• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

留学経験者の方へ、2カ国ご習得について

簡単に質問の目的を書きますと・・ フランスに留学しようと思っているのですが 英語が母国語の友達を作ると英語もフランス語も覚えられますか? 実は英語もちゃんと勉強したいんです。 2ヶ国行くのも良いんですけど やっぱり短く安くと思うと・・ この方法じゃ覚えられないというなら今度は行く順番です。 英語圏からフランスに行くのと その逆はどっちが良いのでしょうか? やっぱり英語を完璧にしてからのほうが良いのでしょうか? どなたかアドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数101
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • obelix
  • ベストアンサー率40% (27/66)

経験から申し上げますと、無理です。二兎を追うものは一兎も得ずです。 私はフランス語圏にあるビジネススクール(のようなもの)のジュニアプログラムに参加したことがありましたが、参加者の多くはアメリカ人、もしくはドイツ語やオランダ語のように英語に近い言語をしゃべる国の出身者で、仲間との会話はほとんど英語でおこなわれていました。いわゆる二重言語状況下におかれたわけですが、こうなると触れるフランス語はほとんど授業で使われるものだけで、日常的ニ使用する言語は英語になってしまうんですね。そして、ある言語を極める上ではこの日常的な会話が非常に重要だと思うのですが、私はこの機会を得られない形になってしまいました。24時間フランス語漬けだった人と比べるとやはり圧倒的にフランス語力に差が出てしまって、もったいないことをしたなとちょっと後悔しています。 また、フランス語圏に留学に来ている英語話者の目的に一つにもフランス語の習得というのがあるでしょうから、あなたに力がつくほど頻繁に英語で話すつもりであれば、あなたは相手からもフランス語を習得する機会を奪っていることになります。 留学先では、例え相手が日本人であろうと語学の習得が目的であるならば、現地の言葉でしゃべるのが礼儀です。ちょっと疲れたときに自国語で話してストレス解消というのはOKだと思いますが・・・。 取りあえず、どちらか一方の言葉に的を絞るべきだと思います。 先にも書きましたが、二兎を追うのは危険です。最悪、両方満足な結果が得られなくなります。 今、バイリンガルは当たり前、人に差をつけるならばトライリンガルでなくっちゃ、というような風潮がありますが、実際に使えるのは中途半端なtrilingueではなく完璧なbilingueです。どちらか一方、自分の目的(将来設計図とか)にあった言語をまず極められることが肝要かと思います。 最後に文章が長い上に語調がきつくなってしまったことをお詫びします。留学頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 なるほど、確かにそうですね。 授業だけで完璧に語学習得できるならともかく、 私の場合、「日常もレッスン」と思わなければ たった半年や1年ほどで習得できるとは思えません。(我ながら(^_^;)) 少し考えが甘かったようです。 歳が歳ですので少し焦りもありまして・・ とても良いアドバイスを頂きました。 有難うございました。

関連するQ&A

  • やっぱり留学しないとマスターできないのかな

    こんにちは。似たような質問をこの間出したんですが、再度 問題点を整理して質問を出させて戴きます。英語、特に英会話をマスターするには留学の必要はないという人もおります。確かに、留学しても大した成果が得られない人も少なくありませんが、留学しないでマスターするのははるかに難しいと思います。 私の家はフランス菓子店をやっていて、私はフランスに5年間菓子作りの修行に行きました。フランス語は大学の第2外国語で習い自分でもある程度勉強しました。でも、私はフランス語よりは英語の方が興味があったし、フランスに行っても英語の勉強を続けていました。日本にいる時よりは若干英語を使うチャンスも多かったんですが、やはりフランスは英語圏の国ではないので、英語圏に留学するのとはわけが違いました。そして、修行から帰って来る時には 英語よりもフランス語が得意になっていました。 私も国内で英語の勉強は出来るだけのことはやったつもりですが、なかなか上達しません。リーディングはかなりできると思うんですが、実際に使う機会がほとんどないので、車に喩えれば ペーパードライバーみたいな感じです。やっぱり、英語に限らず語学は留学しないと習得が難しいんでしょうか?

