• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

心理学における、『右利き、左利き』の扱い

『とっさに、右手で、飛んできたボールを払い落とした。』という場合、右手を使用することは、心理学にとっては「無意識」の部類に分けられると思うのですが、実際に右手を動かしたのは、本人の意識ではなく、『脳』であるため、「脳の機能論」で取り上げるべき課題であり、心理学では、「無意識」(心理として働いていない状態)であるが故に、扱わない、扱えない。という解釈は、『心理学』という学問としての見地からは、正しいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1040
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

#4です。 >『心理学』では、代謝など生体機能を原因とする、欲求等の原因を扱いますか? >・扱う時は、援用、引用でしょか? >・直接扱うのでしょうか? とのことですが、 先に申しましたとおり、 心理学では人間を含む動物の行動に関するものであれば、 何でも研究対象に含まれる可能性があります。 もちろん、おっしゃるような事柄も研究されます。 何をもって“直接・援用・引用”と表現するおつもりなのかわかりませんが、 心理学では中枢神経系(脳・脊髄)、 自律神経系・末梢神経系、内分泌系等の働きは 一通り研究しますし、 身体の機能についても扱います。 「欲求」のような心理的要因も、 根本的には神経系の働きが想定されますので、 欲求生起時の神経系の働きについては、 古くから多くの心理学的研究がなされています。 心理学の概説書などをご覧になるとわかりますが、 多くの本において、最初の数章は、 生理学的な話にページが割かれます。 要するに、人間(動物)の体の仕組みは、 心理学を学ぶ上での基礎知識なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 感性の深みを得るにはどうすればいいかについての心理学は?

    感性の深みを得るにはどうすればいいかについての心理学は? 過去において、心理学は 人間の心にとってかなり大切と思われる感性を実際に深める方法を追及してきていますでしょうか? フロイトは 人間の気持ちや行動が無意識によって左右される姿を 夢によって科学的の暴いたつもりだっただけの人と思えます。  無意識は その意味ではあると思いますが、 もし感性が深くなれば 無意識もなにも、感性によって気持ちや行動はすべて左右されるようになるわけで、 そのへんが問われないで無意識を論じても ほんの部分的にしか役立たないと思います。 ともかく、肝心要の 感性と心についての研究が 現在どこまで発展しているのか? あるいはまだこれからなのか?   そのへんの過去の心理学という学問の世界を知りたくて質問してみました。 宜しくお願いいたします。

  • 精神分析学と心理学

    精神分析学は心理学には含まれないと聞いたのですが、 その理由は 精神分析学は無意識という考えが用いられ、 無意識は科学的に立証されていないから。という解釈で正しいでしょうか? ということは、心理学の定義は「科学的である」ということになんでしょうか。 大学で心理学をかじりたてのド素人ですが、よろしくお願いします。

  • 生理学と心理学

    心理学を勉強していると、どうしても、脳の機能を勉強しなくてはならなくなります。 例えば、『空腹を感じる』時は、血中の栄養素の減少が様々なメカニズムを経て、脳が空腹と判断するようですが、心理学では、そのような生理学を核とした現象などを、扱うのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

