません。何か参考になるデータを教えていただけませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4154
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#62864

化学的な常識として、酢酸は弱酸(pKa4.8)であり、トシル酸(p-トルエンスルホン酸)とカンファースルホン酸はいずれも-SO3H基を有していることから、同程度の強酸であると考えられます(ベンゼンスルホン酸やメタンスルホン酸のpKa値から判断すると、それらのpKaは-2程度になると思われます)。 このことから判断すると、ご質問の生成物の違いを酸性度の差から説明するのは無理だと思います。 具体的な反応結果がわかりませんので、これ以上のことはわかりませんが、別の理由をお考えになった方がよいと思います。 *ベンゼンスルホン酸のpKaは-2.5で、メタンスルホン酸のpKaは0-2.0です。なお、ベンゼンスルホン酸とメタンスルホン酸のpKa値については文献によって異なります。

参考URL:
http://www.cem.msu.edu/~reusch/OrgPage/acidity2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酢酸(CH3COOH)の酸解離定数

    酢酸(CH3COOH)の酸解離定数なんですが、文献によって(解離定数の逆数の対数値)pKa=4.56のものと4.76のものなどがあったのですが、正しくはどれなのでしょうか?また、なぜ違いがあるのでしょうか?

  • 滴定について

    酢酸を水酸化ナトリウム水溶液で滴定したとき、中和点における酢酸の液性は、酸性、中性、アルカリ性のいずれなんでしょうか? 弱酸の酸解離定数の対数値である、pKaは、その酸を中和するのに要した塩基の半分の量におけるpHに等しいとはどういうことなんでしょうか?

  • 酸解離定数の出し方。

    酸解離定数の出し方。 酢酸水溶液を水酸化ナトリウムで中和したときの中和曲線を書きましたが、そこから酸解離定数を求めるにはどうしたらよいのですか。

  • 回答No.1
noname#160321

値の前に 10-camphorsulfonic acidは光学対掌体があることにも注意。 解離定数が分からなければメタンスルフォン酸、トリフルオロ酢酸などの強酸を入れてみたら良いでしょう。 そういえば硫酸でも良いのか。^^ (なお濃硫酸は自身非常に良い溶媒なのでどんな溶媒にも溶けます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸解離定数の問題です。

      H2O  +  B  =  HB+  +  OH-   酸      塩基     酸      塩基   (1)塩基(B)の解離についてもその共役酸(HB+)の酸解離定数を用いて    あらわすことができる。アンモニウムの酸解離定数を定義せよ。   (2)アンモニアの塩基解離定数とアンモニウムの酸解離定数の関係を示せ。   (3)酢酸の酸解離定数は、35℃でKa=1.73×10^-5 55℃でKa=1.59×10^-5であ   る。    ΔG゜、ΔH゜、ΔS゜を求めよ。(単位に注意)   これらの問題がどうしてもわからなくて、どうか教えて下さい(汗)

  • 安息香酸とフェノールの酸性度

    こんばんは。安息香酸とフェノールの酸性度の説明の仕方を教えていただきたいです。 酸性度は フェノール<安息香酸 で、その説明を -OHは電子供与性であり-COOHは電子吸引性であるため、安息香酸の方がH+を解離しやすい。 と記述したのですが、再提出でした。 説明が間違っているところを教えて下さい。あと、他に明確な説明の方法があったら教えて下さい<(_ _)>

  • 有機物の酸性度と結合の関係について

    SP混成の結合力のほうがSP2混成の結合よりS性が強いため大きいと書いてありました。実際エチン(CHCH)のC-Hの結合力はエテン(CH2CH2)のより大きい数値が載っています。でもPkaの表をみるとエチンの方が25、エテンは44でエチンのほうが若干強酸になってます。酸の強弱はHの切れやすさと習いました。どうしてC-H結合が強いはずのエチンのほうがより酸性度が高いのかに悩んでます。

  • 物理化学の問題です。

    物理化学の問題です。 酢酸の酸解離定数は25℃でpKa=4.76である。0.1mol/L酢酸水溶液中にあるイオン濃度を求めよ。

  • 酸解離定数の問題がわかりません。

     (1)0.10Mの一塩其酸HAの水溶液がある。この水溶液の水素イオン濃度は    いくらか。但し、HAの解離定数Kaは1.00×10^-5Mとする。  (2)0.40Mの酢酸の水溶液10mlに300mlの蒸留水を加えた。この酢酸の水溶液    のpHはいくらか。但し、酢酸の酸解離定数を1.8×10^-5Mとする。  (3)0.10Mの酢酸溶液が10mlある。この溶液に水酸化ナトリウムを加えたところ    pHが4.00となった。この溶液中の酢酸イオン濃度を求めよ。但し、加えた    水酸化ナトリウム水溶液の体積を無視できるものとする。酢酸の酸解離定数    を1.8×10^-5Мとする。    月曜日までに提出の化学の問題なのですがわからなくて困っています。    どうか教えてください(汗)    

  • 解離定数について。

    酢酸を水酸化ナトリウムで滴定し、データから酸解離定数を求める実験をしました。すると、水酸化ナトリウムの滴下量が増えるに従い、酸解離定数が小さくなっていき、班によっては負の値が出てしまうところもありました。なぜでしょうか?資料の値は1.75*10^-5なのですが、等量点まではそれの2倍ぐらいの値、それ以降は、10^-12まで下がりました。ナトリウムイオンの存在が原因と考えているのですが、それがどう影響するのか悩んでます。イオン強度が変わるからですか?

  • 酸解離定数

    0.1mol/lの酢酸を62500倍、15625000倍に希釈した時のpHがそれぞれ5.36、6.82であった時の酸解離定数を求めよ。 答えがマイナスになってしまいます。 62500倍の時の式 (10^&#65293;5.36)^2/1.6×10^-6-10^-5.36 であっていますか。 答えだけでもいいので教えてください。

  • 酸解離定数の一覧があるサイト

    酸解離定数の一覧があるサイトを探しているのですが、 さすがにマニアックすぎてなかなかみつかりません もし知っておられる方がおられましたら、教えてください あと、クロロ酢酸やジクロロ酢酸の酸解離定数を ご存知の方は、ご教授お願いします

  • アラニンの中和敵定

    アラニン中和敵定を行いグラフからアミノ基の酸解離定数は求めれたのですがカルボキシル基の酸解離定数の求め方がわからないです。教えてください。

  • 酸塩基滴定

    酸塩基滴定の実験をしました pHと滴下量の関係を表したグラフを作りました これから酸解離定数を読み取らなくては いけないのですが、pHが変わらない 平衡になっているpHが酸解離定数なのですか???