  • フランスへ留学したい!!

    私は今高校2年生です。(女) 私は小さい頃からフランスに憧れていて、今もその気持ちは変わりません。 大学に進学して、フランス語を勉強し、留学もしたいのですが、私は英語すらまともに話せません。学校での英語は得意なほうなので、読み書きは結構できるのですが(それでも全然です)、話すとなると、ちょっとした自己紹介程度です… 親には、英語も喋れないのにフランスへ行ってどうするのか、行くなら英語を勉強しにアメリカかイギリスへ行け、フランス語は特に難しいし、と言われています。私自身も、ただ単なる憧れで、フランスの文化を体験したいという気持ちだけで、将来フランス語を使って仕事がしたいというわけでもないのです(喋れるに越したことはありませんが) やはり、英語もできないままフランス語を勉強し始め、留学しても、中途半端なことになるでしょうか?ちなみにフランス語は、大学に入ってから勉強するつもりです。

  • 夏休みに語学留学をするために調べています。

    夏休みに語学留学をするために調べています。 高1(女)です。以前にも留学について質問させていただき、ご親切な回答ありがとうございます! またおききしたい事があります。 実は少し勘違いしてしたことがありまして、冷静に考えると、語学学校では留学生が集まって英語を学ぶわけだから(私の英語力が高くないので)同じクラスの人は英語ペラペラなわけないですよね。 勝手なイメージで周りは英語圏の人ばかりで英語漬けで(学校でも)生活するものだと思っていました。 もちろん授業や他国の人との会話は英語でしょうが、つたない英語士ですよね(先生は別ですが)。 英語圏の友達を作って英語でしゃべって上達!っていうのを結構楽しみにしていましたが、これでは無理な気がします。 これなら、日本にもクオリティの高い英会話スクールはありますし、お金をかけてわざわざ外国の語学学校に行く必要はあるんでしょうか? 夏休み留学は海外生活を体験するというのがメインで語学学校はサブ目的と考えるということでしょうか?(もっとも、実際私が夏休み留学を考えた最初の理由は、語学力向上したいというのはもちろんありますが、早く外国に触れたい\海外生活を体験してみたいという方が大きかった気がしますが) ホームステイをする予定なので、ホストファミリーの仲良くなって会話して上達!には期待していますが、やはり他にも英語圏の友人が欲しい!と思ってしまいます。 (夏休み留学先で)英語圏の友達を作る方法はありますか?皆さんはどのようにしているのでしょうか? また、もし学校等で英語圏以外の方(例えばフランス語学力や韓国が母国語の留学生の方)と仲良くなれたとして、連絡先を交換できてもなにかメリットはありますか? 分かりにくい文になってしまってすみません。 よろしくお願いします(^o^)/

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • Euryth
  • ベストアンサー率40% (2/5)

 たしかにみなさんがおっしゃるとおり、難しいかもしれませんね。特にどちらかは相当身についていないと、ごっちゃになってしまい共倒れになってしまう可能性が極めて高いです。  でも、「ある程度」とか「日常会話」くらいなら、それを母国語とする留学生同士が教えあったりすることはよくあることなので、そこから学ぶことはできると思います。スペイン語圏だと「inter cambio(訳すとうーん「相互交換」とでも言うべきか)」とかいって、例えば日本語を習いたがってるドイツ人と、ドイツ語を習いたがってる日本人がスペイン語を仲介言語として使用して教え合ったりするわけです。あくまで需要と供給が成立したらのお話ですが。教えるのは自分にとっても勉強になるものですし、お互いの共通語はその留学先の言語なわけですから使わないわけにも行かず、と。  語学を勉強するにはチャレンジ精神はとっても大切ですよ!あと明確な欲(「好きなスターの話を彼が言ってる言葉のまま理解できるようになりたい!」とか)も非常に強い動機になります。頑張ってね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • sucker
  • ベストアンサー率54% (6/11)