まず、いくつか訂正を入れておきます。 ボールを払い落とす行動ですが、 これを条件反射の観点から説明するなら、 間違いなく「無条件反射」です。 この場合の無条件刺激は「ボールの接近」です。 とっさの際の危険回避行動は 経験(要するに条件付け)によって獲得されるものではなく、 生得的に備わった反射行動ですので。 例えば、風が目に入ったときにまぶたを閉じるのも、 「瞬目反射」と呼ばれる生得的反射です。 これらの生得的反射は、行動の開始にあたり、 基本的に意思のコントロールを受けません。 「ボールが飛んできた」とか 「目に何かが飛び込んだ」などと言ったときに、 いちいち状況を確認して、 意識的に反応を決定している余裕はないからです。 次に、「靴を履く」等の行動は、 条件付けは条件付けでも、 パブロフの犬の実験のような 「レスポンデント条件付け」ではなく、 スキナー以降に研究が盛んとなった 「オペラント条件付け」です。 この2つを混同なさっているようですが、 これらは全く違うものです。 レスポンデント条件付けは 生得的反射のコントロールを目指す条件付けですが、 オペラント条件付けは、 自発的行動のコントロールが目的となります。 靴を履くのは生得的反射行動ではなく、 自発的行動ですからね。 ここからがご質問へのお答えになりますが、 ボールを叩き落すような無意識的な行動を 心理学で扱うか否か・・・と言えば、 「とてもよく扱う」と言えます。 心理学は、一般の方々のイメージとは異なり、 「気持ち」「感情」「意識」「性格」などと言った、 いわゆる「心」のようなものばかりを扱う学問ではありません。 心理学における「心」とは、 人間を含む動物の行動を規定する生体のメカニズムに対して 仮定的に付与された名称ですので、 心理学は、人間・動物の行動に関することならば、 何でも扱うのです。 生理心理・神経心理などの分野では、 脳の機能の研究が盛んに行われます。 また、パブロフの犬の実験に始まる条件反射学も、 20世紀初頭の行動主義心理学に取り込まれ、 アメリカでは一時期、心理学の主流を形成しています。 要するに、心理学においては、 ある行動の原因が「意識的」であろうが「無意識」であろうが、 関係ないのです。 意識できたとしても出来なかったとしても、 動物(人間を含む)の行動は、 脳を中心とする中枢神経系が支配していると考えます。 (一部のアウトサイダー心理学者は霊魂とかを仮定しますが…。) そして、その中枢神経系の機能の全てを「心」と呼ぶのです。 その機能を我々が観察すると、 条件反射であったり、 オペラント条件付けだったり、 感情・気持ち・欲求などだったりするわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『心理学』では、代謝など生体機能を原因とする、欲求等の原因を扱いますか? ・扱う時は、援用、引用でしょか? ・直接扱うのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

>これは、一種の条件付けによるものなのでしょうか?  そうですね。条件付けといっていいと思います。  一般には「無意識のうちに」という言葉で語られることが多いですが、条件付けによる行動は有意識と無意識の中間に位置するといえると思います。  何度も何度も繰り返すうちに、脳内に「スクリプト(もしくはスキーマ)」と呼ばれるプログラムが出来上がってしまい、半分無意識的に行動することができます。  ですがこれらは、必ず有意識によって実行開始されますので、完全な無意識とはちょっと違います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

>「無条件反射」は扱うでしょうか?  #1と全く同じことがいえます。  手でボールを払い落としたとき、『左右では脳内での信号の扱いに違いがあるであろう』ことは想像にかたくないものの、『具体的にどう違うか』は、本人の頭に脳波形をつけて調べるしかありません。  人によっても微妙に違うからです。  よって、この場でどちらと回答することはできないわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有名な実験に「パブロフの犬」がありますが、「靴を履く」とき、「歯ブラシする」とき、「腕組みする」とき、「体を洗う」ときなど、リズムというか、順番が決まっているように思うのですが、これは、一種の条件付けによるものなのでしょうか? リズムが狂うと、私は、違和感を覚えます。

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 『本人の意思』とは、『脳の作用』の一部です(^_^;  別物ではありません。  なぜなら、心理学では魂の存在は否定するからです。(考え出すと埒が明かないですし、仮に肯定する場合でも必ず「仮定的定義」が存在します)  ゆえに、払い落とした手が右手か左手かについては、推考上の参考にはしますが、「利き手ではなかった」というだけの理由で有意識的な行動だと決め付けたりしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 無条件反射と条件反射とがあり、ボールの件は、条件反射に分類されます。 「無条件反射」は扱うでしょうか?

関連するQ&A

  • 心理学スキルは使うほうが良い?