ああ、なんと興味深い質問なんでしょう。 私は今アメリカに留学中の者です。私は留学前からドイツ語に興味があり、文字通り「独」学で勉強していましたが(…うん、うまい)、最近になってやっと「それなら、ドイツ語のクラスを取ればいいじゃん」と気付き、今はドイツ語のクラスを取っています。留学当初は「英語で授業なんて受けれるものか」と心配しましたが、今では一般のアメリカ人と同じくらい理解できていることが判明しましたので、ドイツ語の勉強を再開しました。 さて、hananahさんの質問ですが、もしかするとhananahさんの目的が何なのか、をもう少し明確にして戴く必要があるかもしれませんね。 よく言われることですが、最終的に「その言語『で』仕事『を』するのか」それとも「その言語『を』仕事『に』するのか」で結論が違ってくると思います。例えば、フランス料理を覚えたくてフランスに行くのであれば、フランス語はそのための道具・手段であってゴールではない訳です。いくらペラペラとフランス語を喋ったところで、肝心の料理が下手では駄目ですね? 逆にフランス語教師になりたくてフランスに行くのであれば、フランス語はフランス語を覚えるための道具・手段であり、かつ、目標になります。その場合は、当然フランス語の習得は必須になります。 私の経験から例を挙げますと、アメリカでの英語教育は英語を英語で教えている訳ですから、英語を知らないとと英語を学べない訳です。よって、ある者は最初の時点で挫折し、ある者は指数関数的に英語が上達するのです。 …ということはフランス語を習いにフランスに来ている人間が、英語を母国語とする人間に英語で説明を受けて、果たして判るものだろうか、という疑問が湧いてきます。英語を習いに来て挫折する者もいるというのに、hananahさんはそのかけはしとなる道具を磨くことのないまま、その道具で成果を得ようとすることになります。それがフランス語で説明を受けるのであれば、まだ筋は通ります。あなたはフランス語を覚えれば覚えるほど、英語に関する説明を理解しやすくなるでしょう。結局は、英語でもフランス語でも日本語でもスワヒリ語でもいいですから、何か(今回は英語)を学ぶのであれば、あなたはそれを教えてくれる人と流暢に会話が出来る共通の言語(=Lingua Franca)が必要な訳です。取り敢えず、そのことを心に留めておいてください。 >この方法じゃ覚えられないというなら今度は行く順番です。 上記の理由で、どちらかの言語でもう片方の言語の授業が無理なく受けられるレベルに達する自信があれば、どちらでも良いと思います。(一般的に)やはり英語の方が簡単でしょうから、Soft-Landingを望むのであれば、英語が先の方が良い気がします。 ただ一つ、他の方がまだ述べられていない重要なことがあります。 The people who speak two languages are called bilinguals, The people who speak three languages are called bilinguals, The people who speak only one language are called ... Americans. と言われるくらい、アメリカ人は通常、英語しか話しません(怒られるな、終いにゃ…でも本当です)。世界標準規格のメートル法や摂氏を未だに無視してフィートと華氏を使い続けている国ですからね。みんな英語を喋ればいい、他の言語なんて必要ない、と思っているんですね。 それに比べ、ヨーロッパに住んでいる人達は歴史的な背景と隣の国との交流のお陰でバイリンガル、トライリンガルはたくさんいます。当然英語を話す人も多いでしょうね。し・か・し、フランス人はフランス語をこよなく愛しています。フランス語が世界で一番の言語だと信じて止まない人達です。よって、コマーシャルや製品名でさえ、英語を使用することは禁止されています(よく裁判沙汰になってますね)。こんな状況で、例え英語が話せる人がいても英語を話すでしょうか? 話さない、いえ話せない気がします。まぁ、これは単に私の憶測に過ぎませんので、経験者の話を待つことにしましょう。 フランス語と英語を安く、短く、ですか… …そこで一つ提案ですが、カナダに行かれたらどうでしょう? ケベック州などは完全にフランス語圏ですのでフランス語が話されており、カナダの他の州や(当然)アメリカでは英語が話されています。そして、カナダでは英語圏ではフランス語を、フランス語圏では英語というように、初等教育の段階から第2言語の教育が奨励されており、子供を英仏両語に堪能なバイリンガルに育てようという風潮があります。ですから、ほとんどの学生は両方喋ることが可能です。もし、フランス語に自信がないのであれば、カナダの英語圏の学校に入り、フランス語を少しずつマスターすることも可能だと思います。ただ、この場合は英語をマスターしてからフランス語に移りましょう。他の方も仰るとおり、二兎を追ってはいけません。 実はこの先、5年後になるか10年後になるかは判りませんが、私はフランス語も覚えたいと思っております。留学前に第二ヶ国語を何か習得したい、と思い、ドイツ語とフランス語の入門本を一冊ずつ読み、天秤にかけました。その結果、フランス語は発音にかなり時間を要すること、発音しない文字があるので口語体との文語体との対応が困難ではないか、と感じ、ドイツ語を先にすることに決めました。ドイツ語の名詞の性や人称変化の概念などはフランス語にも生かせるだろうと思っています。しかし、やはりフランス語の勉強はドイツ語を一通りマスターしてから、と決めておりますので今は一切手をつけていません。二兎を追う者は一兎も得ず、にまさに的を射た表現ですね。結果的には私は英語を覚えてからドイツ語を、ドイツ語を覚えてからフランス語を、と段階を踏む形になっています。一応、参考までに…。 いやー、最近私自身がOKWebで助けられてばかりなので、少しでも人の助けになればと思って書きました。とはいえ、少し長かったですかね(いや、かなりね…)。 参考になれば光栄です。 hananahさん、夢に向かって頑張ってくださいね。それでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変役に立つ回答を有難うございました。 たくさん教えていただいて何から書いていいのか・・ 皆さんが言うように「二兎を追う者は一兎も得ず」ですね。 ただ、今自分が置かれている状況を見ると焦る気持ちが強くなってしまって・・ カナダのことは全く頭にありませんでした。 そのことも頭にいれておきたいと思います。 しかし今現在フランスへの気持ちが強いので 最初はフランス語習得になると思います。(でもまだ決定じゃない・・) 私もsucker様のように長期的視野で見られればいいのですが・・ また何かあれば相談にのってください。 本当に有難うございました。