    心理学を勉強している人、週末にちょっと講習会に行ってスキルが使える気でいる人、雑学本の心理学を学問として証明された論理のように話す人など様々ですが、心理学の論理やスキルを日常的に無理やり相手に使用しようとする人がいるように感じます。 例えば日常会話で、アサーションをわざとらしいほど使われると私はペースが狂い、苦笑するしかなくなります。スキルなど意識せずに、普通に接してもらう方がよほどありがたいです。 けれどもアサーションはコミュニケーションに取り入れると良いものとして紹介されているようです。 アサーションに限らずスキルとして使用すると、嫌らしくなってしまうことってないですか?

  • これは心理学のどの分野でしょうか?

     私は大学の授業で心理学を取っていて、実験を行いレポートを書くのですが、今回行った実験の資料が、図書館でなかなか見つけられないでいます。行った内容は。テープで3つの数字、5つの数字が流され、それを聞いてそっくりそのまま逆に答えるという課題を行い、3つの数字を逆に唱えた場合(簡単な課題)と5つの数字を逆に唱えた場合(難な課題)で心拍数に差が出るか?というものでした。 実験名は「心肺機能」でしたが、要するに心的な要因が身体機能に影響を及ぼすか否か、といった感じの実験でした。この資料を探すには、どのような分野の図書を探せば良いでしょうか?私は「生理心理学」とか「脳生理心理学」といった本に近い文献を見つけたのですが、やはり的を外れていました。どなたか、この現象の呼称や、参考すべき書籍の種類をご助言いただけませんか?

  • 心理学の基本的な概念について教えてください

    大学のレポートを作成しています。 課題は「心理学は人間の行動を研究する学問である、と言われます。この場合どのような行動が含まれるか、調べて整理しなさい」というものです。 色々専門書をあたっているのですが、なかなか適切なものが見つかりません。 どなたか、いい本やサイトをご存知の方、また、具体的な解答がお分かりの 方がいらしたら助けてください。 何卒宜しく御願いいたします。

  • 犯罪心理学者にふさわしい人

    それは、犯罪者であって、その後更正して心理学を勉強して、自己の体験と学問的見地をあわせもってして、ようやく一人前の「犯罪心理学者」が誕生すると思うのですが、違うのでしょうか?

  • こういう現象は心理学で何と言いますか?

    初めまして。 色々と調べたのですが、求めている答えが見つからず質問させて頂きます。 こういった現象は何と呼べば良いのでしょうか?心理学でしょうか?詳しい方、お願いします。 ・自分自身に該当する事を相手に訊ねる →自分が何か隠し事をしている時、相手に「何か隠してる?」と聞く →自分が寒いなと感じている時、相手に「もしかして今寒い?」と聞く →自分が口数が減っている時、相手に「今日あまり喋らないね」と言う など、「自分自身にも該当しているが、本人は無意識のうちにその内容を相手に聞いてしまう」とでも言いましょうか。 こういった現象に何か名前があるか知りたく、質問させて頂きました。 よろしくお願い致します。

  • 心理学のレポートについてです。

    私のとっている心理学の授業の後期試験内容が先生の口から発表されたのですが、内容は以下の2点です。 1.脳の高次機能とは何か、また、その障害について述べよ。 2.青年期の心理特性について、また、青年期に発生しやすい精神障害は何か。 内容自体は授業で行っていたことを基に自分で調べることができるのですが、どうやら、この問題の解答方法はレポート風だそうです。 先生は、 「みなさんが普段書いているレポートのように書けばいい」 と言っていたのですが、私は理系なので実験でしかレポートを出す機会がないのです。 こういった問題をレポート風にかくにはどんな感じにかけばいいんでしょうか?? 解答を書いていく流れなどを教えていただければうれしいです。 よろしくおねがいします。

  • 唾液を飲ませる心理

    こんばんわ☆性の悩みか迷ったのですが純粋に心理学的見地からの意見が欲しかったのでここで質問させて頂きますm(__)m 私の彼は気分が盛り上がると唾液を飲ませたり欲しがったりします。彼は深く考えてはいないのでしょうが、潜在意識には何があるのだろうと思ったので質問させて頂きました。小説にもこのような描写があったので少なからず同じ様な人がいるんだと思い余計気になりまして…(^^;)

  • 心理学で解釈できる範囲と、霊感との境目は?