  • 回答No.4
noname#4100

#3のpochitamaです。追伸です。 自分の経験したスペイン語の話をさせてもらいましたが、決して「英語でフランス語を学んだ方が良いのでは」(英語圏からフランスに行った方が良いのでは)という意味でなく、もしフランス語の方が得意であれば、まずフランス語で学べる程度になってからフランス語で英語を学ばれても同じだと思います、いう意味で書きました。スペイン語と英語って、当然スペイン語と日本語と違って共通点も多いですし。それがフランス語にもあてはまるのかどうかは、私には分からないのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

#3も含めての御礼です。 回答有難うございました。 フランス語の勉強を始めて思ったことは やはり文法・単語は英語と似ているということです。 ですから、両方一遍に覚えられるかも!と思ったわけです。 でも、今の私の英語・フランス語力では到底無理だと分かりました。 しかし両方覚えたいという気持ちまで萎えてしまったわけではありませんので これから努力していきたいと思います。 わざわざ追伸まで頂き、本当に有難うございました。

  • 回答No.3
noname#4100

2ヶ国語いっぺんは無理とは言わなくても、相当の努力がいるように思います。 私はアメリカの大学に在学中、2ヶ国語を身につけたいというまっとうな理由ではなく、アメリカ人と同じスタートラインに立てるという理由だけでスペイン語を取っていました。簡単な日常会話ぐらいなら何とか話せる程度ですが、英語が話せるスペイン語圏の人と会っても英語でコト足りるので、やっぱりあまりスペイン語は使いませんでした。勉強した動機が不純というのもあったのでしょうが・・・経験上、話せる方を使ってしまいます。またアメリカの大学で出会ったドイツ人の友達は、彼も英語を学びたい思いもあってアメリカに来ていたので、あまりドイツ語は使いません。ましてや、例えば日本人の私がドイツ語を学びたいと言っても、私に教えるために、わざわざドイツ語を話させるのは、アメリカに留学している彼にとってもツライ(?)でしょうし、家庭教師とかでもない限り無理に頼めません。逆もしかりだと思います。私も、日本語を学んでる他国の生徒がアメリカにいたとして「教えて欲しい」と言われて、特にそのために時間を取らない限り、やっぱり英語で話します。もっとも学校以外で友人を作る場合などは、母国語で話すことが自然に出来る人もいるかもしれませんが。 私はフランス語は全然知らないのですが、アメリカでスペイン語を学んで思った事は、日本語から学ぶより格段に授業のスピードが速いですし、分かりやすいです。ですから英語で学べる程度の英語力がついた時点で、英語のテキストで勉強されてみたら、もっと効率が良いかも知れません(それとも取ったクラスが良かったのかな?)。ちなみに私は大学で、ABCのアルファベッから始めて1セメスター目の期末に、キャンパスでスペイン語で会話するグループのビデオを見てTOEFLのように、問題文も全てスペイン語という試験を受けさせられました。日本で中学から英語を学んだ事を思い出すと、やっぱり早いと思います。もっとも葛藤はありましたよ。「スペイン語なんて勉強してる場合じゃないじゃん」って、よく思いました(^^;)。授業もツラかったですし。 あくまで私が留学して『スペイン語』で感じた事ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

フランスに留学と言う事ですが、フランス語のレベルはどのくらいですか?語学留学として、初級、中級レベルであるなら、一兎追うもの二兎を得ずですね。 すでにフランス語が完璧であるなら、(例えば、語学学校でなく大学などに留学する場合であるとか)、フランス語、英語の共通部分はかなりあり、いっぺんに両方できない事はないですが。 せっかくフランスにいて、授業で習ったフランス語を、授業以外で使わなければ(友達とおしゃべりする時が英語ならば)、いつ習ったフランス語を使うのでしょうか?フランスに留学する目的をもっとはっきりした方がいいのではないですか? 順番はどちらでも良いですが、英語が出来上がっている人は、フランス語の習得にも短期間でできる人が多いですし、フランス語の文法が完璧にできるフランス人にいわせれば、英語の文法はごく簡単だそうです。 (ただし、発音とかはやはりフランス訛りで変ですが。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 フランス語のレベルは初級もいいとこです。 ただ、日本で勉強するより現地で勉強した方が早く習得できるとよく言うので とっととフランス語を覚えてついでに英語も!!なんて甘い考えでいました。 時々自分の考えの浅はかさにゲンナリします・・ 的確なアドバイスを頂きました。 本当に有難うございました。

関連するQ&A

  • 留学経験のある方へ

    私は現在高校生ですが 大学生になったら、または大学を卒業したら留学したいと前々から考えています。 そこで今回みなさんに聞きたいのは カナダは仕事しながらでも 留学できると聞いたのですが アメリカではそれは難しいですか? アメリカとカナダは 語学目的ならばどちらの方が適していますか? アメリカとは田舎の方でどっぷり英語につかれる環境がいいのですが... そして カナダは昔の領土問題で フランス語も公用語であると聞いたのですが フランス語を話す人もけっこういるのですか? また 留学するからには英語を完璧にしたいと思っています! そうなると4、5年かかっちゃいますよね? だとするとどのような方法が 時間を有効に留学できるのでしょうか? 目的というよりは 小学生からの夢なのですが... これって甘いですか? また 大学生、20代対象の留学機関がありましたら 特徴と面倒見、経済面もふくめて 教えていただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 現在高校2年生の留学についてすごく悩んでいます!!

    こんにちは。 現在高校2年生です。 1年間の留学を考えております。 私費留学は経済的にきついのでEFやYFUを通しての留学を希望しています。 しかし今の自分には困難な問題があり、実際のところ留学が出来るのか不安です。 ・普通留学をするには1年程の準備期間が必要 ・TOEFLを受けた事がない ・英語の学力は準2程度 アメリカやカナダは日本人が多いときくので アイルランドやニュージーランドの英語圏です。 本当に行きたいところは大韓民国です。 しかし大韓民国への留学枠が無いところが多く難しいと感じております。 また、先に英語を身につけて、その後韓国語を身につける方が人生設計をたててみると良いという結論が出ました。 もっと早くから留学の魅力に気づけばよかったと後悔しています。 ですが、少しの可能性があれば留学したいです。 いろいろ課題がありますが、今の自分は留学できるでしょうか? 英語での授業についていくのは簡単では無いという事は重々承知です。 ですが留学までの期間、留学先でも真剣に勉強し、 英語を第2の母国語にしたい!!という気持ちが強いです。 また日本人の少ない英語圏のおすすめの国を教えてください。 おすすめの機関?も教えて欲しいです。 読みにくい文章を最後まで読んでくださり感謝します。 宜しくお願い致します。

  • 留学したいと思っています(長文です)

    今年の秋から1年間大学を休学して語学留学を考えています。 (ちなみに、現在私は地方の国立大学3年で、就職は旅行業者や空港関係などを考えています。また、趣味として遺跡や観光地理に興味をもっていて、海外旅行地理検定2級を持っており、今も勉強中です。) そこで行き先、帰ってきた後の就活などでいくつか迷っているのでどなたかアドバイスをいただけないでしょうか。 行き先に関しては、就活も考えると英語圏が無難な気がするのですが、知人がいるのと趣味が観光地理というのもあってフランスも捨てきれず、どちらにすべきか迷っています。英語圏だと金銭面からしてオーストラリアかなと思っているのですが、就職のことを考えると北米やイギリスの方がいいのでしょうか? それと、いくら留学して語学を習得したからといって地方の国立大学からではよい就職先は望めないのではないかという不安もあります。また、フランスに留学した場合、フランス語は話せても英語が話せなければやはり就職に有利になることは期待できないでしょうか。(英語力は英検2級ですがほとんど話せません) 以上です、長くなってすみません。

  • フランス留学経験の方へ

    来年から数度目の英語圏への留学をします。 1年間の航空券があるのですが、英語圏はおおよそ、9ヶ月ほどです。そのため、英国に行くので 2.3ヶ月、航空券があるのでそれを使わない手はないと思い、フランス語留学をそのまま出来ないだろうかと思っております。英語が多少出来ても言語が違うので、やはり、ちょっとした習得は難しいでしょうか?今は英語圏のことがメインで仏語に縁遠くなっている状態です。短大で仏語専攻だったのですが、時すでに経ちすぎており、考えが甘いかなとも思ったりしています。biginnerでたとえ入学してもやはり、何の効果もでませんか?仏留学した方々、特に全くの初めての方などのご意見お待ちしております。

  • どなたか留学経験のあるかた・・・

    留学しようか、こちらで勉強しようか、非常にまよっています・・・。目的は語学習得(英語)なのですが、いろんなひとのはなし、本などをみると、「5年、10年いても、しゃべれないひとはいる・・・」「海外にいけば、語学なんてすぐみにつく・・・」などのはなしが氾濫していて、どれを信じていいのか、まよってしまいます。どうか、留学して、英語がしゃべれるようになった方に、どのくらいの期間が必要なのか等、アドバイスしてくださいますでしょうか・・・? どうかよろしくおねがいします・・・。

  • 仕事で使う言語

    わたしは今フランスに留学するか英語圏に留学するか 悩んでます・・・ 両方の言葉は学ぶのは決まってるんですがっ で、やっぱり仕事とかやっていくときに英語のほうがやくだちますか?? 英語喋れる人が多いからフランス語喋れたほうがいいのかと 思ったり・・・ 業界ごとに違うと思いますが いろいろとアドバイスおねがいします!!