    心理学的には、心霊現象とか霊が感じられるとかいうのは、その人の内面的な不安などが、そのような形で認知された、と解釈します。もう少し詳しく言うと、内面的な何か(不安や憎悪、罪悪感などの、主にネガティブな感情)が無意識のうちにあって、それを自覚できない時、それが外にあるものだと認識されてしまうという心理機制です。 そういう心理機制によって認識された「霊(本当は自分の内面の感情の反映)」と、本物の霊との見分け方を教えてください。 私はいい歳をした大人なのに、時々、何か気配を感じて怖くなったり(実体が見えたことはない。というか、そんなもん見たくない!)、長い間会っていない人(特に私の思い入れが強い人)が今どうしてるかなどが、なんとなく感じられたりします。 特に、霊感があるのではないかと思われる占い師(生年月日を聞いたり、カードを使ったりはするが、時々何も見ないでパッと言い当てることがある)に見てもらった後しばらくは、そういうことが多くなったり、強く感じられたりします。 これは心理学の範囲で解釈できることなのか、私に霊感があるということなのか、自分でわかりかねて質問させていただく次第です。 また、もしこれが霊感なら、自分の意思と無関係に不穏な気配を感じるようなことはいやなので、使いたいときにだけ霊感を使えるようにしたり、それが無理なら全くこういう霊感をなくしてしまいたいのですが、それはどのようにすればいいでしょうか? それと、不穏な気配を感じて怖くなったときの対処法も教えて頂ければ幸いです。

  • 心理学を過信している人の存在

    に、イライラします。今は付き合っていない学生時代の友人なのですが結構優秀な大学にいるのですが、すぐに心理学の理論を場も考えず応用して、相手をわかったつもりになっちゃうんです。 上手く行かない子がいて、のですが、 「人に嫌われる時は、自分の方がその相手を心のどこかで嫌ってるからだ」という理論により 「貴方は彼女のことを好きだと思い込んでいるだけで本当は嫌ってるの」 なんて言いだすんですよね…。 また、あまりにも屈辱的ことを言われたので、ある子に対し怒ってたら、 「貴方は無意識のうちに彼女にコンプレックスを持っているの。だって貴方は・・だけどあの子は・・じゃない?だから貴方それが気に食わないんじゃない?苦手とする人ってさ、無意識のうちにコンプレックスを抱いているものなんだよね」なんていいだす始末。 で、そういう人に限ってその理論?を否定したら逆に怒り出すのです。 上のような社会心理学までならああ、いつもの薀蓄か。で済むのですが、 発達心理学(フロイトとかユングとか)理論を人間関係で持ち込まれた時は流石に「貴方私の育てられ方に何文句つけんの?」って思っちゃいました。 「無意識」なんて大抵解釈者による恣意的な意味づけだと思うんですよね。 (もちろん専門家なら別でしょうが) そういう人皆さんの周囲にいらっしゃいますか?どう付き合ってますか? またそういう理論に溺れる人の心理って皆さんなら逆にどう分析しますか?

  • 人工知能"開発"に有用と思われる心理学の分野

    (似た内容の質問がありましたが、必要な物が得られなかったのでよろしくお願いいたします。) 私は人工知能研究をしたいと思っている大学生です。 一言に人工知能と言っても幅広い意味がありますが、私の目指すところは一般の人が「人工知能」という言葉で想像する物に近いです。 この前認知心理学の本を読んで思ったのですが、開発を志すなら心理学の本も読んだ方が身になると思います。 しかし、心理学はどうにも種類が多い上に、一つ一つやっている事が分かりにくいです。 「認知心理学」以外に人工知能に役立ちそうな(人間の、とりわけ脳の特徴・機能を、ややミクロの視点で扱っている)分野はどのような物でしょうか? よろしければ教えてください。