  • 外国語学部か文学部

    私はフランスが大好きで、フランス語をそれなりに話せるようになりたいし、フランスに長期留学もしたいと思っています。 ですが、それだけの理由で外国語学部に入るのは妥当ですか? 文学部のフランス文学科に入って、アテネフランセ etc.に通いながらフランス語の勉強をする方が妥当ですか? どちらにせよ、フランス語の勉強は本気で頑張るつもりです。 英語は少し得意なぐらい(今年1月の進研模試で英語の偏差値は60~64でした)で、特別好きではありません。 英語圏の国(イギリス、アメリカ etc.)もフランス程興味がありません。

  • 留学先で悩んでいます。

    今年、就活生となる私立大学3年生の21歳女です。 就活を、すこしでも自信をもってやるために、 来年の4月から留学へ行こうと思っています。 いま、私立大学の仏文科に通っていて、 当初の入学したときの目標は、 卒業までにフランス語を、ひとりで旅行できるくらいまで 喋れるようになること、でした。 しかし、文法や単語はやっているのですが喋れるようになりません。 ですので、フランスへ留学へ行こうと思っていました。 しかし、フランス語はまず英語を喋れるようになってからでしょう、 となんとなく考えています。 英語は、卒業までにTOEIC900ぐらいまでいきたいです。 しかし、いまTOEICの最高点は715点です。 英語圏へ行って、英語を極めたほうがいいかなぁとも思います。 就活、という面では、 自分の通っていた学部の語学を極めるためにフランスへ留学するか、 英語を極めるために英語圏へ留学するか、 どちらのほうがよいと思いますか?? ご意見お聞かせくださいm(__)m

  • 英語圏で使われる日本語について

    「箸」や「忍者」はそのまま使って英語圏で通じたりしますが、 これは日本独自の物で英語圏で適切な言葉が無いからそのまま使っています。 それに対して英語圏において意味する母国語があるにも関わらず使われている日本語はあるのでしょうか? 例えば「予約、予定、約束」と言えば良いのにわざわざ「アポイント」と言ったりしますよね。 かっこいいからなのか何なのかは分かりませんが、 日本語で言える事でも無駄に英語を優先的に使うことを日本人はよくします。 このように逆に英語圏の人が英語で言えるのに ワザワザ日本語を選んで使うような事ってあるのでしょうか?

  • 就活?留学?迷っています。

    私は秋から就活を始めるか、来年1年間留学をするか(就活は帰ってきてから)で悩んでいる、20歳の大学3年生です。中学生の時から英語が好きで、大学でも英文科で学んでいて、生まれてこのかた日本に住んでいる割にはかなり英語ができる方だと自負しています。(TOEICは935点で、会話も問題なくできます。)そんなわけで「何か英語が生かせる仕事に就きたい」と思っていたのですが、よく考えてみれば自分の取り柄は英語しかなく、それ以外に出来ることや興味のあるものがこれと言ってないのです。それに英語が出来る人なんて五万といるし、いくら私が英語が得意と言っても、帰国子女の人たちにはかないません。 そこで昔からのずっとしてみたかった「留学」をして、色々な経験をして成長すると共に語学スキルも身につけて、それから就活に望めばいいのでは、と思い始めました。ですが留学といっても、候補地は英語圏ではありません。というのも、ある程度英語ができるようになってからは英語への興味が以前ほど無くなってしまい、今はもっと他の言語を勉強したいのです。今考えているのはこの二国です。 スペイン→今私が一番興味を持っている国。旅行でバルセロナを訪れたことがあり、かなり気に入った。スペイン語は第二外国語として1年の時から習っている。レベルは日常会話程度。 フランス→フランス語は第三外国語でとっており、今年で2年目。レベルはごく簡単な日常会話が出来る程度。南仏で3ヶ月ほど生活した経験あり。今フランス人と遠距離恋愛をしている。 どちらの国に行くかは自分で考えるとして、就活と留学で迷って留学した方、特にスペインまたはフランスに留学したことのある方がいらっしゃいましたら、何かアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。